豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のホイールの組み方って?おすすめのホイールは?

      2016/12/17

自転車のホイールの組み方って?おすすめのホイールは?

自転車・・・特に街乗り自転車に乗っている方で、ホイールやその組み方について、あまりご存じではない方は多いかもしれません。

しかし、ホイールを交換することで、持っている自転車のイメージを大きく変えることができるため、ホイール交換はドレスアップとしてもおすすめなのです。

今回は、ホイールの組み方やおすすめホイールをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

スポンサーリンク


基本的な自転車のホイールの組み方①

自転車のホイールは「6本組」という組み方が一般的です。

海外などでは「3cross」と言ったりしますが、6本組と3crossは、全く同じものになります。

スポークの長さは、何本目のスポークを交差させるかによって変わり、重量や強度などが違ってきます。

「4本組」や「8本組」という組み方もあり、どれがいいかというと、これは好みの問題です。

ハブのホール数は、32hというのがスタンダードです。

32hの場合は、6本組がもっとも使われていて、その他にも、28hも6本組で組みます。

24hや16hになると4本組、36hになると8本組になることが多いです。

クロスを大きくするほど、スポークは長くなりますので、8本組はスポークが長い分だけ重量が増えます。

その分、柔らかめのテンションで組むことによって、ショックをより多く吸収してくれるホイールが作れます。

長距離のサイクリングには、おすすめの組み方です。

ちなみに、競輪のようなトラック競技の場合には、36hの8本組が一般的です。

基本的な自転車のホイールの組み方②

自転車のホイールの組み方は、何通りもあるというのは、初めて知るとけっこう驚きます。

近年では、以前に比べ、リムとスポークの強度が増しているので、スポークの本数や組数が少なくなっています。

リムとスポークの強度が増したことによって、スポークを強く引っ張ることができるようになりました。

ホイールの組み方には、まだ種類があって、ラジアル組というクロスしない組み方もあります。

この場合は、スポークをハブからリムに放射線状に真っ直ぐ繋ぎ、スポークテンションを強く組みます。

強度は、クロスさせていないので落ちますが、スポークが短くなる分、重さは軽くなります。

また、見た目もずいぶん変わってきますし、乗り心地も変わってきます。

振動が真っ直ぐハブに伝わってくるので、硬い乗り心地になります。

ラジアル組は、スポークテンションが高いので、ニップルの負荷が高まりますので、破損するケースも出てきます。

ニップルだけではなく、ハブも破損するケースがあるので、ラジアル組をするときは注意が必要です。

また、ラジアル組に対して、タンジェント組という上をクロスさせる組み方があります。

その他のホイールの組み方

ホイールのタンジェント組には、イタリアン組という組み方があります。

スポーツ自転車に多い組み方です。

フランジという、ホイールの中心部に金具があります。

そこから、内から外に向かって通っているスポークで、最も上にあるスポークを進行方向に対して、左右とも後ろ方向に向かわせる組み方です。

イタリアン組と似たような組み方で、JIS組みという組み方があります。

JIS組のJISとは、日本工業規格のことを指します。

チェーンの付いている方のスポークの組み方が、イタリアン組と同じ組み方で、チェーンの付いていない方が、反対向きになっている組み方です。

つまり、左側の前輪・後輪スポークが進行方向の前側に向けられています。

そして、特に名前が付いているわけではないのですが、シマノがディスクブレーキを発表したときに、マニュアルで定めた組み方があります。

後がJIS組みで、前が逆イタリアン組になっている組み方です。

自転車の完組ホイールの選び方

自転車のホイールは、自分で組んでみるのも面白いのですが、組み方が難しいケースもありますので、完組を購入するのもおすすめです。

完組ホイールはとても種類が多く、なかなか選びきれません。

大きく分けて「軽量ホイール」と「エアロホイール」という2種類があります。

見た目がすっきりしているのが軽量ホイール、ボリュームのある見た目をしているのがエアロホイールです。

軽量ホイールは、文字通り軽いので、ヒルクライムに適しています。

軽いというのは、特にデメリットはありません。

サイクリングのときにも軽い漕ぎ出しで、いろんなシーンに対応してくれるホイールです。

アルミリムやカーボンリムなど、素材によって価格はそれぞれで、手に入れやすいですし扱いやすいホイールです。

エアロホイールは、重量が増えてしまう場合がありますが、平たい道を高速で走るのに向いています。

直進の安定感も上がるので、安心して乗れます。

エアロホイールの構造上、剛性が上がります。

カーボンリムなどのものは、軽量であり万能なモデルとなります。

メーカーは有名どころでもある、シマノ・ボントレガー・カンパニョーロ・フルクラムのホイールがおすすめです。

どこがいいか分からない方は、デザインで選ぶのもいいかもしれませんね。

ロードバイクのオススメホイール①

自転車のおすすめホイールを、いくつかピックアップします。

独自のホイールの組み方を開発したシマノのホイールをご紹介します。

・SHIMANO WH-6800

アルミ製のチューブレスタイプで、前輪と後輪を合わせた総重量が1,640gという軽さが特徴のホイールです。

純正のものから取り換えると、軽さの変化を感じることができると思います。

レースでは、後半になればきつくなってきますが、このような軽いホイールであれば、ラストスパートでも力が発揮できることでしょう。

また、価格も3万円台で購入できますので、コストパフォーマンスの良いホイールです。

・SHIMANO WH-R501-30

街乗りに使う分にはこれで十分だと思います。

重さが2,000gありますので、ロードバイク歴が長いと重く感じるかもしれません。

前輪後輪合わせて、15,000円以下で購入できますので、ホイールを初めて購入するという方におすすめです。

見た目もかっこいいホイールです。

・SHIMANO WH-RS21-FRL

WH-R501-30が、物足りなくなったときにおすすめです。

6,000円ほど高くなりますが、2,000g以下になるので、平均速度や加速が上がります。

色はシルバーとブラックの2種類で、人気はブラックです。

ロードバイクのオススメホイール②

自転車のおすすめホイールは他にもあります。

SHIMANOの組み方をしたホイールです。

・SHIMANO WH-9000-C35-CL-FR

シマノの最上級グレードのホイールで、重量は驚異的な軽さで、なんと1,488gです。

最上級なので、値段は高めで、エントリーモデルのロードバイクが買えるほどの商品です。

抜群のパフォーマンスを発揮できるので、本格的なロードレースやヒルクライムに参戦しようとしているならば、自信を持っておすすめできるホイールです。

デザインもシンプルでかっこいいです。

・SHIMANO WH-RS81-C24

1,500gほどの重さのホイールですので、非常に軽いホイールです。

グレードアップするので、加速力も上がり、効果を実感することができると思います。

スポーク数が少ないのが特徴で、路面からの振動が少なく、乗り心地が格段に上がりことでしょう。

価格に関してはシマノの中で中間といったところですので、初心者の方よりは中級車の方におすすめのホイールです。

シマノだけの紹介になりましたが、他のメーカーもおすすめですよ!

ホイールの組み方も変えれば、自転車に乗った感覚が、また違ったものになると思います。

ホイール選びについて

ホイールは、自転車の交換できるパーツの中でも効果を実感しやすいものです。

そのため、ホイールは妥協せず、しっかりと選ぶことをおすすめします。

また、ロードレース・ヒルクライム・街乗りなど、使うシーンや乗る人の実力によって、どのホイールがいいのかは変わってきます。

何に使うのか、自分の実力はどのくらいなのか。ということを考えてから、ホイールを選ぶと良いですね。

 - ホイール スポーク