豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのメンテナンス!bbのグリスアップをしてますか?

      2016/11/30

ロードバイクのメンテナンス!bbのグリスアップをしてますか?

ロードバイクのパーツには、bbというパーツがあります。このbbとは、ボトムブラケットの略であり、クランクの軸受けのパーツです。このbbがあることによってペダルが軽快に回転出来ます。このbbにはグリスが塗ってあり、このグリスはとても重要な役割がありますので、グリスアップの重要性を紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


グリスアップで解消!ロードバイクのbbから異音!

ロードバイクに乗っていて、異音が鳴ることはないですか?
この異音がなるということは、どこかの部品に原因があるという訳ですね。
心配になると思いますので、どのような原因と解決方法があるのかを書いていきます。

原因:bb下のワイヤーが干渉して擦れている。
解決方法:干渉を防ぐために、チェーンオイルを付けます。

原因:チェーンリングが緩くなっている。
解決方法:チェーンリングを止めているネジを締め直す。

原因:ペダルの固定ネジが緩くなっている。
解決方法:ペダルの固定ネジを締め直す。

原因:bbのグリスが減ってきている。
解決方法:bbのグリスアップをする。

原因:bbとにちりや異物が入っている。
解決方法:bbのグリスアップ時にパーツクリーナーで綺麗にする。

このように、原因を1つずつ確認して該当する現状があれば解決をしていきましょう。

特にbb付近の異音に関しては、グリスが減ってきている事やbbが劣化していることが原因のこともあります。bbはグリスアップするとパーツの摩耗も防げて、結果的に寿命を延ばします。
bbのメンテナンスは、しっかり行いましょう。

ロードバイクのbbをグリスアップする頻度は?

ロードバイクのbbをグリスアップする際の頻度は、どのくらいかご存知でしょうか。使うグリスによっても違いますし、自転車の使い方によっても異なります。

粘度が高めのグリスを使用している場合を想定して、距離を結構走っている方は、1~2年程度でグリスアップする方が多いと思います。

また、グリスの状態をキープしたいレーサーの方は、数ヶ月に一度の頻度でグリスアップする人もいます。

そこまで走行しない方は、2~3年でグリスアップする感じです。
あとは、定期的にグリスアップをすると言うよりは、ペダルが重くなったり、bbから異音がする等の走行中に違和感を感じてから交換する人もいます。

違和感を感じてからベアリングを確認すると、グリスが少なっていることが多いです。また、グリスも劣化しますので、2~3年に一度は、交換することをおすすめします。

特にロードバイクなので、グリスアップをすることによる恩恵もありますので、定期的に点検を兼ねてグリスアップしてみて下さい。

ロードバイクのbbのグリスアップ!自分でやるのとお店では、どちらが良い?

ロードバイクのbbをグリスアップする場合、自分で行うのと専門店にお願いするのとでは、どちらが良いのでしょうか。メリット・デメリットについて書いていきます。

まずは、自分でグリスアップするメリットですが、「費用の節約」、「メンテナンスの知識を学べること」、「咄嗟のトラブルに対応しやすくなること」が主なメリットになると思います。

デメリットとしては、「メンテナンスがしっかり行えているか心配」、「手間が掛かる」ことです。

メンテナンスは、実際に行ってみないと自転車のことは分からないと思います。経験を積める事で、心配も解消されると思いますので、自分でグリスアップしてみることも良いですよ。

では、お店でグリスアップをお願いした時のメリット・デメリットについてはどうでしょう。

メリットは、「自転車のプロに任せるので安心」、「手間いらず」、「専門工具を買う必要がない」という点です。

デメリットは、「費用が掛かる」、「時間が掛かることがある」ということが挙げられます。

では、お店でグリスアップをお願いしたらどのくらいの費用が掛かるのかと言いますと、大体3,000円~5,000円程度になります。

お店からメンテナンスが完了するまでの時間は、場所によって異なりますが、大体1日~2日前後掛かるところもあります。
逆にすぐに終らせてくれるところもあります。店内の混み具合によって左右されます。
自転車に毎日乗る人に関しては、ちょっと辛いかもしれませんね。

しかし、プロにお願いをすれば間違いないです。費用と時間があるなら、お店にお願いするほうが安心です。

しかし、自分でメンテンナンスをして知識をつけたいとか、節約したいとか考えているようでしたら、自分でやることもおすすめです。
自分でグリスアップする際には、専用工具が必要になることをお忘れなく。

ロードバイクのメンテナンスで使うおすすめグリスは?

グリスを出しているメーカーは、いくつかあります。
自分でbbのグリスアップする方におすすめのグリスを紹介していきましょう。

まずは、定番中の定番の「シマノ デュラエースグリス」です。とてもおすすめします。

このグリスの使用している人は大変多いです。粘度が高く耐水性、耐久性に優れている高性能グリスです。

他にも「フィニッシュライン セラミックグリス」もおすすめです。

このグリスには、超微粒子セラミックが配合されており、熱等の発生を抑えることが出来ます。
また、粘度が低いため回転性能を発揮しやすいです。
しかし、粘度が低めなので耐久性は凄く高くはないですが、すぐに剥がれてしまうということもないです。

他にもグリスを扱うメーカーと製品は沢山あります。
しかし、ロードバイクの回転性能を上げるだけのために、粘度の低いグリスを使う際は、小まめなメンテンナンスが必要になります。

グリスが切れると、ベアリングの摩耗が激しくなり、パーツが破損してしまうことがあります。
更に、回転をする際に抵抗が多くなるため、結果的に回転性能が落ちます。
メンテナンスの手間や時間を考えたら、粘度の高いグリスを使うことをおすすめします。

ロードバイクのbbを自分でグリスアップ!

自分でグリスアップをするやり方をご説明していきます。

カートリッジ式のbbを採用しているロードバイクです。
カップアンドコーン式とは異なります。

基本的には、メンテナンスが出来るようになっていないため、グリスアップをするというよりは、交換をしてしまうスタンスのように感じます。

しかし、このカートリッジ型のbbをグリスアップを行って見たいと思います。
まずはペダルやクランクを外します。専用工具が必要になりますので、気をつけて下さい。

bb全体にグリスが付いているので、このグリスを拭き取ります。

左ワン側と右ワン側にこのリングの形をしたベアリングあります。
まずは左ワン側からベアリングの蓋をとります。
取る時、はマイナスドライバーやカッターの先で蓋を引っ掛けて取ります。

この時に無理矢理、力強く蓋を剥がそうとしないで下さい。そうすると、中のベアリング等の部品を傷つけることがあるからです。

次は右ワン側の蓋を外します。しかしその前にキャップを外します。このキャップが硬いので気をつけて下さい。キャップが取れると、パーツ全体がゆるゆるになります。

そしたらベアリングの蓋を外します。
パーツクリーナーでを使ってグリスを取り、全体を綺麗にします。
この時にベアリングのボールも破損していないか確認しましょう。

パーツクリーナーの乾燥が終わったら、グリス注入していきます。ベアリングのフチまで充填して完了です。

組み立ての注意点としてベアリングの蓋は、裏表がありますので気をつけて下さい。
右ワン側のキャップは、しっかり付けて下さい。
ロードバイクを組み立てて完成です。

まとめ・ロードバイクのbbはグリスアップをしたほうがいい!

ロードバイクのbbをグリスアップすると、寿命が延びます。壊れてしまっては、費用が嵩みますし、bb自体を買わないといけません。違和感を感じたらすぐに原因を探してましょう。自分で原因を探せないようでしたら、お店に持っていくとしっかり点検と必要な部品を交換してくれます。bbはペダルを回転させる大切なパーツなので、じっかりメンテナンスをして安全に自転車を楽しみましょう。

 - ペダル クランク, 自転車 メンテナンス, 自転車全般