豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

タイヤはフロントとリアで減る早さが違う?

      2016/11/25

タイヤはフロントとリアで減る早さが違う?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
自転車のタイヤはフロントとリアで減りの早さが違うのはご存知でしょうか?動力はチェーンを介して後輪に伝わり地面を蹴るので、どうしても後輪の方が減りが早いんですね。
減ってしまった後輪のタイヤを交換するときに前輪も一緒に交換した方が良いのでしょうか?
前後の減りを均等にする方法はないのでしょうか?
今回はそんなタイヤのフロントとリアの話です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

pwk0001137-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車...

pwk0001136-1.jpg
ウォーキングや自転車の消費カロリーってどのくらいなの?

あなたは、ダイエットをしたいと思ったらまず何をはじめますか?...

pwk0001135-1.jpg
アミノバイタルの効果って!?水泳選手にも効果的!

アミノバイタルというものを聞いた事はありますか? 様々...

pwk0001134-1.jpg
giantのロードバイク「fcr」はどんな自転車だった?

giantと言えば、クロスバイクで有名ですね。 しかし...

pwk0001132-1.jpg
初心者の自転車選び!フレームはどこのメーカーがおすすめ?

自転車に限らず、初めてものを選ぶときに基準のひとつになること...

pwk0001131-1.jpg
自転車のハンドルの種類や調整方法を教えて!

自転車に乗っていて、手が疲れたり、もっと操作を楽にしたいと感...

pwk0001130-1.jpg
自転車のハンドルの交換方法をご紹介します。

自転車に乗っていて、体とつながる部分は、ハンドルとサドルとペ...

pwk0001129-1.jpg
自転車とロードバイク、ヘルメットを兼用しよう!

ロードバイクに乗るならヘルメットは必要だが、ママチャリなどの...

pwk0001127-1.jpg
持ち運びOK?自転車を持って電車に乗る方法

お気に入りの自転車で、遠くの地にサイクリングをしに出かけたい...

pwk0001126-1.jpg
ロードバイクでロングライドした思い出をブログにしよう!

ロードバイクに乗ることが慣れてきて、ロングライドに挑戦しよう...

pwk0001125-1.jpg
ロードバイク購入予定の方必見!チネリのスーパーコルサ

ご自分のロードバイク、持っていらっしゃいますか? ロー...

pwk0001124-1.jpg
ロードバイクでも有名なジャイアントのdefyシリーズを紹介

ロードバイクやクロスバイクで有名なジャイアント。 この...

pwk0001123-1.jpg
ホイールバランスってなんだろう?ロードバイクとの関係は?

ホイールバランスという言葉について、聞いたことはあるけれど、...

pwk0001122-1.jpg
初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが...

スポンサーリンク


フロントとリアのタイヤを入れ替える

実に簡単な答えですが、一定の走行距離毎に前後のタイヤを入れ替えてしまえばこの問題は解決します。
とは言っても、一文で話が終わってしまうと記事として問題ですので、タイヤに関するあれこれを考えていきましょう。

ちなみに、私は前後を入れ替えるのは面倒くさいのでしていません。後ろが減ったら後ろだけ替えます。前が減れば前だけ替えます。
別に走行性能としては、レースで使う以外は特に問題はありません。
ただ、自分でタイヤを見て交換が必要か判断できないといけません。

レースに使うものはレース用で取っておきます。レース用のタイヤは出来る限り走行距離の少ないものが良いです。私はレースで使うものは走行距離500キロ以内としています。もう少し早くに新品に替えることもあります。タイヤの状況次第ですね。
レース用のタイヤは本番とその少し前のタイヤの試走くらいにしか使いません。
どの程度の距離までにするかは人によって違いますが、やはり千キロ近く走ったタイヤはグリップ感なんかが明確に悪くなります。
新しいタイヤと古いタイヤでは、走行性能も違いますし、パンクのトラブルなどの心配も少なくて済みます。
(もちろん、新品だってパンクするときはパンクしますが)
レースはエントリー料だけでもそれなりに良い値段しますから、パンクで棒に振るのは絶対に避けたいところですし、せっかく出るなら少しでも良いタイムを出したいところです。
タイヤの性能差で何秒変わるかと言われると正直微妙ですが、出来ることはやっておきたいですよね。

いくらか使ってレースでは使うには美味しい時期を過ぎたタイヤは、普段履きに使います。
普段履きも良い新品のタイヤを使うという人もいますが、ロングライド一発で200キロ走ってしまうと考えると、やはり個人的にはレース用のおさがりを使いたいというのが本音です。

タイヤにはフロント用とリア用がある?

自転車のタイヤにはフロント用とリア用があるのでしょうか?
ホイールメーカーのマビックが出しているレース用のタイヤにはフロント用、リア用の違いがありますね。フロントはグリップリンク、リアはパワーリンクという商品名ですね。
違いとしてはフロント用の方が柔らかくて、路面をガッチリ掴んでくれるようなフィーリングになっています。
マビックはホイールは固いですが、タイヤは柔らかめに作りますね。マビックホイールと合わせて使うと確かに良い走りをします。
また、マビックのタイヤは回転方向の指定もありますので気を付けて取り付けねばいけません。前後で山の方向が違います。
方向が逆で、そこまで大きな問題があるわけでもないですが、やはりメーカーの指示には従っておくのが無難でしょう。
難点はリアが磨り減ってきて、前後を入れ替えるということが出来ないということでしょうか。

マビック以外のメーカーでは基本的に前後の指定のあるメーカーはないと思います。
ただし、回転方向の指示のあるメーカーは少なからずあります。溝が切ってあるタイヤは回転方向が決まっている場合が多いですね。

タイヤをリア(フロント)だけ替えるってどうなの?

タイヤを一方だけ替えるというのは、別に問題ないと最初に書きましたが、自転車屋さんでは、
「せっかくなので両方替えときますか?」
と聞かれることも多いですよね。

パンクなどが外的要因によるパンクの場合には片方の交換で問題ありません。
また、交換時期が早めという人も片方だけの交換というのも良いでしょう。
ただ、ギリギリまで使うという人の場合、せっかくなので両方がオススメです。
というのも、片方だけ新品、片方がかなり古いという形ではせっかくの新品のタイヤの性能がもったいないからですね。
また、外見上、磨り減っていなくても、ゴムですので紫外線や外気との接触などでの劣化もあります。使用期間が長いものは交換をお勧めします。

結局のところ、状態を見てみないとなんとも言えないのですが、片方だけ交換するよりは途中で前後を入れ替えて、出来るだけ両方同じ時期に交換した方がせっかくの新品の良いタイヤでの走りを楽しめるでしょう。
体感出来ても微々たる違いかもしれませんが、そういう細かいことの積み重ねがロードバイクのカスタムでは大事です。

フロントとリアで違うメーカーのタイヤは?

フロントとリアで違うメーカーのタイヤを使うというのは良くないのでしょうか?
もちろんですが、とりあえず走るだけなら何の問題もありません。ものすごく走りが悪いとかの問題はないでしょう。
ただ、交換時期の目安が分かりにくくなります。
先ほどの前後を入れ替える話も、やはり前後で同じタイヤを使うという前提にあります。

メーカーによってタイヤは柔らかさや耐久性などが全く違います。対パンク性に関しては昨今のタイヤはどれもそれなりに良いですね。やはり対パンク性というのは誰しも気にするところなので、メーカーも力を入れているようです。

自分でタイヤを見て触って状態が判断できる人は問題ないですが、よく分からないという人は同じメーカーで揃えてサイクルコンピューターの距離を目安に前後を入れ替えるようにするのが安心でしょう。

フロントかリアだけ何回もパンクしてしまう

どちらか片方のタイヤが何回もパンクしてしまうということが時々あります。
実に由々しき問題です。
いくつか原因はありますが、タイヤの中に異物が刺さっている可能性が高いでしょう。普通にしていると見付からなくても、空気を入れて乗車して圧がかかると頭を出してパンクするというわけです。
タイヤをしならせながらチェックしてやると見付けられるかもしれません。

次にタイヤのケーシングがほつれて、それが刺さってパンクしている可能性ですね。安いタイヤで時々あります。特に安いタイヤは固くて摩耗しにくいので長く使う人も多いですから、時々発生してしまいます。
これはもうタイヤの寿命ですから、表面が削れたり、異物がなくても交換が必要です。

それから、リムの方の以上ですね。どこかが削れたりしてとがっていたり、リムテープがボロボロになっていたりするとパンクの原因になります。

もちろんですが、自分でパンク修理した場合にはチューブがきちんと中に入っていなくてパンクしていることもあります。

何にせよ短期間で異物を踏んでいないのにパンクが連続した場合はタイヤを交換するのが得策です。
もちろん、異物を踏んでそのまますぐ抜けているということもありますが、原因不明のパンクというのはタイヤに異常があってパンクにつながっている場合も多いです。
一昔前ならチューブの初期不良なんかの可能性もありましたが、昨今のものは初期不良はほとんどありません。時代の進歩ですね。

まとめ「フロントとリアは出来るだけセットが望ましい」

タイヤのフロントとリアの話をしてきました。
必ずしもフロントとリアをセットで新品にしなくてはいけないということもありませんが、不安な人はセットで交換しておくのが無難ですね。
何年かロードバイクに乗っていれば、段々とタイヤの状態の見分け方も分かってくるでしょう。
分からない初心者のうちは定期的に自転車屋さんで点検してもらうのも大事です。
正しい状態の自転車に乗るということは、正しい状態を理解することでもあります。正しい状態が理解できればタイヤの交換時期も段々と分かってくるでしょう。
点検は安全の上でも大事ですが、自転車に関する知識を増やすためにも大事なことなんですね。

 - タイヤ チューブ, 自転車全般