豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車が趣味の人にあげて喜ばれるプレゼント

      2017/06/19

自転車が趣味の人にあげて喜ばれるプレゼント

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。

「自転車が趣味の人って、プレゼントで何貰ったら喜びますか?」

「え?!プレゼントくれるんですか?!プレゼントよりもお金か愛が欲しいです!」

「いや、お金もあげないし、愛もあげないし。そもそも、あなたにあげるものじゃないです」

「・・・そうですか」

そんなわけで、今回は自転車が趣味の人にあげて喜ばれるプレゼントのお話でもいたしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


自転車が趣味の人だから自転車用品をプレゼント?

自転車が趣味の人にあげるプレゼントと言えば、自転車用品のイメージがあります。

しかし、残念ながら自転車が趣味の人は、だいたい自分の必要な自転車用品はだいたい持っています。
しかも、だいたい自転車のアイテムについては、あれこれ無駄なこだわりがあったりします。

そんなわけで、自転車が趣味の人に自転車用品をプレゼントするのは、結構リスクがあります。

私も昔、学生時代に母親から、
「自転車で使ったら?」
と言って、ユニクロのヒートテックをプレゼントして貰ったことがありますが、はっきり言って自転車では使いません。

まあ、ユニクロのヒートテックなら、普段着として使えるので良いのですが。

微妙なのは、恋人から自転車用のグローブを貰ったときでした。

グローブについては私はレザーのフルフィンガーのものが好きなので、それ以外を貰っても、正直あまり使わないんですね。

貰ったものは使わないと申し訳ないです。
実際、ありがたい、嬉しいとは思うので使いました。

1人で自転車屋さんに行って買ってくれたと思うと、本当に嬉しかったです。

でも、やっぱり使い勝手が良くないです。
そんな、少々複雑な思いをしたことが昔ありました。

自転車用品をプレゼントする場合は、一緒に行って選ぶようにしないと、ちょっと難しいかもしれません。

自転車用品以外のプレゼント

そんなわけで、自転車用品以外のプレゼントの方が安全ではあります。

アウトドアブランドのウェアなどはオススメです。

自転車にガッチリ乗るときには使わないけど普段使うもの、しかも、その服のままちょっとくらいの距離なら自転車も乗れてしまう。

そう、趣味ど真ん中のアイテムはこだわりなどもあるので、そこから少し外れているくらいがプレゼントとしては、ちょうど良いかもしれません。

自転車用のグローブじゃなく、ノースフェイスなんかのちょっと暖かそうな手袋や靴下。

自転車が好きな人は、体を動かすことは好きでしょうから、そういうアクティブなアイテムというのは、喜ばれることが多いんじゃないでしょうか。

個人的には、モンベルのインナーなんかをプレゼントして貰えると、何かと便利でありがたいです。

ただ、プレゼントとして黒い長袖のインナーっていうのも味気ないような気もします。

自転車が趣味の人が欲しいプレゼント?

「そうは言っても、自転車が趣味の人にプレゼントするなら、せっかくだから自転車用品が良い気がする!」
そんな人もいるでしょう。

せっかくなので、自転車好きが欲しい自転車用品をちょっと考えてみましょうか。
プレゼントに向いているかどうかは、別として考えてみます。

まず、タイヤですね。
タイヤは本当に嬉しいです。

タイヤは好みこそありますが、走っていると確実に消耗していきます。
値段も決して安くないんです。

タイヤも、値段がピンからキリまであります。
レースで使うタイヤについては、1本1万円以上するものもありますが、1本5千円くらいから、そこそこ良いタイヤです。

レースで使うかは別として、何かしら使います。
結構ありがたいです。

ただ、プレゼントにタイヤっていうのも何だかなぁっていう気もします。

消耗品としては、ブレーキシューやチェーン、チューブも嬉しいですね。

自転車に乗っていれば、絶対に消耗するアイテムです。

でも、やっぱりプレゼント向きじゃないアイテムですね。

趣味の人のためのプレゼントはやはり難しい

まあ、冷静に考えてみると、趣味のアイテムっていうのは、あまりプレゼントには適していないのかもしれません。

例えば、登山が趣味という人に登山靴やザックを、あるいは楽器が趣味の人に楽器を、はたまた釣りが趣味の人にルアーを、もしくはジョギングが趣味の人にランニングシューズをプレゼントしたって、やっぱり使い勝手の悪い道具というのは、趣味の道具としてはイマイチなんですね。

そして、趣味の世界には基本的に答えという答えがないんです。
みんなそれぞれに好みがあります。

普通の人から見ると同じように見えるものでも、それを趣味としてやっている人にとっては、
「全然違うよ!ここの部分が、ほら、ね!」
といったような具合ですね。

最初に出てきたユニクロのヒートテックの話と同じですね。

普通の人にとっては、ユニクロのヒートテックは温かいインナーかもしれませんが、自転車に乗る人にとっては、汗でビショビショになって汗冷えしやすいインナーなんです。

別にユニクロのヒートテックが悪いわけではないんです。
どうしても自転車は、運動量もそれなりにあるので汗をかきますし、とにかく風を切ります。

扇風機の前に座っているようなイメージで良いです。
ですから、冬に汗をかいて冷えると本当につらいんですね。

ユニクロのヒートテックは普段使いすることを前提に作られていますので、そんなにたくさんの汗をかくことは考えられていないんですね。

大抵どんな趣味でも、何かしら特殊な条件やこだわりというのがあるものです。

自転車用のウェアはサイズが分かりにくい?

自転車用ウェアをプレゼントするという人も、中にはいるかもしれません。

最近始めたばかりの初心者の人なら、ウェアは喜ばれるかもしれません。
しかし、すでに何年かやっている人の場合、必要なウェアは、ひと通り持っている場合が多いです。

さらに言えば、自転車用のウェアは普通の服と全く違うので、サイズが分かりにくいのです。
あのピチピチ服は外見からも分かるかもしれませんが、非常に独特なんですね。

長年乗っている人でも、ウェアメーカーが推奨するサイズと違うサイズが好きという人もいます。
デザインや機能の問題もあります。

ただ、ほぼ唯一、自転車乗りの人なら誰でも喜んで、なおかつサイズなどもあまり気にしなくて良いアイテムがあります。

サングラスです。
サングラスは、ほとんどの人が1本は持っているかもしれません。

しかし、サングラスって失くしたり、落としたりすることがあるアイテムなので、プレゼントしてもらえたら、結構嬉しいアイテムです。

少々お値段は張りますが、オークリーの自転車用サングラスだったら、ほぼ間違いなく自転車が趣味の人には喜ばれるでしょう。

有名なメーカーなので、メガネ屋さんなどでも扱っているところが多いです。
オークリーは野球のイチローなども使用しているように、様々なスポーツのアスリートに愛されているスポーツサングラスブランドです。

特に自転車では、オークリーのサングラスは割れないということで人気があります。

自転車では、高速で走っているときに虫などが目に入るとすごく痛いですし、風で目が乾きます。
自転車専用のものはそういう異物から目を守ってくれ、空気の流れを整えてくれるので、非常に楽なんですね。

その人が持っている自転車などの色を

オークリーのサングラスにせよなんにせよ、プレゼントに自転車用品をを選ぶとき、色は何色が良いのでしょう?

無難なのは黒です。
ただ、黒だと少々面白みに欠けます。

プレゼントする相手の自転車の色をチェックしておくと良いです。
自転車が趣味の人は、差し色を統一するという人が多いです。

例えば、赤い車体に乗っている人は、ほぼ間違いなくウェアや手袋に赤が入っているでしょう。
プレゼントするアイテムにも赤が入っていると、喜ばれる可能性が高いです。

ただ、真っ赤のアイテムだと、それはそれでちょっと使いにくかったりもします。
ほど良く赤が入っているくらいのアイテムがベストです。

赤は自転車用品で一番見付けやすいカラーですので、困らないと思います。

赤以外の色の場合は、少々見付けにくいかもしれません。
そういう場合には、真っ黒などでも良いかもしれません。

差し色は統一したいという人が多いので、別の色が混ざるよりは、真っ黒の方が好まれるかもしれません。

まとめ「自転車用品のプレゼントは難しいけれど」

自転車が趣味の人が喜ぶプレゼントについて考えてみました。

オークリーのサングラスがオススメということで書きましたが、ちょっとお値段が高過ぎるかもしれません。

この記事を書くために、お値段がお手頃でプレゼントにちょうど良い自転車のアイテムを考えたのですが、本当になかなか見付からないなか、辿り着いたのがサングラスでした。

他にもタイヤ、チューブ、あるいはインナーや靴下なども候補に挙がりましたが、どうもプレゼントらしくないような物が多いですね。

やはり、どうしても自転車用品をプレゼントしたいという場合は、相手と一緒に自転車屋さんに行って選ぶのが一番でしょう。

 - 自転車 その他, 自転車全般