豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

シマノ・アルテグラのホイール。インプレからみる性能

2016.12.9

ホイールは、自転車を転がす軸となるパーツなので、最も乗り味の違いや軽量化の効果が実感できる部分です。

とはいえ、数万から買えるものから自転車本体なみに高いものまで、選択肢が幅広くあるので、どこから選べばいいか悩むところですよね。

今回は、初めてホイールを買う方におすすめなシマノ・アルテグラホイールのインプレをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トレックのクロスバイクの実力は?評判通り?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 今回は、トレックのクロスバイクの実力について書いて...

ロードバイクの後ろホイールから出るラチェット音とは?

ロードバイクやその他の自転車に乗って坂道を下っているときなどに、後ろのほうから「カチカチ。。。」と音...

シマノのコンポ!アルテグラ6800のインプレッション!

シマノ・アルテグラ6800といえば、カーボンフレームの完成車なら30万円から、アルミフレームなら20...

ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、チューブレスタイヤの場合で、クリンチャー...

シマノのクランクの外し方ってどうするの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 先日、シマノのクランクの外し方について聞かれました。だ...

プロ推薦のロードバイクでお尻が痛くならないサドルメーカー

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「お尻が痛いんです!サドルが悪いんでしょうか?」 ...

11速の時代だ!シマノホイールRS010!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 シマノが11速になってから、気付けば結構な時が経ち...

カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタイムを競います。 坂を登るというこ...

デュラエース9000と9100の互換性の具合を確認してみました

2016年末にデュラエースの新型9100が発表され、店頭に並びました。 しかし、既存の9000デュ...

カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車輪です。 タイヤやホイールのグレー...

bb30aって?シマノのクランクは?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 bb30aってご存知ですか。 書き間違いでaが多いん...

ミヤタの自転車が通学におすすめな理由!!

通学用自転車は毎日乗るものですから、丈夫さと安全性は重要視したいところですよね。 自転車といっ...

自転車のホイールの歪みに関して

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 いかに大事に乗れども、ある日、突然にホイールの歪みは出...

アンカーのロードバイクは初心者にもオススメ

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 今日はアンカーのロードバイクのことを、初心者の人に...

パナソニックの自転車、クロモリ製のロードバイクについて

Panasonic(パナソニック)と聞けばまず思い浮かぶのは家電メーカーとしての名前が出てくると思...

スポンサーリンク

アルテグラホイールの価格と重量

ホイールを選ぶとき、価格と重さが重要視されます。

・WH-500 約1,900g 約1万円
・WH-6800 約1,640g 約3万5000円

WH-500は、完成車に組まれているシマノでも下位グレードのものです。

アルテグラ・WH-6800のホイールは、比較的安価なので、重いホイールから軽いホイールに換えるときに重宝されています。

シマノWH-R500からアルテグラホイールに替えたら、260gくらい軽くなります。

数百g軽くするならパーツを換えるより、自分の体重を減らせばいいと思う人もいますが、ホイールの軽量化は、また別物です。

ホイールは地面に接地しながら回転するため、止まっている他のパーツとは、軽くしたときの影響力は違います。

アルテグラ・WH-6800のホイールはチューブレス対応なので、パンクが気になる人にもおすすめです。

では次に、アルテグラのホイールのインプレをご紹介します。

アルテグラのホイールに換えたインプレ!

シマノWH-500からアルテグラホイールWH-6800のインプレです。

軽くなったことにより、上り坂の上りやすさが格段に良くなりました。

ギア1枚分くらいは、違いが出ている感じです。

軽くなったので、漕ぎ出しも楽になりました。

そのため、信号待ちからの漕ぎ出しの加速は、これまたWH-500より良いです。

シマノのホイールは、グレードが上がるごとに、ハブが滑らかに回ります。

そのため、上り坂以外の平地や下り坂でも走りやすいように感じます。

ホイール交換は、ハンドルやコンポと比べると、比較的自分で交換しやすい部類です。

自分で交換をして、変化を体感したときの感動は格別です。

ホイールのグレードアップは、交換前とのインプレがとてもわかりやすい所です。

アルテグラのホイールをチューブレスタイヤにすると

アルテグラのホイールにチューブレスタイヤは、相性抜群で乗り心地がとても良くなります。

ロングライドする人たちからは、良いインプレが多い組み合わせです。

チューブレスタイヤの空気圧は、一般的に使用されているクリンチャータイヤより、低い設定になっています。

空気圧が下がると、乗り心地が良くなります。

デメリットとして、パンクする可能性が高くなるのですが、チューブレスではその心配がほとんどありません。

なので、乗り心地が良いままロングライドを楽しむことができます。

また、地面からの振動も軽減してくれるので、さらに快適に走れます。

ロングライドで悩みのタネになりやすい『お尻の痛み』を軽減してくれます。

快適に走行できるうえに、お尻の痛みも起こしにくくなるチューブレスタイヤとアルテグラのホイールの組み合わせはおすすめです。

ホイールのグレードはどれを選べばいいの??

ホイールは、上位グレードのホイールを選ぼうとすると、クロスバイクくらいの値段になります。

ロードバイクに乗らない人には、高いと思われるでしょうが、ホイールが欲しくなれば理解出来ると思います。

定番のアルミクリンチャーのホイールは、値段でグレード分けされます。

・エントリークラス:20,000〜30,000円
・ミドルクラス:40,000〜70,000円
・ハイエンドクラス:90,000〜150,000円

です。

初めてホイール交換をするとき、違いがはっきりするのはミドルクラス以上なので、ミドルクラスを購入する人がたくさんいます。

初めての交換で、少し無理をしてハイエンドクラスを買っても、ホイール交換の満足感を感じることができます。

アルミクリンチャーは、アルミ素材でクリンチャータイヤを装着できるものです。

素材はアルミとカーボンで、カーボンは耐久性やメンテナンスに気を付けないといけません。

そのため、よく使うのならアルミホイールが良いでしょう。

アルミホイールに装着可能なタイヤは、チューブレスとクリンチャーです。

チューブレスは転がり性能が高いのですが、値段が高いし、パンクしたらランニングコストがかかります。

クリンチャーは転がり性能は劣りますが、メンテナンスがしやすいです。

チューブレスタイヤは、ホイールによって両方使用可能な2WAYモデルがありあす。

インプレの良いアルテグラ・WH-6800のホイールも、チューブレス対応の上位グレードですのでおすすめです。

インプレの良いミドルクラスの定番ホイール

インプレの良い定番ホイールというのがあります。

ミドルクラスとハイエンドクラスでは重さが100g以上違います。

軽量化しても、スポークの剛性やハブの回転のよさが上がるので、その技術料と思いましょう。

完成車のホイールと比較すれば、違いがはっきりしています。

付属ホイールが2,000gくらいなのですが、ミドルクラスは1,600gくらいです。

400gくらい軽くなるので、加速や坂で違いが出ます。

メーカーの違いは、ハイエンドクラスほどはわかりにくいのですが、剛性感などの感じは、ハイエンドクラスを引き継いでいます。

各メーカーのミドルクラスのホイールのご紹介です。

・シマノ アルテグラ・WH-6800

重量は1,640gで、完成車の重いホイールから換えるときに、よく選ばれるホイールです。

・フルクラム レーシング3
重量1,555gは、ゾンダとスペック上はほとんど変わりません。
ただ、値段が1万くらい高いです。

白がメインのデザインはめったにないので、フレームデザインが合えば、これをおすすめします。

・カンパニョーロ ゾンダ

重量1,596gは、初めて交換するホイールの定番のゾンダになるので、悩むようならゾンダにしましょう。

インプレを参考にしたらホイールの種類を知ろう

アルテグラなどのホイールをインプレを参考にしたら、そもそものホイールに合うタイヤの種類を知りましょう。

「知ってるよ。」という人は、とばして下さい。

まず、ホイールに合うタイヤの種類ですが、クリンチャータイヤ・チューブラータイヤ・チューブレスタイヤがあります。

3つのタイヤには互換性はないです。

・クリンチャータイヤ

チューブとタイヤが離れているので、パンクしたときにチューブの修理や交換だけでOKです。

メンテナンスがしやすいです。

ただ、リム打ちパンクをしやすいし、部品がたくさんあるので重くなります。

また、カーボンホイールで対応可能なものはあまりありません。

・チューブラータイヤ

タイヤの中にチューブを入れて縫い合わせてあるので、パンクしたら自分で修理できません。

基本的には使い捨てです。

またホイールには、リムセメントと言う接着剤で貼り付けます。

メリットは、重さが軽くてリム打ちパンクがほとんどないことです。

また、ホイールが軽くできます。

・チューブレスタイヤ

チューブがないことで、一番のメリットはリム打ちパンクがないことです。

また、乗り心地が良く、チューブとタイヤの摩擦がないので転がりが良いです。

もしパンクしてもチューブを入れたら、クリンチャータイプとして使用できます。

ホイールの装着がかなり大変で、リムとの相性が悪ければ、空気漏れをしてしまうのがデメリットです。

アルテグラのホイールはおすすめ

アルテグラのホイールは、ネットでも手に入れやすくなっています。

完成車の重いホイールから、軽くて性能の良いものにしたい方にはおすすめです。

ホイールは、試せる機会が少ないので、インプレ記事などを参考にして、自分の好みのホイールを探してみましょう。

 - ホイール スポーク, ロードバイク 国産メーカー, 評価 インプレ