初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていきます。

効きづらくなって、ブレーキをそのままにして走り続けると、止まらなくなる危険があるので注意が必要です。

いつでもブレーキが効くよう、日頃からメンテナンスをしておきたいですよね。

今回は、初心者でもできるブレーキのメンテナンスについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクとロードバイク、速さの違いは実際どんなもの?

ひと括りにスポーツバイクといっても、種類はいろいろあります。主なものの中にロードバイクとクロスバ...

シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。ロードバイクと同じ形状で、振動吸収や耐...

名古屋をロードバイクで旅するときブログの内容にしたいもの

名古屋は国内有数の大都市ですが、それと同時に史跡や歴史的建造物も数多くあることが知られています。ま...

サイクリングをしよう!自転車生活の昔と今の違い

昨今、自転車ブームと言われています。確かに昔よりは、街中や山道でも自転車に乗っている人達を見...

ジャイアントのイディオムを改造してより速く走ろう!

ミニベロの自転車が最近増えてきて、各メーカーでも取り扱っています。その中でも自転車業界では有名な...

そういえば自転車の通行は左側、って決まってました??

車は左側通行です。これは知っています。エスカレーターで立っているのは左側で急いでいる人のために開け...

クロスバイク入門におすすめ、2万円クラスで快適デビュー

スポーツバイクに興味があって、ちょっと試しに始めてみたい。会社や学校まで約10㎞、快適な通勤・通...

シマノのクラリスってグレードアップする必要があるの?

初めて買うロードバイクで、ハイグレードのものを買う人は、あまりいないでしょう。そのため、...

自転車のペンキを落として塗り替える!簡単な手順をご紹介

もらった自転車のフレームの色が気に入らなかったり、愛用の自転車にキズがついてしまったりしたとき、あな...

自転車のチェーンに規格ってある?チェーンの取り付け方法!

自転車のチェーンって、どれも同じなの?自転車によって違うの?そんな疑問を持っている方はいませんか?...

日本が誇るアンカーのロードバイク特集!2017/2016年モデル編

自転車メーカーのアンカーは日本のブランドです。日本人が作るからこそ日本人の使いやすく作られていたりし...

GIANTはクロスバイクが特に有名ですが、ロードバイクの評判もいいですよ!

クロスバイクのエスケープシリーズが大ヒットで有名なGIANTですが、当然ロードバイクでも素晴らしいモ...

カーボン?アルミ?自転車のフレームを選ぶときに大切なこと

本格的な自転車を初めて買おうとするときや、買い替えようとするときに、色や大きさ、フレームなど色々なこ...

ジャイアントのロードバイクwindspeed 900ってジャイアント?!

ロードバイクを購入しようと思い、ジャイアントのwindspeed 900にたどり着きました。しかし、...

プロが教える!ロードバイク初心者のためのメンテナンス方法

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクという乗り物を所有するうえで、最も重要...

スポンサーリンク

ロードバイクのブレーキのメンテナンスについて

ロードバイクは、本格的な自転車だから、メンテナンスが難しそうだと思う人もいるでしょうが、簡単なメンテナンスもあります。

ブレーキ調整のメンテナンス作業はシンプルです。

ブレーキワイヤーのゆるみなどは、ボルトを締めなおすだけですし、消耗品のブレーキシューの交換も六角レンチがあれば自分でできます。

六角レンチにしても、大型のものは必要なく、携帯用の工具で十分です。

ブレーキ周りで難しくなってくるのは、レバーの交換です。

また、ワイヤーの交換も難しいです。

ある程度の知識が必要ですし、経験も積む必要があります。

そのため、自分でやると面倒なことになってしまうので、お店に行ったほうが、早くレバーやワイヤーを交換できるでしょう。

それから、ブレーキというのは、必ず消耗するものです。

ホイールのリムという部分をブレーキシューで押さえつけることで、制動力を得る仕組みなので、ブレーキシューは、少しずつ削れていくことになります。

そのため、ブレーキの効きはだんだんと悪くなってきます。

その原因がブレーキシューの減りなのか、ワイヤーの緩みなのか、それらを確認しておくようにしましょう。

そうすれば、自分でやるにしても、お店に行くにしても、スムーズにメンテナンスできるようになります。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキの調整

ロードバイクのブレーキのメンテナンスは3段階に分けられます。

・ブレーキの緩みチェック

ブレーキは、フレームにネジ止めされています。

しかし走行などで力や衝撃が加わることで、だんだんとネジが緩んでくるものなので、実際にネジが緩んでいないか確認して、緩んでいたら締めなおしましょう。

気づいたときに締め直すためにも、携帯工具を持っていくことをオススメします。

・ワイヤーの調整

ブレーキレバーの遊びが大きい、つまりレバーを引いてもブレーキが反応しない幅が大きいというときは、ワイヤーが緩んでいる証拠です。

ブレーキレバーの遊びは、ロードバイクを使っていると、だんだんと大きくなってしまうものなので、注意しておきましょう。

ブレーキについているアジャスターを回すだけなので、簡単に緩みを直せると思います。

・ブレーキとタイヤの接点の調整

ブレーキシューが、ちゃんとリムに接しているのか確認します。

走行していてずれたり、ブレーキシューが削れたりして、左右非対称になっていることがあります。

それから、ブレーキシューを直すだけでなく、ブレーキアーチの穴をレンチで回すことでも、開閉の調整ができます。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの交換について

自転車のブレーキシューは、必ず消耗します。

ロードバイクのブレーキシューは、半年に1回くらい交換しましょう。

一般的には、ブレーキシューが薄くなることが交換の目安だと言われています。

ですが、安全を優先して、半年というように時期を決めて、定期的に交換することをオススメします。

早め早めに交換することで、突然の不具合が少なくなります。

キャリパーブレーキであれば、ほとんどがカートリッジ式なので、ドライバーさえあれば、簡単に交換できます。

交換する際には、ブレーキシューの角度や隙間に注意しておけば良いでしょう。

コンポーネントがシマノで、グレードが105以上だと、ブレーキはカートリッジ式しかないので、ブレーキシュー交換は簡単です。

105未満のグレードになると、カートリッジ式ではなくなるので、毎回の調整が面倒なものになります。

そこで、ブレーキだけアップグレードすることをオススメします。

しかも、ブレーキ全体のアップグレードではなくて、ブレーキシューとカートリッジだけのアップグレードです。

それなら簡単にできますし、日々のブレーキのメンテナンスが簡単になります。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り外し

ロードバイクのブレーキシューを交換するには、まずは古いブレーキシューを外すことから始めます。

必要な工具は六角レンチとドライバーで、どちらも携帯工具でも十分です。

簡単に作業手順をご紹介します。

壁に立てかけるだけではロードバイクが転倒する恐れがあるため、メンテナンススタンドに固定しましょう。

ブレーキシューを固定しているボルトを、六角レンチで外します。

その後に、普段は手の届かない箇所を掃除することもオススメです。

注意点は、外すときに一緒についているワッシャーという金属の輪っかを、なくさないようにすることです。

金属の輪っかもただついているだけでなく、ブレーキを正常に機能させるために必要で、大切なパーツの一つです。

カートリッジ式のブレーキシューの交換なら、カートリッジを外す必要はないので、金属の輪っかをなくすこともないと思います。

注意点を追加するなら、取り付ける順番にも注意しましょう。

うっかりして、ワッシャーを忘れて装着してしまうことがあります。

順番を間違えないためにも、片方だけ交換が完了してから、もう一方の交換をすることをオススメします。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り付けPart1

ロードバイクのブレーキのメンテナンスとして、ブレーキシューの交換が必要になり、古いブレーキシューを取り外したら、今度は取り付けです。

取り外しが簡単だったように、取り付けをするのも簡単です。

カートリッジ式なら、新しいブレーキシューをドライバーでネジ止めします。

カートリッジごと取り外しているなら、まずはカートリッジを六角レンチで仮止めしてから、ワッシャーの向きや順番を再確認します。

それまでの工程の注意点は、ブレーキシューの角度です。
ブレーキシューが曲がっていたり、調整が不十分だったりすると、本来の制動力を得られません。

ブレーキシューがハの字になるように、先端側を0.5mmほど細くすると、ブレーキの効きが良くなりますし、音の発生を抑制できるのでオススメです。

実際には、後ろ側に紙を挟むことで、後ろを0.5mm程度広くなるように調整します。

ただし、それ以上の極端な角度になってしまうと、ブレーキの効きが悪くなるので注意してください。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り付けPart2

ロードバイクのブレーキシューを新しいものにするときに、ブレーキシューをいきなり固定するのではなくて、一度仮止めします。

そしていくつかの確認を行います。

ワッシャーはちゃんと付いているでしょうか。

ワッシャーというのは、金属の輪っかのことです。

それもブレーキの性能を引き出すために必要なパーツなので、忘れず装着してください。

また、正しい順番であることにも注意してください。

ブレーキシューを、外す前と同じ順番にしておけば間違いないでしょう。

リムにきちんと接触するかも確認します。

ブレーキレバーを握ってみて、ブレーキシューが正しくリムに接触するか確認します。

左右非対称だったり、ブレーキシューの一部しか接触しなかったりするなら、調整してください。

ブレーキシューとリムの隙間は1.5mmくらい、1mm以上が目安です。

それらを確認してから本締めします。

シューが動かないようにしっかり押さえつつ、固定ボルトを締めていきましょう。

そして、締めたあとも、何度かブレーキのかかり具合を確認して、問題がなければ交換完了です。

それからブレーキシューは、長期的な視点で考えて、グレードが高いものをオススメします。

ブレーキの効きが良ければ、スピードコントロールも行いやすいですし、グレードが高くなるとカートリッジ式になるので、メンテナンスやブレーキシューの交換が簡単になります。

メンテナンスで事故を防ぐ

いかがでしたか?

ロードバイクのブレーキのメンテナンスには、初心者にもできることと、初心者ではできないことがあるようです。

自分でメンテナンスができないからと言って、不調をそのままにしておくのは、事故の原因になります。

自分でできないと感じたら、自転車屋さんにお願いしましょう。