豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のメンテナンスに必要な工具や主要メーカーの特徴

      2017/01/12

自転車のメンテナンスに必要な工具や主要メーカーの特徴

自転車の購入を考えていませんか?

世の中には、いろいろなメーカーの自転車があるので、どのメーカーの自転車を購入しようか迷ってしまいますよね。

また、自転車を購入したら、ある程度のメンテナンスは、自分で行いたいですよね。

しかし、メンテナンスをするのであれば、ある程度、必要な工具をそろえなくてはなりません。

今回は、そんな自転車のメーカーの特徴や工具についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

スポンサーリンク


バーテープやタイヤの交換に必要な工具

今回は、自転車のメンテナンスに使用する工具をご紹介したいと思います。
作業の内容によって、使う道具も変わってきますが、大抵のものは100円ショップや自転車専門店に行けば、手に入ります。

最も簡単に出来るメンテナンスは、バーテープの交換です。
これは、ハサミとビニールテープがあれば良いので、最寄りのコンビニへ行けば買えるでしょう。

タイヤの交換やパンクの修理も、難しそうに見えますが、意外と楽に済ませられます。
必要なものは、タイヤレバーと予備のチューブです。
パンクは突然発生するため、すぐに対応出来るように、常に両方とも持ち歩くようにしましょう。
サドルバックやツール缶に入れておけば、持ち運びも手間取りません。

クリンチャーなら、工具さえ揃っていれば、力尽くでもタイヤは外せます。
チューブレス・チューブラー・カーボンリムの場合は、多少コツがいるため、慣れている人かプロに方法を聞いて下さい。

専門店に持って行き、交換をお願いするのもひとつの手です。
どちらかというと、チューブの入れ替えの方が難しいので、家で練習しておくと良いでしょう。
また、同じ工具でも、メーカーによってそれぞれ特徴があるので、使いやすいものを見つけて下さい。

変速やサドル・ハンドルの高さ調整に必要な工具

自転車の点検や調整に使う工具は、メーカーの特徴が出ているものが多く、同じ工具でも使い勝手が異なります。
メンテナンスをしながら、手に馴染むものを探しましょう。

メンテナンスの作業のうち、今回は調整を行う際の工具についてお伝えします。

変速機を調整するには「ドライバー」と「六角レンチ」が必要です。
必須ではありませんが、あると便利なのは「ディスプレイスタンド」でしょう。
工具さえあれば、誰でも調整は可能です。

それどころか、不具合の度合いが軽ければ、工具を使わなくても調子を取り戻すことが出来てしまいます。
サドルやハンドルの高さを変更するなら「六角レンチ」があれば良いでしょう。
自転車を購入すると、その場で調節してもらえます。

ですが、店員さんの技術や考え方は、店によって違います。
最初はしっくり来ていたとしても、しばらくすると他のポジションを試してみたいと思うことは、多いかと思われます。

そんな時はフレームが、よほど特殊な形をしていない限り、1~6mmの六角レンチがあるだけで、自分の好きなようにカスタムすることが出来ます。
どんな作業をするにしろ、六角レンチはほぼ必須と言えるので、早めに入手することをおすすめします。

ペダル・ワイヤー・チェーン交換に必要な工具

ペダルやワイヤー、チェーンの交換には、専用の工具を使う必要があります。

ペダルを取り替えるには、「ペダルレンチ」を使いましょう。
通常のモンキーレンチなどでは、ペダルに付けられた2面か6面の切り込みに合いません。
隙間にも入れにくいため、専用のレンチを使わなければ、作業が進まないのです。

15mmのレンチを使えば上手く噛み合いますが、このサイズは自転車専用の工具の特徴とも言えるくらい、他ではまず見られないものです。
そのため、ペダルレンチを買わざるを得ないとも言うべきでしょう。

ワイヤーには、「ワイヤーカッター」を使います。
一般工具としても売られていますが、自転車に特化しているタイプの方が切れ味は優れています。

カットだけなら、そこまで難しくはないです。
ですが、交換する場合は、いくつかの調整とバーテープの交換をまとめて行わなければいけません。
慣れるまでは、ミスが多発する可能性があります。
ですが、専門店に持って行けば、修理を受け付けてくれるため、思い切って挑戦してみましょう。

チェーンには、「チェーンカッター」を使って下さい。
自転車ごとに調整をしなければいけません。
そのため、使用するチェーンカッターは、チェーンと同じメーカーのものでなければ使えないことがあります。
失敗や紛失した時のために、コネクトピンを多めに買うことをおすすめします。

高コスパ!台湾の自転車メーカーと特徴

自転車やロードバイクの生産国として有名なのは、台湾と言えるでしょう。
他国のメーカーでさえも、初級や中級のグレードに属するロードバイクの生産は、台湾に任せることが多いようです。
台湾独自のブランドによって生み出された製品も、高い評価を得ています。

特に知られているメーカーは、「ジャイアント」でしょうか。
世界最大とも言える規模の自転車メーカーであり、特徴としてはコストの効率が非常に良く、他のメーカーの製品と比較し、同じ値段で高品質のものを作り出せるという点が挙げられます。

女性にも興味を持ってもらえるようなブランドを展開しています。
また、微妙な印象を受けることが多かったロゴを変更してみたり、今までのイメージを感じさせない商品も扱っています。
そのため、豊富な種類の中から好きなものを選び取ることが出来ます。

もうひとつは「メリダ」です。
ジャイアント同様、企業としては大規模な部類に入ります。
コスパはもちろん、デザイン性に優れています。
かつては、マウンテンバイクを購入する人がほとんどでした。
ですが、新城幸也選手が所属するチームに機材を提供していることから、メリダのロードバイクを買う人も増えてきました。
自転車の性能面とコスパは文句なしと言えるので、メンテナンスに使う工具も、せっかくなので良質のものを手に入れましょう。

かっこいい!北米の自転車メーカーと特徴

北米のロードバイクは、性能面を重視しているため、無骨な見た目をしているものが多いという特徴があります。
その男性的な外観に惹かれるのか、女性からの評価も高いと言われています。
今回は、北米でも特に有名なメーカーをいくつかご紹介したいと思います。

・トレック
アメリカでは、トップクラスの実績と技術を誇るメーカーです。
力強いロゴがとても目立っています。

・キャノンデール
性能と品質に秀でたアルミ製のロードバイクを手掛けており、値段の手頃さと格好良さから、女性の愛用者も多く見られます。

・スペシャライズド
ブランド力は高いものの、上位グレードの人気が目立ち、下位グレードの利用者が少ないため、やや地味な印象を受けます。
女性向けのモデル開発に力を入れています。

・サーヴェロ
スピードを重視する人に最適のモデルを揃えている、カナダのメーカーです。
カーボンフレームをメインに取り扱っており、多くの実績を残しています。
値段が高めなので、最初の1台ではなく、2台目以降の購入を考えた時にこのメーカーのものを選ぶと良いでしょう。

自転車にこだわる人は、切っても切り離せない関係であるメンテナンス用の工具にも、こだわることをおすすめします。
こだわりを貫くなら、出し惜しみはこの際しないでおきましょう。

質実剛健。ドイツの自転車メーカーと特徴

ドイツのロードバイクは、シックで精度の高いモデルが多く揃っています。
その特徴を一言で表すなら「質実剛健」と言えるでしょう。
その中でも、特に知られているメーカーは次の通りです。

・フォーカス
歴史は浅めですが、多数の実績を誇っています。
最新技術の粋を詰め込んで作られたフレームとロゴは、見るからに速さを感じさせてくれるでしょう。

・フェルト
黒を基調としたデザインが豊富です。
下位グレードのものは価格設定が手頃なので、若者向けと言えるでしょう。

・コラテック
もともとは、マウンテンバイクで有名なメーカーでしたが、最近ではロードバイクも知られるようになりました。
数こそ少ないものの、硬派なデザインとコスパの良さ、品質の高さを好んだ人に愛用されています。

・キャニオン
ネットによる直販でしか手に入れることが出来ないモデルです。
しかし、他のメーカーよりも圧倒的に値段が安く、派手さはないが決して見劣りもしないデザインは、誰の目にも魅力的だと思えることでしょう。
自分でメンテナンスするための工具と技術を持っている人には、ぴったりのモデルと言えます。

メーカーはまだたくさん

自転車メーカーは、今回ご紹介させていただいたもの以外にも、イタリアのBianchi、フランスのLOOKやTIME、日本のAnchorなど、たくさんあります。

メーカーによって特徴はさまざまであり、良いところや悪いところもあります。
自分には、どんなメーカーのどの自転車が合っているかを、購入の際はしっかり検討するようにしましょう。

 - 自転車 メンテナンス, 自転車全般