豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

クロスバイクに前カゴは取り付けられる?その方法や費用は?

2016.6.9

いわゆるスポーツ自転車への興味が高まった時、入門編として最も身近な存在となるのが「クロスバイク」です。ロードバイクより価格もおさえられており、シティユースにぴったり。もちろんツーリングにも対応できるし、ロードバイクを持っている方のセカンドバイクとしても人気です。今や様々な方に人気のクロスバイク、乗る方によっては「荷物を入れるカゴがあれば」と考える方もいらっしゃるでしょう。今回は「クロスバイクに前カゴ付けられるの?」そんなお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のスポークが折れる原因と折れたときの対処法

細くて、すぐにでも折れてしまいそうな自転車のスポーク。 実際に折れることがあります。 折れる...

ロードレーサーのタイヤ交換にチャレンジしてみよう!

タイヤ交換の時期はわかりますか?適正なタイミングできちんと交換できているでしょうか。「パンクするま...

助けて!ロードバイクのチェーンの選び方がわからない

ロードバイクのパーツは種類が多くあります。チェーンも例外ではありません。 チェーンが切れた、チェ...

通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が増えてきます。 春から自転車通学をする...

自転車のサドルはサイズがある!自分に合うものを見つけよう

自転車を乗る上で必要になる部品はたくさんあり、サドルもその1つです。 このサドルにも種類やサイズが...

ロードバイクのメンテはしっかりと!費用はどのくらい?

ロードバイクを手にしたばかりの頃は毎日毎日磨いてパーツを眺めて、という方も少し経つとだんだん冷めて...

自転車は車道を走るもの?事故の危険性は?

2015年の6月に道路交通法が改正されてから自転車による交通違反の取り締まりは厳しいものとなりまし...

自転車は歩道の右側走行はOK?自転車における道交法

道交法が改正されて、自転車へのルールも細かになりました。肝心なところでなんとなくあやふやなのが自転...

自転車のカゴ、取り付け方を覚えて便利なサイクルライフ!

自転車にカゴがついているのは当たり前、でしたが、ロードやクロスに興味を持ち始めるとそれはあまり「当...

人気メーカージャイアントの自転車の評価は、どうなの!?

自転車で有名なメーカーのジャイアントは、クロスバイクやロードバイクに乗られている人がとても多く見かけ...

クロスバイクのグリップの太さを変える!オススメと手順紹介

あなたは自分のクロスバイクのグリップに満足していますか? 握りづらいから太さを変えたい・・・そ...

自転車の長距離移動で必須な荷物

自転車での長距離移動(ロングライド)…。風を受けて遠くまで走るのは、とても気持ちのいいものですよね...

シマノ(SHIMANO)グレード別のスプロケット歯数や特徴

今回は日本が世界に誇るSHIMANO(シマノ)、そのスプロケットに焦点を当てて、歯数や特徴などお話し...

ロードバイク主要メーカーの気になる評判をまとめました。

今ロードバイクを選ぶなら?これからロードバイクデビューをする、というあなたにも、主要メーカーの特徴と...

自転車のグリス、おすすめ活用法!グリスを使用したメンテ

自転車のメンテナンスにグリスは欠かせません。グリス?油とはまた違うのかな?なんて疑問も浮かんできます...

スポンサーリンク

クロスバイクにカゴを取り付けることは出来るのか?

近年の自転車ブームによって、通勤・通学の際にクロスバイクなどのスポーツバイクを利用する方も増えてきました。しかしクロスバイクなどを購入することを迷っている人の中にはカゴがつけられないと不安な方もいるのではないでしょうか?
そもそも、なぜクロスバイクなどのスポーツバイクにはカゴが付いていないものが多いのか考えていきましょう。
スピードを訴求するタイプの自転車ですのでその「重さ」というのは重要ななポイントになります。そんな訳で少しでも軽くする為に、カゴを付けない方は多いですし、スタンドさえもつけない事もあるくらいです。
それに加えて、見た目の問題もあります。やはり、カゴがついていないクロスバイクの方がスタイリッシュな見た目になりますからね。
そのような理由から、カゴをつけないクロスバイクをも多くみかけるでしょう。
しかし、カゴ無しのクロスバイクでも後から付けられます。やはり利便性を重視するならカゴは便利ですからいろいろと種類が出ています。
通常の「ママチャリ」と呼ばれている自転車のようなカゴの取り付け方だけでなく、ハンドルバーに取り付けるタイプのカゴなどがたくさんのタイプがあります。
材質も様々で、ワイヤー製のモノからプラスチック製のバスケット型まで自分の好みで選ぶこともできますね。

クロスバイクに取り付けできるカゴの種類

荷物を乗せる方法はたくさんありますが、1番わかりやすいのが前カゴを取り付けることです。
いろいろなタイプ取り付け方法があるので紹介していきましょう。

①ハンドルに引っ掛けるタイプ
一番簡単に、ほとんどのクロスバイクに前カゴを取り付ける方法です。フックを引っ掛けるだけで簡単です。しかしあまり重いものには対応しません。

②ハンドルにブラケットをつける
ハンドルへの固定に専用のアダプターを用いて固定するタイプのカゴは、取り外しが簡単で、便利です。下のブレーキ取り付けタイプの前カゴに比べてシンプルな見た目にできます。

③ブレーキとフォークに取り付ける
ブレーキとフォークのネジに台座を固定し、その上にカゴを取り付ける方法。
前カゴとしては、一番安定するタイプです。

④ハンドルバー一体型
かなり丈夫で、大型なカゴがついているので、大きな荷物・重いものにも安心できるタイプです。しっかり固定されるので、ハンドルもフラフラしにくいのも走行上安全、安心ですね。ただハンドルの価格も含まれるので、値段はお高めなのが悩みどころ。

クロスバイクにカゴを取り付ける①

では具体的なカゴの紹介をしていきましょう。上に述べたタイプでやはり便利な②タイプの紹介です。
【リクセンカウル】
リクセンカウルはドイツの自転車部品を取り扱うメーカーで、カゴ以外にもあらゆるサイクル用アクセサリーを取り揃えています。オシャレな雰囲気なヨーロッパでも前カゴがあれば便利だなって思う方はいるんですね。またヨーロッパには日本のいうママチャリの様な軽快車というものはありませので、荷物をしっかり積む実用車と、クロスバイクより少し重いクロスバイクっぽい自転車しかないのです。これらに対応している前カゴを作っているのがリクセンカウルなのです。
カゴとして少々お高くて15,000円くらいした覚えがありますが、カゴの中ではオシャレだと思います。またワンタッチでカゴだけ着脱可能でき便利です。仕組みはハンドルに前カゴを取り付けるための部品を付け、その部品と前カゴがワンタッチで着脱できるというものです。
日本のママチャリほど重い荷物は積めませんが、着脱できるので必要ないときはとってしまえるのがやはり便利ですね。

クロスバイクにカゴを取り付ける②

【トピーク】
上の項でリクセンカウルの紹介をしましたが、前カゴとしては値段が高過ぎと思う人へ紹介したいのがこのトピークです。
トピークも、リクセンカウルと同じようにサイクル用のアクセサリーのメーカーですが、こちらはヨーロッパでなはく、日本と同じアジア、台湾の会社です。その特徴は質実剛健、お手頃プライスなのところですね。トピークの製品は少々デザインが無骨かもしれませんが、その質実剛健さとリーズナブルさでロードバイク乗りからの一定の支持を受けています。そんなトピークの前カゴは、ほぼすべてのカゴを前カゴとしてつけてしまえるという仕組みです。やはりリクセンカウルと同じ仕組みで、ハンドルにアダプタを取り付け、そこにワンタッチで着脱できるカゴを付けますスタイル、またトピークの優秀な点は、専用のカゴだけにしなかったことによる互換性とリーズナブルな価格ですね。

クロスバイクにカゴを取り付ける:番外編

先の述べたカゴをハンドルに取り付ける方法は、やはり好きではないという人への御案内。後ろにキャリア(荷台)を付けて、そこにカゴを付ける方法があります。前カゴですとどうしても荷重がハンドルにかかってしまい不安定な走りになりやすいのでいっそのこと後ろにカゴを付けてしまうのも手ですね。またはカゴだとカッコ悪いと思う人はサイドバッグを使うという方法もあります。
後ろに載せるキャリアもトピークで取り扱っているし、また日本のメーカーでもミノウラ製のモノもあり、結構選択の幅は広いです。
サイドバックに関しても非常の多くのメーカーがあり事欠きません。逆に選択肢が多すぎて困ってしまうかも。
サイドバックについてトピーク以外では「オルトリーブ」というメーカーが有名ですね。オルトリーブはドイツのカバンメーカーで、完全防水自転車用のバッグの他、完全防水機能を持ったメッセンジャーバッグやバックパックも作っておりアウトドア用バッグでは信頼のおける会社です。

クロスバイクにカゴを取り付けるには理由があります

通勤・通学などスポーツ目的でクロスバイクを使用する場合はやっぱりカゴがあると便利ですね。その理由をお話していきます。
まず、荷物を持つとなると、必ずリュックになってしまう点。冬はまだいいのですが、
夏になると、背中が、汗でびしょびしょになってもう最悪です。これが結構困りものなのです。またリュックを持っていない時、もし荷物ができると、本当に大変です。仮にクロスバイクのハンドルに、袋に入れた荷物をかけようとすると、意外とクロスバイクのハンドルは不安定なので、事故につながる可能性が高まります。それに持っていけるカバンが、リュックに限定されてしまうという事もあり、カバンの選択肢がせばまるのも嫌ですね。またリュックに入りきらない荷物はそうすればいいの?という点もあります。リュックに入りきる荷物ならいいのですが、入りきらないを考えるとカゴがあったらなぁと思うこともあります。

カゴをつけるか否かはそのクロスバイクの用途によってかわってくるのでどっちがいいとは言えませんが、カゴをつけられるということを知っておいて損はありませんね。

 - 自転車全般, 費用 価格