豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ちょっと変わったロードバイクのメーカーランキング

      2016/11/25

ちょっと変わったロードバイクのメーカーランキング

ロードバイクを購入しようと思い立ったはいいけれど、どのメーカーを買えばいいのか、さっぱり分からないですよね。インターネットで検索しても、専門用語ばっかりで良く分からないこともありますよね。ランキングと言っても、売上なのか知名度なのか、はたまた人気なのか多種あります。そこで今日は、ちょっと趣向を変えて弱虫ペダルの人気キャラクターが劇中で乗っているロードバイクのメーカーをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

スポンサーリンク


ロードバイクのブームはいつ頃?

弱虫ペダルのキャラクターで、ロードバイクメーカーのランキングを紹介する前に、ロードバイクのブームについて説明していきます。

ご存知の方も多いと思いますが、ロードバイクがブームになってきたのは、何も最近のことじゃありません。

かれこれ20年近く前からその兆しはありました。

自転車便を題材にした「メッセンジャー」という映画が公開されたのは1999年のこと。

都心の慢性的な交通渋滞を気にせずに、主に書類を自転車で配達するバイクメッセンジャーたちを主人公にした映画です。

この頃よりも以前からバイクメッセンジャーはありましたし、バイクメッセンジャーたちが主に使用していたのはロードバイクだったのです。

ということは、ロードバイクのブームの兆候に関しては、1990年代後半には、すでにロードバイクブームの兆候があったと言えます。

でも、このころはまだ、残念ながら「スポーツ」としての認知度は言うほど上がりませんでした。

その理由としては、値段が高価であったため購入をする方が少なかったからとも言われています。

しかし、今もロードバイクの値段が高いことには変わりはないですが、今ではツーリングなどの多種の用途に合わせて使われるため使用率は上がりました。

その後、トライアスロンがスポーツとして注目を浴び始めましたが、ロードバイクの使用率が高くなるかと思われましたが、その後も注目を浴びることはあまりなく、「自分自身で楽しむスポーツ」として乗られる自転車とも思われていました。

ロードバイクブームの火付け役、弱虫ペダル!

本題のロードバイクメーカーを弱虫ペダルのキャラクターで紹介するために、弱虫ペダルがロードバイクブームの火付け役になった経緯を説明します。

弱虫ペダルが2008年に漫画の連載が開始され、2013年にアニメ化されたことによって、ロードバイクの認知度は一変します。

さすがはアニメ大国、漫画大国の日本、またたく間にロードバイクが巷に溢れ、あちこちにロードバイク専門店が軒を連ねて、街の自転車屋さんもここぞとばかりに攻勢に出ました。

体を動かすこと、ストイックにトレーニングすることが好きな人たちだけでなく、老若男女に認知され、ロードバイクはスポーツの域を超えてファッションにまでなっていきます。

メディアの力や漫画・アニメの力ってのは、本当にすごいことが分かります。

それまでのサイクリングロードって、比較的空いてたんですが、今では週末はとても混雑するほどロードバイクの人気が高くなりました。

このブームが来る前からロードバイクに乗っていた人の中には、一時的なものと嫌悪する人も中にはいらっしゃるみたいですが、ロードバイクが普及することで自転車業界も潤いますので、良い傾向に進んでいるのではないでしょうか。

はじめのきっかけは何であれ、ロードバイクに興味を持ってくれる人が増えています。

そのおかげで集客の一手段として、様々なところでレースやイベントが開催され、盛り上がりは増す一方です。

キャラクターランキングTOP3でロードバイクメーカーを紹介

今回の記事に関しまして、なぜちょっと変わったランキングの紹介をするのかと言いますと、ロードバイクブームを引き起こしたのが弱虫ペダルの影響があったからです。

「ロードバイク ランキング」といったキーワードでインターネットを検索すれば、いろんなサイトで、いろんなメーカーを紹介していますから。

実際、街の自転車屋さんに行っても、弱虫ペダルの人気にあやかろうと、

「これはプロの誰が乗っているメーカーのロードバイクです」と紹介するのと、

「これはこのキャラクターが乗っているロードバイクのメーカーと同じモデルのものです」と紹介をしていることがあります。

そうすることによって、色んな客層に合わせておすすめ出来るので、相乗効果が生まれて必然的にメーカーの認知度も上がります。

このように考えると日本は、やはりアニメ大国・漫画大国であると思います。

好きなキャラクターが乗っているメーカーやモデルは、やはり憧れになると思います。

次は、先日開催された第6回のキャラクターランキングから、搭乗しているメーカーをご紹介していきます。

アメリカのロードバイクメーカー「CANNONDALE」

キャラクターランキング、一位に輝いたのは手嶋 純太。

彼が乗っているのは、1971年に創業したアメリカの自転車メーカー「CANNONDALE」です。

アルミ製のフレームに定評があるメーカーさんですね。

フレーム以外にも各種パーツやサイクルウェアなどの関連商品も製造販売しているメーカーです。

ライムグリーンがコーポレートカラーです。鮮やかな色合いです。

アニメでは、手嶋 純太が全面的に総北をバックアップしていましたね。

次は2年生から3年生になるので、今後はどう活躍していくのかが楽しみですね。

ランキングの常連メーカー、「PENARELLO」

二位は鳴子 章吉。

彼が乗るメーカーは、イタリアの有名メーカー、PINARELLO(ピナレロ)です。

もともと、プロ選手だったジョバンニ・ピナレロ選手が引退後に工房を立上げたのがきっかけです。

イタリアンバイクの代表格ですし、乗っている方も多いですね。

ロードバイクだけでなく、シティサイクルや子供向け自転車も製造する名門メーカーです。

1990年代には、レースチームにフレームの供給を開始して、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった大レースで勝利をあげています。

フレーム形状が独特で、デザイン性が強いメーカーさんですね。

湾曲したフロントフォークは憧れます。

コーポレートカラーはイエローですが、鳴子章吉が乗っているのは、赤を基調としています。

アニメで鳴子 章吉は、スプリンターとして活躍しました。

今後の課題は山ではあるがどうなっていくのでしょう。山の克服に期待します。

人気ランキングでも上位に入るメーカー、「TIME」

キャラクターランキングの三位は巻島 裕介。

彼が乗るのは、フランスのTIMEというメーカーのロードバイクです。

このメーカーは元々、カーボンフレームの元祖と言えるTVT社から分社化したメーカーです。(もう一方のメーカーはLOOK)

1987年の創業で、2005年・2006年にはロードレース世界選手権を優勝するなど、輝かしい実績を残していますが、近年はあまり目立った活躍がなく、ちょっと寂しいですね。

それでも国内外を問わずに人気があって、供給スポンサーのしがらみが少ないんですね。(このパーツメーカーのは取り付けられないとか、そういった縛りが少ない)

アニメで巻島 裕介は、三年メンバーの一人として総北を引っ張って行きました。

後輩の小野田 坂道を育てましたが、卒業後はどのような道を進むのでしょうか。気になりますね。

まとめ お気に入りのロードバイクメーカーを見つけよう

いかがでしたでしょうか。

ちょっと趣向を変えて、弱虫ペダルブームに乗っかり、ロードバイクのメーカーをランキング形式で紹介させて頂きました。
人によって漫画から入ることに抵抗のある人もいますが、やっぱり興味のあることから入るってのも、一つの手でしょうし、その方が愛着が湧きやすいですものね。

フレームスタイルから入るもよし、レース結果の上位メーカーを選択して気分を味わうのもよしです。

弱虫ペダルの愛読者の方でしたら、ぜひとも、ご自身のお気に入りのキャラクターが搭乗しているメーカーを試乗してみてください。

ただ、その場で決めないでくださいね。なにせ、高価な買い物ですので・・・

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般