ロードバイクのクランク交換をやってみよう!

ロードバイクのパーツ交換を行ったことのある人は、多いのではないでしょうか。

メンテナンスやパーツ交換を自分で行えるようになった人が、ロードバイクのことをより知って、自分の走るに繋げらるようになったら上級者といえるでしょう。

パーツは種類が沢山あるますが、今回はクランクの交換についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクの後輪から異音が!? …その原因はどこに?

シュ、シュ、シュ、シュ…、カチカチ、カチカチ…、カラカラカラカラカラ…どれもあまり聞きたくない音...

鍵が無い!自転車の鍵を紛失してしまったときの壊し方

外出先で自転車の鍵を失くしてしまい、帰れなくなってしまった!なんて経験をした方も、少なからずいら...

重さ10キロ以下の自転車なんてあるの!?

ママチャリに乗っている方は、自転車=重いという印象が強いかもしれません。しかし、実は軽い自転...

自転車のベアリング、故障すると異音の原因になる!?

自転車に必要不可欠な部品と言えばペダルです。ペダルがなければ、自転車を漕ぐことができません。そん...

マンガとは違う!?実際のインターハイ自転車競技のルールって?

自転車関係のマンガ作品は多々ありますが、今現在で一番知名度を得ているのは『弱虫ペダル』だと思います。...

自転車のフレームは塗装をやり直せば美しくよみがえるもの!

自転車に長く乗っているとさすがに様々な箇所が劣化してきますが、フレームの塗装が剥げてきたり、...

間違っていませんか?自転車のタイヤ空気の正しい入れ方とは

自転車に乗っていて、なんだかタイヤ空気が抜けている気がする。タイヤ空気を入れてみたけど、すぐに戻...

ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。補助ブレーキの存在をご存知でしょうか?...

クロスバイクで通勤、泥除けは当たり前だろう!

クロスバイクで通勤しようと思っていますが、泥除けは付けた方が良いでしょうか?こんな質問をネット上...

自転車で違反し罰金が科せられたら前科が付くって本当?

いきなり結論から言うと本当です!自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されます。...

自転車で歩道を走るのはあり?駐輪はどこにするの?

みなさん、自転車はどこに止めてますか。またどこを走ってますか。道路を走行している人や駐輪場に止めてる...

ヤマト運輸などの自転車発送サービスを利用しよう!

引っ越し先に自転車を持っていきたい場合や、遠方のロードレースに参加する場合、自転車をどのように運びま...

通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤している方はいませんか?そんな方には、...

bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi(ビアンキ)です。ロードバイクか...

自転車のペダリングのやり方でふくらはぎが変わる!?

全ての自転車トレーニングに共通する、基本中の基本はペダリングです。そのペダリングを行う足を見...

スポンサーリンク

クランクの効果とはどういうもの?

ロードバイクのクランクは、一般的に身長の10分の1の長さのものを選べば良いとされています。
初心者なら、それよりも2.5~5mmほど短い方が、回転させやすいと言われています。

ですが、これは、あくまでも考え方のひとつです。
長いものは短いものよりもスムーズに回らないのですが、そのぶん足の力は少しで済むので、脚力が強い人は長いタイプを使うといいでしょう。

特に長さは気にしないという人も多いですが、どうやって走るのかを決めるには、とても大事な部品です。
何度も取り替えて、自分にぴったりのものを探すのをおすすめします。

効果は人によって違いますが、それはどのパーツでも一緒です。
せっかくのロードバイクなのですから、細かいことにもこだわって楽しみましょう。

また、普段の走り方によっても選び方は変わります。
ヒルクライムや、平地でスピードを出す場合など、条件によって最適なクランクを見つけて、交換をしてみるのも面白いかもしれませんよ。

クランク交換は自分とお店とどっちがいい?

ロードバイクのクランクの交換方法ですが、自分でやるか専門店に任せるかのどちらかになります。

長く乗り続けるのですから、いっそ工具を買い揃えても悪くないですね。
コストは無視して、自分が楽しむために必要な出費だと割り切りましょう。

大体の値段ですが、クランク抜きや大型のレンチなど、最低限のものを手に入れると8,000円ほど掛かります。
買い方によっては、5,000円ほどにまで減らせます。

購入前に誰かに聞いたり、自分で調べていくといいですよ。

何事も、自らの手でやり遂げることに、大きな喜びと達成感を覚える人も少なくありません。
ただ、クランクを換えるなら、BBも一緒に換えることになるので、そこは気を付けましょう。
一方、お店にお願いすると、専門のスタッフが全てやってくれるので、とても楽です。

唯一気になるのは、いくら掛かるかですね。
店舗によって異なりますし、部品を買った場所も関係してきます。

購入店なら500円ほど、それ以外のお店なら1,000~1,500円といったところでしょうか。

個人的にはお店にやってもらうのが無難だと思いますが、そこは人それぞれなので、じっくり検討してください。

ロードバイクのパーツ交換時期は?

ロードバイクの部品の中には、取り換える時期が決まっているものと、そうでないものがあります。

前者の代表格はチェーンとタイヤでしょう。
どちらも5,000キロほどで換えるのが普通です。
時期が来ると、知らせてくれるタイプも存在します。

もちろん、どのパーツも摩耗すれば、どんどん劣化してきますので危なそうだと思ったら、すぐに交換しましょう。

クランクも同様ですが、こちらは寿命よりも丈夫さを重視して、上位モデルやコンパクト、トリプルタイプに換える人が多いようです。

スプロケットは、人によって換える頻度も回数もバラバラですし、チェーンリングに至っては、取り換えたという意見をまず聞きません。

どの部品にせよ、走行距離は人によって違うので、目安を設けても、かなりの個人差が出てしまうのです。
同じ距離や場所を走っても、漕ぎ方ひとつで差はつきます。

季節や天気、時間帯でも変わってきます。
感覚や見た目で判断できればいいのですが、専門家ならともかく素人には大変な作業です。

長く乗り続けるなら、2年に1度は手入れをした方がいいので、パーツ交換はそのときに行なうのがいいのかもしれません。

ロードバイクのパーツ交換をしてみよう!クランク編①

ロードバイクを動かすメインパーツのクランクの取り外しは、一見すると難しそうですが、やってみると意外と簡単です。
造りもシンプルなので、まずはチャレンジしてみましょう。

まず、左側のクランクのボルトを緩めます。
2つありますが、一気に外そうとするのではなく、ゆっくりと左右均等に緩めてください。

両方のボルトが抜けたら、今度は外れ止めのプレートを抜きます。
グリスでベトベトになっているはずなので、手を滑らせないように気を付けてください。

次はクランク外しを取り付けて、反時計回りに回してキャップを外します。
このとき、どれくらいの力で締めてあったかを忘れないようにしましょう。

強く締めすぎるとガタが出てしまうので、締め付け具合を覚えておけば、後で元に戻す際に役立ちます。
ボルト、外れ止めプレート、クランクキャップの3点が取れたら、あとはそのままクランクを引き抜きましょう。

同じようにして、右側も外していきます。
上手く外れないなら、プラハンで軽く叩くといいですよ。

ロードバイクのパーツ交換をしてみよう!クランク編②

クランクとBBの交換は同時に行いますが、ロードバイクの種類によっては、ベアリングが入ったBBを使っている場合があります。
これを外すには専用の工具がいるので、お店に頼んだ方が確実ではあります。

でも、パーツ交換は覚えておきたいところですよね。

まずはクランクを元に戻しましょう。
手順は外したときと反対のことをすればいいので、落ち着いてやれば大丈夫です。

クランクシャフトとねじ山の部分にグリスを塗って、左右のクランクが180度になるように取り付けます。

次にクランクキャップを締め、外れ止めのプレートを、向きを確かめながら入れていきます。
あとは、ボルトを締めれば大丈夫です。

キャップやボルトを締めるときは、力加減を間違えないように気を付けてくださいね(トルク次第では多少強くてもいい場合もあります)。

なお、クランクシャフトについてですが、雨水などが入り込むことで錆びてしまうことがよくあるため、こまめに外してグリスを塗り替えるのをおすすめします。

ロードバイクのパーツ交換!コンポ編

ロードバイクの交換や整備をするなら、いっそのこと、ひと通りの道具が揃ったツールセットを買ってしまうのをおすすめします。

クランクは六角レンチでしか外せません。
もし、固くて、なかなか取れなければ、反対側からプラスチックのハンマーで叩きましょう。
BBはBB専用の工具を使います。

ホイールに関しては、既存のカセットを外してから新しいものに取り換えます。
着けるときは大きいギアからですが、うっかりしてスペーサーを忘れないように気を付けましょう。
全部付けたらリムーバーで締めます。

チェーンを着けるときは、文字がある方が表になるようにします。
繋ぐのはミッシングリンクを使いますが、ちゃんと最適なタイプを選びましょう。

ブレーキキャリパーについては、系統によって形が全然違います。
また、前と後ろで同じというわけではなく、判別するためのチェックが入っています。

厄介なのは、ブレーキレバー・シフターです。
こちらも造りや見た目は、タイプによって全くの別物なので、見比べて判断してください。

これが済んだら、ブレーキワイヤーとシフトワイヤーを説明書を見つつ、位置を決め、取り付けます。

最も面倒なディレイラーの調整さえ終われば、あとはコンポーネント換装をやればおしまいです。
性能チェックは、実際に走って確認しましょう。

一度でいいので、全部解体してから組み直すといった、一連の作業をやってみましょう。
トラブルに見舞われても、慌てなくて済みますよ。

ロードバイクのクランク交換はお店でやってもらう方が良い

どのパーツにおいても言えることですが、交換やメンテナンスをするのは大変です。
自分でできると良いですが、自信のない人はお店に任せるのが一番です。

自分で交換すると結構難しいです。
特に駆動系のパーツはグリスを塗りますし、クランクを交換する際はBBの確認もすると良いです。

どうせやるなら、一緒の方が効率も良く、グリスを替えると長持ちします。
交換と同時にメンテンナンスも行うことをおすすめします。