豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のパンク修理、かかる時間の目安は?

      2016/11/25

自転車のパンク修理、かかる時間の目安は?

手軽で快適な乗り物である自転車ですが、思いもよらない時にパンクをすることがありますよね。そんな経験はないでしょうか?急なパンクはとても困ります。出先でのパンクであれば、工具を持っているとは限らないし、到着時間が決まっている場合、どれくらいの時間がかかり、約束の時間に間に合うのか等、様々な弊害が発生してきます。今回は、パンクの修理にかかる時間をシーンごとに検証して行きましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


なぜ自転車のタイヤってパンクするの?

パンクの原因を4つにまとめてみました。

【刺さりものによるパンク】
パンクの原因で一番多いのがこちらです。
道路には、なんでそんなものが!?というものまで落ちています。

釘、ガラスの破片、画鋲、ホッチキスの針など、それらがタイヤに刺さってパンクを起こしているのです。
自転車に乗っていると、なかなか見つけにくく、避けようにも避けられないものですから、困りますよね。

【衝撃によるパンク】
平らな道路のようですが、横断歩道など、いろんなところに段差があって、タイヤは大きな石だけでなく、小さな石からも衝撃を受けています。

その衝撃が原因で、タイヤのチューブに傷ができ、パンクをしてしまうのです。

【破裂によるパンク】
これは、滅多に起こることではないのですが、自転車のタイヤはあまり厚く作られていませんので、強い圧力がかかると破裂することがあります。

理由としては、タイヤの装着が上手くできていなかったこと、圧力がかかったまま走り、家に着いて、しばらくしてから破裂というときもあります。

【イタズラによるパンク】
なくなったようで、まだまだあるのが、イタズラによるパンクです。
時間がないときに限って、イタズラされていたご経験はないでしょうか。
パンク修理をしていても、悲しくなってきますよね。
私たちの大切な自転車が、このような被害にあわないことを祈るばかりです。

自転車のパンク修理にかかる時間~自分編~

いざという時、自分でパンク修理をするには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

ここでは、自分でもできる修理方法を簡単にご紹介致します。

最初に、タイヤに異物がないかを確認し、それらを取り除きます。
タイヤレバーを使ってタイヤを固定しながら、タイヤを外します。
短時間で済ませたいときは、チューブごと変えてしまったら完成です!

しかし、ここではもう少し、自分で修理できることをみていきましょう。

タイヤを外したら、チューブの穴を見つけます(自宅であれば、大きなタライに水を入れ、チューブを押しながら、空気がでるところを探すと見つけやすいです)。

穴を見つけたら、パッチを貼る位置を決めてマーカーをつけ、その場所を紙ヤスリでなだらかにします(このとき、ゴムが薄いことを忘れないように、そして、削りすぎないように気をつけましょう)。

そして、パッチを貼り、強く押し付けたら修理は完成です。
最後に、タイヤを自転車に戻し、空気を入れましょう。

この作業は、はじめは約1時間かかるかもしれませんが、慣れてきて、パンク穴が少なければ、もう少し早く終えることができるでしょう。

自転車のパンク修理にかかる時間~お店編~

自分編でご紹介したパンク修理ですが、自転車屋さんならどのくらいの時間で終わるのでしょうか?

時間といえば、自転車屋さんには営業時間があります。
いざというときに、プロに助けていただくためにも、自転車を購入したお店だけでなく、出先にありそうなお店の営業時間は、ぜひ確認しておきましょう。

さて、刺さりもののパンク修理の時間ですが、自転車屋さんならば、20分から30分くらいで終わり、お値段はもちろんお店によって異なるのですが、安いところでは、500円からというお店もあります。

チューブだけの交換なら15分もあれば終わってしまいますが、チューブ代と修理代で3,000円以上かかってしまいます。

しかし、自分の命を乗せて走る大事な自転車を、プロに安心してお任せできることは、お金に変えられないことかもしれませんね。

自転車屋さんで修理していただくと、とても短い時間でしていただけるのですが、営業時間も決まっていますし、出先に必ずある、どこにでもあるというわけではないので、自分でも修理できるようになれたらいいですね。

自転車のパンク修理にかかる時間~応急処置編~

もし、出先でパンクしてしまったら、どうしたらよいのでしょう。
工具を常備していれば、なんとか自分でも、上記のようなパンク修理ができるかもしれません。

しかし、常備しなければならない工具は、けっこう多く、もし、パッチが足りなかったら、予備のタイヤチューブが痛んでいたら、修理ができなくなってしまいます。

そこで!これさえ持っていれば、なんとか安心できるという商品をご紹介したいと思います。

今現在、通販サイトでも、約1,500円ほどで購入することができる、UNICOの「BARBIERI」リパラ75。
使い方はとても簡単で、初心者はもちろんのこと、女性でも、楽に修理することができ、短い時間でシューっと、約10秒から修理することができます。

まず、自転車のタイヤに残っている異物を取り除き、この修理剤をバルブに差し込み、タイヤを勢いよく思いっきり回す、ただ、これだけです。
そうすることにより、修理剤がタイヤ全部に行き渡り、一瞬で修理完了し、その後も、約一年間は使用可能という優れものです。

自転車のタイヤがパンクしていても走れるの?

「パンクしていることに気付かず、走り続けていた!」という経験は、私だけでなく、かなりの方にあるようです。

そもそも、どうして、パンクしている自転車であるのに、走り続けることができてしまうのでしょうか。

パンクには、いろんな種類があることをみてきましたが、
破裂によるパンクならば、走っているときに大きな音がするので、パンクに気づくことができ、すぐにパンク修理にとりかかることができます。

また、自転車に乗る前に、タイヤがガッツリとペシャンコになっているのを発見したならば、
さすがに、そのままで走ろうとは思わず、自分で修理するか、自転車屋さんに修理をお願いすることでしょう。

しかし、自転車はほんの小さなパンク穴ならば、空気が抜けるスピードがとても遅く、
パンクしていても、自転車は走り続けることができてしまうのです。

自転車のパンクに気づかず、何時間も、何日も走り続けてしまうと、
タイヤが痛むだけでなく、チューブもカスカスのボロボロになってしまいます。
また、大事故にも繋がりかねません。
そうならないためにも、日々のお手入れ、空気洩れチェックなどは欠かさないようにしたいですね。

自転車のタイヤのパンクを防ぐ方法は?

自転車のタイヤがパンクするのを防ぐには、どうしたらよいのでしょう。

【空気を入れる】
乗り終えたら、毎回、タイヤを触ってみましょう。
異変を察知しやすくなり、パンクを防ぐことに繋がります。
そして、異物があったら取り除き、こまめに空気圧をチェックし、1週間に1度でよいので、空気を入れてあげましょう。

【段差を避ける】
小さな石ころを避けることは難しいのですが、大きな段差なら分かりやすく避けやすいので、なるべく意識して避けるようにしましょう。

【パンク防止剤をつける】
刺さりものパンクに有益なのが、「パンク防止用タイヤライナー」です。
これは、硬くできている樹脂製のテープで、タイヤの内側に張りつけると、パンクを防ぐことができます。

ただし、気にならない方は気にならないと思うのですが、やはり後付けのものなので、乗り心地は本来のものとは変わってしまいます。

自分で取りつけるとすると、作業する時間は20分くらいで終わりますが、
もともと貼ってある防止剤の上に貼ることになるので、慎重に行いましょう。

自転車屋さんにパンク修理をお願いするとき、プラス5分くらいで終わりますので、
自分の自転車のサイズにあった「パンク防止用タイヤライナー」をお願いし、貼ってもらうことをオススメします。

自転車がパンクになっても焦らないで!

パンクにも、いろいろな種類があり、自分で防ごうと思ったら防げることもありましたね。
また、パンク修理は、自分で簡単に修理できるものもありますので、ぜひ、大切な自転車の修理を挑戦してみてください。
これからも、皆さまの楽しい自転車ライフが続きますように。

 - パンク タイヤ, 自転車 修理, 自転車全般