豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車通勤してみようかな?4キロって何分かかるかな?

      2016/11/25

自転車通勤してみようかな?4キロって何分かかるかな?

最近では、健康や環境、金銭面の観点から、自転車通勤をする会社員が増加傾向にあります。しかし、実際に自転車での移動距離や移動時間は、なかなかイメージしにくいですよね。そんな方のために、徒歩や車と比較して見て行きましょう!これで、あなたも自転車通勤デビュー!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001159-1.jpg
自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古...

pwk0001158-1.jpg
あなたの自転車、防犯登録してありますか?~神奈川編~

あなたの自転車は、きちんと防犯登録をしてありますか? 防犯...

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

スポンサーリンク


自転車通勤時間、何分くらいが妥当?

自転車通勤において最適な距離を知る為にロードバイクに乗った一般男性成人を例に距離を調べみました。

3kmの場合ですと、車通期やバイク通期よりもすぐに挑戦するべきです。
むしろ、あっという間に到着してしまいますので、少し物足りなさも感じてしまうかもしれません。

5km 3kmの時と比べて、走りに充実感を覚えます。ずっと続けていくと体も締まり程よい距離感といえます。

10km 夏場ですとほとんどの方が汗をかきます。ただ、慣れてくる距離感でもあります。少し、ダイエットをしようかな、なんて考える方には良い距離感です。

15km 毎日の通勤手段としてはこの距離感が限度でしょう。車通勤と比べるとコスト削減にも繋がりやすく、理想的なボディとなります。

25km 正直ロードバイク通勤としては限界になってしまう距離感です。たまには車通勤をするなど、ちょうど良く休憩も必要になってきます。
以上が雑感と実体験のもとに書いてみました。この例から取ると妥当な距離感は10km以内には収めたいところです。

通勤距離4キロ。自転車で何分かかる?~女性編~

女性の場合ですと、目安として約20分掛からない程度です。メイクもありますし、夏場でもそこまで汗をかかなくても済む距離感といえます。ただし、女性に限らずですが、雨の日はあくまで“通勤”ですから自転車通勤は避けた方が無難です。
雪の日はもってのほかです。通勤ですので、安全が一番になります。
それでも、自転車通期の良いところは四季それぞれの良いところを発見出来る楽しみがあります。それは自転車ならではの楽しみで、車では絶対に入れない様な道でも自転車なら楽々通っていけますから、様々な場所で新たな発見が出来ます。
女性の方で汗をかきやすい方ですと、ロードバイクの場合、夏の出勤時でもロング手袋、またクールアイテムが必須となりますので、結局のところ向いていないのかもしれません。
勿論、どんな場面でも自転車を愛してほしいとは思いますが、出勤以外の場面で不都合に感じる事が多くなってしまでしょう。
女性の方なら出勤時にバンダナやスカーフの様なものを身に付けると日焼け防止にはなりますので、参考にして下さい。

通勤距離4キロ。自転車で何分かかる?~男性編~

男性の場合ですと目安として約10分から20分で到着します。勿論、どの自転車を使用するかにもよりますが、大体の男性が無理な通勤が出来る距離感です。
坂があるかないかでも相当変わってきますので、それにより自転車の種類も変えた方が良いでしょう。
自転車選びで大切なのは、自転車に乗ったり、いじったりで趣味として向き合えるか。通勤や信号のある街乗りではノーメンテナンスで過ごしたいかでも大きく変わってきます。
通勤している人の中ではクロスバイクを使用している方達を多く見かけます。そういう方達はほぼ必ず日頃からのメンテナンスはしていて、そのメンテナンスを怠ってしまうと、バイクの性能を十分に発揮できません。
また、カゴやライトといった普段の自転車ライフとは違った道具が必要になってくる場合もあるので、ママチャリの方が断然早かったなんて事も考えられます。

ライトに関してはハブダイナモ付きがお勧めです。こちらですとついうっかり無灯火になってしまっていたなんて事はなくなりますし、自動点灯したとしてもペダルが極端に重くなる事はありません。

徒歩や車での4キロとの違いは?それぞれ何分かかる?

4kmの距離を徒歩で通勤するとなると約40分~50分は掛かってしまいます。その分、
一般的な目安にしても徒歩でも速さは1分で約70m~90mと言われています。もしも、ここで30分以内で到着しないといけない、なんて事になったときには小走りをしないとキツくなってしまいます。通常通り、自転車通勤をするよりもかなり疲れてしまいます。
あなたのお仕事がデスクワークでしたら、それこそ眠くなってしまい、仕事に支障をきたしてしまうでしょう。
ただ、慣れてくると筋肉も慣れてきますのでそういった疲れは解消されてきますが、足にマメが出来てしまったり、靴擦れが起きてしまったりとやはりメリットは感じられません。
そこでまずは徒歩通勤にする際には休日にでも歩いてみて下さい。
この段階で検討してみるのが一番ではないでしょうか。
また、徒歩通勤をするメリットしてはダイエット目的で始める方もいらっしゃるかと思います。毎日4kmを通勤すると月にして約1kgのダイエットが見込めます。
効果的に食事のバランスも整えればそれ以上の効果も見込めるので、
もしもダイエットの為に徒歩通勤する方は食事にも気をつけてみましょう。

自転車通勤をする際の注意点

自転車通勤をする際のポイントとして気をつけなくてはいけないのが
雨と車、そして季節、パンクです。
雨が降るとまずは視界が相当悪くなります。自分は良くてもまわりの車や歩行者の視界も悪くなるので、より一層の周囲が必要となります。自分が濡れる事は百歩譲って良いとしても、路面も濡れているので、乗らない方が賢明かもしれません。
自転車は車道を走らなくてはいけません。その為、走っている車に自分の位置を認識してもらう必要が出てきます。夜になると特に認識が難しくなるので、自分の存在をお知らせする様な道具もあると安全です。
季節を考えると当然の事ながら夏は暑いですし、冬は寒いです。それがダイレクトに伝わってきます、冬は全速力で漕げば自身からの熱で我慢は出来るレベルでしょうが、夏の場合にはそうはいきません。特に汗もかいてしまいますので、日頃から着替えの準備も必要となります。
パンクは自転車に乗る上で常につきまとうものです。
その為、週に1回のメンテナンスは必ず心掛け、休日には必ず見るようにしましょう。
もしも実際にパンクしてしまった場合には自転車屋に寄りましょう。そのときに空気入れがあれば空気を入れてから向かうのが一番です。初期の段階であればそれだけで数十分はもつ算段です。最近のお店の中にはチューブ交換のみしか扱っていないお店もありますので、出来る限り事前に近所の自転車屋さんの情報を集めておきましょう。

自転車通勤をするメリット

自転車通勤のメリットとしてはまずは自動車と比べても交通費や維持費が掛かりません。
勿論ですが、満員電車や交通渋滞に巻き込まれる事はないので、それだけでも嫌なストレスからは解放されます。そうなると女性の場合でしたら痴漢のような心配も無用ですし、男性の場合でしたら逆に冤罪といった外的要因の危険からも解放されます。自転車ライフは気持ち的に爽やかになれる移動手段ですので、毎日を爽快に過ごせるでしょう。
中にはスポーツジムに通っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際のところは仕事の進捗具合で行けるか行けない計画が狂ってしまう方も多いのではないでしょうか。
自転車通勤でしたら日頃からの運動不足に悩まされる事はなくなります。
仕事の能率面でも向上が見込めます。
更にさきでも述べた様にダイエット効果も見込めます。無理にダイエットにのぞむと続かない方も多いですが、自転車通勤はそういったリスクは少ないでしょう。

通勤手段のメリットは人それぞれで変わります

今回は、自転車通勤についてまとめてみましたが、メリットもあればデメリットもあります。結局のところは自身に必要な事は何か。ダイエットでしたり、ストレスからの解放、金銭面など様々です。
その自身が考える今大事にしている事に注力を注ぎ、自転車通勤なのか徒歩通勤なのか、自動車通勤、電車通勤なのか移動手段を改めて検討してみて下さい。

 - 自転車 その他, 自転車全般