豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

      2016/11/25

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
今回は人気のアメリカブランド、キャノンデールのクロスバイクを評価しようと思います。
キャノンデールはトレック、ジャイアント、スぺシャライズドと並ぶ四大ブランドの一つで独特のグラフィックがかっこいいと人気のあるメーカーですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


キャノンデールのクロスバイクってどこで買えるの?

キャノンデールのクロスバイクってどこで買えるのでしょう?スポーツ量販店では見たことがありませんよね。
キャノンデールの自転車はキャノンデールジャパンと契約を結んでいる正規ディーラーでしか買えないんです。正規ディーラーとして認められるには、キャノンデールブランドのスポーツ自転車をきちんと販売、整備できると認められないといけないんですね。すべての自転車屋さんで買えるわけではないのです。
そんなわけでキャノンデールのメーカーホームページから近所の販売店を探しましょう。
見付かりましたか?
では、早速、そのお店に行ってみましょう。
ありましたか?
時々ですが、店頭には並んでいない場合もあります。
しかし、メーカーホームページに載っているということは販売契約を結んでいる店なのでお店の人に、「キャノンデールのクロスバイクを探してます」と聞いてみれば、現物がなくてもカタログなどで案内してくれるでしょう。

評価の分かれるキャノンデールという自転車メーカー

さて、販売店も分かったところで、キャノンデールというメーカーへの世間の評価を見ていきましょう。

簡単に説明すると、アメリカ西海岸っぽい雰囲気が漂っています。
Cannondaleというちょっと長いメーカー名がズバーンとフレームに書かれているのを見ると、「Oh,アメリカ!西海岸!!」という雰囲気があります。
これが非常にカッコいいんです。
が、人によっては派手過ぎて好みに合わないという人もいます。

しかし、それこそがキャノンデールの魅力なのです。

かつて、ロードバイクと言えばクロモリ(鉄)の素材の1インチの細いフレームこそが最高とされていた常識を打ち破ってアルミのロードバイクを世界に広めたのもキャノンデールでした。
クロモリと同じ細さでアルミでフレームを作るとぐにゃぐにゃで使い物になりません。しかし、太くして、なおかつ薄くする、つまり大径肉薄にすることでアルミをロードバイクの素材として実用的なものとしたのです。これが軽くて、高剛性でよく走るわけです。
これは伝統的な鉄の自転車を作っていたヨーロッパブランドには衝撃でした。

また、マウンテンバイクでは片持ちフォークのレフティが有名です。通常は自転車の前輪は左右二本で支えるのですが、レフティは左側一本しかないのです。

その他、ちょっとマニアックになりますがBB30やサイクルトレーラーなどキャノンデールの奇抜な世界初の製品とはたくさんあります。

奇抜過ぎて評価が分かれるところでもあるのですが、偉大なメーカーです。

レフティのクロスバイクはキャノンボールだけ

レフティの話が出たので、もう少し付け足しておきましょう。
レフティは左側だけで前輪を支えるフォーク形式です。
メインはマウンテンバイクで使われることが多く、走行性能におけるメリットはあるようなないような。いや、昔、まだサスペンションフォーク黎明期だった頃には高剛性、軽量化というメリットがあったのですが、現在は良いサスペンションが増えたので少々メリットは分かりにくくなっていますが。
それでも、ずば抜けてカッコいいので今でも多くのファンがいます。

実際、レフティは生で見るとギョッとします。
「なんじゃこりゃ?!」
って思います。

そして、レフティは現行のクロスバイクのラインナップにもあります。
BAD BOYとHOOLIGANのラインナップですね。
BAD BOYは大径レフティ、HOOLIGANは小径レフティ。

非常に個人的な好みですが、HOOLIGANはサイコーです。
ミニベロ(小径車)&レフティ。
イロモノ×イロモノ!
特に走行性能的なメリットはありません。むしろ、交換パーツに困ったりとデメリットの方が多いです。
値段も11万円! 決して安くない!!
それでも、圧倒的に見た目が良い!
何よりメーカーのそういう心意気が好きです!!
ミーハーって言われるかもしれませんが、こういう遊び心のあるプロダクトがあるキャノンデールって僕は本当に大好きです。

走行性能の評価も高いクロスバイク

さて、先に個人的好みでキャノンデールの面白いラインナップのクロスバイクを紹介しましたが、キャノンデールも当然ながらレフティじゃない正統派のクロスバイクも作っています。
それがQUICKシリーズですね。
2016年モデルは65,000円からあります。

イロモノだとか評価が分かれるとか先に言ってきましたが。
当然ですがキャノンデールは良い自転車を作る良いメーカーです。
アメリカメーカーなのでフレームの頑丈さも心配ないでしょう。アメリカメーカーは体重の重い人も多い国民性と、あと自転車の場合マウンテンバイク発祥の国なので頑丈なフレームを作るのが得意なメーカーが多いですね。

また、キャノンデールの走行性能を語る上で伝説のアルミロードバイクCAADシリーズは外せません。

アルミの評価が高いキャノンデール

少しクロスバイクの話から脱線してしまいますが、キャノンデールを語ると言えばアルミロードバイクCAADシリーズです。
2016年モデルでは最新のCAAD12もリリースされました。キャノンデールは1997年のCAAD3から現在に至るまでしつこいまでにアルミという素材にこだわり続け、アルミを進化させ続けました。
時代の主流がアルミからカーボンに変わっても『アルミのカーボンキラー』というニックネームがあるほどにCAADシリーズはアルミバイクなのによく走る自転車でした。
そういう背景があるのでキャノンデールのアルミフレームというのは非常に人気があります。

現行のエントリーのロードバイクCAAD8にはフラットバーモデル、つまりクロスバイクのように真っすぐなハンドルのモデルがあります。厳密にいうとクロスバイクではなくフラットバーロードというジャンルになりますが、イメージとしては細いタイヤのクロスバイクという車体です。
このモデルはハンドルとブレーキ、シフトレバーさえ交換すれば、そのままロードバイクとして使えるので、「ロードバイクにしようか、クロスバイクにしようか悩んでいる」という人にはピッタリかもしれません。

まとめ『人とは違うかっこよさを』

いかがだったでしょうか。キャノンデールというメーカーの何となくのイメージが伝わったでしょうか。
少々変わったメーカーというイメージを持ったかもしれませんね。
でも、決して変テコなメーカーというわけではないです。
キャノンデールのロードバイクSUPER SIXは今でも世界最高の自転車の大会、ツール・ド・フランスでポイント賞を取りまくっています。本当に高性能な素晴らしい自転車を作るメーカーです。

グラフィックにせよ、機能面にせよ、なかなか変わった面白いカッコいいことをやってくれるメーカーです。
人とは違うカッコいいクロスバイクが欲しいという人には、ぜひキャノンデール、特にレフティーのモデルは良いと思います。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般, 評価 インプレ