ロード女子が急増中!ロードバイク女子必見特集

昨今のロードバイク女子の増加によって、ネットでも話題になっていますが、そんなロードバイク女子に焦点を当てて、女性ならではの楽しみ方をご紹介していきます。やはり気になるのは、ロードバイクの種類や髪型・ファッション・ダイエットだと思いますので、そのあたりをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のホイールに付いてる部品”ハブ”の修理方法は?

ハブはホイールで非常に重要な部分です。重要なパーツであるから異音がするといつ壊れるか心配ですよね。そ...

自転車に乗らずに、目的地まで車で送る方法!

引っ越しやレースなど、自転車を運ばないといけない場合ってありますよね。自転車に乗って行ける距離な...

自転車のチェーンの洗浄のおはなし

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。自転車のチェーンの洗浄、人によっていろいろな方法があり...

ロードバイクでヒルクライム!スプロケットのおすすめは?

ロードバイクを買ったらヒルクライムにチャレンジしたい!そう思う方はきっと多いでしょう。登り坂ばか...

自転車のタイヤなどのパーツを処分する方法を教えて!

自転車は、タイヤなど数多くのパーツで構成されています。パーツごとに劣化のスピードが違うため、...

自転車に乗ってアメリカを横断するために必要なこと

自転車に乗るのが楽しくて仕方ない方。自転車でアメリカ横断に挑戦してみませんか?そんなこと出来るの...

ロードバイクのチェーンを交換するために必要な道具や手順

買ってから一度もチェーン交換をしていない・・・そんなあなたのロードバイク、チェーンが伸びていませんか...

自転車のスピードの平均ってどのくらいなの?

自転車は、運転免許がいらず、手軽で便利な移動手段ですよね。自転車には、ママチャリやスポーツ自...

自転車を分解してみよう!ハンドルは簡単にできるって本当?

スポーツ自転車はパーツをカスタマイズしていく楽しみがありますが、それには分解が必要になる箇所が結...

自転車を選ぶ時の条件は「軽いこと」「安いこと」が重要?

あなたが自転車を選ぶとき、何を基準にしますか。どの種類を選ぶかにもよりますが、例えばロードバイクで...

自転車で日本一周をするときの資金はどのくらい必要?

自転車で日本一周をすることは憧れますよね。しかし、計画を立てないと心配になります。では、どのくら...

自転車が音鳴りする?原因は前輪ブレーキ?後輪ブレーキ?

自転車に乗っていて、嫌な音がする、奇妙な音がするなんてことはありませんか?それは、ブレーキが原因...

ロードバイクのハンドルにstiレバーを取り付けてみよう!

stiレバーは、シマノ・トータル・インテグレーションの略で、ハンドルから手を離さずにブレーキバー...

ロードバイクは低身長でも乗れるモデルがいっぱいある!

平均身長よりも低い男性や、小柄な女性の中には、「ロードバイクに乗りたいけれど、合うサイズがなさそう」...

ロードレーサーにスタンドは取り付けられる?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードレーサーで出掛けてご飯でも食べようという時に困る...

スポンサーリンク

ロードバイク女子生活

ロードバイクのサイクルウエア選びは、女子には特に重要視するポイントのデザイン性はもちろん、機能性がポイントです。普通の自転車よりも早いスピードで駆け抜けるため、反射素材などが使われたものを選ぶと、暗くなってからも安心して走ることが出来ます。他にも、身体にフィットすることで、風の抵抗を抑え、ふらつきを防ぐ効果もあります。また、漕いでいるときに引っかからないよう、スリムなスタイルのため、安心して走行可能です。長距離を走行していると、だんだん汗がにじんできますが、サイクルウエアは吸汗速乾性が高く、長時間走っても不快感がありません。まちがってもデニムや綿のTシャツのように、汗を吸い込んでべちゃべちゃになってしまうものは避けましょう。快適で安全なサイクリングのためにも、しっかりとしたサイクルウエアを着用することをオススメします。視認性を良くするため、カラフルなウエアが目立ちますが、バイクとカラーを合わせたり、小物をアクセントに使ったりと、オシャレも楽しめます。トータルコーデしたスタイルで風を切って走れば、注目を集めること間違いなしです。

女子用ロードバイクの特徴

女子がロードバイクを始めるにあたって、バイク選びが重要です。女性は、男性に比べると肩幅が狭く、手が小さいため、ハンドル幅は狭いタイプで、ブレーキレバーが近いほうが操作しやすくて安心です。男性が主に使用するロードバイクだと、広めのハンドル幅で腕を大きく広げてハンドルを握らなければならず、肩や腕、そして手首に大きな負担がかかり、非常に疲れやすくなります。ハンドル幅が肩幅に適していると、自然にハンドルを握ることができ、リラックスした状態で操作可能です。また、大きめのグリップやレバーは、指が届きにくいため、しっかり握れずブレーキ操作が遅れたりして危険です。無理に握ろうとすることで、腕が極度に疲労してしまいます。手の大きさに合ったもの選ぶことで、自然に握れ、疲れにくく快適に乗ることが可能です。他にも女性用ロードバイクは、サドルが広めに設計されているのも特徴的で、男性に比べると広くなっている骨盤をしっかり支え、長時間でも快適に座れます。

女子でもロードバイクウェアは必須です

ロードバイクのサイクルウエア選びは、女子には特に重要視するポイントのデザイン性はもちろん、機能性がポイントです。普通の自転車よりも早いスピードで駆け抜けるため、反射素材などが使われたものを選ぶと、暗くなってからも安心して走ることが出来ます。他にも、身体にフィットすることで、風の抵抗を抑え、ふらつきを防ぐ効果もあります。また、漕いでいるときに引っかからないよう、スリムなスタイルのため、安心して走行可能です。長距離を走行していると、だんだん汗がにじんできますが、サイクルウエアは吸汗速乾性が高く、長時間走っても不快感がありません。まちがってもデニムや綿のTシャツのように、汗を吸い込んでべちゃべちゃになってしまうものは避けましょう。快適で安全なサイクリングのためにも、しっかりとしたサイクルウエアを着用することをオススメします。視認性を良くするため、カラフルなウエアが目立ちますが、バイクとカラーを合わせたり、小物をアクセントに使ったりと、オシャレも楽しめます。トータルコーデしたスタイルで風を切って走れば、注目を集めること間違いなしです。

ロードバイク女子のアクセサリ

初めてのロードバイクはとても迷われる方が多いと思います。使っていくうちに、どこか自分の身体に合っていないということがありましたら、パーツ交換するのがオススメです。たとえば、ハンドルなら「ワンバイエスのジェイカーボンモンロー」のようにコンパクトなデザインで、細やかな日本人設計にこだわって作られたものがあります。完成車で購入した場合、ハンドルは選べないことが多いですが、あらかじめお店の方にご自身の腕の長さ、肩幅、手の大きさなどから算出してもらい、適正なハンドルをお願いする事も可能なので、気になる方はお店に確認してみましょう。しかし、体の柔軟性、乗る目的、乗り慣れてくるとリラックスしポジションも自然と変わってきますので、まずは完成車に標準装備されているハンドルで慣れてから、交換を考えても良いと思います。サドルは「プロロゴ スクラッチプロ デア タイロックスレール 」が女性のためにデザインされたモデルです。前後方向はフラット、左右方向には丸みを持たせたラウンド形状で、腰をしっかり安定させたいプロ選手の使用率も高いです。乗り慣れるまでは身体が強張り、サドルにお尻をどっしりと乗せてしまいがちですが、痛み出すことがあるので、サドル選びは重要です。女性スタッフの居るお店なら、女子ならではの悩みや、女子目線で商品を紹介してもらえるので、ぜひ活用してみてください。

ロードバイク女子のファッション性

最近の自転車ブームを反映して、女性ファッション誌でも特集記事が組まれるようになりました。街中でも自転車をオシャレに乗りこなす女子が増え、ロードバイク本体のみならず、真新しいウエアを合わせて購入する方も増えています。ロードバイクと言っても、スタイルは人それぞれです。本格的にスポーツとして楽しむ方もいれば、シティライドをメインとしている方もいます。どちらにしてもファッションはもちろん重要ですが、ロードバイクを楽しむ上で、安全性も考慮したスタイルで走ることも忘れてはいけません。初心者の方は、ライトやグローブとともにヘルメットの購入を検討してみましょう。自転車専門店でも、必ずしも購入を勧められるものではありませんし、髪型が崩れてしまうので嫌がる方もいるかもしれません。しかし、ある程度のスピードで走行する上、慣れていない状況では、とっさの時に対応が遅れてしまう可能性があります。万一の場合にヘルメットを装着していたほうが、頭部に致命傷を負う危険が低いため、安全で楽しくロードバイクを乗りこなすようになるため、初心者のうちはヘルメット着用が安心です。

ロードバイク女子のダイエット

女子たちがロードバイクに注目するようになった要因の一つに、ダイエット効果が期待できることが上げられます。様々なダイエット法がある中で、ジムに通うより手軽で、移動手段として使えるため、交通費の節約にもなります。歩くよりも身体の筋肉をよく使うため、ダイエットの効果が現れやすいのも自転車の特徴です。ただ日頃の移動手段を自転車にするだけで腰や下腹、ふとももなどの筋肉を鍛える事が出来るので中高年に多い下半身太りが解消に一役買ってくれます。ポイントとしては、ペダルをただ漕ぐだけではなく 「今ふくらはぎに効いている」 「今太ももに効いている」 と意識しながらつま先で漕ぐこと。 さらに自転車によるダイエットの効果をより得られる時間は、時速20キロを30分ほど継続して漕ぐことです。 そうすることによってウォーキングを同じ時間した時よりも消費カロリーが多くなります。休日を利用してロードバイクで少し遠出してみると、ダイエットしつつリフレッシュもできるので、ぜひトライしてみてください。

女子もロードバイクを楽しめます。

ロードバイクは男子の乗り物ではありません。女子だって楽しめる乗り物です。本格的なスポーツとして取り組むのも良いですし、健康のために取り組むのもいいです。
使う目的はざまざまですが、ウェアなどファッションにはこだわる事はとても良いことです。。
そうするとサイクリングがより楽しいものなるはずです。
ぜひファションにこだわってみてロードバイクを更に楽しんでみてください。