豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

キャノンデールのmtb!用途ごとでおすすめな車種は!?

      2016/11/25

キャノンデールのmtb!用途ごとでおすすめな車種は!?

ロードバイクやクロスバイクの実績と性能で評価の高いキャノンデールですが、mtbも例外ではありません。
中には、キャノンデールのおすすめなmtbを調べていて、ここに辿り着いた方もいるかもしれません。
今回は、ダウンヒルやトレイルライドなどの用途ごとで、キャノンデールのおすすめなmtbをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


キャノンデールはmtbの○○を開発した!

キャノンデール(Cannondale Bicycle Corporation)はアメリカの自転車メーカーです。創業は1971年。社名はコネチカット州の駅の名前から採用されました。
強みは高品質高性能のアルミ自転車で、開発・製造を自身で行っています。

そのためCAAD(高性能アルミフレーム)やLEFTY(片持ち一本サスペンション)などのような独自技術があります。またフレーム以外に自転車部品を取り扱っています。

自転車製造業においては、人件費の安い中国や台湾で大量生産するのが当たり前の時代になってきましたが、キャノンデールはアメリカ国内でのフレーム生産をセールスポイントとしており、フレームには「HAND MADE IN USA」と文字が入っています。
現在はアメリカ資本の企業ではなくなっており、上位車種の一部にいたっては海外で生産されるようになりました。

キャンノデールのおすすめバイクは、1984年に他のメーカーに先んじて発表された歴史を持つMTB(マウンテンバイク)です。

 

キャノンデールのダウンヒルにおすすめなmtb

キャノンデール(cannondale)社の「TRIGGER CARBON 1」は、キャノンデール最高の性能を持ったMTB(マウンテンバイク)です。
参考価格は820,000円(税抜)。おすすめの用途はダウンヒルとなります。

サスペンションのトラベル量が、長い短いだとか、ジオメトリーが上向き下向きだとか、そういうことで悩む必要のない新型「TRIGGER」です。

従来のフルサスペンションバイクでは考えられないような衝撃吸収特徴がこのバイクにはあります。
進化したリアショックFOX DYAD(ダイアード)」がどんな地形にも対応しており、トレイルにもダウンヒルにも適合するトラベル量とジオメトリーを実現する最高のオールラウンドバイクです。

そして最高の性能はスピードにも発揮されています。
あの峠の向こうを見たいという望みを叶えるための登り性能。下り性能にしても最高の性能を兼ね備えているので、いわば冒険家のための1台となっています。

 

キャノンデールのクロスカントリーにおすすめなmtb

キャノンデール(cannondale)社の「HABIT CARBON 3」は、驚くべきスピード性能を備えたMTB(マウンテンバイク)です。
参考価格は420,000円(税抜)。おすすめ用途はクロスカントリーとなります。

シンプルに山を遊びつくすパフォーマンスを持っており、その性能は万能といったところです。
あらゆる地形に対応しており、アップライトポジションでトレイルを圧倒的なスピードで走り抜けることができます。

 

キャノンデール(cannondale)社の「HABIT CARBON 6」は「HABIT CARBON 3」の安価版となります。
重量にしても12.6kgだったものから14.7kgと重くなっていて、それを好意的に捉えれば安定感が増したと言えます。参考価格は220,000円(税抜)に抑えられています。

特徴である万能の走りは健在。アッブライトポジションも同様で、シンプルに山を遊びつくすのに十分なパフォーマンスを持っています。

 

キャノンデール(cannondale)社の「F-SI HI-MOD 1」は、レースで勝つための未来のクロスカントリーバイクです。参考価格は750,000円(税抜)。
XCレースに参戦を考えている方にもおすすめできる1台です。
参考価格が190,000円(税抜)に抑えられた「F-SI 3」もあります。

 

キャノンデールのトレイルライドにおすすめなmtb

キャノンデール(cannondale)社の「TRAIL 7」は、初心者におすすめのMTB(マウンテンバイク)です。参考価格は70,000円(税抜)とお手頃。

アップライトボジションなので、視界を確保しやすくコントロールもしやすいです。おすすめの用途はトレイル。

この「TRAIL」シリーズは、ライダーをパフォーマンスマウンテンバイクの世界に導かんとするためのバイクでトレイル走行の魅力を詰め込んでいます。
各サイズに合わせたホイールサイズを用意しているし、レースの現場から求められるフレーム性能を備えているし、速く自身に満ちた走りを体感できるバイクに仕上がっています。

参考価格が100,000円(税抜)である「TRAIL 4」もあります。
少し価格が上がっていますが、手ごろ価格でアッブグレードしたいというライダーにおすすめできます。

もちろん初めての方にもおすすめできますし、気の向くままにオフロードを楽しみたい方にもおすすめできる1台となっています。

 

キャノンデールの雪道も走れるmtb

クロスバイクやロードバイクやMTB(マウンテンバイク)だけでなく、それらに次ぐ新しいスポーツサイクルが流行の兆しを見せています。
ファットバイクと呼ばれており、アメリカのミネソタ州で生まれてとにかくゴツいです。雪道でも自転車を乗ることを意識して開発されており、タイヤはMTBの2倍の幅があります。

もちろんアスファルトのような舗装された道路を走ることができますし、それだけでなく、石だらけであっても浅い川の中でも、難なく走行することのできる常識を覆す走破性を持っています。

それだけの性能を持っていて、重量は15kg前後とほとんどママチャリと変わりません。

つまりママチャリ感覚で乗車して脅威の走破性を体験することができるのです。
キャノンデール(cannondale)社の「FAT CAAD 2」は振動吸収性能もっていますし、何よりMTBの老舗なので安心して乗れるのでおすすめできる1台となっています。
参考価格は270,000円(税別)です。

 

キャノンデールはmtb以外でもおすすめな車種がいっぱい!

今回紹介したいのは多くのファンを持つアメリカの自転車メーカー、キャノンデールの中から厳選したおすすめバイクです。
MTBが特徴的なメーカーですが、ロードバイクでも国内外のレースで優秀な成績を残しています。

SYNAPSE SORA」は、ロードバイク通勤をはじめるのにおすすめの1台です。価格は110,000円(税抜)。
フレームはアルミ。自転車通勤するのに欲しくなるリアラックマウントとフェンダー(泥除け)を取り付けられるクリアランス(隙間)があります。

 

CAAD8 Sora」は、エントリーモデルなので初心向けです。価格は115,000円(税抜)。
ギアにシマノ社の「Sora」の搭載していますが「Tiagra」や「105」にアップグレードすることもできます。
レース用の技術を応用していながら乗りやすくロングライドも問題ありません。

 

CAAD10 105」は、ファンライドからレースまで対応する幅広い用途のロードバイクです。価格は200,000円(税別)。
これ1台さえ持っていれば、いずれはレースもと考えている方でも安心して乗れて練習できますし、アルミのロードバイクとしては最高峰てす。

 

SUPERSIX EVO105」は、レースで勝ち抜くための1台です。
ロードバイクレースに参戦しようと考えている方におすすめです。価格は240,000円(税抜)。世界最軽量のフレームでそのフレーム重量は700gを下回ります。

キャノンデールのmtb!用途ごとでおすすめな車種は!? まとめ

いかがだったでしょうか?
キャノンデールのmtbはおすすめ出来るものが多いように思います。
用途ごとでご紹介しましたが、そんなに用途を気にしない!という方は、気に入った色や形のものを選ぶのが一番良いと思います。
パーツを換えていく方にとっては、大枠となるところですので、慎重に選びたいとこですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車 おすすめ, 自転車全般