豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ジャイアント社の自転車、エスケープってどうなの?

2017.1.6

台湾に本社を置く自転車メーカーであるジャイアント。

スポーツ自転車は高価なイメージですが、ジャイアント製品は比較的安価で性能が良いため、多くの人に支持されています。

今回は、そんなジャイアント社のエスケープという自転車についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのロードバイク!弱虫ペダルの荒北クン

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 弱虫ペダル人気すごいですね。弱虫ペダルパワーで女性や若...

ロードバイクメーカーのカーボン使用ロードバイク特集

ロードバイクで、最近は軽さに拘ったカーボン素材のロードバイクが出て来ています。 メーカーによって製...

ロードバイクのメーカー、マイナーだけど格好良い!をご紹介

「ちょっとマニアック」、その基準というかボーダーラインがいったいどのあたりからなのかは明確ではあり...

シマノ製コンポーネント付き10万円台で買えるロードバイク

ロードバイクは、比較的ママチャリやクロスバイクよりも高価です。 このため、ロードバイクが欲しい...

リカンベントってどんな自転車?危険な乗り物なの?

「リカンベント」を知っていますか? ママチャリやロードバイクとは少し見た目が違う、寝そべって乗るよ...

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

メリダの代表的な自転車製品とも言えるシクロクロス。 2017年版は一体どんなスペックや魅力良さや...

アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もちろん、アメリカにもあります。 今回...

リカンベントと言ったら坂道が苦手と思っていませんか?

リカンベントという自転車をご存知ですか。 日本では、見かけることが少ないかも知れません。 ...

トレックのロードバイクの2013年モデルが。。。

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 2013年は良い年でしたね。 いや、正確にはもう...

ピナレロのロードバイクは10万円くらいで買える?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 初心者の人に「ピナレロのロードバイクって10万円くらい...

ビアンキのオルトレ2012ってどう?おすすめは他にもある?

皆様はビアンキの自転車に乗っていますか? お洒落な自転車乗りさんが愛用しているイメージのあるビ...

キャノンデールのCAAD!身長170cmでサイズ52は適応する?

アメリカの自転車メーカー・キャノンデールは、世界で初めてMTBを販売したことでも有名ですが、現在はブ...

イタリアのおしゃれ自転車ブランド「ビアンキ」の実力と評価

イタリアの老舗自転車メーカーBianchi(ビアンキ)。 伝統的なイメージでありながら、現代で...

自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。 シマノもOEM...

ラレーのクロスバイク、rf7ってどんな自転車?

ラレーという自転車メーカーをご存知ですか? ロードバイクやクロスバイク、ミニベロなど様々な自転...

スポンサーリンク

ジャイアントってどんな自転車メーカー?

ジャイアントは、販売店舗がたくさんあるので、手に入れやすい自転車メーカーです。
自転車が好きな人は、ジャイアントのエスケープを知っている人も多いのではないでしょうか。

ジャイアントは、整備の面で特別な技術をそんなに必要としないので、故障してもほとんどの自転車屋さんで直すことができます。
自転車の初心者は、わからないことがたくさんあるので、この対応はありがたいですよね。

また、ジャイアントの自転車は、とても値段が安いです。
クロスバイクのエスケープシリーズは、手に入れやすい値段と性能の良さで、日本のクロスバイクジャンルでベストセラーをキープしています。

ロードバイクも、踏み込みの心地良さと車体の軽さで、扱いやすい自転車として評価されています。
ツール・ド・フランスで優勝を4回もしていることから、その性能の素晴らしさがわかります。

また、女性用ブランドLivを傘下に持つので、女性でも安心して自転車を選ぶことができます。
ジャイアントもLivもコストパフォーマンスが素晴らしいので、スポーツバイクの初心者におすすめです。

ジャイアントのエスケープRX3ってどんな自転車?①

クロスバイクの定番モデルといえば、ジャイアントのエスケープシリーズを思い浮かべる人がたくさんいるでしょう。
エスケープに乗ると、通勤、通学、街乗りなどの自転車生活を楽しむことができます。

エスケープの乗る人が多い理由は、まず、ラインナップの多さと色の豊富さです。

今回は、エスケープシリーズの中で、ロードバイクのような高性能を持ち、しかも初心者向けの価格設定である、エスケープ RX3をご紹介します。

どうしてエスケープ RX3は、ロードバイクのような高性能な走りが可能なのかというと、フレームにジャイアントが開発したALUXX SLという高性能アルミフレームを使っているからです。

このフレームは、軽さ・強度・剛性を最適化して、自転車にスピードと快適さをもたらします。

また、このフレームは、ジャイアントのロードバイクにも使われているアルミフレームのグレードです。
前はロードバイクのTCRシリーズにも使われていたことからも、その性能の良さが証明されています。

ジャイアントのエスケープRX3ってどんな自転車?②

ジャイアントのエスケープRX3は、シートポストをDのようなD-FUSEという形にしてしなりを出したので、乗っている人の体重や路面からの振動が吸収されやすくなりました。
メインコンポーネントは、シマノ・アルタスを使っています。
全部で27段変速です。

シマノ・アルタスは、エントリークラスのMTBやクロスバイクに主に使われているコンポーネントです。
ロードバイクコンポーネントよりも重いのですが、その分耐久性があるので、毎日ハードに乗っても大丈夫です。
ロードバイクのような48Tのフロントギアもついているため、加速が良いです。

チェーンガードが付いているので、ズボンのすそが汚れるのを防いでくれます。
チェーンは、KMC社製のX9を使って、変速性能を重視しています。

色は、黒・青・ネオンレッド・白です。
ジャイアントが開発したALUXX SLをまとったエスケープ RX3は、ロードバイクの技術を受け継いで、さらに軽さとスピードがある素晴らしい自転車です。
通勤・通学・休日のサイクリングなどに最高の自転車です。

ジャイアントのエスケープR3 2017年モデル

ジャイアントのエスケープの2017年モデルが発表されました。
新旧スペックを比べてみると、昨年モデルとあまり違いはないみたいです。

ブレーキレバー、フロントディレーラーが変わっているのですが、これは部品メーカーのモデルチェンジの都合によるものだと思われます。

また、タイヤがマキシス社のデトネーターから、ケンダ社のK-193に変わっています。
たぶん、メーカー間の契約のために変わったのでしょう。

昨年のモデルよりも、重さが500g増えましたが公表されているスペックを見ると、重量差が出そうな部品は、タイヤだけのように思われます。

タイヤの重さの違いは、体感しやすいのですが、エスケープR3は速さを求める自転車ではないので、そんなに気にしないで大丈夫でしょう。

どうしても重さが気になるのなら、タイヤが摩耗して交換するときに、シュワルベ社のマラソンや、マキシス・デトネーターの軽いケブラービードなどに替えるのも良いかもしれませんね。

ジャイアント製品を選ぶメリット

ジャイアントを取り扱う自転車屋さんのスタッフがよく口にするのが、コストパフォーマンスの素晴らしさです。

他社メーカーと比べると、同じコンポーネントでも完成車の値段が安かったり、同じ価格帯なら、コンポーネントのグレードが上であることがよくあるからです。

エスケープRX2と同じ値段のビアンキのローマ4で比べてみましょう。

エスケープRX2は、後ろのギアが9段変速、重量10.3kgです。
ローマ4は、後ろのギアが8段変速、重量11.4kgです。

エスケープRX2は、軽量アルミフレーム、振動吸収性シートポストという性能もプラスされます。

同じ値段なのに、コンポーネントのグレードはRX2が上で、重さも軽いです。

また、振動吸収性シートポストを使ってあるので、乗り心地の良さもRX2の方が良いです。
それに対してローマ4は、基本的なクロスバイクという感じで、機能はRX2より低いです。
また、最近はジャイアントが運営のジャイアントストアが全国にあり、たくさんの自転車屋さんもジャイアントを取り扱っています。
ジャイアントの自転車を選びやすく、購入後のアフターサービスも万全な状態になっています。

まだまだある!ジャイアントのおすすめ自転車

エスケープ以外にもジャイアントのおすすめの自転車があります。
世界最速のエアロロードバイク、プロペル アドバンスド SLは、エアロダイナミクス性能・最速のスプリントを支える剛性・山岳ステージでの軽さが備わっている自転車です。

様々な風向や地形で、速く走ることができます。

プロペル アドバンスド PRO1は、プロペルアドバンスドSLのエアロ性能を、アドバンスドグレードのフレームで再現したエアロロードバイクです。

剛性とハンドリングのバランスが素晴らしいフレームと、エアロ性能のあるベクターカーボンピラーが、扱いやすさを加えています。

プロペル アドバンスド 2は、アドバンスドグレードのフレームに、オーバードライブのアルミコラムのカーボンフォークを使っています。
ロード初心者でも、走りがレベルアップできます。
ロードレースから耐久レース、ロングライド、ヒルクライムまで対応可能です。

プロペル SLRは、プロペルのエアロ性能をアルミのALUXX SLRフレームで再現した新しいグレードです。
新しく設計されたフレームは、キレの良いハンドリングを生み出しました。

コスパ最強?ジャイアント製品

ジャイアント製品は、ハンドル・ステム・ホイールなどのパーツが自社製品であることなどから、とにかくコストパフォーマンスが良いです。

このため、ジャイアント製品は予算に合わせてコンポーネントが選べるという大きなメリットがあります。

いいなと思ったら、ジャイアント製品の自転車を購入してはいかがでしょうか。

 - ロードバイク 海外メーカー, 評価 インプレ