豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

シマノ・デュラエースハブを徹底解説!

      2016/12/20

シマノ・デュラエースハブを徹底解説!

シマノのデュラエースハブを手組で使う人は、結構多いと思います。

また、シマノの完組ホイールを使えば、知らずに使っている可能性もあります。

今回は、デュラエースハブについて解説していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001726-1.jpg
ロードバイクのフロントフォークを交換したいけど効果ある?

ロードバイクでは、フロントフォークを交換する優先順位は低いと...

pwk0001725-1.jpg
ロードバイクとは明らかに違う!ttとは一体なに?

皆さんは、tt(=タイムトライアルバイク)という言葉を聞...

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

スポンサーリンク


シマノ・デュラエースハブとは

シマノがデュラエースを発表したのは、1973年のことです。
そのころは、まだホイールというものは、手組で組むのが当たり前でした。

当然、デュラエースのホイールというのは存在せず、デュラエースのハブだけが発売されていました。
ユーザーはハブ・スポーク・リム・ニップルを選び、自分で組み立てるか、お店に依頼するかして、ホイールを完成させていたわけです。

しかしシマノも、1999年にWH-7700という完組ホイールを発売します。
1990年台後半から、完組ホイールが発売されるようになっていきましたが、その波にシマノものっかったわけです。

WH-7700に使われていたハブを、デュラエースハブと呼称するわけではありませんが、デュラエースグレードのハブが、新たに完組ホイール用のものが加わったと理解するべきでしょう。

次世代のWH-7800には、デュラエースの呼称が採用され、それに使われているハブも完組用のデュラエースハブということになります。
その後、デュラエースのホイールは進化していき、それに伴ってハブも進化していきました。

一方で、手組用のハブは堅牢なつくりを変えずに、着実に進歩していきました。
完組用のハブはストレートプルですが、手組用のハブは首折れスポーク用となっています。

手組におけるシマノ・デュラエースハブの位置づけ

デュラエースのハブは、他のハブに比べて、どのような位置づけで認識されているのでしょうか?

ハブを製造しているメーカーとして私が思いつくのは、DT Swiss・Novatec・TNI・Powerway・Chosen・Cris King・GOKISO・シマノ・Extraliteなどです。
軽量なホイールをつくりたい方で、お金に糸目をつけないならExtralite、コスパも考えるならNovatecかTNIでしょうか。

私自身は、EnveのリムにTNIのハブ、Sapim CX RAYのスポークを使ったホイールを所有しています。
回転性能を重視するなら、断然GOKISOを選ぶべきでしょう。

アマチュアのレースで多くの実績を出しており、特にヒルクライムとダウンヒルでは、その性能を存分に発揮するそうです。
ただ重量はかさむので、重量を気にされる方は使えないかもしれません。

その中でシマノは、チタン製のハブボディを持ち、ある程度の軽量化は達成しながらも、堅牢なつくりになっています。
通勤用やブルぺなどで、耐久性の高いホイールが欲しい方には、一番選ばれるハブになります。

DT Swissは、ジャイアントやボントレガー、レイノルズの完組ホイールなどに使われているハブです。
手組で首折れスポークを使う際には、テンションを上げづらいなどの問題があるようです。
DT Swissを使うならば、断然ストレートプルスポーク用のハブを使った方がよいでしょう。

デュラエースハブのもう一つの大きな特徴として、カップアンドコーンでベアリングを固定していることがあげられます。
現在は、ほとんどカップアンドコーンのハブは発売されなくなってしまいました。
主な理由は、重量がかさむからということです。

しかし、カップアンドコーン構造のお蔭で、横方向への変形に強くなり、コーナーやダンシングでバイクを振った時に、ハブの歪みが少なくなります。
重量を犠牲にしてでも、コーナリング性能やダンシング性能を上げたい方にも、やはりデュラエースハブは優れていると言えます。

シマノ・デュラエースハブ:完組ホイールのハブ

シマノの9000デュラエース、そして今年発売された9100デュラエースには、ハブは手組用のものしか単独で売られていません。
しかし、WH-9000やWH-9100のハブは、完組用に作られたストレートプル専用のハブです。

完組ホイールのハブと手組用のハブは、どう違うのかみてみましょう。

まずは、使用できるスポークの数が違います。
手組の後輪ハブの場合だと、24・28・32・36ホールが選べます。

しかし、完組ホイールのホール数はフロント16、リア20となっています。
なぜこのようにホール数を減らしても、ホイールが出来上がるのでしょうか?

完組ホイールは、スポーク・リム・ハブが総合的に考えられて設計されており、それぞれが専用品となっている場合も少なくないです。
もし、完組ホイールについているデュラエースハブを手組で組みなおそうとすると、どうなるでしょうか。

まず16・20ホール数の前後リムを探さなければいけません。
一応ラインナップに入れているリムメーカーもあるのですが、体重制限が気になります。

しかもスポークも、専用品を使わなければいけない様です。

細いストレートプルスポークなら入りますが、それでちゃんとしたホイールになるかは別問題です。

形が出来上がったとしても、リムのオフセットなどはハブとスポークに適合していないでしょう。
また、ゆがみやすく、コーナリングが怖くなる、とんでもないホイールになっていまいます。

完組ホイールが、修正不可能なほど、ゆがんでしまった場合は、ハブを再利用しようとしても難しいようです。
そういう意味では、完組デュラエースハブは、使い捨てのハブといっても、いいかもしれません。

シマノ・デュラエースハブの悪い所

デュラエースハブの問題点としては、フリーの分解が難しく、再び組み上げるのも少し大変ということがあげられます。
カンパニョーロや、私の使っているTNIのハブだと一瞬で分解し、グリスアップがすぐに出来るような構造になっています。

しかし、デュラエースハブは、グリスアップが億劫になってしまうことでしょう。
分解しやさと耐久性は表裏一体、TNIは頻繁にグリスアップすることが必要です。

一方で、デュラエースハブは、メンテナンスフリーとまではいきませんが、グリスアップや調整の回数が少なくて済みます。
シマノの設計思想としては、ハブだけではないですが、非常に耐久性を重視していることがあげられます。

メーカーによっては、ステージレースでの200㎞か300㎞性能が持てばいい、というような思想を貫いているところもありますから。

デュラエースハブの問題だけではないのですが、11速になり、フリーが延長されたことにより、手組では丈夫なホイールを組むのが難しくなりました。
フリー側と反フリー側のテンションの差を、吸収するのが難しくなってしまったのです。

オフセットリムなどを使えば、解決できないことはないですが、非常に選択肢が少なくなってしまいます。
手組で組みたいなら、スポーク本数多めで、10速以下の構成で考えないと辛い時代になりました。

11速だと、どうしても完組ホイールに重量面や剛性面で勝るホイールを作るのが難しく、値段も完組ホイールより、高くなってしまう可能性があります。

シマノ完組ホイールの中のデュラエースハブ

シマノのRS81というホイールがあります。
噂の真偽はわからないのですが、RS81は、デュラエースのクリンチャーホイールとハブだけが違い、リムは一緒だと言われています。

ここでその噂を検証する気はありませんが、ハブが違うのは確かです。
同じように、FulcrumのRacing Zero1とRacing 1、CampagnoloのBora One とBora Ultraなども、リムは同一のもので、ハブだけ仕様が違うホイールです。

ハブが違うと、何が違うのでしょうか?
シマノの1世代前のホイールの、RS80とWH-7900 C24を乗り比べたことがありますが、結論からいうと、何も変わりません。

ハブというのは、漕ぎだしの軽さには、ほとんど貢献しません。
またコーナーでも、シマノのハブはRS80に使われているものも、軽量ではなくとも丈夫なので、たわみを感じずにスムーズにコーナーリングをこなせます。

RS80やRS81を選ばずに、デュラエースホイールを選ぶというのは、100gの軽量化とデュラエースという名前を買っている、ということです。

まとめ:シマノのデュラエースハブは買いか??

デュラエースハブは、チタンのハブボディ―とカップアンドコーン構造という意味では、唯一無二のハブです。

しかし、チタンというところに魅力を感じなければ、手組でシマノハブを選ぶなら1グレード下のアルテグラハブや105ハブでもいいでしょう。

完組ホイールでもRS81を選ぶ方が、お財布には優しいし、走りにも不満が出ないのではないでしょうか。

 - ホイール スポーク, ロードバイク 国産メーカー