ロードバイクのメンテナンス!ギアの洗浄にチャレンジ!

ロードバイクをお持ちのみなさん、定期的なメンテナンスをしていらっしゃいますでしょうか。日々の走りへの影響はもちろん、車体やパーツの寿命にも影響してくるメンテナンス。今回はロードバイクのギアの洗浄について触れていきたいと思います。
結構汚れが気になりますよね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピストバイクの特徴って?ホイールの組み方は?

ピストバイクをご存知ですか?ママチャリなどの街乗り自転車とも、ロードバイクやマウンテンバイクとも...

自転車のサドル交換にトライ!

自転車のサドルは、体重を支える重要な部分であり、長時間自転車に乗る場合には、お尻が痛くなる、なんてこ...

ロードバイクでヒルクライム!スプロケットのおすすめは?

ロードバイクを買ったらヒルクライムにチャレンジしたい!そう思う方はきっと多いでしょう。登り坂ばか...

クロスバイクとロードバイク、速さの違いは実際どんなもの?

ひと括りにスポーツバイクといっても、種類はいろいろあります。主なものの中にロードバイクとクロスバ...

ロードバイクのメンテ、費用の目安はどのくらい?

『通勤や通学はロードバイクで軽快に』雑誌の特集を見て、自分もちょっと始めてみようかな。な...

自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。ホイール・サドル・ハンドルなどに加えて...

北海道でmtbトレイルを存分に楽しもう!

北海道と言えば、景色が綺麗で自然豊かなイメージですよね。山もたくさんありそうなので、mtbでトレ...

ロードバイクにはスタンドがついていない!付け方を覚えよう

ロードバイクにスタンドが付いていないのはなぜ?普段乗りでロードバイクを使用している方には、スタン...

自転車のサドルを盗まれた人必見!盗難防止の方法!

日本全国での自転車盗難件数はなんと約30万3000件にもなります。そしてその検挙率は5.5%しかあり...

オシャレ好き必見!色も形も質感も様々な自転車のサドルたち

道行く自転車を見ていると、自転車の中でも特にロードバイクのサドルはいろいろな種類があることが分かると...

クロスバイクのブレーキをカスタムしよう!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。初心者のお悩みと言えば『ブレーキ』ですよね。...

ロードバイク走行中に異音が!何が原因?対処法は?

ロードバイク走行中に、異音がしたことはありますか?ブレーキ、チェーン、サドル・・・異音がする...

自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。都市部では、ロードバイクやクロスバイク...

ロードバイクの後ろホイールから出るラチェット音とは?

ロードバイクやその他の自転車に乗って坂道を下っているときなどに、後ろのほうから「カチカチ。。。」と音...

自転車の盗難に遭ってしまった!犯人は逮捕される?

随分昔になりますが、私の学生時代は駅前に自転車を安易に止めれば(鍵をかけないなど)帰りには、もう絶対...

スポンサーリンク

ロードバイクのギア洗浄で効果てき面!?

どんなに高価な自転車を購入しても、メンテナンスの不備でその走りは最大の効果を発揮することがなくなってしまいます。それはすなわち、愛着を持ってメンテナンスを心掛ければよい走りをしてくれる、その愛情に応えてくれる、ということです。ギアやチェーンの洗浄はその最たるものとも言えるでしょう。高価なパーツよりも汚れを落とし、きれいに掃除をしてあげることの方が何倍も効果があります。
変速機系統のメンテナンスとして、レバーやワイヤー、ディレイラー、スプロケット等のパーツ掃除が考えられます。パーツ数も多く難しそう、と感じてしまうでしょうが、簡単に出来るお手入れ方法として紹介していきますので、こまめにやりましょう。

ロードバイクのチェーン洗浄

せっかくのメンテナンス。チェーンも洗浄しておきましょう。チェーンはタイヤに次ぐ摩耗品です。手入れさえ怠らなければ長い期間に渡って使用することが出来ます。形状がでこぼこしているので複雑そうに感じますが、日々の手入れの中ではそんなに難しいことはありません。
ふき取るクロス、そしてクリーナーを用意しましょう。専用のチェーンクリーナーなどを購入し使用するのが効果が高く手軽です。洗浄液は出来れば専門店などに売っているものが良いですが、台所洗剤のような中性洗剤でも代用できますのでお試しください。
洗剤を水で薄め(1:1)所定の位置にセットしチェーンを回します。汚れが落ちてくるので、何回か水を入れてすすぎましょう。その後乾いた布で水気をふき取ります。水分がとんだところでチェーンのコマひとつひとつに注油していきましょう。コツとしては注油したままにせず、余分な油をきちんとふき取っておくこと。これが残っていると汚れがつきやすくなってしまいます。
チェーンの洗浄をしている時に、欠けている部分などがないかもチェックしましょう。欠けているときれいな変速ができませんので、新しいチェーンに交換時です。

ロードバイクのギア洗浄

次はスプロケットです。リアホイールについている幾重にも重なった歯車。このお手入れは大変そう、と感じますよね。スプロケットはチェーン、チェーンリングと並んでロードバイクの可動部分の要となる部分ですのでしっかりお手入れしたい部分です。砂や埃など汚れがたくさん付いていると異音がしたりスムーズなギアチェンジができなくなります。また、チェーンや歯を傷付ける原因にもなりますので定期的に洗浄しましょう。
スプロケットの洗浄はスプロケットを分解して行う方法と分解しないでホイールに付けたまま行う方法があります。
分解しない方法は、チェーンの洗浄と同様、クロスとパーツクリーナーを用意し、リアホイールを外して、スプロケットにパーツクリーナーを掛け、クロスで一枚一枚のギアの間をキレイに拭いていきます。これなら10~15分程で終わります。
分解して洗浄する場合は、スプロケットを外すために必要な工具を準備します。ロックリング回し、モンキーレンチやスパナ、小ギア抜きです。ロックリング回しは様々な規格がありますが、8段以上のものはシマノ用に対応したロックリング外しでほとんど外れます。これを回すためにモンキーレンチやスパナが必要になってきます。小ギア抜きは、後輪のギアを後ろ回しにすると空転してしまいますのでギアを抑えるために必要です。
まずは、リアホイールを外し、シャフトを抜きます。そこにロックリング回しをセットします。ラチェットが空転しないよう、大き目のギアの適当な部分に小ギア抜きのチェーン部分を引っ掛けて抑えながらロックリング回しを反時計回りに回してロックリングを外します。スプロケットを外してクリーナーで洗浄するのですが、汚れがひどい場合にはパーツクリーナーだけでは汚れが落ち切らないので浸け置きしましょう。トレイなどに分解したスプロケットを入れてクリーナーを吹き付け、しばらく置いておきます。これでもクロスで拭くくらいでは簡単に落ちない頑固な汚れの時にはブラシにパーツクリーナーをつけてこすってみましょう。徐々に汚れが落ちてきます。汚れが落ちたところで水洗いをし、タオルやクロスで拭いたり日陰で乾かすなどして水分をとばします。綺麗になったところで元の通りに組み立てて取り付けます。スプロケットは分解するともう一度組み立てるのがよく分からなくなってしまう方もいるかもしれませんが、ホームページなどで確認するのも良いでしょう。また分解前にメモしておくなど注意が必要ですね。
分解して洗浄するのは手間もかかり、注意が必要ですが、全ての汚れをちゃんと落とすことが出来ますので、年に一度はやっておきたいお手入れです。

ロードバイクのディレイラーもきれいに

続いてはリアディレイラーです。スプロケット上のチェーンを別の段へ移動させるためのパーツです。
まずは全体を綺麗に拭き、チェーンをトップの方へ移動します。シフトレバーとディレイラーを繋ぐワイヤーは、長く使えば使うほど劣化し伸びてきてしまいます。このトップにした状態で緩んでいるようでしたら張り直しの合図ですのでチェックしておきましょう。張り直すときはしっかりと伸ばしましょう。最後に、可動部へオイルを一滴ずつ垂らしてあげると摩耗劣化を抑えることができます。
リアがあればフロントも。メンテナンスの仕方はほぼ同じです。ここも大事な部分ですのでしっかりチェックしておきたいところですね。

ロードバイクのメンテナンスを専門店で

専門店でのメンテナンスはもちろんお金がかかります。自分でやるのとどちらがいいかどうかという話ではありません。メンテナンス用具は一通り揃えて、自分の乗った適正なポイントでチェックをし、お掃除をするくらいのことはやるべきですし、と言って交換時だけでなく専門店に行ってメンテナンスしてもらうことは重要です。
おおよそですが、チェーンの洗浄料金などは3000円ほどかかるでしょう。お店によってはメンテナンスの組み合わせコースが用意されている場合もあります。車でいうところの車検のような内容で、しっかり洗浄してくれたり、パーツの交換まで含んでいるものもありますので、相談してみましょう。専門店でメンテナンスをするメリットは、パーツの状態を正確に把握できることに加え、より快適な乗り心地のためにプロが相談にのってくれることです。
お店によって料金だけでなくサービスなどにも違いがありますので、相談できる専門店などをつくっておくといいですね。

まとめ、ロードバイクのギア洗浄

こうして順を追って話してみると各パーツのメンテナンス、というより愛車を眺めて拭き掃除をする、程度で済むと思うのです。家の掃除と一緒でずっとやらないでいると頑固な汚れがこびりついてとれなかったり、あからさまに汚れているとわかってから掃除にとりかかると手間が増えたりするのです。
自分を乗せて公道を走る自転車。安全のためにも日々のメンテナンスをしっかりとしましょう。