豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

bmxでフレーム塗装もお洒落に!街乗りを楽しもう!

      2017/01/20

bmxでフレーム塗装もお洒落に!街乗りを楽しもう!

自転車は小回りが利く上、徒歩よりも長距離移動ができるため、移動手段としては優秀ですよね。
おしゃれな自転車で、街乗りを楽しみたいと思っている方は、多いのではないでしょうか。

そんなあなた、bmxという自転車をご存知ですか?
フレーム塗装もおしゃれで、おすすめの自転車です。

今回は、bmxについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


bmxの特徴

最近は、自転車で通勤や通学をする人が増えています。
それぞれに乗る人の自転車に対するこだわりがあるようで、おしゃれなタイプの自転車に乗る人が増えています。
BMXは、1970年代にアメリカで誕生しました。
子供たちが、オートバイのモトクロスのまねをして遊んでいたのが始まりといわれています。

BMXの競技はレース、フリースタイル(フラットランド、トレイル、ストリート他)のさまざまな競技があり、いろいろな形状のコースで、速さやジャンプ、技を競い合います。

BMXは競技に使用されるので、車体は丈夫でコンパクトな作りになっており、身長に合わせてサイズを選べたり、手ごろな値段のものも多く揃っています。

フレーム塗装のカラーもたくさんあり、愛好家やBMXにこだわる人のなかには、自分でフレームの塗装をする人もいます。

BMXは軽量の車体で扱いやすく、小回りもきき、狭い道・坂道・でこぼこの道にも適しています。
強度や耐久性もあることから、安全で長く乗れる自転車といえるでしょう。

子供の初めての自転車としても良いですし、街の中を軽快に走る自転車としてもおすすめです。

おしゃれなフレーム塗装ならファッション性も◎

BMXはデザインもスタイリッシュで、個性的でスポーティなフォルムは、街中でも目立ち人目を惹きます。
なかには、部屋の中に飾って、インテリアとして楽しんでいる人もいます。

フレーム塗装やカラーパーツの組み合わせで、自分なりのカスタマイズもでき、ビジュアル的にもかっこよく乗りたい人にもおすすめです。

BMXで通勤をしている人の中には、BMXに乗る喜びや楽しさを毎回実感したり、気分が上がるという意見もあります。
そして、街中で色々な技をするのも最高で楽しいようです。
BMXは、それだけ魅力的な自転車なのかもしれませんね。

若者の間では、BMXは競技用自転車ではなく、ファッションアイテムとして捉えている人も多く、街でBMXを乗るのがちょっとしたトレンドになっています。
また、BMXに限らず自転車の人気が上がっていて、乗るときのグッズやファッションにも、その人のセンスが表現されています。
手ごろな値段で、スタイリッシュな街乗りBMXを探してみませんか?

フレーム塗装も素敵なおすすめbmx①

復刻した大人気モデルのクワハラKE-01は、約30年前に販売されていたオールドスクールBMXです。
当時のクオリティーの高さやデザインのかっこ良さも残して、おしゃれな仕上がりになっていて、当時からのBMXのファンには、たまらない一台といえるでしょう。

すぐにでも街乗りを楽しみたくなりますね。

もう一台、オールドスクールBMXで1984年のリリースモデルのサバイバーが、クワハラより20年以上ぶりに再リリースとなりました。
シンプルなカラーで、フレーム塗装とハンドル・サドルが作られています。
サイズは24インチで、走行性も優れていて通学や通勤、街乗りでも快適に走れます。

また、オールドBMXのパーツは入手困難ですが、サバイバーは現行の規格パーツが使えるので、新旧ミックスのカスタムも可能です、

おしゃれな街乗りバイクとして、ダーカスワンH-Streetも良いですね。
カラーはブラック・アーミーグリーン・レッドがあり、おしゃれでノスタルジックな雰囲気のモデルです。

落ち着いて街乗りを楽しみたい人にもおすすめです。
乗りやすさとシンプルなデザインで、女性やBMXの初心者にもおすすめできるモデルです。

フレーム塗装も素敵なおすすめbmx②

世界のストリート業界から注目されているのは、BMXの大人気ブランドのFIT Corriereです。

初心者用から上級者用まで幅広いモデルのラインナップがあります。
自転車も丁寧に作られていて、フレーム塗装やかっこいいフォルム、デザイン性も良く、とても人気があります。

センス良いモデルが揃っているので、スタイリッシュに街乗りを楽しみたい若者にも好まれています。

BMX愛好家から、評価されているのがサブローザLETUMです。
完成度が高いことやバランスの良さ、乗りやすさなどで定評があります。

LETUMは、初心者の入門編としてもおすすめのBMXで、フレーム塗装やサドルもレトロ感があっておしゃれです。

かっこ良くて手ごろな値段のBMXをお探しの人には、Wethepeopl Curseがおすすめで、豊富にカラーがあるので好みのデザインを探すのも楽しいです。

また、WethepeoplのBMXは、きれいなカラーのキッズモデルも揃っているので、おしゃれでかっこいいBMXで、親子で街乗りを軽快に楽しむのも良いですね。

街乗りbmxに合う服装やグッズ①

BMXを購入して街乗りをするときには、ファッションやグッズも揃えると、とてもおしゃれにみえます。
また、BMXのフレーム塗装の色などを意識して、上手にコーディネートすると、よりおしゃれ感も増します。

サイクルカジュアルブランドのナリフリは、おしゃれなアウターが揃っていて、ジャケットやブルゾンが特に人気があります。
「防水性」と「透湿性」を備えたマウンテンパーカーは、機能性とファッション性にも優れたおすすめの服です。
自転車用という枠にとらわれず、普段着としても、かっこ良くおしゃれに着ることができます。

ナリフリの2WAY仕様のハーフショルダーバッグは、米軍の軍規格の素材を使っていて、色は海軍使用のネイビーと陸軍仕様のベージュの2色で、肩掛けでも手さげでも使えます。

そして、「ジェットグライド」という、テープが余らないショルダーストラップを採用していています。
個性的なデザインのサイクリング用バッグで、快適に街乗りを楽しみたいですね。

街乗りbmxに合う服装やグッズ②

ファッションやグッズを選ぶときに、BMXのフレーム塗装やパーツの色をワンポイントで取り入れると、BMXとの統一感がでて、ビジュアル的にもかっこ良くなります。

ナリフリのデニムシャツは、速乾性素材でストレッチ性もあり動きやすく、軽い着心地で長いシーズン活用できます。
前傾姿勢でも、背中にタックがあるので窮屈な感じもなく、街乗りを快適に楽しめます。

また、胸の刺繍のnarifuriもおしゃれなワンポイントで、自転車用だけではなく、普段着としてもおしゃれに着ることができます。

ツイル素材で光沢のあるビアンキの個性的なメッセンジャーバッグは、パイピングとブランドタグがポイントです。

機能性も優れていて、5つのポケットに小物も整理できますし、メッシュのショルダーパッドで通気性もあります。
大きな容量なので、通勤や通学などにも使用できます。

自転車に乗る時には、サイクルキャップも必要ですね。

サイクルキャップというとヘルメットのイメージですが、カペルミュールなど、各ブランドからも街乗りに良い、おしゃれなサイクルキャップがたくさんでています。

夏には紫外線の対策できるので、街乗りの必要アイテムとして、サイクルキャップは揃えておきたいところです。

bmxで街乗りを楽しもう

ご紹介させていただいたように、bmxはかわいいデザインのものがたくさんあります。

また、ウェアや鞄など、ネットで調べるとおしゃれなグッズがたくさん出てきます。

この機会に、bmx及び自転車グッズを購入し、休日に街乗りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 - 自転車 その他, 自転車全般