豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

giantの自転車で福岡を走ろう!!おすすめコース

2016.12.9

giantの自転車は、台湾を拠点としている世界最大の自転車メーカーで、コストパフォーマンスでは一番といえます。

初めての自転車にgiantを選ぶ方も多いのではないでしょうか?

福岡は都会でありながら、自然豊かの土地でサイクリングにおすすめです。
福岡のおすすめサイクリングコースをgiantで走ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

都内での自転車運転が怖い方向けのサイクリングコース!

都内は車も人も多く、自転車運転するのが怖いという方は多いのではないでしょうか。 そういった方で...

コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?...

自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているということをご存じですか? ルノーの折り...

しまなみ海道サイクリング時の持ち物・服装

しまなみ海道は、本州と四国を結ぶ自動車道で自転車専用レーンがあり、自転車で横断できるのが魅力です。 ...

中古自転車を購入し、東京でサイクリングを楽しもう!

東京周辺にお住いの方、休日はどのようにお過ごしですか? 家でのんびり過ごすのも良いですが、たまには...

ロードバイクのメーカー、マイナーだけど格好良い!をご紹介

「ちょっとマニアック」、その基準というかボーダーラインがいったいどのあたりからなのかは明確ではあり...

福岡でロードバイクを楽しんで、思い出をブログに綴ろう!

ロードバイクをお持ちの方、今度のお休みの日には、福岡でサイクリング旅行を楽しんではいかがでしょうか。...

ロードバイク乗りにおすすめな日本各地の道路

ロードバイクを持っていて、休日にサイクリングが趣味という方は多いのではないでしょうか。 日本に...

自転車チームを作って、東京でサイクリングを楽しもう!

東京にお住まいの方、誰かと一緒に自転車で走りたいと思うことはありませんか? とはいえ、既存の自転車...

名古屋でロードバイクに乗ろう!チームは自分で作るべき!?

愛知県でロードバイクを持っている方、普段どのような場面でお使いですか? 通勤や通学のみに使用してい...

メリダの新作発表!2017年版シクロクロスの魅力をご紹介!

メリダは、近年話題の台湾のメーカーです。ジャイアントと同様に、着々と技術力を高めてきました。 ハイ...

大学生の自転車一人旅。東京のおすすめスポットは?

大学生になると、高校生のように部活動をする人も少なくなります。 一方で休日は多くなり、2カ月も続く...

mtbのトレイルって?大阪でもmtbは満喫できる?

mtbを持っている方は、どのようなシーンで使用することが多いですか? 通勤や街乗りにばかり乗ってい...

fujiのクロスバイク、スパロウ(SPARROW)って良いの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 fujiのクロスバイク、スパロウ(SPARROW)につ...

小豆島に自転車を持っていき、島一周サイクリングしよう

皆様は、小豆島をご存知ですか? この島は、観光客だけでなく、マイ自転車を持って遊びに行く方も多くい...

スポンサーリンク

giantの自転車で走ろう!福岡のおすすめ公園

giantの自転車で走る福岡のおすすめの公園は、「海の中道海浜公園」です。

福岡県東区大字西戸崎に位置するこの公園は、広大な国営公園です。

その面積は260ヘクタールを超え、いくつかのエリアに分けられています。

約160種ものバラを集めたバラ園と、フラワーミュジアムを中心に作られた花のエリア。

大きな池と大芝生広場からなるのは芝生のエリアです。

遊びのエリアであるワンダーワールドには、じゃぶじゃぶ池やトランポリンといった大きな遊具も揃っています。

動物の森には、カピバラやリスなど約60種類の動物が暮らしていて、自然体験エリアでは、森の学校で工作ができます。

サンシャインプールでは、ウォータースライダーや6つのプールが楽しめます。

ホテルやレストランのリゾートエリアもあります。

この広大な公園には、サイクリングコースも設けられています。

12kmのサイクリングコースには各地点に駐輪所があり、サイクリングをしながら、いろいろなエリアを楽しむことも可能です。

レンタル自転車も充実していて、14〜26インチまでの1人乗りから、電動・子供乗せ・2人乗り・補助付きなど種類が豊富です。

料金は大人が3時間 450円(以降30分毎70円)。
1日700円です。
小人は3時間 250円(以降30分毎30円)
1日400円です。

電動自転車は、1日2,000円ですが、そのうち1,000円は、保証金で返却時に返金されます。

もちろん自転車の持ち込みもOKです。

giantの自転車で海沿いを走る!福岡志摩サンセットロード

giantの自転車で海沿いを走るなら、海岸線の美しい「志摩サンセットロード」です。

福岡県糸島市志摩地区にある玄界灘を望む海岸線沿いの道路です。

全長33.3kmにもなる海岸線は、1年を通して美しい景色を楽しめる人気の観光地です。
そこから見る夕陽は大変美しく、日本の夕陽百選などにも選ばれているほどです。

二見ケ浦の夫婦岩や国の天然記念物でもある芥屋の大門などの観光スポットがあります。

他にも、海水浴場などがいくつか点在していて、道沿いには、おしゃれなカフェやレストランがたくさんあります。

休憩しながら、美しい海を眺めたり、食事を楽しむことができるでしょう。

「志摩サンセットロード」には、レンタル自転車はありません。

各自が所有している自転車で、サイクリングを楽しみます。

車やオートバイにも人気のある道路なので、交通量が多く子供には危険です。

ロマンチックな景色は、サイクリングデートにおすすめです。

「志摩サンセットロード」では、「ツール・ド・糸島」というサイクリング大会も開催され、80km・40km・25kmのコースが設けられています。

この大会は速さを競うものではなく、美くしい景色の中でサイクリング楽しみながら、健康促進やスキルアップによる交通事故防止を目的として行われています。

giantの自転車で行く絶景遠賀宗像自転車道

giantの自転車で絶景を楽しみたいなら「遠賀宗像自転車道」がおすすめです。

福岡県遠賀郡の芦屋海浜公園から、宗像市のひびき灘自転車道までの海岸沿いを走る道路で、自転車専用道路になっています。

「あおのみち」とも呼ばれていますが、その由来は美しい海沿いの道からきているとも言われています。

自転車専用のため、道路は綺麗に舗装されており、小さいお子さんからお年寄りまで年齢を問わず、サイクリングを楽しめます。

19kmの道のりですが、途中にトイレ休憩できる場所が数ヶ所あるので、トイレ休憩も安心です。

芦屋海浜公園から7.4kmのところにある波津海水浴場近くの岡崎観光ステーションで、市の観光協会がレンタル自転車の貸し出しをしています。

料金は、3時間で大人は300円、小人は200円、2人乗りは400円です。

芦屋海浜公園と波津の間にある三里の松原では、海岸と松原の間を絶景に囲まれてサイクリングすることができます。

終点・宗像市には、売り上げは全国でトップクラス!
海の幸と山の幸を取り揃えた豊富な特産物で有名な「道の駅むなかた」があります。

福岡の渕ダム!サイクリングロード

giantの自転車で楽しむサイクリングロードには、福岡県北九州市にある「ます渕ダムサイクリングロード」もおすすめです。

ダムの周辺が、サイクリングコースになっている深い森林に囲まれた貯水池のコースですが、走りやすく整備されていて、初心者にもおすすめなサイクリングコースです。

この壮大なダムと森林に囲まれたサイクリングロードは、1周10.3kmのコースです。

緑の木々に囲まれた貯水池の周りに整備された自転車道は、高低差が少なく走りやすいコースで初心者でも楽しめます。

周辺に美しい緑が広がり、自然を体全身で感じることができます。

四季折々に、様々な景色を眺めることができるので、いつ行っても良いサイクリングコースです。

市街地から離れて、壮大な森の奥深くに入った場所で、山々の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込みながら、自転車を走らせるのは爽快です。

ダムの水にも圧倒されるほどの迫力がありますが、橋の上を走るコースは、特に神秘的で開放感を満喫することができます。

福岡県は日本一自転車にやさしい街!?

giantなどの自転車で走るなら、日本一自転車にやさしい街と言われる福岡県がおすすめです。

福岡県には、自転車レーンの設置が増えています。

道幅にも余裕があるほか、ドライバーへのメッセージが書かれていたり、矢印で逆走防止対策も施されています。

ただ、自転車レーンは一部のみで、すぐに終わってしまうような状態ではありますが、自転車レーンが敷かれているのは嬉しいことです。

福岡県は以前、「日本一自転車で走りにくい街」とも言われていたそうです。

自転車政策に意欲的になったのは、市長さんが変わってからと言われています。

福岡県が自転車にやさしいと言われるのは、自転車レーンの設置だけではありません。

福岡県内では、車道端にある側溝の蓋のほとんどが、横向きになっているのだそうです。

些細なことのようですが、自転車に乗る場合には、とてもありがたいことです。

側溝の蓋の向きが横向きであるだけで、タイヤがはまって転倒するかもしれない恐怖が軽減されます。

自転車に乗っているとき、縦を向いた側溝の蓋は大変なストレスになりますが、それを気にせずに自転車を走らせることができます。

この側溝の蓋対策を実施したのは、福岡が初めてなのだそうです。

福岡県は日本一自転車にやさしい街!?②

giantなどの自転車で走るのに、おすすめな福岡県。
日本一自転車にやさしい街と言われる理由は、ほかにもあります。

アイランド型のバス停です。

自転車レーンがあれば、バスの後ろを走ることもないのですが、バス停で止まっているバスの後ろになるとストレスです。

右側から追い越そうとしても、バスが走り出すタイミングと重なると危険です。

乗り降りが終わるのを待っていても、いつまでも停車したままだったりします。

左側から抜こうとしても道幅が狭くて行けないし、信号が見えない恐怖もあります。

福岡には、自転車とうまく共存したバス停があるのです。

バスはそのまままっすぐ走り、自転車は左に膨らんで走ります。

バスに乗りたい人は、小さな横断歩道を渡ってバスを待ちます。

このとき、バス停に向かう歩行者との事故には注意が必要です。

歩行者注意のマークが地面に書かれている場合もありますが、マークが出たら必ず減速します。

ほかにも、福岡では路駐が厳しく取り締まられています。

自転車レーンに車が駐車しようとした場合、警官が注意をしてくれるため、車が路駐して自転車レーンをさえぎることがありません。

自転車にやさしい街になるということは、大幅な事故の削減・防止に繋がります。

その点でも福岡の政策は、評価されていいのではないでしょうか。

福岡県はサイクリストにおすすめ

今回ご紹介したように、福岡はサイクリストにはとっても優しい街であり、自然豊かでサイクリングコースもたくさんあるのでおすすめです。

県内の方も県外の人もサイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、サイクリングで街中を走るときは、必ずルールを守って走行してくださいね。

 - サイクリング 情報, ロードバイク 海外メーカー