豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイク主要メーカーの気になる評判をまとめました。

      2016/11/25

ロードバイク主要メーカーの気になる評判をまとめました。

今ロードバイクを選ぶなら?これからロードバイクデビューをする、というあなたにも、主要メーカーの特徴とその評判をまとめてみました。
もちろんここに挙げきれないほどたくさんあります。あなたが気になっているメーカーは入っているでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


ロードバイク主要メーカーの気になる評判~CEEPO(シーポ)

CEEPOは日本のブランドです。世界でも珍しいトライアスロン自転車専業メーカーとして存在感を発揮してきました。トライアスロンに特化した開発を行っています。CEEPOの理念は「妥協することなくトライアスリートにとってベストの商品を開発、供給する。」とことんトライアスロンにこだわっています。
特徴は、スピードの持続性と安定性。フレーム剛性とのバランスによる乗り心地の良さも挙げられます。剛性と軽量化のバランスも良いようです。各モデルはその用途によって選べるように特徴の優先度も変わります。
トライアスリートならではの視点の設計とクオリティで多くの選手に愛用されているようです。
乗りやすいエアロロードという評判も高いです。ロゴも含めて、日本のブランドとは思えないデザインでもあります。乗っている人もまだそんなに多くないですし、独自のデザイン性で、個性的なものに乗りたい方にオススメです。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~LOOK(ルック)

フランスの老舗メーカー。業界初となるビンディングペダルの開発や、カーボンフレームの開発などで、この業界を牽引してきました。2000年から3年連続のツール・ド・フランス山岳賞獲得や、総合優勝、2004年のアテネオリンピックで9個のメダルを獲得するなどその実績は輝かしい。ロードバイクを乗るものの憧れのブランドです。
牽引してきた分野だけあって、ビンディングペダルの評判なども「軽い」「ペダル軸の回転が良い」と上々。
基本、LOOKの難点は流通量が少ない、そして「高い」。ことでしょうか。そこを置いても欲しいのか、代替がきくのであれば他のものでも良いのか、それは乗ってみなければわかりません。一流のブランドには一流の理由があるものですし、それを歴史の中で走り続けている、という事は高く評価されて然るべきと思います。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~RIDLEY(リドレー)

ベルギーのブランドです。ベルギーは自転車が国技なのです!弱虫ペダルでは東堂尽八が乗っています。彼が乗っているのは限定モデルです。さりげないトリコロールカラーがとてもおしゃれ。
ベルギーは石畳や舗装状況や天候が悪いことなどで、ライディングが厳しいことで有名です。そのベルギーで1990年、塗装会社として設立したのがリドレーの始まりです。ペインティング技術において高い評価を得、その後様々な発想でフレーム製作に取り組みます。まだまだ浅い歴史ですが、その中で飛躍的に進歩し、信頼を得てきた理由は悪路にも耐えられる強固さと軽量、何より実践向きのバイクであることでしょう。
細かな部分の配慮も開発段階からライダーと密接なコミュニケーションをとっていることからの賜物と思われますが、こういった部分にファンは感動するのです。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~TREK(トレック)

続いてはTREK。アメリカにおけるスポーツバイクの最大手ブランド。このブランドは1980年に会社として設立されます。有名選手にバイク提供をしている世界のトップブランド。
TREKの大きな特徴と言えば「軽さ」です。ヒルクライムのモデルであれば世界最軽量ランクです。軽量化に成功しながらも高めの剛性であるため、小さな力でどんどん前に進んでいくのでロードバイク本来の楽しみを味わうことが出来ます。
初心者はTREKからオススメされることが多いようですが、お値段的にも良いと思います。コストパフォーマンスがとても良い、という評価です。
また、大手ですからたくさん流通しているというのは、それだけサイズなどの選択肢も在庫もあるワケで、よし、買おう!と思い立ったビギナーの方にはとても買いやすい自転車です。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~DEROSA(デローサ)

イタリアの名門ロードバイクメーカー。最強の自転車選手と言われたエディ・メルクスが全幅の信頼を置いた名ビルダー、ウーゴ・デローザが自らの名前を冠して立ち上げたのがこのブランドです。ウーゴ・デローザは12歳の時からフレーム作りを始め、その腕は広く認められ、多くのメーカーに影響を与えた。現在、規模が大きくなっても妥協のない製品作りから多くは制作できない。これが高い品質を保ち続けている理由であるとも言えます。
もちろん、このような製品作りであれば価格面でだいぶ高いことは簡単に予想できます。最高級に位置するブランドであると言っていいでしょう。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~CANNONDALE(キャノンデール)

1971年に創業されたアメリカの自転車メーカー。アルミフレームの技術に優れており、下手なカーボンフレームならばCANNONDALEのアルミフレームの方が良いと言われるほどです。性能に対するコストパフォーマンスも良いです。フレームのカラーリングが原色系多めですので、こういったところで印象や好みが分かれるかもしれません。
ただ、アルミは硬いので、どれだけの時間自分が乗るのかなど、そういったところから乗り心地を考えて購入するのもポイントになります。短距離を好む方などにはいいかもしれません。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~CARRERA(カレラ)

イタリアのバイクブランド、CARRERA。クロモリフレーム全盛期に積極的にアルミフレームを開発し、アルミ・バックカーボン・フレームを発表し話題になりました。第一線を走るブランドとして認知され続けています。サイズ・オーダーを受け付けるなどこだわりのイタリアブランドらしい面があります。
近年では曲線を多用した有機的なフォルムの「フィブラ」を発表し、独創的なバイクデザインは賞賛されました。
日本では少しマイナーかもしれませんが、やはり見た目も格好いい。さすがイタリア。
走り心地は硬めでレース向けですね。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~PINARELLO(ピナレロ)

こちらもイタリア。名門ロードバイクメーカー。コルナゴ・ビアンキ・デローザと並んでイタリアンバイクの代表格です。
数々のプロチームにバイクを供給し、もちろん華々しい戦績を残しています。また、ホリゾンタルフレームを採用している数少ないメーカーのひとつです。ホリゾンタルフレームとは地面に対してトップチューブが水平になっています。振動吸収性に優れているのでロングライド時、身体の負担を軽減します。見た目も格好いいです。
最近ぐんぐん人気があがってきてコルナゴと並ぶのでは!と言われるピナレロ。選択肢の一つにいかがでしょう。

ロードバイク主要メーカーの気になる評判~ANCHOR(アンカー)

日本のナンバーワンブランドです。ブリヂストンサイクルが手掛ける上質なレーシングブランド。このブランドコンセプトの契機となったのは、1996年、当時驚異的な実力を持ったスプリンター十文字貴信選手をオリンピックで金メダルにしたい、と開発したマシンでした。一流レーサーからのフィードバックでマシンを進化させる、これがアンカーのスピリットです。
また、フレーム工作技術の高さもこのブランドの強みです。日本が誇るリアルレーシングバイクが日々情熱的な職人たちによって作り続けられています。
不良品が少ない、と評判ですし、良い意味で誰が乗っても大丈夫なオールラウンド性があります。安心して買える一台、に挙げられるでしょう。

まとめ、お気に入りの一台、って

つらつらとお話ししてきましたが、これだけ挙げてみても足りないくらいまだあります。「主要メーカーの紹介」と言いながら、コレも挙げたらアレも、となるわけです。
書くのも乗るのも「お気に入りのコレ」を見つけるにはたくさんの選択肢があるということ。大変幸せなことです。日々、技術の進歩を掲げ、乗るものに夢を与えてくれる一台を作り上げてくれる、各メーカーのクラフトマン達に感謝です。

 - 自転車全般, 評価 インプレ