豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ビアンキのミニベロってどんな自転車?乗り心地は良いの?

2017.2.2

pwk0001333-1.jpg

ビアンキというメーカーをご存じですか?
クロスバイクやロードバイクなど、様々な自転車を製作・販売する自転車メーカーです。

人気メーカーのビアンキですが、ミニベロにはどんな製品があるのでしょうか。

今回はビアンキのミニベロのご紹介と、ミニベロの乗り心地についてお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています
pwk0000613-1.jpg

TREKのロードバイクが欲しい!でもサイズや形状はどう選べばいいの?

TREKは1976年の創業以来、「今ここに用意されている素材から何一つ妥協せず、最高の製品を造る」と...

pwk0000439-1.jpg

キャノンデールのクロスバイク、バッドボーイがカッコイイ!

通勤通学でクロスバイクを使用しているという方も最近は多いでしょう。キャノンデールのクロスバイク「バ...

pwk0001092-1.jpg

コルナゴ等有名メーカーのシクロクロス2017年モデルを紹介!

ロードバイクやシクロクロス、クロスバイクにマウンテンバイクなど、毎年新作が発表されます。 これは、...

pwk0001600-1.jpg

トレック子会社のボントレガー!ホイールなどの評判はどう?

ボントレガーはトレックの子会社として、カーボンホイールなどを高性能な製品を生み出しています。 ...

pwk0000605-1.jpg

トレックのロードバイクを購入!サイズは?選び方のポイント

ロードバイクの購入を考えたとき、メーカーの印象や予算など大切になってきます。 TREK(トレッ...

pwk0001670-1.jpg

ジャイアントのロードバイク・エントリーモデルの名車tcr2

今回のテーマであるジャイアントtcr2は、アルミロードバイクのエントリーモデルの人気車として長年ライ...

pwk0000047-1.jpg

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 今回は人気のアメリカブランド、キャノンデールのクロスバ...

pwk0000539-1.jpg

クロスバイクが欲しい!メーカー別渋いモデルをピックアップ

クロスバイクは初心者でも女性でも、スポーツ自転車の中ではかなりハードルが低くとっつきやすい自転車だ...

pwk0000377-1.jpg

LOOKの自転車のスペックと重量をまとめてみた。

LOOKはフランスの自転車ブランドです。スキー用品メーカーとして設立され、カーボンフレームを用いた...

pwk0000020

ルックのロードバイク2016モデルの魅力

「いつかは乗りたいロードバイク」で常に上位のフランスメーカー。 元々はビンディングメーカーのルック...

pwk0000075-1.jpg

ビアンキのロードバイク!弱虫ペダルの荒北クン

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 弱虫ペダル人気すごいですね。弱虫ペダルパワーで女性や若...

pwk0001055-1.jpg

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

メリダの代表的な自転車製品とも言えるシクロクロス。 2017年版は一体どんなスペックや魅力良さや...

pwk0000472-1.jpg

ツールドフランスで活躍するバイクのメーカーは?

ロードバイクに乗っていなくても、それほど自転車に興味がなくてもこの単語は知っている「ツールドフラン...

pwk0000440-1.jpg

MERIDA(メリダ)のロードバイク、各モデルのインプレ!

ロードバイク選びにおいて、メーカーの印象や特徴は、とても重要な要素です。 価格も含めた、パーツの性...

pwk0000734-1.jpg

ちょっと変わったロードバイクのメーカーランキング

ロードバイクを購入しようと思い立ったはいいけれど、どのメーカーを買えばいいのか、さっぱり分からないで...

スポンサーリンク

ビアンキってどんなメーカー?

自転車業界最古のビアンキは、常に向上心を持ち、新しい技術を取り入れています。
女性でも乗りやすいデザインで、男女問わず支持されています。

とくに女性には、ミニベロが人気ですが、ミニベロは乗り心地が少し良くないところがあるので、街乗りにするのがおすすめです。

そんなビアンキは、

1885年:ミラノでビアンキが自転車店を立ち上げたことが始まりです。

1890年:会社は順調に成長し、イタリアのボルゲットで工場を稼働させるようになりました。

1895年:イタリアのマルゲリータ女王の自転車を造るという名誉が与えられました。
このときビアンキは、女性用の自転車を初めて作りました。

ビアンキは、サイクルロードレース界へも参加し、たくさんのレースで勝利をしています。

バルセロナ五輪で金メダルを獲得したフェリーチェ・ジモンディや、イタリアで絶大な人気を誇るマルコ・パンターニなどが、ビアンキの自転車に乗っていました。

ビアンキでおすすめのミニベロ①

由緒あるビアンキのミニベロは、どういった特徴や性能を持っているのかをご説明していきます。

上記しましたが、デザイン性の高いビアンキのミニベロは、男性にも女性にも人気があり、おすすめです。
ミニベロは小径車とも言い、タイヤサイズが小さいことが特徴的です。

タイヤが小さいため、地面からの距離が近いので、身長の低い人でも扱いやすい自転車です。

最近では、折りたたみができるミニベロもたくさん売られています。
場所を取らないので、街中までは車に積んで、街中の散策はミニベロに乗りながら、というようなことができます。

街乗りに便利なビアンキのミニベロシリーズで、おすすめなものをご紹介します。

【MINIVELO-10 DROP BAR】

ビアンキのミニベロシリーズで、特に人気が高いです。
デザインがとてもオシャレで、若い女性が好んで乗ることが多いモデルです。

名前にもあるように、ドロップハンドルになっているので、お手軽にロードバイクのような前傾姿勢になることもできます。

ただ、段差で衝撃を感じやすいので、少し乗り心地が悪いのがデメリットです。

ビアンキでおすすめのミニベロ②

【PISA SPORT】

スピードが出せるミニベロに乗りたい人におすすめです。
ビアンキのミニベロの中で、走ることに特化したモデルです。

ビアンキスポーティなデザインのこのモデルは、アクティブな走りがしたい人に向いています。

コンポにシマノ・クラリスを使っているので、普段はロードバイクに乗っている人にもおすすめです。
ドロップバーとフラットバーの2パターンがあるので、走りたいシーンを考えて購入しましょう。

サイズが1サイズのみなので、注意しましょう。
また、スピードを出しすぎると乗り心地は悪くなるので注意しましょう。

ほかにも、ビアンキにはミニベロのモデルがたくさんあります。

【MINIVELO-7】

とてもスタンダードなミニベロです。
カラーバリエーションが豊富で、5色のなかから選べます。
サイズもあるので、迷ったときにおすすめのモデルです。

【MINIVELO-7 LADY】
サイズや色が女性向けです。
こちらもカラーが5種類あり、女性が乗りやすいカラーになっています。

ビアンキのミニベロには、泥よけがついているモデルが多くあります。
そのため、雨上がりでも服が汚れることを、そんなに心配せずに済みます。

ミニベロの乗り心地について

ビアンキに限らずミニベロは、タイヤが小さいため、段差などで大きな衝撃を受けます。
タイヤが小さいと、足回りが短くて硬いため、走っているときの衝撃を十分和らげることができません。

そのため、ロードバイクやクロスバイクなどより、体が受ける路面からの振動や衝撃が多くなってしまいます。
自転車の振動と衝撃が多くなれば、その分、体が疲れやすくなります。

古くなってヒビなどが入った道路を走ると、ロードバイクやママチャリでも、疲労感を感じると思います。
ミニベロだと、その疲労感がより強く出ます。

折り畳み自転車ですと、フレーム強度が落ちているので、もっと乗り心地が悪くなるでしょう。

乗り心地の良さをミニベロで求めるなら、しなるフレームやタイヤの太いものを選びましょう。
乗り心地の良さは、安定感も関係します。

自転車はタイヤが小さいほど安定性が低くなります。
そのため、ミニベロはロードバイクより安定感が低くなっています。

ミニベロの乗り心地を改善するにはタイヤが重要

さんざん乗り心地が悪いと言われてきた、ビアンキのミニベロの乗り心地を改善する方法をご紹介します。

まず、必要なのが、タイヤの空気圧を調節です。
調節をこまめに行なうだけでも、乗り心地はかなり違ってきます。

空気がパンパンに入っていると、振動吸収性が低くなり、乗り心地が悪くなってしまいます。
乗り心地が気になれば、タイヤの空気圧を下げましょう。

スピードを気にする人は、遅くなるので注意しましょう。

次は、タイヤのメーカーです。
タイヤは同じ大きさのものでも、メーカーによって、乗り心地や性能が変わります。

自転車のタイヤで使用されていることが多い、パナレーサーとシュワルベのメーカーでは、同じようなスペックのタイヤでも、乗り心地が違うと言われています。

また、タイヤを太いものに換えることも、乗り心地を改善するため有効です。
タイヤに空気の入る量が増えると、振動吸収率がアップします。

タイヤを購入するときは、メーカーとタイヤの太さに、こだわってみましょう。

ミニベロの乗り心地を改善するために

乗り心地を良くするために、太いタイヤに換えた場合、スピードが落ちてしまいます。
ですが、スピードが落ちてしまうことを防ぐこともできるのです。

太いタイヤでスピードが落ちてしまうのは、太いからではなくて、指定空気圧が低いからです。
ロードバイクなどで使用するタイヤは、細いですが、空気圧が高圧まで耐えられるようなタイヤになっています。

自転車本体の軽さなどもありますが、高圧まで入れられるので、スピードが出せるのです。

そのため、ミニベロのタイヤも高圧に対応したものにすると、太いタイヤでもスピードが落ちることが減少します。

乗り心地を改善するために、タイヤを太くするなら、空気圧が使用しているタイヤと同じくらい入るものにすると、スピードダウンもせずに済みます。

その他にも、自転車の乗り方を見直してみると、乗り心地が変わります。
段差を越えるときの姿勢や、普段の乗る姿勢なども見直しましょう。

ミニベロの良さはお手軽さ

ミニベロは、ロードバイクなどのスポーツ自転車と比べて走行性能は劣るものの、良いところがたくさんあります。

自転車としての自由度や使い勝手の良さは、ミニベロの方が豊かだと思いますし、ミニベロはファッション性が強い自転車でもあります。

速さや効率を求める人には、ミニベロは向かないかもしれませんが、オシャレに自転車を楽しみたい方に最適なのは、ミニベロではないでしょうか。

 - ロードバイク 海外メーカー