豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のパンク修理、かかる時間の目安は?

      2016/11/25

自転車のパンク修理、かかる時間の目安は?

手軽で快適な乗り物である自転車ですが、思いもよらない時にパンクをすることがありますよね。そんな経験はないでしょうか?急なパンクはとても困ります。出先でのパンクであれば、工具を持っているとは限らないし、到着時間が決まっている場合、どれくらいの時間がかかり、約束の時間に間に合うのか等、様々な弊害が発生してきます。今回は、パンクの修理にかかる時間をシーンごとに検証して行きましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

スポンサーリンク


なぜ自転車のタイヤってパンクするの?

パンクの原因を4つにまとめてみました。

【刺さりものによるパンク】
パンクの原因で一番多いのがこちらです。
道路には、なんでそんなものが!?というものまで落ちています。

釘、ガラスの破片、画鋲、ホッチキスの針など、それらがタイヤに刺さってパンクを起こしているのです。
自転車に乗っていると、なかなか見つけにくく、避けようにも避けられないものですから、困りますよね。

【衝撃によるパンク】
平らな道路のようですが、横断歩道など、いろんなところに段差があって、タイヤは大きな石だけでなく、小さな石からも衝撃を受けています。

その衝撃が原因で、タイヤのチューブに傷ができ、パンクをしてしまうのです。

【破裂によるパンク】
これは、滅多に起こることではないのですが、自転車のタイヤはあまり厚く作られていませんので、強い圧力がかかると破裂することがあります。

理由としては、タイヤの装着が上手くできていなかったこと、圧力がかかったまま走り、家に着いて、しばらくしてから破裂というときもあります。

【イタズラによるパンク】
なくなったようで、まだまだあるのが、イタズラによるパンクです。
時間がないときに限って、イタズラされていたご経験はないでしょうか。
パンク修理をしていても、悲しくなってきますよね。
私たちの大切な自転車が、このような被害にあわないことを祈るばかりです。

自転車のパンク修理にかかる時間~自分編~

いざという時、自分でパンク修理をするには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

ここでは、自分でもできる修理方法を簡単にご紹介致します。

最初に、タイヤに異物がないかを確認し、それらを取り除きます。
タイヤレバーを使ってタイヤを固定しながら、タイヤを外します。
短時間で済ませたいときは、チューブごと変えてしまったら完成です!

しかし、ここではもう少し、自分で修理できることをみていきましょう。

タイヤを外したら、チューブの穴を見つけます(自宅であれば、大きなタライに水を入れ、チューブを押しながら、空気がでるところを探すと見つけやすいです)。

穴を見つけたら、パッチを貼る位置を決めてマーカーをつけ、その場所を紙ヤスリでなだらかにします(このとき、ゴムが薄いことを忘れないように、そして、削りすぎないように気をつけましょう)。

そして、パッチを貼り、強く押し付けたら修理は完成です。
最後に、タイヤを自転車に戻し、空気を入れましょう。

この作業は、はじめは約1時間かかるかもしれませんが、慣れてきて、パンク穴が少なければ、もう少し早く終えることができるでしょう。

自転車のパンク修理にかかる時間~お店編~

自分編でご紹介したパンク修理ですが、自転車屋さんならどのくらいの時間で終わるのでしょうか?

時間といえば、自転車屋さんには営業時間があります。
いざというときに、プロに助けていただくためにも、自転車を購入したお店だけでなく、出先にありそうなお店の営業時間は、ぜひ確認しておきましょう。

さて、刺さりもののパンク修理の時間ですが、自転車屋さんならば、20分から30分くらいで終わり、お値段はもちろんお店によって異なるのですが、安いところでは、500円からというお店もあります。

チューブだけの交換なら15分もあれば終わってしまいますが、チューブ代と修理代で3,000円以上かかってしまいます。

しかし、自分の命を乗せて走る大事な自転車を、プロに安心してお任せできることは、お金に変えられないことかもしれませんね。

自転車屋さんで修理していただくと、とても短い時間でしていただけるのですが、営業時間も決まっていますし、出先に必ずある、どこにでもあるというわけではないので、自分でも修理できるようになれたらいいですね。

自転車のパンク修理にかかる時間~応急処置編~

もし、出先でパンクしてしまったら、どうしたらよいのでしょう。
工具を常備していれば、なんとか自分でも、上記のようなパンク修理ができるかもしれません。

しかし、常備しなければならない工具は、けっこう多く、もし、パッチが足りなかったら、予備のタイヤチューブが痛んでいたら、修理ができなくなってしまいます。

そこで!これさえ持っていれば、なんとか安心できるという商品をご紹介したいと思います。

今現在、通販サイトでも、約1,500円ほどで購入することができる、UNICOの「BARBIERI」リパラ75。
使い方はとても簡単で、初心者はもちろんのこと、女性でも、楽に修理することができ、短い時間でシューっと、約10秒から修理することができます。

まず、自転車のタイヤに残っている異物を取り除き、この修理剤をバルブに差し込み、タイヤを勢いよく思いっきり回す、ただ、これだけです。
そうすることにより、修理剤がタイヤ全部に行き渡り、一瞬で修理完了し、その後も、約一年間は使用可能という優れものです。

自転車のタイヤがパンクしていても走れるの?

「パンクしていることに気付かず、走り続けていた!」という経験は、私だけでなく、かなりの方にあるようです。

そもそも、どうして、パンクしている自転車であるのに、走り続けることができてしまうのでしょうか。

パンクには、いろんな種類があることをみてきましたが、
破裂によるパンクならば、走っているときに大きな音がするので、パンクに気づくことができ、すぐにパンク修理にとりかかることができます。

また、自転車に乗る前に、タイヤがガッツリとペシャンコになっているのを発見したならば、
さすがに、そのままで走ろうとは思わず、自分で修理するか、自転車屋さんに修理をお願いすることでしょう。

しかし、自転車はほんの小さなパンク穴ならば、空気が抜けるスピードがとても遅く、
パンクしていても、自転車は走り続けることができてしまうのです。

自転車のパンクに気づかず、何時間も、何日も走り続けてしまうと、
タイヤが痛むだけでなく、チューブもカスカスのボロボロになってしまいます。
また、大事故にも繋がりかねません。
そうならないためにも、日々のお手入れ、空気洩れチェックなどは欠かさないようにしたいですね。

自転車のタイヤのパンクを防ぐ方法は?

自転車のタイヤがパンクするのを防ぐには、どうしたらよいのでしょう。

【空気を入れる】
乗り終えたら、毎回、タイヤを触ってみましょう。
異変を察知しやすくなり、パンクを防ぐことに繋がります。
そして、異物があったら取り除き、こまめに空気圧をチェックし、1週間に1度でよいので、空気を入れてあげましょう。

【段差を避ける】
小さな石ころを避けることは難しいのですが、大きな段差なら分かりやすく避けやすいので、なるべく意識して避けるようにしましょう。

【パンク防止剤をつける】
刺さりものパンクに有益なのが、「パンク防止用タイヤライナー」です。
これは、硬くできている樹脂製のテープで、タイヤの内側に張りつけると、パンクを防ぐことができます。

ただし、気にならない方は気にならないと思うのですが、やはり後付けのものなので、乗り心地は本来のものとは変わってしまいます。

自分で取りつけるとすると、作業する時間は20分くらいで終わりますが、
もともと貼ってある防止剤の上に貼ることになるので、慎重に行いましょう。

自転車屋さんにパンク修理をお願いするとき、プラス5分くらいで終わりますので、
自分の自転車のサイズにあった「パンク防止用タイヤライナー」をお願いし、貼ってもらうことをオススメします。

自転車がパンクになっても焦らないで!

パンクにも、いろいろな種類があり、自分で防ごうと思ったら防げることもありましたね。
また、パンク修理は、自分で簡単に修理できるものもありますので、ぜひ、大切な自転車の修理を挑戦してみてください。
これからも、皆さまの楽しい自転車ライフが続きますように。

 - パンク タイヤ, 自転車 修理, 自転車全般