豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクの初心者が買える3万以下のものはありますか?

      2017/01/23

ロードバイクの初心者が買える3万以下のものはありますか?

街中を颯爽と駆け抜けるロードバイクに乗ってみたい!そんな憧れを抱いて、いざショップに行ってみたら、どれも高価で手が出せない。という経験をされた方。初心者だからまずは安いのが良いと思っているあなた。

3万以下でも購入出来るロードバイクがあるのをご存知でしょうか?
なぜ3万以下のものが少ないのか、なども踏まえてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


初心者はロードバイクが高価な理由を知っておこう

ロードバイクが高価なのには、様々な理由があります。

フレームの材質、パーツの機能性、メーカーの技術力などの様々な要素によってロードバイクの値段は決められているのです。

ロードバイクは、ホームセンターなどでも買うことのできる1~2万円の自転車と比べ、
高い材質、高い機能性、高い技術力を持ち合わせているので値段が高いのです。

ではなぜ、そのような高い材質などを使って、わざわざ高い自転車にする必要があるのでしょうか。

その理由は、本来のロードバイクの使い道にあります。
ロードバイクは本来、ロードレースというスポーツのための道具です。

ロードバイクは、ロードレースの100年以上の歴史の中で、乗り手を勝利に導くために、より速く走るための進化を遂げてきました。

ロードバイクは、レースに勝つための技術の結晶であり、
レースに勝つための、材質、機能、技術がその値段を構成しているのです。

なので、ママチャリとは、その用途が根本より異なっており、辿ってきた歴史も違うため、同じ自転車とは言え、全く違う乗り物だと認識した方が良いかもしれません。

なので、初心者がうっかりママチャリを買う感覚で、3万以下でロードバイクを買おうとすると、その値段の高さに驚いてしまうでしょう。

3万以下のロードバイクがなぜほとんどないのか

3万以下のロードバイクがほとんどないのは、乗り手の命を守るためです。
ロードバイクは、レースのための道具です。

なので、ロードバイクには、レースに勝つ、またレースという過酷な使い道に耐えうる必要があります。

それは、ロードバイクが、乗り手の命を預かっているからです。
ロードレースという競技は、自転車に乗って一日に何十キロ何百キロという長距離を走ります。

またその中で、最高速度が時速100キロに及んだり、坂道などで非常に大きい力がかかったりします。

ロードバイクは、このような使い道にも耐えることができるように設計されています。
もし、レースの途中で自転車が壊れてしまったりしたら、それは、乗り手の命を危険にさらすことになります。

なので、レースのような使い道のなかで、乗り手の命を守るための最低限の機能を備えるだけでも、高額になってしまうのです。

絶対にやってはいけませんが、例えば、坂道などを利用しママチャリでどのくらいの速度が出るか試しても、時速100キロを出すことは難しいでしょう。

また、100キロに及ばない場合やロードバイク初心者であっても、ある程度の速度に達したとき、もはや自転車は制御不能になり、壊れてしまうでしょう。

ブレーキも効かず、乗り手の安全も保障はできません。
なので、3万以下のロードバイクはほとんどないのです。

初心者が選ぶべきロードバイクのポイント

初心者の方がロードバイクを買うときには、自分がロードバイクをどのように使いたいかということを、しっかり吟味して自転車を選ばなければなりません。

自分の頭の中で、自分が自転車に乗っている姿を想像し、しっかり妄想を膨らましておくと、
自転車を選びやすくなりますし、店員さんに希望を伝えるときにも役に立つでしょう。

ですが、どのような場合でも、守った方が良いポイントがいくつかあります。

一つは、自転車専門店に行って買うことです。
自転車の品質を一番左右するのは、値段ではなく、自転車の組み付けです。
組み付けの精度によって、自転車の性能や安全性などが大きく左右されます。

自転車は、人間の手によって組み立てられるので、ちゃんとしたプロの手によって組み付けられた物を選ばなければなりません。

自転車は、お店に届いてから店のスタッフによって組み付けられて店頭に並ぶので、
熟練したスタッフのいるお店で買うことが一番重要です。

またそのような店では、自転車を選ぶ際にもスタッフが必ず助けになってくれます。
中古でいくら安くて3万以下で購入が出来ても、品質が良いものを買うためには、専門店での購入が良いですね。

もう一つは、見た目に「こだわる」ということです。
自分がかっこいい・かわいいと思える自転車を選びましょう。

乗り手にとっても自転車にとっても一番不幸なことは、せっかく買ったのに乗らなくなるということです。
それを防ぐためにも、最高にかっこいい・かわいい自転車を選んでください。

お気に入りの服を大事にして何度も着るように、自転車も乗りまくることで元が取れます。
愛着の持てる物を選びましょう。

初心者にお勧めのロードバイク

初心者にお勧めのロードバイクを紹介します。

今回紹介するのは、全くジャンルの違う2台です。

一つは、言わずと知れた巨大メーカーGIANTのDEFY3です。

この自転車は、レースやサイクリングなど本格的にロードバイクを楽しみたい!だけど値段は押さえたいという人にお勧めです。

いわゆる初心者用であるエントリーモデルのロードバイクは、各メーカーで十数万円からラインナップされていますが、GIANTのコストパフォーマンスは非常に高く、
3万以下の破格の価格とまではいきませんが、他社よりも安く本格的なロードバイクを手に入れることができます。

もう一つはSURLYのCROSS-CHECKです。
この自転車は、非常にカスタムの幅が広く、ロードバイクとしてだけでなく、カスタム次第で様々な使い道ができるロードバイクです。

レースの道具としてはいまいちですが、本格的にサイクリングを楽しむことはもちろん、普段乗りや、荷物を搭載して旅に出かけたりするのもよいでしょう。

初心者だけでなく、玄人も楽しませることのできる変幻自在の万能自転車です。

どうしても3万以下のロードバイクに乗りたい人は

ロードバイクは、非常に高価なのにはそれなりの理由があります。
なので、値段の高さにはある程度のあきらめも必要です。

ですが、どうしても3万以下の自転車に乗りたい場合にも、全く方法がないわけではありません。

3万以下でもロードバイクや、ロードバイクのようなものに乗ることはできます。

ですが、決してオススメできる方法ではありません。その方法の一つは、中古自転車です。

実は、ロードバイクなどのスポーツ自転車には、大きな中古市場が存在します。
中古自転車を買い取り販売しているショップや、個人などによって、ネットオークションなどで多くの中古自転車が売られています。

そういった中古自転車の中をくまなく探せば、3万以下でもロードバイク買うことができるかもしれません。

しかし、中古であるため新品であることを諦めなければなりません。

また、限られた条件の中で自分に合った自転車を探すこと自体が至難であることを覚悟しなければなりません。

また、新品にはない整備費用がかかるリスクもあります。

もう一つは、ネットでロードバイクのようなものを買うということです。
ネットには、3万以下で一見ロードバイクに見えるものが多く売られていますが、実際はロードバイクの形をしたママチャリだと考えた方が良いでしょう。

このような自転車を買うときは、レースに出るなどの本格的な使い道をすることは、おススメいたしません。

初心者は値段で探さず、専門店での購入することをおススメいたします。

3万以下~3万円台で乗れるロードバイク

ネット上で買える3万円クラスの自転車を取り扱う自転車メーカーをいくつか紹介します。

・DOPPELGANGER
・a.n.design works
・WACHSEN
・TOTEM

他にもたくさんのメーカーが存在します。

以上のメーカーで、3万以下でロードバイクを買うことができます。

各メーカーにロードバイク以外にもさまざまな種類のスポーツ自転車をラインナップしており、中には独特で面白い自転車や、おしゃれなデザインのものも多数存在しています。
サイクリングなどには興味がなく、日常使いにオシャレでかわいい自転車に乗りたいと思っている人なら、気に入る自転車もあるかもしれません。

このような自転車を買うときの注意点は、まずはサイズを確認することです。
小さいものを選ぶ分には平気なのですが、大きすぎるものを買うと乗ることができません。

また、届いた自転車が組み立てた状態でない場合、組み立ては自転車屋さんに頼みましょう。

初心者は、特に無理に自分で組み立てようとしていけません。
安全のためにもプロに頼ることをお勧めします。

最後に、防犯登録をしましょう。
自転車の防犯登録は義務ですが、ネットで買ったものにはついていませんので、これも必ず自転車屋さんに行って防犯登録をしてください。

ロードバイクは高いけど…

ロードバイクは決して安くありません。
しかし、よく考えて、自分にぴったりのものを選んで買ったならば、きっとかかったお金に見合うくらい、またはそれ以上の楽しみや喜びが返ってきます!

初心者の方でも、自転車を買うときにちょっと高いなと思っても、少し勇気を振り絞って、一歩を踏み出してみる価値はあると思います!

また、自転車屋で働く人は、自転車販売のプロであると同時に、自転車遊びのプロでもあります。

なので、自転車を買った後は、何かを買うわけでなくとも自転車屋さんに行って気軽にスタッフに話しかけてみるのもいいと思います。

きっと一人一人に合うような楽しい自転車の乗り方も教えてくれると思います。

是非、高いロードバイクを買うからには、元を取るくらいの勢いで、目いっぱい乗って、充実した自転車ライフを送っていただきたいと思います。

 - ロードバイク 初心者