豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

コルナゴ等有名メーカーのシクロクロス2017年モデルを紹介!

      2016/11/25

コルナゴ等有名メーカーのシクロクロス2017年モデルを紹介!

ロードバイクやシクロクロス、クロスバイクにマウンテンバイクなど、毎年新作が発表されます。
これは、どのメーカーでも同じですね。

新作が発表・紹介されると、購入予定がなくても、ついつい気になってしまうのが人間の性です。

たくさんのメーカーから発表されますが、コルナゴを中心にシクロクロスの2017年モデルに絞って、ご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


コルナゴのシクロクロス2107年モデル

自転車メーカーであるコルナゴ(COLNAGO)の「PRESTIGE105」にも2017年モデルが発売されました。

2016年1月、ベルギーで開催されたシクロクロスの世界選手権で、世界王者となったワウト・ファンアールトの協力で生まれたシクロクロスです。

世界王者が開発に関わったということもあって、本格的なシクロクロスに仕上がっています。

トリコロールを採用したイタリアンなデザインで、油圧式STIロードディスクブレーキセットを搭載しています。

160mmディスクローターによる制動はパワフルです。
最強クラスの制動力を発揮してくれる実践的な仕様です。

フレームは、新型のカーボンを採用しており、軽く、機敏で、反応の高い仕上がりです。
そして、コルナゴの「PRESTIGE」ということもあって、コンポーネントにもこだわりがあり、シマノの105を採用しており、11変速を楽しめます。

以前からディスク化を推進してきたコルナゴだけあって、ディスクの使用は手馴れた感覚もあります。

それから、以前のモデルにあった、シートチューブとトップチューブの間にあった補強リブはなくなっており、そのため見た目もシャープです。

アルミ素材のコルナゴのシクロクロス

コルナゴ(COLNAGO)といえば、イタリアの自転車メーカーで、シクロクロスなどの自転車も発売していますが、やはりロードバイクのメーカーだと言えます。

そんなコルナゴの2017年モデルとして発表したのが「A1-r」というモデルです。

従来のモデルの名前は「STRADA」でしたが、それに代わる形で登場したアルミロードとなります。

フレームは、従来から一新されました。

アルミチューブというのは従来通りなのですが、トップチューブとダウンチューブを接続するヘッドチューブ付近は、チューブのボリュームが増した形になります。

シートチューブは、下にいくほど太い形状で、シートポストは31.6mmです。

溶接部分の仕上げは、丁寧でキレイなものになっています。

フォークは、カーボンのストレートフォークを採用しており、ワイヤーはフレームに内蔵されています。

タイヤのサイズは、700×25Cを標準で、BBはプレスフィットです。

ジオメトリーは独自のものになりました。

それでも、パフォーマンス重視のアルミロードバイクという点から考えれば、従来通りのコルナゴらしいロードバイクと言えるでしょう。

完成車は、シマノ105を採用しているもので、およそ19万5千円。

ディスクブレーキバージョンだと、およそ25万円です。

コルナゴと同国・ビアンキの2017年モデル

イタリアの自転車メーカーには、コルナゴがありますが、ビアンキ(BIANCHI)というメーカーもあります。

ビアンキの「ZURIGO」というシクロクロスは、2017年モデルになって、さらにパワーアップしました。

2015年からディスクブレーキ化したり、フロントがトリプルからダブルになったりと、仕様が激変するモデルで、2017年モデルでは、リアが11変速になりました。

コンポーネントは、シマノの105をメインに採用しており、フレームは7005アルミという素材を採用しています。

ビアンキの「AXIS」もシクロクロスですが、発売されるごとに、競技志向が高まってきた印象があります。

ブレーキは、コンパクトタイプのシマノの「BR-R317」というツーリングにも使えるメカニカルディスクブレーキを採用しています。

フロントフォークは、カーボン素材です。

2017年モデルからは、フォークのカラーに、チェレステカラーがあしらわれています。

ケーブルは、シクロクロスということもあって、トップチューブの上方に配線されています。

巨大メーカージャイアントのシクロクロス

ルック・キャノンデール・コルナゴなど、有名自転車メーカーと名を連ねるほど人気メーカーのジャイアント(GIANT)の「TCX」というシクロクロスシリーズに2017年モデルが登場しました。

上位モデルである「TCX ADVANCED PRO 1」には、カーボンフレームが採用されており、フロントはシングル仕様となっています。

ここ数年に渡って、スタイルが変わっていないように見えるものの、2016年モデルからリアのエンド幅が142mmに拡大されています。

2017年モデルからは、ディスクブレーキはフラットマウントになり、ペダリング効率を高めるアシンメトリーチェーンステイが採用されて、コンポーネントはシマノのアルテグラDi2をメインに採用しています。

そしてシクロクロスレーサーですが、ボトルケージは2つ備わっているので、練習用にも使えます。

下位モデルとなる「TCX ADVANCED PRO 2」になるとメインコンポーネントは、1×11スピードのSRAMの「RIVAL 1」を採用しています。

シクロクロスをネット販売しているメーカー

シクロクロスの購入にコルナゴなどの有名メーカーから選ぶというのも良いのですが、ここではキャニオン(Canyon)という、ドイツの自転車メーカーをおすすめしたいと思います。

キャニオンは、ネット販売に力を入れており、シクロクロス「Inflite(インフライト)」には2017年モデルが登場しました。

「Inflite AL SLX」というモデルが2つ、「Inflite AL」というモデルが3つ、合計5モデルのシクロクロスがネットで購入可能です。

「Inflite AL SLX」の「9.0 PRO RACE」と「8.0 PRO RACE」という2つのモデルは、競技専用に設計されています。

専用のアルミフレームで、コンポーネントはSRAMの「Force 1」を採用しており、フロントがシングルなので、簡単な操作でメカトラブルも少なくしています。

ホイールは、出荷時はクリンチャーですが、チューブレス化も可能です。

フロントフォークにしても、クリアランスは広く、泥でスローダウンすることもないでしょう。

それら多くの仕様は、レースのためのもので、ピュアレーシングマシンと言っても過言ではないと思います。

価格は、およそ37万円で、コンポーネントにSRAMの「Rival 1」を採用したバージョンだと、およそ20万円です。

キャノンデールのシクロクロス2017年モデル

ジャイアントやトレックやコルナゴなど、様々なメーカーが2017年の最新モデルを発表しており、それはキャノンデールも例外ではありません。

キャノンデールが送り出す「SUPER X」というシクロクロスも2017年モデルが発表されています。

キーワードは、バイクの剛性で、最高の走行性能のためにも、剛性バランスの最適化が行われています。

そして、キャノンデールのロードバイクとして、新たに発表されたのが「スーパーシックスエボ ハイモッド ディスク」です。

レースモデルとして、高い地位を手にしている「スーパーシックスエボ ハイモッド」シリーズのディスクブレーキになりました。

従来の性能を損なうことなく設計されているので、剛性バランスは、これまでとほとんど変わりません。

キャノンデールプロサイクルリングチームが、ツール・ド・フランスで実践投入するために開発されたもので、そのことからもキャノンデールは、ディスクブレーキに本気だと分かります。

買い換えたい人は要チェック

今回ご紹介したほかに、新作を出しているメーカーは、まだまだたくさんあります。

お気に入りのメーカーをチェックすることはあると思いますが、たまには他のメーカーをチェックするのも良いのではないでしょうか。

もしかしたら、さらに気に入るものが見つかるかもしれませんよ。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般