豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

11速の時代だ!シマノホイールRS010!

2016.4.24

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。

シマノが11速になってから、気付けば結構な時が経ち、まさかの105まで11速。

「マジかよ。オレの大事な7900デュラはどうすれば良いって言うんだよ・・・」
そんな人もいるでしょう。

7900デュラの人は頑張って9000デュラを買うにしても、11速の105かアルテグラが欲しいという人は少なからずいるでしょう。

でも、ホイールも11速用に換えないとなぁ・・・。
そんなあなたに、シマノのRS010ホイールのお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクの輪行で前輪のみ外すってダメ?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 前輪のみ外すロードバイクの輪行について、よく議論があり...

おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはそのホイールの周りにあり、直接に地面と接する...

【初心者必見!】プロが記したロードバイク入門~虎の巻~

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 これからロードバイクを始めてみたい、ロードバイク入...

ロードバイクのタイヤにひび割れが!そのままで大丈夫?

気がついたら、ロードバイクのタイヤにひび割れができていた。 まだタイヤ交換をしてそんなに経っていな...

自転車の空気はほっといてもなくなる??

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「自転車の空気ってほっといてもなくなるんですか?」 「...

ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノはさまざまなグレードがあって、どれを選ん...

自転車のグリスの使い方って?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車を整備・メンテナンスしていく上で、グリスや油...

自転車のトレーニングにランニングは使えるか?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車のトレーニングにランニングって使えるものなんでし...

メリダのロードバイクの評判と実力

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 台湾メーカーと言えば、ジャイアントを思い浮かべる人も多...

アンカーのロードバイクの評判と実力は?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 日本のロードバイクメーカーと言えばアンカー。 そ...

自転車でいっぱい距離を一日で走るには?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 最近は山の中で暮らしていて、自転車に乗れるのは月に一日...

シマノ・デュラエースハブを徹底解説!

シマノのデュラエースハブを手組で使う人は、結構多いと思います。 また、シマノの完組ホイールを使...

ブレーキレバーの交換料金。ママチャリとロードバイクの違い

自転車の中で、メンテナンスの頻度が高い部分のひとつにブレーキが挙げられます。 ワイヤーが切れて...

自転車で坂道を登るコツ?!

自転車で坂道を登るコツってあるものでしょうか。 実はあります。 しかし、覚えるのは簡単ではあ...

fujiのロードバイクの評判と実力は?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 fujiのクロスバイクについて書いたところ、ロード...

スポンサーリンク

シマノのホイールRS010は11速だけどリーズナブル

11速の時代がどんどん迫ってくると、いや、迫ると言うか、次第に10速が減っていって、気付いたらシマノは7900の10速デュラチェーンの製造もしていない時代になってしまっていたりして。

いつまでも10速にしているのも、補修パーツなどの現実的な問題が出てきつつあります。
困った話です。

10速まではダブルレバーを作ってくれていたのに、11速になったらダブルレバーを作ってくれなくなったのも、実に困った話です。

クロモリにはダブルレバー、そういう人は少なからず、どんな時代にもいるのに困ってしまいます。

ダブルレバーはどうでも良いにせよ、11速にするのに困るのが、ホイールまで11速用に換えないといけないということです。
ホイールは、決して安くありません。

と思ったら、WH-RS010という安い11速ホイールを、ちゃんとシマノはリリースしてくれていました。

お値段なんと、1万円台中盤!!
もちろん、前後セットです!
僕らが愛してやまない、鉄下駄R500の後継ホイールですね。

RS010ホイールは10速では使えないの?

「ところで、11速用ホイールって、10速でも使えるの?」
っていう話ってありますよね。

あれが結構、分かりにくいんですよね。
簡単に説明すると、8~10速はフリーボディ(ホイールのギアをはめる部分)の高さ(厚み)は同じでした。
11速では、1.85mm長くなってしまいました。

意地悪な(?)シマノ先生は、7900デュラエースなどの高級ホイールたちを、みんなクビにしてしまいました。

他のメーカーのホイールは、フリーボディだけ交換すれば11速でも使えるのですが、シマノ先生の10速ホイールはみんな一斉リストラでした。

フリーボディ交換で、対応できないようになっているんです。
それで、僕らは11速用のホイールを求めてさまよう必要が出てきたわけです。

逆を言うと、11速用のホイールは1.85mm短くすれば10速でも使えます。
短くすると言っても、のこぎりで切るとかではなく、1.85mmのスペーサーをかませてあげれば良いわけです。

このスペーサーは、11速用ホイールには最初から付属しています。
失くした場合は、単品でも500円ほどで売っていたと思います。

ですから、ホイールだけ先に11速用のものを買って、10速のコンポで使いながら、お金に余裕が出たところで11速化ということも可能です。

シマノRS010はローラー台の救世主?

鉄下駄R500の頃からそうでしたが、シマノの一番安いホイールというのは驚くほど安いです。

R500の安さは、実売価格1万円以下という驚異的なレベルでしたが、RS010はさすがにちょっと考えるところあったのか、1万円よりいくらか高くなってしまいました。

それでも、完組のホイールが前後でその値段というのは、やはり驚異的です。

ちょっと試しに、ホイールというものを手で組んでみると分かるのですが、結構こだわり始めると時間のかかる作業です。

こだわらなくても、細々した作業で結構くたびれるものです。

今、手元にR500もRS010もないので分かりませんが、安いホイールはバラしても、手組ホイールみたいに組むことは可能です。
(もちろん、技術と工具はある程度必要ですが)

組んでくれているだけでも、前後2本だから1万円程度の仕事なのに、きちんと完成した形でリム・ハブ・スポークついた状態で1万円ちょっとというのは、やはり驚異的に安いです。

しかも、シマノの安いホイールというのは、なかなか壊れない。
カップアンドコーンなので、定期的にメンテナンスしていれば、よく回転してくれます。

ローラー台で使うには、まさにピッタリのホイールでしょう。
ローラー台の場合、後輪だけ欲しいという人が多いでしょうから、実質1万円以下で手に入るわけです。

やっぱりすごいぜ、シマノホイール!①

じゃあ、ローラー台だけでしか使えないのかというと、実走も問題なくこなしてくれるのが、シマノの安いホイールの素晴らしさです。

昔は、R500でレースで上位に入ってやる、なんていうちょっと嫌味な人もいましたが、実際、安さを感じさせない走りをしてくれます。

RS010は前後で1,890g。
安い・重いというイメージがありますが、別に2kgを越える超重量級ホイールというわけでもないんです。

鉄下駄などと、よく呼ばれこそするものの、実際は鉄草履程度、いや別に鉄なんたらと呼ばれるほど重いわけではないんですね。

まあ、そうは言っても、せっかく11速化するわけですから、もう少し良いホイールが欲しくなる人もいるでしょう。

ざっくり言えば、アルテグラ、RS81、デュラエースという風に上がっていきます。
いずれも人気がありますね。

アルテグラホイールは、前後で5万円ちょっとという、ほど良いお値段で、重量も1,640g。

やはり、不朽の名コンポ・アルテグラの名前を冠していることもあって、ビギナーからベテランの普段履きまで広い人気があります。

やっぱりすごいぜ、シマノホイール!②

RS81は、アルテグラでもなくデュラエースでもないという、少々謎の存在ですが、隠れた人気ホイールです。

デュラエースと同様、リムハイト(リムの高さ)が24mm・35mm・50mmと選べます。

24mmハイトのものは、税込みで7万円程度で1,502g。
1,500g前後のホイールの中で、頭ひとつどころか、みっつくらい抜きん出て安いです。

50mmハイトのものは約11万円程度ですが、この値段で買えるちゃんとしたディープリムっていうのは、これしかありません。

最近はサードパーティーから、激安カーボンディープリムホイールといったものも出ていますが、シマノのような信頼できる大メーカーが出しているディープリムとしては、破格の値段です。
(リムはアルミで重いですが)

デュラエースは、言わずと知れた人気ホイール。
C24クリンチャーは発表当初、円高の名残があったこともありますが、10万円を切る定価で現れ、即売り切れとなった超人気ホイールですね。

チューブレスはロードバイクだと、まだ評価の分かれるところです。

しかし、チューブラーの手間、リムセメントを塗って一晩乾かして。
あるいは、チューブラーテープにしても、前のテープをゴシゴシはがしてという手間がなく、簡単にチューブなしの快適な走りを楽しめます。

もちろん、チューブを入れれば、普通のクリンチャーとしても使えます。

チューブラーは、フルカーボンで驚異の1,167g。
値段は30万円近くとなりますが、その重量で30万円程度というのは、特に発表当初は他になかったですね。

C24チューブラーが出てから、低いリムハイトのフルカーボンチューブラーというジャンルも過熱して、現在ではいくつかのメーカーも出していますが。

ヒルクライムオバケを作れるスーパーホイールです。
C35の万能感、C50、C75といった、プロご用達のハイパーエアロホイール。

どれをとっても、死角なしです。

まとめ「シマノが凄いのは、もはや当たり前すぎる」

シマノホイールの凄さを、RS010から見ていきました。

しかし、唯一、シマノには弱点があります。
シマノが凄いのは当たり前すぎて、カスタムとしての面白みが逆にないんです。

いや、素晴らしいことなんですよ。
でも、シマノのホイールは何だかんだで絶対に良い、面白みがないというのは、どうしてもカスタムする上で出てきてしまうんです。

それは、ホイールに限らずコンポーネントでも、一番カッチリと性能よく動いてくれるのは、シマノというのは当たり前すぎるんです。

つまり、全てデュラエースで揃えてしまうと、速いんだけれど、なんていうか隙が無さ過ぎて、本当に走るだけのマシーンという感じで。

そういう凄いのが当たり前っていうメーカーって、本当にシマノくらいかもしれないです。

 - ロードバイク, ロードバイク 国産メーカー