豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

bmxでフレーム塗装もお洒落に!街乗りを楽しもう!

      2017/01/20

bmxでフレーム塗装もお洒落に!街乗りを楽しもう!

自転車は小回りが利く上、徒歩よりも長距離移動ができるため、移動手段としては優秀ですよね。
おしゃれな自転車で、街乗りを楽しみたいと思っている方は、多いのではないでしょうか。

そんなあなた、bmxという自転車をご存知ですか?
フレーム塗装もおしゃれで、おすすめの自転車です。

今回は、bmxについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001628-1.jpg
自転車ホイールに傷がついてしまった!そんなときの対処法

自転車に乗っていて、転んでしまったホイールに傷がついてし...

pwk0001627-1.jpg
自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

自転車を欲しいけど、どんなものがいいかわからない… シンプ...

pwk0001626-1.jpg
コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を...

pwk0001625-1.jpg
mtbのブレーキから音がする!そんな時の解消法と防止策は?

mtbに乗っていて、ブレーキをかけると音がする! なんて経...

pwk0001624-1.jpg
giosのミニベロはスポーツ自転車としても評価が高い!

giosはイタリアの自転車メーカーで、ロードバイクでも有...

pwk0001623-1.jpg
日本一周をするバイクはランドナーで!期間はどのくらい?

自転車で日本一周をしてみたい! そんな方には、ランドナーと...

pwk0001622-1.jpg
シマノのビンディングペダル105は初心者におすすめ!

ロードバイクのビンディングペダルは、ペダルと足を固定して...

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

スポンサーリンク


bmxの特徴

最近は、自転車で通勤や通学をする人が増えています。
それぞれに乗る人の自転車に対するこだわりがあるようで、おしゃれなタイプの自転車に乗る人が増えています。
BMXは、1970年代にアメリカで誕生しました。
子供たちが、オートバイのモトクロスのまねをして遊んでいたのが始まりといわれています。

BMXの競技はレース、フリースタイル(フラットランド、トレイル、ストリート他)のさまざまな競技があり、いろいろな形状のコースで、速さやジャンプ、技を競い合います。

BMXは競技に使用されるので、車体は丈夫でコンパクトな作りになっており、身長に合わせてサイズを選べたり、手ごろな値段のものも多く揃っています。

フレーム塗装のカラーもたくさんあり、愛好家やBMXにこだわる人のなかには、自分でフレームの塗装をする人もいます。

BMXは軽量の車体で扱いやすく、小回りもきき、狭い道・坂道・でこぼこの道にも適しています。
強度や耐久性もあることから、安全で長く乗れる自転車といえるでしょう。

子供の初めての自転車としても良いですし、街の中を軽快に走る自転車としてもおすすめです。

おしゃれなフレーム塗装ならファッション性も◎

BMXはデザインもスタイリッシュで、個性的でスポーティなフォルムは、街中でも目立ち人目を惹きます。
なかには、部屋の中に飾って、インテリアとして楽しんでいる人もいます。

フレーム塗装やカラーパーツの組み合わせで、自分なりのカスタマイズもでき、ビジュアル的にもかっこよく乗りたい人にもおすすめです。

BMXで通勤をしている人の中には、BMXに乗る喜びや楽しさを毎回実感したり、気分が上がるという意見もあります。
そして、街中で色々な技をするのも最高で楽しいようです。
BMXは、それだけ魅力的な自転車なのかもしれませんね。

若者の間では、BMXは競技用自転車ではなく、ファッションアイテムとして捉えている人も多く、街でBMXを乗るのがちょっとしたトレンドになっています。
また、BMXに限らず自転車の人気が上がっていて、乗るときのグッズやファッションにも、その人のセンスが表現されています。
手ごろな値段で、スタイリッシュな街乗りBMXを探してみませんか?

フレーム塗装も素敵なおすすめbmx①

復刻した大人気モデルのクワハラKE-01は、約30年前に販売されていたオールドスクールBMXです。
当時のクオリティーの高さやデザインのかっこ良さも残して、おしゃれな仕上がりになっていて、当時からのBMXのファンには、たまらない一台といえるでしょう。

すぐにでも街乗りを楽しみたくなりますね。

もう一台、オールドスクールBMXで1984年のリリースモデルのサバイバーが、クワハラより20年以上ぶりに再リリースとなりました。
シンプルなカラーで、フレーム塗装とハンドル・サドルが作られています。
サイズは24インチで、走行性も優れていて通学や通勤、街乗りでも快適に走れます。

また、オールドBMXのパーツは入手困難ですが、サバイバーは現行の規格パーツが使えるので、新旧ミックスのカスタムも可能です、

おしゃれな街乗りバイクとして、ダーカスワンH-Streetも良いですね。
カラーはブラック・アーミーグリーン・レッドがあり、おしゃれでノスタルジックな雰囲気のモデルです。

落ち着いて街乗りを楽しみたい人にもおすすめです。
乗りやすさとシンプルなデザインで、女性やBMXの初心者にもおすすめできるモデルです。

フレーム塗装も素敵なおすすめbmx②

世界のストリート業界から注目されているのは、BMXの大人気ブランドのFIT Corriereです。

初心者用から上級者用まで幅広いモデルのラインナップがあります。
自転車も丁寧に作られていて、フレーム塗装やかっこいいフォルム、デザイン性も良く、とても人気があります。

センス良いモデルが揃っているので、スタイリッシュに街乗りを楽しみたい若者にも好まれています。

BMX愛好家から、評価されているのがサブローザLETUMです。
完成度が高いことやバランスの良さ、乗りやすさなどで定評があります。

LETUMは、初心者の入門編としてもおすすめのBMXで、フレーム塗装やサドルもレトロ感があっておしゃれです。

かっこ良くて手ごろな値段のBMXをお探しの人には、Wethepeopl Curseがおすすめで、豊富にカラーがあるので好みのデザインを探すのも楽しいです。

また、WethepeoplのBMXは、きれいなカラーのキッズモデルも揃っているので、おしゃれでかっこいいBMXで、親子で街乗りを軽快に楽しむのも良いですね。

街乗りbmxに合う服装やグッズ①

BMXを購入して街乗りをするときには、ファッションやグッズも揃えると、とてもおしゃれにみえます。
また、BMXのフレーム塗装の色などを意識して、上手にコーディネートすると、よりおしゃれ感も増します。

サイクルカジュアルブランドのナリフリは、おしゃれなアウターが揃っていて、ジャケットやブルゾンが特に人気があります。
「防水性」と「透湿性」を備えたマウンテンパーカーは、機能性とファッション性にも優れたおすすめの服です。
自転車用という枠にとらわれず、普段着としても、かっこ良くおしゃれに着ることができます。

ナリフリの2WAY仕様のハーフショルダーバッグは、米軍の軍規格の素材を使っていて、色は海軍使用のネイビーと陸軍仕様のベージュの2色で、肩掛けでも手さげでも使えます。

そして、「ジェットグライド」という、テープが余らないショルダーストラップを採用していています。
個性的なデザインのサイクリング用バッグで、快適に街乗りを楽しみたいですね。

街乗りbmxに合う服装やグッズ②

ファッションやグッズを選ぶときに、BMXのフレーム塗装やパーツの色をワンポイントで取り入れると、BMXとの統一感がでて、ビジュアル的にもかっこ良くなります。

ナリフリのデニムシャツは、速乾性素材でストレッチ性もあり動きやすく、軽い着心地で長いシーズン活用できます。
前傾姿勢でも、背中にタックがあるので窮屈な感じもなく、街乗りを快適に楽しめます。

また、胸の刺繍のnarifuriもおしゃれなワンポイントで、自転車用だけではなく、普段着としてもおしゃれに着ることができます。

ツイル素材で光沢のあるビアンキの個性的なメッセンジャーバッグは、パイピングとブランドタグがポイントです。

機能性も優れていて、5つのポケットに小物も整理できますし、メッシュのショルダーパッドで通気性もあります。
大きな容量なので、通勤や通学などにも使用できます。

自転車に乗る時には、サイクルキャップも必要ですね。

サイクルキャップというとヘルメットのイメージですが、カペルミュールなど、各ブランドからも街乗りに良い、おしゃれなサイクルキャップがたくさんでています。

夏には紫外線の対策できるので、街乗りの必要アイテムとして、サイクルキャップは揃えておきたいところです。

bmxで街乗りを楽しもう

ご紹介させていただいたように、bmxはかわいいデザインのものがたくさんあります。

また、ウェアや鞄など、ネットで調べるとおしゃれなグッズがたくさん出てきます。

この機会に、bmx及び自転車グッズを購入し、休日に街乗りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 - 自転車 その他, 自転車全般