豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのスポークを調整しよう!

      2016/12/27

ロードバイクのスポークを調整しよう!

ロードバイクでダンシングや急加速する時に、後ろになにか擦れている感じがしたことがありませんか?
また、コーナーリングでバイクが不安定になったことがありませんか?

そういうときは、ホイールが歪んでいるのを疑いましょう。
スポークの調整から、その未来についても、お話ししましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001726-1.jpg
ロードバイクのフロントフォークを交換したいけど効果ある?

ロードバイクでは、フロントフォークを交換する優先順位は低いと...

pwk0001725-1.jpg
ロードバイクとは明らかに違う!ttとは一体なに?

皆さんは、tt(=タイムトライアルバイク)という言葉を聞...

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

スポンサーリンク


ロードバイクのスポーク調整:スポークの役割

ロードバイクに限らず、ほとんどの自転車やバイクのホイールは、リム・スポーク・ニップルの組み合わせで出来ています。
タイムトライアルなどで使うようなディスクホイールは例外ですが、あれは板のようなスポークになっていて、リムと一体化していると考えるといいでしょう。

スポークの役割というのは、リムの形状を保ち、衝撃をやわらげたり吸収したりするということです。

一方で、スポークは機材の中でも、かなり大きな空気抵抗を生みます。
そのため、ZIPPのような、空力を専門的に考えているホイールメーカーは、スポークやニップル周辺の空力特性をかなり真剣に考えています。
スポークの本数を減らせば、確かに空力は良くなるでしょう。

また、スポークを均等にではなく、集中して配置するようなスポークパターンがあります。
例えば、コリマやシマノのWH-7700、ロルフのプリマのようなスポークパターンです。
これらは、空力を考えているのでしょうが、メンテナンス性と剛性という意味では、かなり不安が残ります。

なぜなら、均等に左右に調整できないからです。
そして、スポークの衝撃吸収の役割は、スポークパターンよりも、スポークの材質と本数によって左右されます。

カンパニョーロのゾンダは、よくロングライドに用いられるホイールですが、ゾンダのスポークはステンレスで出来ています。

同じカンパニョーロのシャマルなどは、アルミスポークで作られていて、反応性が良いのですが、ロングライドではきつくなると言われています。

ロードバイクのスポーク調整:振れ取り

日本で最大の自転車チェーン店といえば、サイクルベースあさひでしょう。
サイクルベースあさひのメンテナンスメニューの中には、簡易振れ取りと、本格的な振れ取りという2つのメニューがあります。

簡易振れ取りは、タイヤを付けたまま振れ取りをすることです。
しかし、タイヤを付けたままでは、厳密な振れ取りをすることは出来ません。
本格的な振れ取りは、タイヤとチューブを外して、振れ取りを行います。

タイヤとチューブを外さないと、ニップルにアクセスできないホイールもあります。
ロードバイクの完組ホイールに、そういうものが多いと思います。

簡易的な振れ取りは、ロードバイクにホイールを装着したままでも、できないことはありません。

なるべく新品のブレーキシューを、まっすぐキャリパーブレーキにセットし、ブレーキシューとの隙間が均等になるようにスポークを調整しましょう。

ロードバイクのスポーク調整:スポークパターン

スポークパターンは、ロードバイクホイールの性格付けをします。
また、カンパニョーロのG3スポークパターンのように、ブランドの代名詞としての性格を帯びることもあります。

しかし、もっとも重要なのはスポーク調整には、自分の使っているスポークパターンを把握することです。

手組をしたことがある方は、お分かりになると思います。
例えば、フロントはほとんどラジアル組で問題ないとしても、リアホイールは2クロスにするか、2:1組にするか、結索を行うかなど、迷うことが多いです。

調整の時にも、スポークパターンを把握していないと、どこを回せば右により、どこを回せば左によるのかなど、混乱してしまうでしょう。

また、スポークパターンを把握していないと、スポークテンションの適正な値も出せませんから、ますます自分で調整はできません。

スポークテンションも、フリー側と反フリー側では異なります。
ですが、スポークパターンによっては、完組ホイールだと左右のテンションが、あまり変わらないように作られているものもあります。

横剛性にはこだわりのあるマビックのホイールなどは、左右のテンション差が少ないホイールが多いです。

完組ホイールにもそれぞれ特性があり、手組ホイールでもスポークパターンで調整の仕方が変わってきます。
調整は、自分でやるよりも買ったお店にお任せするほうが、早いし失敗もせず、逆にお金もかからない気がします。

自分でやろうとすると、知識を得て、そこからテンション計測器や振れ取り台、専用のニップル回しなどを用意しなければなりませんから。

ロードバイクのスポーク調整:スポークの欠損

走っている途中で、ホイールに何があるかわかりません。
飛び石で傷が付くぐらいなら、走りに問題はないです。

縁石にすってしまって、リムやスポークを傷つけたり、壊してしまったりしたときは要注意です。
ブレーキが効かなくなったり、最悪の場合、走れなくなってしまいます。

基本的には、スポークを1本でも失ってしまったホイールは、ハブ以外は再利用しないほうが賢明です。

何故なら、スポークというのは、スポークパターン全体で剛性やリムの形状を支えています。
しかし1本でも欠落すると、その調整したバランスはあっという間に崩れます。

乗り続けると、すぐにリムが歪んできます。
特に軽量リムなどは、スポークが飛んだことに気が付かずに乗ると、あっという間にゆがみます。

そうなると、リムもスポークも再利用してはいけません。
どこかしらに金属疲労なり、カーボンスポークなら炭素繊維の割れがあると思われるからです。

ロードバイクの部品というのは、残念ながら一度壊れたら使い捨てというものは多いです。
完組ホイールなどは、その典型でしょう。

手組ホイールなら補修できなくはないですが、あまり激しい使い方は躊躇してしまいます。
ロードバイクというのは、実はエコでもなんでもないのかもしれません。

ロードバイクのスポーク調整:スポークの未来

ロードバイクは、どんどんインテグレーション化が進んできています。
例えば、2016年のユーロバイクで展示されたArgon18のコンセプトバイクなどは、スピードメーターも飛行機のピトー管のようなもので測ります。

ハンドル・ステム・サドル・シートポストも一体化し、ホイールも完全に振れ取りできないようなものが装着されていました。

スポークも同じで、これからリムやハブとの一体化が進んでいくでしょう。

すでにLightweightのような、振れ取り調整を諦めたホイールも存在しますが、高級ホイールは、どんどんそのような流れに乗っかっていくでしょう。

将来的には、スポークという言葉も、スポーク調整という言葉も消えてなくなってしまうかもしれません。
手組ホイールの市場が縮小し、完組ホイールが幅を利かせるようになったのも、同じ現象だと言えるでしょう。

まとめ:スポーク調整は難しい

スポーク調整は、お店の人でも出来ない人はかなりいます。
いまどき、完組ホイールが当たり前で、ニップル回しも専用品を使わなければいけない時代です。

ホイールを自分で組む時代は、ほとんど終わりを告げました。
そういう意味では、私たち末端のユーザーは置いてけぼりを食らっているのでしょうか。

 - ホイール スポーク