豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車の平均時速はどのくらい?種類によって違うの?

      2016/12/13

自転車の平均時速はどのくらい?種類によって違うの?

街乗り自転車で、時速を気にしながら走行している方は、少ないかもしれません。

実際のところ、自転車の平均時速はどのくらいなのでしょうか。

自転車の種類によっても変わるのでしょうか。

また、徒歩や自動車など他の交通手段と比較すると、速い方なのでしょうか。

今回は、自転車の平均時速についてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001599-1.jpg
強風の日に自転車に乗らなければならない!転倒防止策は?

通勤や通学で自転車を利用している人は多いのではないでしょうか...

pwk0001598-1.jpg
仙台市など都市部の放置自転車の撤去について考えよう!

皆さんは、自転車を撤去されてしまったことがありますか? ま...

pwk0001597-1.jpg
ミニベロを楽しもう!ブルーノの2013・2015・2016モデル

ロードバイクに乗る方なら、ミニベロの存在はご存知だと思います...

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

スポンサーリンク


徒歩と自転車の平均時速について①

時速とは、1時間に進む距離のことです。

例えば、時速40kmの速度というのは、1時間に40km進む速さということです。

秒速は1秒間に進む距離で、分速は1分間で進む距離です。

1時間は分にすると60分。
1時間は秒にすると3600秒です。

時速を分速にするときには、時速の距離を60分で割ります。
時速を秒速にするときには、時速の距離を3600秒で割ります。

分速を時速にするときには、分速の距離に60分を掛けます。
秒速を時速にするときには、秒速の距離に3600秒を掛けます。

単位を小さくするときには割り算。
単位を大きくするときには掛け算です。

普段、私たちはどれくらいの速さで歩いているのでしょう?

体格や年齢、性別によっても違いがあります。

一般成人男性の平均時速は、4〜5km、成人女性の平均時速は、3〜4km、子供の平均時速は、2〜3kmで歩いているそうです。

ちなみに、時速は6km以上で歩くと、ダイエットに効果的と言われています。

いつもより少し早足で歩くと、ダイエット効果が期待できるかもしれません。

では、自転車の平均時速はどうでしょう?

自転車で走る速さは、道路の状態にも影響を受けますが、自転車の種類によっても大きな差があるそうです。

徒歩と自転車の平均時速について②

徒歩や自転車の平均時速から移動距離を算出することができます。

不動産屋さんの物件情報などに、『駅から徒歩◯分』と書かれているのを、よく目にします。

この◯分というのは、どのように決めているのでしょうか?

これは、「1分=80m」という、不動産広告の決まりに基づいて算出されています。

例えば、徒歩10分にあたる距離は、80m×10分=800mの距離ということになります。

施設のアクセス情報などにも『駅から徒歩◯分』という表示がありますが、この算出方法は、不動産業界以外でも幅広く使われているそうです。

では、徒歩10分の距離を歩くには少し遠いので、自転車で行こうとした場合、自転車では何分かかるのでしょうか?

自転車には「1分=200m」という基準が設けられています。

この基準を使って計算すると

徒歩10分の距離は、80m×10分=800m

自転車は「1分=200m」なので、800m÷200m=4分

したがって、歩いて10分かかる距離は、自転車なら4分で行けるということになります。

ついでに自動車ですが、時速40kmの速度で走るとすると、

分速は、40km÷60分=0.666km(666m)

自動車は「1分=666m」という基準になります。

この基準を使って計算すると、800m÷666m=1.2分

歩いて10分かかる距離は、自動車なら1分強で行けるということになります。

自転車の平均時速、ママチャリは?

最近では、おしゃれな街乗り自転車として、クロスバイクなども見かけるようになりました。

通勤・通学・買い物など、街中で一番よく目にする自転車は、何といってもママチャリでしょう。

ママチャリは、年齢や性別を問わず、最も普及している自転車と言えます。

自転車を利用するために、必要最低限の装備を備え、価格的にも手頃な自転車です。

最も身近で便利なママチャリですが、普段、私たちはこのママチャリに乗って、どれくらいの速さで走っているのでしょうか?

自転車の平均時速は、自転車の種類によって変わるとも言われています。

ママチャリの場合、平均時速は約12〜19km程度で、買い物や通勤、通学時はだいたい時速15km程度の速さで走っているそうです。

ただし、これはあくまで平均時速です。

下り坂や追い風があると、速度が速くなります。

ママチャリは、路面の悪い道を走ることを目的としていないため、路面状態の悪い道では、速度が落ちてしまいます。

また、環境以外でも、自転車での走行速度は、個人の年齢や体力や身体能力によっても違ってきます。

電動アシスト自転車の平均時速は?

最近では、幼稚園の送り迎えなどに電動アシスト自転車を利用している人を、多く見かけますが、電動アシスト自転車の平均時速も気になります。

電動アシスト自転車というのは、モーターが搭載された自転車で、そのモーターが走行を補助してくれる自転車です。

ペダルを漕いだときにモーターの力が働いて、ペダルを漕ぐのが楽になります。

気になる電動アシスト自転車の平均時速は、時速10〜17kmくらいです。

モーターに助けられて、速度も速くなるのかと思いきや、意外にもママチャリよりも速度が遅くなっています。

これは必ずしも、電動アシスト自転車がママチャリよりも遅いということではなく、平均時速の求め方に理由があるようです。

ママチャリは老若男女問わず、幅広く利用されているのに対して、電動アシスト自転車の利用者は限られています。

ママチャリの平均速度を求めるときには、若い学生なども含まれるため、ママチャリの平均速度が速くなっていると考えられます。

また、電動アシスト自転車は、自転車によって差はありますが、時速10kmまでは約2倍あります。

アシスト力は、速度が増すにつれて弱くなり、時速24kmを超えると、アシスト力がゼロになってしまいます。

つまり、時速24km以上になった電動アシスト自転車は、普通の自転車よりも重く、漕ぎ難い自転車になってしまうということです。

電動アシスト自転車は、低速走行向けということになるでしょう。

スポーツ自転車の平均時速は?

低速走行は、電動アシスト自転車でしたが、高速走行したいなら、スポーツ自転車です。

スポーツ自転車の平均時速は、どれくらいなのでしょうか?

マウンテンバイクの場合、その名の通り、坂道や状態の悪い山道を走ることを目的としています。

安定性を重要視するために車体が重く、タイヤは溝が深くて太いのが特徴です。

その安定性から、急な斜面では、時速70kmを出すことも可能です。

安定性がある分、体感よりも速いスピードが出ている場合があるので、注意が必要です。

クロスバイクは、おしゃれな街乗り用のスポーツ自転車として知られています。

ママチャリやマウンテンバイクに比べて軽く、走行速度も速いように感じますが、実際には、マウンテンバイクと変わりません。

マウンテンバイクとクロスバイクの平均時速は、18~25kmくらいです。

スピードといえば、ロードバイクに勝る自転車はないでしょう。

舗装道路であれば、一般の人でも時速40kmと、自動車並みのスピードを出すことが可能です。

自分の力が動力となる乗り物の中では、最速と言われています。

元は競技用の自転車で、スピードが出るよう車体が軽く、ホイールは半径が大きくて、細いのが特徴です。

ただし、いくらスピードが出るからと、目一杯速度を上げて走るのは、とても危険です。

街中を走る場合は、時速20〜30km程度にして、安全に走りましょう。

車道での自転車の平均時速

2009年、国土交通省が香川県の高松市で行った調査によると、幼児・児童・高齢者を除く、一般人や学生の車道を走る自転車の平均時速は、時速14.6kmということでした。

自転車の種類は、分けてないようです。

通勤や通学のとき、遅刻の原因のひとつでもある信号待ちの時間は、どのくらいなのでしょうか。

信号待ちの時間は、歩行者・自転車専用信号機のあるところでは、90〜100秒。

歩行者・自転車専用信号機のないところでは、30〜75秒です。

平均すると『53秒』ということになります。

平均時速だけを考えると、自動車や電車の方が、自転車よりも断然速く移動できそうです。

しかし、都心部では、距離が5kmまでなら、自転車での移動が最速と言われています。

自転車で時速15kmで走ると、入出庫の時間を含めて、5kmの距離を約24分程度で移動できます。

距離6〜7kmだと、電車を利用した場合と変わりません。

距離10kmでは、自動車と比較して、3分程度しか差がないとのことです。

距離12〜13km程度までの移動であれば、バスよりも自転車の方が、早く目的地に到着できます。

ただし、この情報は都市での調査結果です。

場所や道路状況が異なれば、この結果も異なることが考えられます。

自転車の速度

自転車の中でも、ロードバイクが一番速いようです。

ただ、ママチャリにしてもスポーツ自転車にしても、都内や信号の多い道では、トータル速度は落ちますし、体格によっても変わってきます。

また、速く走れるロードバイクだからといって、一般道で急加速する際は、周囲に注意を払うことを忘れないようにしましょう。

 - 自転車全般, 自転車種別 速度