豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

持久力アップのトレーニングで自転車は有効?~バスケ編~

      2016/11/25

持久力アップのトレーニングで自転車は有効?~バスケ編~

バスケをしている人なら誰でもこう思ったことがあるのではないでしょうか?「持久力をつけたい」と。
そう思ってトレーニングとして、とにかく長い距離を走ったり、自転車に乗ってみたりと色々なことを試されたのではないでしょうか。
効果があるか分からないと継続しにくいと思いますので、今回はバスケの持久力アップに自転車トレーニングは有効なのかお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


バスケで必要な持久力ってどれくらいなの?

持久力を付けたい!と思ってトレーニングを重ねても、どれくらい持久力がついたかを数値で測ることは出来ません。
持久力がついたかの判断基準は、前より長く走れるようになったとか、同じ距離を自転車漕いでも疲れにくくなったなどだと思います。

バスケをするうえで、持久力アップは必須です。持久力があれば、後半のピリオドまで良いパフォーマンスを維持出来ます。

では、その良いパフォーマンスを維持するために必要な持久力はどれくらいなのでしょうか?

その目安としては、試合後や練習後も動けるかどうかです。
内容にもよりますが、試合後や練習後にばててしまっているということは、後半は気力で乗り切っている部分が多いはずです。

そうなってしまうと、同じ技量・同じ気持ちの相手と対戦している場合は、持久力の残っているほうが優位になります。なぜなら、余力が残っているほうが集中力が上回っているからです。
相手の一瞬の隙をつくことが得点に繋がる世界では、集中力の維持ということもとても重要なものになってきます。

トレーニングの前に。持久力には種類があります

持久力アップが集中力アップに繋がることはご理解いただけましたか?

よし!持久力アップのために走ったり、自転車に乗ったりしてトレーニングしよう!!と思っている方・・・ストップです!

持久力(=体力)には、種類があるのをご存知でしょうか?
この種類を覚えていると、トレーニングや試合前のコンディション作りに役立ちます。

持久力=体力でお話します。
体力には、2種類あります。「防衛体力」と「行動体力」です。

防衛体力とは・・・生命の維持活動に必要な体力です。

行動体力とは・・・普段の生活や運動するときに必要な体力です。

例えば、今日は風邪気味で調子が悪いというときにバスケをしたとします。

そのときのあなたのプレーはどうでしょうか?
実際に風邪気味や体調が悪いときにプレーされたことのある方はわかると思いますが、
動きが鈍く、シュートも入らない、おまけに息が上がるのがいつもより早い。ということがおきると思います。

このときの状態は、体が風邪を治す。という方に体力を使っているためにいつもより体力が早く消耗するのです。

このように、体力というのは2種類あり、体調の悪いときには同じ人間でも別人のように体力がなくなってしまうのです。

そのため、持久力のトレーニングを行うときは、体調が普通のときに行いましょう。無理をすると、持久力をつけるどころか持久力の低下に繋がってしまいます。

バスケの持久力を構成するもう1つの要素

持久力アップや維持に必要なものがあります。これは持久力を構成しているものでもあります。

それは「メンタル」です。

メンタルがなんで持久力を構成しているの?と思うかもしれませんが、実はメンタルとは、持久力=メンタルといっても過言ではないくらいなのです。

「この試合は絶対に負けたくない!」「こいつには絶対勝ちたい!」といったときに、いつも以上の力が出たことはありませんか?

これは、気持ちの強さ、つまりはメンタルの強さが体に影響したものです。

弱気な人がすぐに風邪をひいたりしてしまうのは、こういったことが原因のひとつとして考えられます。

持久力のトレーニングは、どれだけ頑張れるか、自分に厳しく出来るかでも持久力の付き方は変わってます。
ただし、自分を精神的に追い込みすぎると持久力の低下を招きかねないですので、トレーニングを行うときは、厳しさを楽しめる範囲で行いましょう。

また、バスケの技術向上もですが、トレーニングはやったからすぐ成果が出るものではありませんので、継続していく意思の強さが必要になりますので、メンタル強化も兼ねられると思います。

自転車トレーニングでバスケに必要な持久力はつくのか

ではそろそろ本題に入っていきましょう。

まず、結論から言いますと、自転車トレーニングでバスケに必要な持久力はやり方次第でつきます。

なぜやり方次第になるのかと言いますと、体の使い方が大切になってくるからです。
競輪選手は、自転車のひと漕ぎを全身を使って漕いでいます。それも上手に使っています。
一方、ただのトレーニング材料として、自転車を漕ぐ人はそこまで意識出来ていません。
足を強く踏み込むや重たくすれば良いだろうといった考えの方が多いと思います。学生時代は私もそうでした。

しかし、バスケのシュートでフォームがあるように、自転車を漕ぐのにもフォームがあります。

フォームをちゃんとすることの最大のメリットは、筋肉の連動がスムーズに出来て、ものに自分の放出したエネルギーを最大限送り込めるようになることです。
正しく筋肉が連動するので怪我をしにくいというのもメリットです。

そうです!正しいフォームで行うことが最良のトレーニングとなるのです。
屋内のトレーニング機器を使おうが、屋外で自転車を漕ごうが、正しいフォームでなければ、トレーニングの効果を最大限まで得られないのです。

屋内のトレーニング機器ですと、両手を離して漕ぐ人がいますが、あれではバスケをやっている人は、筋肉の付き方が偏ってしまい、膝の故障をしやすくなってしまいます。

自転車のトレーニングをするときは下半身だけでなく、ハンドルを持ったまま背筋も意識して漕ぎましょう。

自転車トレーニングで意識したい筋肉

自転車を使った持久力アップを目指すトレーニングで意識したい筋肉はいくつかあります。

まずは脚の先の筋肉から、前脛骨筋(ぜんけいこつきん)です。この筋肉は、ジャンプするときやつま先を急停止させるときなどに使います。

次に、太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスです。
ハムストやハムと略されることが多いです。別名・アクセル筋とも呼ばれ、この筋肉群の発達と使い方の向上が下半身の持久力アップの鍵となります。

この2つの筋肉を自転車のトレーニングで鍛えるには、ペダルを押すことより引くことを意識することです。

押すと、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を使ってしまいます。この筋肉はブレーキ筋とも呼ばれるものなので、運動の場面では最低限で使うくらいにしたい筋肉です。

前脛骨筋とハムストリングスが上手に使えるようになってくると、腸腰筋という股関節と腰の奥にある2つの筋肉が鍛えられます。
この筋肉がとても重要な働きをするので、ここまでトレーニングがかかるようにしたいところです。

腸腰筋までトレーニングをいれるのに、大切なのが姿勢ですので、姿勢を崩さずに行いましょう。

ここまでで、「バスケのディフェンスの構えは大腿四頭筋を使うじゃん」と思う方もいらっしゃるかと思います。
ですが、このトレーニングで前脛骨筋とハムストリングスの使い方を覚えると、その構えでも前脛骨筋とハムストリングスを使うようになるので、瞬時の動きに対応できるようになります。

まとめ 何をするにも姿勢は大切です

トレーニングは、いい加減にしてしまうと効果が半減してしまいます。悪い姿勢でのトレーニング、中途半端な気持ちで取り組む。この2つは避けたほうが良さそうです。

心構えも「構え」ですね。心の構え=姿勢が整った状態で行えば持久力アップははやそうですね。

トレーニングに慣れてきたら、始めたときの気持ちや目的を思い出しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - 自転車 その他, 自転車全般