豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

      2016/11/26

初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていきます。

効きづらくなって、ブレーキをそのままにして走り続けると、止まらなくなる危険があるので注意が必要です。

いつでもブレーキが効くよう、日頃からメンテナンスをしておきたいですよね。

今回は、初心者でもできるブレーキのメンテナンスについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


ロードバイクのブレーキのメンテナンスについて

ロードバイクは、本格的な自転車だから、メンテナンスが難しそうだと思う人もいるでしょうが、簡単なメンテナンスもあります。

ブレーキ調整のメンテナンス作業はシンプルです。

ブレーキワイヤーのゆるみなどは、ボルトを締めなおすだけですし、消耗品のブレーキシューの交換も六角レンチがあれば自分でできます。

六角レンチにしても、大型のものは必要なく、携帯用の工具で十分です。

ブレーキ周りで難しくなってくるのは、レバーの交換です。

また、ワイヤーの交換も難しいです。

ある程度の知識が必要ですし、経験も積む必要があります。

そのため、自分でやると面倒なことになってしまうので、お店に行ったほうが、早くレバーやワイヤーを交換できるでしょう。

それから、ブレーキというのは、必ず消耗するものです。

ホイールのリムという部分をブレーキシューで押さえつけることで、制動力を得る仕組みなので、ブレーキシューは、少しずつ削れていくことになります。

そのため、ブレーキの効きはだんだんと悪くなってきます。

その原因がブレーキシューの減りなのか、ワイヤーの緩みなのか、それらを確認しておくようにしましょう。

そうすれば、自分でやるにしても、お店に行くにしても、スムーズにメンテナンスできるようになります。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキの調整

ロードバイクのブレーキのメンテナンスは3段階に分けられます。

・ブレーキの緩みチェック

ブレーキは、フレームにネジ止めされています。

しかし走行などで力や衝撃が加わることで、だんだんとネジが緩んでくるものなので、実際にネジが緩んでいないか確認して、緩んでいたら締めなおしましょう。

気づいたときに締め直すためにも、携帯工具を持っていくことをオススメします。

・ワイヤーの調整

ブレーキレバーの遊びが大きい、つまりレバーを引いてもブレーキが反応しない幅が大きいというときは、ワイヤーが緩んでいる証拠です。

ブレーキレバーの遊びは、ロードバイクを使っていると、だんだんと大きくなってしまうものなので、注意しておきましょう。

ブレーキについているアジャスターを回すだけなので、簡単に緩みを直せると思います。

・ブレーキとタイヤの接点の調整

ブレーキシューが、ちゃんとリムに接しているのか確認します。

走行していてずれたり、ブレーキシューが削れたりして、左右非対称になっていることがあります。

それから、ブレーキシューを直すだけでなく、ブレーキアーチの穴をレンチで回すことでも、開閉の調整ができます。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの交換について

自転車のブレーキシューは、必ず消耗します。

ロードバイクのブレーキシューは、半年に1回くらい交換しましょう。

一般的には、ブレーキシューが薄くなることが交換の目安だと言われています。

ですが、安全を優先して、半年というように時期を決めて、定期的に交換することをオススメします。

早め早めに交換することで、突然の不具合が少なくなります。

キャリパーブレーキであれば、ほとんどがカートリッジ式なので、ドライバーさえあれば、簡単に交換できます。

交換する際には、ブレーキシューの角度や隙間に注意しておけば良いでしょう。

コンポーネントがシマノで、グレードが105以上だと、ブレーキはカートリッジ式しかないので、ブレーキシュー交換は簡単です。

105未満のグレードになると、カートリッジ式ではなくなるので、毎回の調整が面倒なものになります。

そこで、ブレーキだけアップグレードすることをオススメします。

しかも、ブレーキ全体のアップグレードではなくて、ブレーキシューとカートリッジだけのアップグレードです。

それなら簡単にできますし、日々のブレーキのメンテナンスが簡単になります。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り外し

ロードバイクのブレーキシューを交換するには、まずは古いブレーキシューを外すことから始めます。

必要な工具は六角レンチとドライバーで、どちらも携帯工具でも十分です。

簡単に作業手順をご紹介します。

壁に立てかけるだけではロードバイクが転倒する恐れがあるため、メンテナンススタンドに固定しましょう。

ブレーキシューを固定しているボルトを、六角レンチで外します。

その後に、普段は手の届かない箇所を掃除することもオススメです。

注意点は、外すときに一緒についているワッシャーという金属の輪っかを、なくさないようにすることです。

金属の輪っかもただついているだけでなく、ブレーキを正常に機能させるために必要で、大切なパーツの一つです。

カートリッジ式のブレーキシューの交換なら、カートリッジを外す必要はないので、金属の輪っかをなくすこともないと思います。

注意点を追加するなら、取り付ける順番にも注意しましょう。

うっかりして、ワッシャーを忘れて装着してしまうことがあります。

順番を間違えないためにも、片方だけ交換が完了してから、もう一方の交換をすることをオススメします。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り付けPart1

ロードバイクのブレーキのメンテナンスとして、ブレーキシューの交換が必要になり、古いブレーキシューを取り外したら、今度は取り付けです。

取り外しが簡単だったように、取り付けをするのも簡単です。

カートリッジ式なら、新しいブレーキシューをドライバーでネジ止めします。

カートリッジごと取り外しているなら、まずはカートリッジを六角レンチで仮止めしてから、ワッシャーの向きや順番を再確認します。

それまでの工程の注意点は、ブレーキシューの角度です。
ブレーキシューが曲がっていたり、調整が不十分だったりすると、本来の制動力を得られません。

ブレーキシューがハの字になるように、先端側を0.5mmほど細くすると、ブレーキの効きが良くなりますし、音の発生を抑制できるのでオススメです。

実際には、後ろ側に紙を挟むことで、後ろを0.5mm程度広くなるように調整します。

ただし、それ以上の極端な角度になってしまうと、ブレーキの効きが悪くなるので注意してください。

ロードバイクのメンテナンス:ブレーキシューの取り付けPart2

ロードバイクのブレーキシューを新しいものにするときに、ブレーキシューをいきなり固定するのではなくて、一度仮止めします。

そしていくつかの確認を行います。

ワッシャーはちゃんと付いているでしょうか。

ワッシャーというのは、金属の輪っかのことです。

それもブレーキの性能を引き出すために必要なパーツなので、忘れず装着してください。

また、正しい順番であることにも注意してください。

ブレーキシューを、外す前と同じ順番にしておけば間違いないでしょう。

リムにきちんと接触するかも確認します。

ブレーキレバーを握ってみて、ブレーキシューが正しくリムに接触するか確認します。

左右非対称だったり、ブレーキシューの一部しか接触しなかったりするなら、調整してください。

ブレーキシューとリムの隙間は1.5mmくらい、1mm以上が目安です。

それらを確認してから本締めします。

シューが動かないようにしっかり押さえつつ、固定ボルトを締めていきましょう。

そして、締めたあとも、何度かブレーキのかかり具合を確認して、問題がなければ交換完了です。

それからブレーキシューは、長期的な視点で考えて、グレードが高いものをオススメします。

ブレーキの効きが良ければ、スピードコントロールも行いやすいですし、グレードが高くなるとカートリッジ式になるので、メンテナンスやブレーキシューの交換が簡単になります。

メンテナンスで事故を防ぐ

いかがでしたか?

ロードバイクのブレーキのメンテナンスには、初心者にもできることと、初心者ではできないことがあるようです。

自分でメンテナンスができないからと言って、不調をそのままにしておくのは、事故の原因になります。

自分でできないと感じたら、自転車屋さんにお願いしましょう。

 - 自転車 ブレーキ, 自転車全般