豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

      2016/11/25

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

メリダの代表的な自転車製品とも言えるシクロクロス。

2017年版は一体どんなスペックや魅力良さやがあるのでしょうか。

ここでは、メリダのシクロクロスのご紹介と、メリダの2017モデル新作発表会で展示された他の自転車のご紹介もしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


メリダのシクロクロス、2017年版

メリダのシクロクロスの中でも人気が高いのが「CYCLO CROSS 500」です。

その2017年モデルが発売されています。

アルミフレームにカーボンフォークを採用しており、ケーブル類は、内蔵型のインターナルケーブルルーティングで泥にも強くなっていて、DOWN TUBE EXITによって、メンテナンス性はむしろ高くなっています。

スペックをみていくと、ディレイラーやシフターはシマノの105、ブレーキは「Tektro Spyre disc 160」というディスクブレーキを採用しています。

ギアクランクは「Shimano RS500 46-36」で、フロントギアは「Shimano CS-5800-11 11-28」、ハブはフロントが「Bearing Disc-15 Road Axle」で、リアが「Bearing Disc cassette」です。

完成車での販売であり、多くの完成車のようにペダルはついていません。
そのためペダルは、別途用意しなければならないことに注意してください。

メリダのシクロクロスのフレームについて

2014年までだと、シクロクロスにあまり力が入っていなかったメリダなのですが、2015年は、ディスクブレーキを搭載したカーボンバイク「CYCLO CROSS 9000」をフラッグシップに販売を強めています。

それに加えて、カンチブレーキ用のフレームの「CYCLO CROSS CANTI FRAME」も発売しています。

注目すべきなのはブレーキ。
「CYCLO CROSS 9000」よりも「CYCLO CROSS CANTI FRAME」のほうが高いスペックのブレーキを使用できます。

しかし、メリダの公式サイトにいっても、カンチ仕様が分からないため、詳しいことは言えませんが、使用しているディスクブレーキ「Race CF4 canti」の「CF4」に注目すると、ロードレースチームであるランプレ・メリダのブレーキと同程度だと分かります。

「CF」は、たぶんカーポンファイバーのことで、数字が大きくなるほうが高価で、性能の良いブレーキになります。

2016年、そして2017年には「CYCLO CROSS 9000」をフラッグシップモデルに、比較的手に取りやすくなった「CYCLO CROSS 6000」、そしてコミューティング(通勤)にも使える「CYCLO CROSS 500」という3種類がシクロクロスのラインナップになっています。

メリダ2017モデル、新作発表会にて:SCULTURA①

自転車メーカーであるメリダには、シクロクロスやトライアスロン用など、様々なタイプの自転車があります。

そして2017年、メリダが発表したモデルに「SCULTURA DISC」があります。

ハイエンドモデル、放熱対策用のクーラーを装備したディスクブレーキ搭載、フレーム重量は、1kgを切る900gという脅威の重量を実現したハイクオリティのロードバイクです。

値段は、完成車で90万円なので、その値段からもハイエンドモデルということが分かります。

見た目も格好良いのですが、さすがになかなかの値段です。

さらに「SCULTURA TEAM」というモデルもあります。

ロードバイクチームであるランプレ・メリダが実戦で使用している「CF4 lite MCフレーム」と、シマノの新型のDURA-ACEを組み合わせたモデルになっています。

チームが求めるものを、そのまま反映させたようなロードバイクで存在感があります。

それに続いて「SCULTURA 6000」は、完成車はシマノのUltegraですが、電動コンポSHIMANO Di2にも対応したフレームのロードバイクです。

メリダとしては珍しい、青いカラーが採用されています。

メリダ2017モデル、新作発表会にて:SCULTURA②

オフロードのシクロクロスやマウンテンバイク、オンロードのロードバイクやクロスバイクを製造・販売しているメリダが2017モデルを発表しました。

新作の中でも「SCULTURA DISC 700」は、ディスクブレーキ搭載のロードバイクで、もっともおすすめしたいモデルです。

結論から言えば、かなりお買い得だと思っています。

油圧式のディスクブレーキ搭載しているモデルで、フレームはアルミで走りは軽く、フォークはカーボンなので、しっかりと衝撃を吸収してくれるでしょう。

変速はシマノの105を使用していて、値段は20万9000円。

その値段を見たときにはっきり言って安いと思いました。

2017年のメリダは何かが違うのかもしれません。

それから「SCULTURA 410」も見逃せません。

兄弟モデルに「SCULTURA 400」というアルミフレームのロードバイクがあって、このモデルは妹のような存在です。

小柄なフレームは、まさに女性のために作られました。

39cmや42cmという小さいフレームサイズの展開で、それでいて変速は、シマノの105と力を抜くことはありません。

もちろん新作発表会ではシクロクロスの展示も

2017年のメリダの新作発表会の中には、シクロクロスの姿もありました。

「CYCLO CROSS 500」はシクロクロスでありながら、コミューティング、つまり通勤にも使えるメカニカルディスクブレーキを搭載したモデルになっています。

フレームは、アルミでフォークにカーボンを採用しています。雨の日でも安定した制動力を期待できて、シクロクロスならでは、と言える扱いやすさで、平日の通勤、週末のシクロクロス大会でのオフロード走行など、幅広い用途に使えるモデルになっています。

ちなみに、その上位モデルに「CYCLO CROSS 6000」と「CYCLO CROSS 9000」がありますが、メリダの場合は数字4桁でカーボンモデル、数字3桁でアルミフレームと分けて表記しているようです。

その他にもメリダは、たくさんのモデルを発表しています。

「SCULTURA 400」という、レースにも出られるような耐久性と信頼性を兼ね備えたロードバイクや、「RIDE DISC ADVENTURE-CF」という、悪路にも走行するために作られたグラベルロードと呼ばれるロードバイクもあります。

新作発表会には他にも多数のモデルが

2017年の自転車メーカーであるメリダが発表したのは、ロードバイク・クロスバイク・シクロクロス、それらだけではありません。

他の種類の自転車も発表しています。

RIDE DISC ADVENTUREシリーズから「RIDE DISC ADVENTURE-CF」が発表されました。

それは、比較的悪路であっても走行できるように開発されたロードバイクで、グラベルロードとも呼ばれています。

28Cのタイヤを装着しているため、砂利道でも走行可能になっています。

それから「BIG.NINE」・「BIG.SEVEN」というモデルは、開発期間5年という長い時間をかけており、プロチームであるMIYATA-MERIDA BIKING TEAMに採用されているマウンテンバイクもあります。

そんな数々の新作の中から、一番おすすめしたいのは「SCULTURA DISC 700」というモデルです。

アルミフレームのロードハイクで、蛍光の緑のラインが見た目をきれいにしてくれています。

キビキビと走る印象で、乗り心地も良かったです。

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの? まとめ

メリダのシクロクロス500は、シクロクロスにもコミューティングにも使えるところが魅力ですね。

そして、雨の日でも安定した乗り心地というのは、事故防止にもつながり安心ですよね。
また、メリダからはシクロクロスだけでなく、色々な商品が販売されていますので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般