豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

      2017/05/09

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
今回は人気のアメリカブランド、キャノンデールのクロスバイクを評価しようと思います。

キャノンデールはトレック、ジャイアント、スぺシャライズドと並ぶ4大ブランドのひとつで、独特のグラフィックがかっこいいと人気のあるメーカーですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


キャノンデールのクロスバイクってどこで買えるの?

キャノンデールのクロスバイクってどこで買えるのでしょう?
スポーツ用品量販店では見たことがありませんよね。


キャノンデールの自転車は、キャノンデールジャパンと契約を結んでいる正規ディーラーでしか買えないんです。
正規ディーラーとして認められるには、キャノンデールブランドのスポーツ自転車をきちんと販売・整備できると評価されないといけないんですね。
すべての自転車屋さんで買えるわけではないのです。


そんなわけで、キャノンデールのメーカーホームページから近所の販売店を探しましょう。

見付かりましたか?

では、早速、そのお店に行ってみましょう。

ありましたか?

時々ですが、店頭には並んでいない場合もあります。

しかし、メーカーホームページに載っているということは販売契約を結んでいるお店なのでお店の人に、「キャノンデールのクロスバイクを探してます」と聞いてみれば、現物がなくてもカタログなどで案内してくれるでしょう。

評価の分かれるキャノンデールという自転車メーカー

さて、販売店も分かったところで、キャノンデールというメーカーへの世間の評価を見ていきましょう。

簡単に説明すると、アメリカ西海岸っぽい雰囲気が漂っています。
Cannondale
というちょっと長いメーカー名がズバーンとクロスバイクなどのフレームに書かれているのを見ると、「Oh,アメリカ!西海岸!!」という雰囲気があります。

これが非常にカッコいいんです。

が、人によっては派手過ぎて好みに合わないという人もいます。

しかし、それこそがキャノンデールの魅力なのです。

かつて、ロードバイクと言えばクロモリ(鉄)の素材の1インチの細いフレームこそが最高とされていた常識を打ち破って、アルミのロードバイクを世界に広めたのもキャノンデールでした。
クロモリと同じ細さでアルミでフレームを作ると、ぐにゃぐにゃで使い物になりません。

しかし、太くして、なおかつ薄くする、つまり大径肉薄にすることでアルミをロードバイクの素材として実用的なものとしたのです。
これが軽くて、高剛性でよく走るわけです。
これは伝統的な鉄の自転車を作っていたヨーロッパブランドには衝撃でした。

また、マウンテンバイクでは片持ちフォークのレフティが有名です。
通常は自転車の前輪は左右2本で支えるのですが、レフティは左側1本しかないのです。

その他、ちょっとマニアックになりますが、BB30やサイクルトレーラーなどキャノンデールの奇抜な世界初の製品はたくさんあります。

奇抜過ぎて評価が分かれるところでもあるのですが、偉大なメーカーです。

レフティのクロスバイクはキャノンデールだけ

レフティの話が出たので、もう少し付け足しておきましょう。
レフティは左側フロントフォークだけで前輪を支える形式です。

メインはマウンテンバイクで使われることが多く、走行性能におけるメリットはあるようなないような。
いや、昔、まだサスペンションフォーク黎明期だった頃には高剛性・軽量化というメリットがあったのですが、現在は良いサスペンションが増えたので、少々メリットは分かりにくくなっていますが。

それでも、ずば抜けてカッコいいので、今でも多くのファンから評価を得ています。

実際、レフティは生で見るとギョッとします。
「なんじゃこりゃ?!」
って思います。

そして、レフティは現行のクロスバイクのラインナップにもあります。
BAD BOY
HOOLIGANのラインナップですね。
BAD BOY
は大径レフティ、HOOLIGANは小径レフティ。

非常に個人的な好みですが、HOOLIGANはサイコーです。
ミニベロ(小径車)&レフティ。
イロモノ×イロモノ!

特に走行性能的なメリットはありません。
むしろ、交換パーツに困ったりとデメリットの方が多いです。


値段も
11
万円! 決して安くない!!
それでも、圧倒的に見た目が良い!

何よりメーカーのそういう心意気が好きです!!

ミーハーって言われるかもしれませんが、こういう遊び心のあるプロダクトがあるキャノンデールって僕は本当に大好きです。

走行性能の評価も高いクロスバイク

さて、先に個人的好みでキャノンデールの面白いラインナップのクロスバイクをご紹介しましたが、キャノンデールも当然ながらレフティじゃない正統派のクロスバイクも造っています。
それがQUICKシリーズですね。
2016
年モデルは65,000円からあります。

イロモノだとか評価が分かれるとか、先に言ってきましたが。
当然ですが、キャノンデールは良い自転車を造る良いメーカーです。

アメリカメーカーなので、フレームの頑丈さも心配ないでしょう。
アメリカメーカーは体重の重い人も多い国民性と、あと自転車の場合マウンテンバイク発祥の国なので、頑丈なフレームを造るのが得意なメーカーが多いですね。

また、キャノンデールの走行性能を語る上で、伝説のアルミロードバイクCAADシリーズは外せません。

アルミの評価が高いキャノンデール

少しクロスバイクの話から脱線してしまいますが、キャノンデールを語ると言えばアルミロードバイクCAADシリーズです。
2016
年モデルでは、最新のCAAD12もリリースされました。

キャノンデールは1997年のCAAD3から現在に至るまで、しつこいまでにアルミという素材にこだわり続け、アルミを進化させ続けました。
時代の主流がアルミからカーボンに変わっても『カーボンキラーのアルミ』というニックネームがあるほどに、CAADシリーズはアルミバイクなのによく走る自転車でした。
そういう背景があるので、キャノンデールのアルミフレームというのは、非常に評価が高く人気があります。

現行のエントリーのロードバイクCAAD8にはフラットバーモデル、つまりクロスバイクのように真っすぐなハンドルのモデルがあります。
厳密にいうとクロスバイクではなく、フラットバーロードというジャンルになりますが、イメージとしては細いタイヤのクロスバイクという車体です。


このモデルはハンドルとブレーキ、シフトレバーさえ交換すれば、そのままロードバイクとして使えるので、「ロードバイクにしようか、クロスバイクにしようか悩んでいる」という人にはピッタリかもしれません。

まとめ『人とは違うかっこよさを』

いかがだったでしょうか。
キャノンデールというメーカーの何となくのイメージが伝わったでしょうか。


少々変わったメーカーというイメージを持ったかもしれませんね。

でも、決して変テコなメーカーというわけではないです。

キャノンデールのロードバイク
SUPER SIX
は、今でも世界最高の自転車の大会ツール・ド・フランスでポイント賞を取りまくっています。
本当に高性能な素晴らしい自転車を造るメーカーです。

グラフィックにせよ、機能面にせよ、なかなか変わった面白いカッコいいことをやってくれるメーカーです。
人とは違うカッコいいクロスバイクが欲しいという人には、ぜひキャノンデール、特にレフティーのモデルは良いと思います。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般, 評価 インプレ