豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ジャイアントのクロスバイクを最安値で買うには

      2016/11/25

ジャイアントのクロスバイクを最安値で買うには

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
今回はジャイアントのクロスバイクを最安値で買うにはどうしたら良いのかっていうお話を。
正直なところ、安く買うのはリスクが多いですし、自転車好きとしては、自転車で生計を立てている人たちがいてこその自転車ですので、安く買おうっていうのは正直微妙な気持ちもするのですが。そういうことも含めて考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001401-1.jpg
ラレーのクロスバイク、rf7ってどんな自転車?

ラレーという自転車メーカーをご存知ですか? ロードバイ...

pwk0001400-1.jpg
タイヤのバルブには種類があるって知ってた?

自転車のバルブは、どれも同じではありません。 また、空...

pwk0001399-1.jpg
簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

ママチャリに乗っていて、もっと速く、軽やかに走れる自転車が欲...

pwk0001398-1.jpg
雨の日の通勤、クロスバイクはどうしたらいい?

自動車や電車など、通勤手段は様々です。 健康のことを考えて...

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

スポンサーリンク


ジャイアントのクロスバイクはどこで買える?

そもそもに最安値は別としまして。どこに行けばジャイアントのクロスバイクは買えるのか、というところから始めていきましょう。

割とジャイアントのクロスバイクはどこでも手に入ります。スポーツ量販店なんかでも売ってますし、日本最大手の自転車チェーン店あさひさんでも売ってますよね。もちろん、ジャイアント直営店でも買えますし、かっちりした自転車プロショップでも取り扱いがあれば買えます。

「え?ジャイアントを取り扱っていない自転車屋さんがあるの?!」
そうなんです。初心者の人は、自転車屋さん=どのメーカーの自転車でも取り扱っていると思われがちですが、自転車屋さんはメーカーと販売契約を交わして、お互いに納得する契約の場合にのみそのメーカーの自転車を販売出来るのです。
また、ジャイアントを取り扱っていても「クロスバイクだけね」っていう契約のところもあります。
自転車屋さんにもいろいろ大人の事情があるんですね。

とりあえずはインターネットで近所の取扱店を探してみると良いですね。

量販店でジャイアントのクロスバイク?

さて、見付かりましたか?ジャイアントのクロスバイクは販売店が多く、それぞれに強みがあります。

例えばスポーツ量販店の場合、莫大な資本力を背景に大量に仕入れて在庫処分のために安く売るということも出来ます。ただし、いくらでも安くして良いというわけではなく、メーカーとの契約の範囲内での値下げです。
例えばですね、
「現行モデルは値下げしたら値崩れしちゃって他のお店の迷惑になるから駄目ですよ」
「型落ち品に関しては自由にしても良いですよ」
と言った具合ですね。(実際にはそこまで単純なものでもないですが)
何にせよ量販店は安く買いやすい傾向にありますね。

しかしです。
量販店にもデメリットがあります。
詳しい説明を出来る店員さんが少ないのです。もちろん、自転車に詳しい店員さんも時々いますが、基本的には日本で一番売れるスポーツ用品と言えば、野球、サッカー、テニス、ランニングなどの競技人口の多いスポーツ用品です。自転車も競技人口は増えつつありますが、メンテナンスや修理といった専門技術が必要だったりで量販店で売るにはあまり適さない商材です。
そんなわけで専門的知識、修理などのアフターケアなどを期待すると困ったことになることもあります。

ジャイアント直営店、あるいはプロショップ

量販店の逆にあるのがメーカー直営店、自転車プロショップです。

直営店はさすが直営、接客や修理の技術などが悪いとメーカーのイメージダウンに直結してしまいますので、それなりのクオリティを期待できます。また、修理が必要な場合にも部品の取り寄せに強いですし、ジャイアントの車体ばかり売っているのでジャイアントの車体については詳しいです。
基本的に現行品は定価販売ですが、直営の安心感というのは良いです。

自転車プロショップとは、ロードバイクなどのスポーツ自転車を専門で販売、修理などする店です。
別にプロの選手じゃないと買えないというわけじゃないです。なぜか昔からプロショップと呼ぶだけです。店にもよりますが、売り上げの大半はプロじゃないお客さんからだと思います。(プロはメーカーと直接スポンサー契約していたり、チームメカニックがいますからね)
プロじゃないけれどホビーレースに参加するような自転車を一生懸命乗る人の期待に応えられる修理、カスタムの技術、知識を持っている店が多いです。
プロショップの利点は技術、知識もそうですが、ジャイアント以外の車体も扱っているという点でしょう。
いくつかのメーカーを比較したい場合にはプロショップが良いです。

ごく稀ですが、個人経営の小さいプロショップでは型落ちの車体を処分するために物凄い値段で自転車が売られていることがあります。
一応、最安値の答えは『プロショップの投げ売り』かもしれません。
ただし、そういう車体は値引き率は良くとも、投げ売りされるまで残り続けた理由というものがあるので、納得した上で購入しましょう。また、「激安の売れ残りを買っていった人」と思われるのも仕方ないです。なぜって事実ですからね。

最安値でクロスバイクを手に入れる!?

また、プロショップとスポーツ量販店の中間に位置するのが、サイクルベースあさひやイオンバイクなどの自転車専門量販店です。
スポーツ量販店と同じで、巨大な資本力を背景に大量仕入れを行い、溢れた在庫は処分するというやり方をする場合も多いので、安く買える可能性は高いです。

また、自転車専門なのである程度の修理技術、知識もあります。パンク修理やブレーキのワイヤー交換などの簡単な修理は当然出来るところが多いです。
しかし、プロショップのようにホビーレースに出る人たちの期待に応えるというレベルの修理、カスタムはしていないという店、社員が少なくて大半はアルバイトという店が多い傾向にあります。(もちろん、店によってはそういう専門的な技術、知識を大事にしている店もあります)

「本当に最安値?!」
というと分かりませんが、安く買えて、なおかつそれなりのアフターケアもあるという点ではこのタイプの店は良いかもしれません。

最安値でクロスバイクを買うリスク

また、もっと安く出るパターンとしては返品されたものを再販する場合です。
これは調べてもあまり出て来ませんが、時々、何の異常もないのに返品がある場合もあります。お客さんが走ってしまうと新品ではなくなります。しかし、中古品の販売には古物商の免許が必要になったりと難しいことが発生します。
また、メーカーとの契約でも「中古の販売はやめてね」と言われていることもあるかもしれません。

あれやこれやの事情で表の世界には出せない最安値商品というのは、自転車に限らず、小売業全般に存在するのです。

もちろん、世の中、みんな良い人なら万歳です。
しかし、お金とは怖いもの。どうにも表に出せない新古品を何とかしないと、どうにも困った、ということもあるでしょう。
見ず知らずの人から虫の良い話を聞かされても簡単に信じてはいけないのです。

しかし、そこの店が非常に信頼できて、客に変なものは売らないという確信があれば良い買い物になるかもしれません。しかし、自転車に詳しくない人は避けるのが得策でしょう。

クロスバイクの最安値って何なのさ?

ジャイアントのクロスバイクの最安値を巡って、スポーツ量販店、直営店、プロショップ、自転車専門量販店と考えて来ました。
しかし、最安値とは結局何なのでしょう?
それこそ安ければ良いというなら、リサイクルショップで得体の知れない自転車を買ってもいいわけです。
「でも、ちゃんと走ってくれなきゃイヤだもん!」
ママチャリだって『ちゃんと走って』くれますよ。きちんと真っすぐ走るし、ブレーキも効きます。
「かっこよくないとイヤなんだもん!」
ママチャリだってママたちの日々の生活を支えてくれるカッコいい素敵な乗り物ですよ。

そう、たとえ話としてあまりよろしくないですが、僕の若い頃、田舎ではヤンキーのおにいちゃんたちが中古のクラウンを安く買って走っておりました。トヨタのクラウンと言えば高級車ですよね。これを外面だけ綺麗にして女の子をハントしに行くわけです。でも、安い大昔の中古車なのでエンジンもボロボロですし、何かと走行性能としてはボロボロなんです。なのでガソリンは無駄に食いますし、あれこれ壊れます。
でも、ヤンキーのおにいちゃんたちとしてはOKなわけです。3か月で壊れても、女の子を一回でもハント出来れば、もしくは「オレ、カッコいいなぁ」と思えれば、それはそれで一つの価値観なのでOKなのです。

「かっこよくて、安くて、よく走る!」
なかなかそういう乗り物ってないわけです。

その人が満足すれば定価でも素晴らしい買い物

ざっくりまとめてしまえば、当人が満足する値段こそ最安値なんです。

定価で買ったとしても、アフターサービスだったり、買うときの店員さんの対応が良くて気持ち良かったり、ショップの主催する走行会などに参加して共通の趣味の仲間が出来たりと、
「ああ、これを買ってよかったなぁ」
と思えるのが、『良き買い物』というものじゃないでしょうか。

 - ロードバイク ジャイアント, 自転車 購入, 自転車全般