ロード女子が急増中!ロードバイク女子必見特集

昨今のロードバイク女子の増加によって、ネットでも話題になっていますが、そんなロードバイク女子に焦点を当てて、女性ならではの楽しみ方をご紹介していきます。やはり気になるのは、ロードバイクの種類や髪型・ファッション・ダイエットだと思いますので、そのあたりをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクで有名なメーカーのジャイアントとルイガノ特集!

自転車業界で有名なメーカーのジャイアントとルイガノ。クロスバイクで有名で、初心者にも乗りやすいライン...

札幌で自転車を楽しもう!雪道走行に必要なものはある?

自転車は利用の自由度が高く、経済的で環境に優しいので、今や日本中どこへ行ってもサイクリングスポットや...

リカンベントと言ったら坂道が苦手と思っていませんか?

リカンベントという自転車をご存知ですか。日本では、見かけることが少ないかも知れません。...

自転車のパンク修理ってどうする?料金を安くするには?

「自転車のタイヤに空気が入らない」「いくら入れても入らない」・・・そんなときは、自転車のタイヤがパン...

プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれば、多くのロードバイク乗りがホイールと答...

ロードレーサーと筋肉のおはなし

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードレーサーに乗っていると筋肉って付くの?あるいはロ...

種類豊富な自転車、それぞれの名称の由来は?ママチャリとは

みなさんは自転車というと、どんなものを思い浮かべますか?自転車と言っても、ママチャリやクロス...

トレックのロードバイクの2013年モデルが。。。

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。2013年は良い年でしたね。いや、正確にはもう...

mtbでdhしてみたい!!体験、スクールはどこでやるの!?

mtbの魅力は何といっても、その名の通り「山を自転車で走れること」にあります。一概に山やオフ...

クロスバイクがパンクしたときの応急処置ってある?

こんんちは、じてんしゃライターふくだです。クロスバイクがパンクしたときの良い応急処置ってない...

自転車トッププロの分速とはどれくらい? また平均時速は?

自転車に乗ってる以上、自分の出しているスピードはやはり気になりますよね。そこでプロレーサーのスプリ...

軽快な自転車生活の為に!の普段の整備方法について

購入したばかりのピッカピカな自転車も、お手入れを怠れば乗り心地や見た目がどんどん悪くなっていきます。...

サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリストを見ると、「かっこいいな」と思いますよね...

検証!ロードバイクフレームの寿命

近頃は、ロードバイクのフレームをカスタムして楽しむ人も少なくありませんが、実際のところ、ロードバイク...

自転車のパンク修理、かかる時間の目安は?

手軽で快適な乗り物である自転車ですが、思いもよらない時にパンクをすることがありますよね。そんな経験は...

スポンサーリンク

ロードバイク女子生活

ロードバイクのサイクルウエア選びは、女子には特に重要視するポイントのデザイン性はもちろん、機能性がポイントです。普通の自転車よりも早いスピードで駆け抜けるため、反射素材などが使われたものを選ぶと、暗くなってからも安心して走ることが出来ます。他にも、身体にフィットすることで、風の抵抗を抑え、ふらつきを防ぐ効果もあります。また、漕いでいるときに引っかからないよう、スリムなスタイルのため、安心して走行可能です。長距離を走行していると、だんだん汗がにじんできますが、サイクルウエアは吸汗速乾性が高く、長時間走っても不快感がありません。まちがってもデニムや綿のTシャツのように、汗を吸い込んでべちゃべちゃになってしまうものは避けましょう。快適で安全なサイクリングのためにも、しっかりとしたサイクルウエアを着用することをオススメします。視認性を良くするため、カラフルなウエアが目立ちますが、バイクとカラーを合わせたり、小物をアクセントに使ったりと、オシャレも楽しめます。トータルコーデしたスタイルで風を切って走れば、注目を集めること間違いなしです。

女子用ロードバイクの特徴

女子がロードバイクを始めるにあたって、バイク選びが重要です。女性は、男性に比べると肩幅が狭く、手が小さいため、ハンドル幅は狭いタイプで、ブレーキレバーが近いほうが操作しやすくて安心です。男性が主に使用するロードバイクだと、広めのハンドル幅で腕を大きく広げてハンドルを握らなければならず、肩や腕、そして手首に大きな負担がかかり、非常に疲れやすくなります。ハンドル幅が肩幅に適していると、自然にハンドルを握ることができ、リラックスした状態で操作可能です。また、大きめのグリップやレバーは、指が届きにくいため、しっかり握れずブレーキ操作が遅れたりして危険です。無理に握ろうとすることで、腕が極度に疲労してしまいます。手の大きさに合ったもの選ぶことで、自然に握れ、疲れにくく快適に乗ることが可能です。他にも女性用ロードバイクは、サドルが広めに設計されているのも特徴的で、男性に比べると広くなっている骨盤をしっかり支え、長時間でも快適に座れます。

女子でもロードバイクウェアは必須です

ロードバイクのサイクルウエア選びは、女子には特に重要視するポイントのデザイン性はもちろん、機能性がポイントです。普通の自転車よりも早いスピードで駆け抜けるため、反射素材などが使われたものを選ぶと、暗くなってからも安心して走ることが出来ます。他にも、身体にフィットすることで、風の抵抗を抑え、ふらつきを防ぐ効果もあります。また、漕いでいるときに引っかからないよう、スリムなスタイルのため、安心して走行可能です。長距離を走行していると、だんだん汗がにじんできますが、サイクルウエアは吸汗速乾性が高く、長時間走っても不快感がありません。まちがってもデニムや綿のTシャツのように、汗を吸い込んでべちゃべちゃになってしまうものは避けましょう。快適で安全なサイクリングのためにも、しっかりとしたサイクルウエアを着用することをオススメします。視認性を良くするため、カラフルなウエアが目立ちますが、バイクとカラーを合わせたり、小物をアクセントに使ったりと、オシャレも楽しめます。トータルコーデしたスタイルで風を切って走れば、注目を集めること間違いなしです。

ロードバイク女子のアクセサリ

初めてのロードバイクはとても迷われる方が多いと思います。使っていくうちに、どこか自分の身体に合っていないということがありましたら、パーツ交換するのがオススメです。たとえば、ハンドルなら「ワンバイエスのジェイカーボンモンロー」のようにコンパクトなデザインで、細やかな日本人設計にこだわって作られたものがあります。完成車で購入した場合、ハンドルは選べないことが多いですが、あらかじめお店の方にご自身の腕の長さ、肩幅、手の大きさなどから算出してもらい、適正なハンドルをお願いする事も可能なので、気になる方はお店に確認してみましょう。しかし、体の柔軟性、乗る目的、乗り慣れてくるとリラックスしポジションも自然と変わってきますので、まずは完成車に標準装備されているハンドルで慣れてから、交換を考えても良いと思います。サドルは「プロロゴ スクラッチプロ デア タイロックスレール 」が女性のためにデザインされたモデルです。前後方向はフラット、左右方向には丸みを持たせたラウンド形状で、腰をしっかり安定させたいプロ選手の使用率も高いです。乗り慣れるまでは身体が強張り、サドルにお尻をどっしりと乗せてしまいがちですが、痛み出すことがあるので、サドル選びは重要です。女性スタッフの居るお店なら、女子ならではの悩みや、女子目線で商品を紹介してもらえるので、ぜひ活用してみてください。

ロードバイク女子のファッション性

最近の自転車ブームを反映して、女性ファッション誌でも特集記事が組まれるようになりました。街中でも自転車をオシャレに乗りこなす女子が増え、ロードバイク本体のみならず、真新しいウエアを合わせて購入する方も増えています。ロードバイクと言っても、スタイルは人それぞれです。本格的にスポーツとして楽しむ方もいれば、シティライドをメインとしている方もいます。どちらにしてもファッションはもちろん重要ですが、ロードバイクを楽しむ上で、安全性も考慮したスタイルで走ることも忘れてはいけません。初心者の方は、ライトやグローブとともにヘルメットの購入を検討してみましょう。自転車専門店でも、必ずしも購入を勧められるものではありませんし、髪型が崩れてしまうので嫌がる方もいるかもしれません。しかし、ある程度のスピードで走行する上、慣れていない状況では、とっさの時に対応が遅れてしまう可能性があります。万一の場合にヘルメットを装着していたほうが、頭部に致命傷を負う危険が低いため、安全で楽しくロードバイクを乗りこなすようになるため、初心者のうちはヘルメット着用が安心です。

ロードバイク女子のダイエット

女子たちがロードバイクに注目するようになった要因の一つに、ダイエット効果が期待できることが上げられます。様々なダイエット法がある中で、ジムに通うより手軽で、移動手段として使えるため、交通費の節約にもなります。歩くよりも身体の筋肉をよく使うため、ダイエットの効果が現れやすいのも自転車の特徴です。ただ日頃の移動手段を自転車にするだけで腰や下腹、ふとももなどの筋肉を鍛える事が出来るので中高年に多い下半身太りが解消に一役買ってくれます。ポイントとしては、ペダルをただ漕ぐだけではなく 「今ふくらはぎに効いている」 「今太ももに効いている」 と意識しながらつま先で漕ぐこと。 さらに自転車によるダイエットの効果をより得られる時間は、時速20キロを30分ほど継続して漕ぐことです。 そうすることによってウォーキングを同じ時間した時よりも消費カロリーが多くなります。休日を利用してロードバイクで少し遠出してみると、ダイエットしつつリフレッシュもできるので、ぜひトライしてみてください。

女子もロードバイクを楽しめます。

ロードバイクは男子の乗り物ではありません。女子だって楽しめる乗り物です。本格的なスポーツとして取り組むのも良いですし、健康のために取り組むのもいいです。
使う目的はざまざまですが、ウェアなどファッションにはこだわる事はとても良いことです。。
そうするとサイクリングがより楽しいものなるはずです。
ぜひファションにこだわってみてロードバイクを更に楽しんでみてください。