豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ヘルメットやライトの装着義務は?ロードバイク乗りの注意点

      2016/11/25

ヘルメットやライトの装着義務は?ロードバイク乗りの注意点

街中や山道で多く見かけるようになったロードバイクですが、そのスピードには驚かされます。
下り道では、車に追いついてしまうほどの性能があります。

そんな高性能のロードバイクに乗るときは、ヘルメットを被るなど安全面に注意したいですね。
また、山道では、薄暗いところやトンネルがある場合がありますので、ライトを点灯するなどして安全を確保しましょう。

さて、そんな安全面を確保するためにも、以下のことにご注意下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


ロードバイクに乗るときはライトの装着を!

ロードバイクなどの自転車は軽車両として扱われるため、夜はライトを点ける決まりになっています。このライトの種類は都道府県によって異なるようです。

例えば、東京都なら「前照灯」を点けます。前照灯とは、次の条件に当てはまるものを指します。

・白色、もしくは淡い黄色をしているもの
・暗闇の中を照らした場合、10m先にある障害物などを確認することが出来るもの(神奈川県では5mになります)

距離の違いはあれど、東京都と神奈川県では、ライトの色と明るさが指定されています。自分の地域がどのような条件を出しているのか、一度確かめてみると良いですよ。

ライトを点けるということは、障害物を避けるだけではなく、ドライバーや歩行者への目印としても使えます。

ですが、普通に点けるだけならともかく、チカチカと点滅させるのは、街灯が設置されていない場所では障害物が見えません。

そのため、この場合の点滅は規則に反していると見なされます。

決まりを守ろうとするなら、ライト付きのヘルメットを被ってみたり、自転車そのものにライトを2つ取り付けて、片方で前方を照らし、もう片方を点滅させれば大丈夫です。

ロードバイクのライトを選ぶポイント

夜、ロードバイクで道を走る時には、ライトを取り付ける必要があります。
その理由は2つあります。

ひとつは、通行人や車に自分がいるということをアピールするためで、もうひとつは、暗がりを照らすことで、周りに障害物などがないかどうかを確認するためです。

これは、人や車の姿が見られる道の場合で、人気のない通りでは、視界確保の方が重要になってきます。

基本的にライトは、自転車を買った時に最初から付属しているものがあれば十分ですが、
走る場所の暗さや、スピードをどれだけ出しているかによって、光量を上げた方が使い勝手が良い場合があります。

ロードバイクなら、最低でも100ルーメンは欲しいですね。

ロードバイクには、反射板が付いていないことが多いので、車の運転手がこちらを認識しやすいように、後ろ側にもリアライトと呼ばれるライトを付けましょう。

ちなみに、色にも決まりがあります。

前方のライトは白、リアライトは赤です。もし逆に取り付けてしまうと、進む方向も反対だと思われてしまい、事故に繋がる可能性があります。

また、転倒した際の衝撃を緩和するために、ヘルメットも忘れずに被りましょう。

長距離移動する人にはライトが大切

ロードバイクなどの自転車に付属しているライトは、どちらかというと、自分の位置をアピールするために使うことを目的としているため、街灯などの光源がある場所で使うように作られています。

ですが、ツーリングなどでは暗闇の中を通ることも珍しくありません。

そのため、普通のライトでは照らしきれないことがあります。なるべく光量の強いものが望ましいですね。

登山などに使う、ヘルメットタイプのライトも組み合わせれば完璧です。そんなにかさばるものでもないので、用意しておくと便利ですよ。

現在のライトはLEDがメインなので、電球の数十分の一の電力で非常に強い光を放ちます。

ただ、眩しすぎると感じるかもしれないので、角度を調整しておくことをおすすめします。

ライトの数は多ければ多いほど安心感があります。
電池が切れた時の予備にもなりますし、点灯と点滅で役割分担をさせても良いですね。

長距離を走る人は、4つほど所持している人も多いようです。

ロードバイクのライトは取り外しが簡単なので、盗まれやすいという難点があるため、もしもの時に備えて複数持っておくといいかもしれません。

ライトではなく、反射板を付けられるだけ付けておくのも有効です。

ロードバイクに乗るときはヘルメットを被ろう

ロードバイクは自転車の仲間なので、ヘルメットを必ず被らなければならないという決まりはありません。

スピードをそんなに出さない限りは、被らなくても良さそうですが油断すると、とんでもないことになりますよ。

特にロードバイクはレース用の自転車なので、軽く漕いだだけでも予想以上の速度が出てしまうものなのです。

頭はとても重要な部分ですし、面倒臭いと感じるかもしれませんが、事故から身を守るためにも、ヘルメットは絶対に被りましょう。

町の中にある危険は車だけではありません。大勢の歩行者がいます。
また乗り始めたばかりで、ビンディングペダルに不慣れな頃は、思わぬところで転ぶことがよくあります。そんな時に活躍してくれますよ。

そしてヘルメットの役割は、もうひとつあります。

それは派手な色合いで、人目を惹き付けることで、自分がここにいることを知らせることです。

つまりライトと同じですね。

色は何でも構いませんが、黒だと暗闇で目立たないかもしれないので、その場合は光量の強いライトを使いましょう。

ロードバイクのヘルメットの素材

ロードバイクのヘルメットは、オートバイのものと比べるとかなりシンプルな構造になっています。

どんなに値段が高いものでも、素材は発泡スチロールと、およそ頑丈とは言えないようなものが使われています。

それでは、どうして発泡スチロールを使っているのでしょうか。

自転車は足を使い、自分の力で動かす乗り物です。
そこで、少しでも乗り手の負担を減らすために、身に付けるものや付属品は出来るだけ軽く、かさばらないものを作る必要があります。

もしヘルメットが重ければ、ほとんどの人が被らないことを選ぶはずです。

そこでメーカーは試行錯誤の末に、頭をきちんと守ることが出来ながら、風通しが良く、被っていても首が疲れないヘルメットを生み出しました。

それが発泡スチロールで作られたヘルメットなのです。

実はもうひとつ、別の理由があります。

それはライトなどとは違い、ヘルメットは「使い捨てるもの」という考え方があるからです。

事故などで、一度でも強い衝撃を受けたことがあるヘルメットは、耐久性が落ちるので、二度目からは本来の機能である「頭の保護」が出来なくなるかもしれないのです。

もったいないかもしれませんが、ヘルメットに関しては「そういうもの」だと思いましょう。

ロードバイクのヘルメットを選ぶときのポイント

ロードバイクに関する付属品の中でも、ヘルメットはどんなものを選べば良いのでしょうか。

ライトなら光量、ウェアなら通気性などといった機能面など、選ぶための目安というものがありますが、ヘルメットは似たようなものが多く、ピンと来ませんよね。

基本的には、自分の頭のサイズに合っていれば、気に入ったものを使ってくれて構いません。安全性については、どんなタイプでも大きな差はないからです。

違いと言えば、品質が良いものほど軽く、頭にフィットしやすいところでしょうか。
とはいえ、頭の形や大きさは人それぞれなので、実際に被って決めた方が良いですよ。

どれだけ性能が良くても、サイズが合っていないと、ちょっとしたことで脱げてしまいます。それでは意味がありません。

そして、どうせ使い捨てるなら、なるべく安いものを買いたいところですが、あまりにも安すぎるものはやめておきましょう。

安価なヘルメットは重いものが多いため、首や肩を痛めてしまいます。

耐久性と快適性の両方が欲しければ、やはり値段相応のものが最適です。最低でも1万円くらいのものが欲しいところですね。

町の中でよく乗る人には、シティライドタイプがおすすめですよ。

まとめ 自分の身を守るようにしよう

ライトの点灯は義務付けられていますが、ヘルメットは義務がありません。

だからといって付けないでいると、万が一のときに後悔するのはあなたです。

どんなに反射神経の良い人でも、スピードの出ている車に突っ込まれたら、どうしようもなくなります。

過信せずに、安全を常に確保しながらロードバイクに乗りましょう。

 - 自転車 交通ルール, 自転車全般