豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

助けて!自転車のペダルが外れない!!

      2016/11/25

助けて!自転車のペダルが外れない!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
自転車のペダルが外れないので助けて欲しいというお願いをされました。でも、自転車の修理やトラブルのお願いで一番困るのが「ネジが外れない」なんですよね。
今回は外れないペダル、ネジなんかのお話をしていこうと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

pwk0001639-1.jpg
ロードバイクで車道と歩道の段差を乗り越えられるのか?

ロードバイクのタイヤはとても細いので、慣れない初心者のう...

pwk0001638-1.jpg
憧れのディープリムホイールは安いの?高いの?

自転車のトラック競技などで、よく見かけるリムの幅の広いホイー...

pwk0001634-1.jpg
あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い… そんなこ...

pwk0001633-1.jpg
ドロップハンドルでブレーキに手が届かない場合はどうする?

皆さんは初めてロードバイクに乗ったとき、どのような感想を持っ...

pwk0001632-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換によって得られる効果とは?

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの特長を併せ持っ...

スポンサーリンク


外れないペダルにはラスペネ!!①

一番最初に言っときます。
絶対にネジを逆回ししないでください。
特にペダルのネジは左右で逆になっています。重々気を付けて下さい。

自転車のペダルが外れないという場合には、道具を準備します。
・柄の長いペダルレンチ
・プラスチックハンマー
・ラスペネ
この三つです。

「え?ラスペネって何?ハンマー?!壊しちゃうの?」
いえ、壊しませんよ。壊したら本末転倒ですからね。
ラスペネというのは、WAKO’S(ワコーズ)というメーカー、フルネームで言うと株式会社和光ケミカルという会社の製品です。
ネジなんかの間への浸透力が強く、金属の固着を緩めてくれる優れものです。

業務用とミニがありますが、結構便利な製品なので業務用、定価で2000円程のものを持っていると何かと困った時に助かることがあります。販売用の在庫として置いている自転車屋さんは少ないかもしれませんが、「少し時間が掛かっても良いので取り寄せて欲しい」と言ったら、だいたい取り寄せてくれると思います。

基本的には自転車屋さんはワコーズを使うところが多いです。自転車屋さんに限らず自動車の整備工場でもワコーズを使うところが多いですね。
ワコーズは値段はちょっと高いのですが、品質の良い製品が多く、ワコーズを使っておけばとりあえず問題ないとまで言われます。
個人的にはチェーンのルブリンカント(オイル)がオススメです。スプレー式なので楽ですし、埃も付きにくいですし、持続性も良いです。パーツクリーナーのスーパージャンボも良いです。基本的にどれも良いです。ちょっと高いですけど。

外れないペダルにはラスペネ!!②

さて、それではペダルのネジにラスペネを吹きましょう。業務用ラスペネは一点に向かってドピュッと出ます。ミニの方は割とスプレーっぽく出ます。この出方の違いがポイントです。個人的には業務用の方が使い勝手が良いです。

ラスペネが中に浸透してくれるのを待ちます。軽くコンコンたたいた方が浸透してくれると昔からみんな言います。本当かどうか分かりませんが、僕も軽くコンコンします。
あとは柄の長いペダルレンチでエイッと回します。だいたいはこれで解決です。
解決しない場合には諦めるか、助っ人を呼びましょう。ペダルレンチがずれないように持ってもらい、ペダルレンチの柄を足で踏みます。これでほぼ解決です。
これで回らない場合、ペダルレンチの柄をプラスチックハンマーで叩きます。
硬いネジを外すときにはインパクト、衝撃が効果的です。
プラスチックハンマーで叩いて、脚で踏んで、またラスペネ吹いて。

これで駄目なら諦めて下さい。
諦められない時は、柄をさらに長く延長するための筒を使います。
ちゃんとそういう筒が工具として売られています。まあ、専用のものじゃなくても、柄が長くなって強いトルクを掛けられるものなら何でも大丈夫です。専用のものはパークツールなんて文字が入っているとウキウキできます。

自転車の外れない部品には無理をしない

ただ、一般の人はそういう無理はしない方が良いと思います。
自転車屋さんにお願いするのが一番です。僕も基本的に無理はしません。ラスペネで駄目で、これ以上は危険だと感じたら自転車屋さんにお願いします。自転車屋さんはお金さえ払って、きちんとお願いすれば、自転車の無事をある程度保証してくれながら、結構無理な作業でもしてくれます。
専用工具と経験の力です。

具体的に経験の力とは何なのかと言いますと。
壊れる前兆が分かるかどうかです。
壊した経験が多い自転車屋さんの方が、そういう意味では上手いです。矛盾しているように聞こえるかもしれませんが。
壊れる可能性が高い時には、「壊すつもりで作業しても良いなら、お受けします」という感じで言ってもらえる場合が多いです。だいたいは壊さず何とかしてくれます。でも、時々本当に壊れます(笑)

「やばい、これ以上力を掛けるとネジが飛ぶ」
という感覚はどうしても経験でしか身に付けられません。

どうして外れない自転車の部品があるの?①

それにしても、どうして自転車のネジはそんな風に固着してしまうことがあるんでしょうか?
実際には、自転車でもそれ以外のものでもネジの固着の問題はあります。どんな製品のメカニックでもネジの固着は一番怖いです。
ネジの固着の原因はいくつかあります。
・ネジにグリスが塗っていない
・オーバートルク
・早締めによる熱膨張
・雨などによる腐食
・定期的なメンテナンスをしていないため腐食してしまっている
・元々の製品不良
だいたいこのあたりじゃないでしょうか。
組み付け段階でのミスか、経年劣化に対してメンテナンスをしていないせいかです。

どうして外れない自転車の部品があるの?②

ホームセンターやスポーツ用品量販店などの自転車の専門知識がないところで買うと組み付けのミスが時々起こります。
あとは、昔堅気の自転車メカニックはやたらと強く締め付けることが多いです。ママチャリ屋さんも時々します。
今でこそ自転車屋さんでもある程度専門的なところであれば、必ずトルクレンチは持っています。しかし、一昔前は「自転車の整備くらいにトルクレンチまで必要ない」というところも少なからずありました。自転車に限らず、トルクレンチは高価ですので一昔前は軽視するところもあったようです。カーボンなどの軽量素材が増えて変わりましたね。

ネジは締め付けが足りないと外れます。
ですから、みんな強く締め付けたいと思うのです。実際、締め付けが弱いか強いかだと、大きな問題に直結するのは弱くてネジが外れた場合です。
しかし、基本的には成人男性の力でグイグイ締め付けなくとも、軽くぎゅっと締める程度でだいたいは規定トルクに十分届いている場合が多いです。
ただ、やはりイメージの力とは怖いもので、みんなグイグイ締めたくなるみたいです。

どうして外れない自転車の部品があるの?③

グリスを塗らないと金属同士が化学反応を起こして固着してしまいます。
グリスは摩擦を滑らかにするという効果もありますが、膜を作って、金属同士の固着を防いでくれたり、空気との接触を減らし錆を防いでくれます。

これはきちんとしたメカニックであれば当然のことですが、やはりホームセンターのアルバイトのおにいさんだと知らない人もいるようです。あるいは、知っていても、「そんなに簡単に固着しないでしょ」とタカをくくっている場合もあります。

あるいは、一般の人が自分で買ったペダルをグリスも塗らずにそのまま力いっぱい締めてしまうという場合もあります。
あとは知識を持たずにペダルを外そうとして、逆に回してどんどん締めてしまって手に負えなくなるという事も少なからずあります。本当に気を付けて下さい。

最近はほとんどないですが、ネジ山の方が元々駄目なのを無理やりはめているということもあります。最近は安いものでもある程度の精度でネジを切ってくれているものが多いので、滅多にないですが。

ペダルひとつのせいで数万円

さて、ラスペネ先生が頑張ってくれて上手くペダルが外せれば万々歳です。
しかし、どうにも外れないこともあります。ボルトのかかりの方が負けてしまってどうにもならなくなったり、ネジ山が一緒に飛んでしまったりすることもあります。
こうなると終了です。

でも、自転車がまるごと駄目になるということではありません。
駄目になったのはペダルとクランクだけです。クランクと言うとペダルが刺さっている方の棒ですね。
ただ、このクランクが地味に結構値段が高い部品なんです。一万円以上することもあります。
自分で交換するのは難しいという人は、自転車屋さんにお願いして交換してもらうことになります。そうなると工賃も掛かるので一万円以上、ロードバイクのクランクの場合もう少しお値段が掛かることもあります。

まとめ『外れないネジは無理しない』

ネジについては本当に厄介な問題です。結構、彼らは繊細です。特に自転車の場合、六角のネジが多いですが、4mmや3mmといった小さい頭のネジはちょっとした力の入れ加減でナメてしまいます。ナメると救出できない場合も多いです。
頭はナメやすい上に根元はネジ山が飛ぶことがあったり、折れたり、完全にくっついてしまうことがあったり。
本当に繊細です。
ネジ関係のトラブルは深追いせずに早めに自転車屋さんにお願いするのがオススメです。

 - ペダル クランク, 自転車全般