ビアンキのミニベロってどんな自転車?乗り心地は良いの?

ビアンキというメーカーをご存じですか?
クロスバイクやロードバイクなど、様々な自転車を製作・販売する自転車メーカーです。

人気メーカーのビアンキですが、ミニベロにはどんな製品があるのでしょうか。

今回はビアンキのミニベロのご紹介と、ミニベロの乗り心地についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのホイールを自分で手組み!組み方をご紹介!

ロードバイクに乗っていると、いつの間にかパーツが増えてしまいます。その中でも、ホイールを数種...

アラヤってどんな自転車会社?フェデラルってどんな自転車?

アラヤという自転車メーカーをご存じですか?アラヤは、日本の自転車メーカーで、フェデラルなどのモデ...

ロングライドに良いロードバイクのホイール

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクにおいて、ホイールってとても大事な部品です...

自転車の工具をブランドごとに初心者から中級者別にご紹介!!

今回は、ロードバイク初心者から、中級者にいたるまで、そのレベルに応じて、そろえておくべき自転車の工具...

シマノ(SHIMANO)グレード別のスプロケット歯数や特徴

今回は日本が世界に誇るSHIMANO(シマノ)、そのスプロケットに焦点を当てて、歯数や特徴などお話し...

MERIDA(メリダ)のロードバイク、各モデルのインプレ!

ロードバイク選びにおいて、メーカーの印象や特徴は、とても重要な要素です。価格も含めた、パーツの性...

GIANT(ジャイアント)の自転車は安い?その性能に迫る!

「GIANT(ジャイアント)の自転車は安い」というイメージが広く伝わっていると思います。他メーカー...

ジャイアントのクロスバイクをあさひで買ってみた

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。今回はジャイアントのクロスバイクをあさひで買ったお話を...

老舗ブランドコルナゴ、ロードバイクのサイズに対するそのこだわり

コルナゴはロードバイク初心者の方でも、比較的すぐに耳にするメーカーではないでしょうか。ロードバイク...

ジャイアント社の自転車、エスケープってどうなの?

台湾に本社を置く自転車メーカーであるジャイアント。スポーツ自転車は高価なイメージですが、ジャ...

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。今回は人気のアメリカブランド、キャノンデールのクロスバ...

シマノ・デュラエースのプーリーについて

シマノのデュラエースのリアディレーラーに付属しているプーリーは、アルテグラ以下のグレードのものとは異...

悩める女子必見!!身長が低い場合の自転車の選び方って??

おしゃれな自転車に乗ってみたいけど、そもそもどんな種類があるのかわからないし、どうやって選んだらいい...

TREKのロードバイクが欲しい!でもサイズや形状はどう選べばいいの?

TREKは1976年の創業以来、「今ここに用意されている素材から何一つ妥協せず、最高の製品を造る」と...

ロードレースに出場したい!巡航速度を上げるには何が重要?

近年では、ロードバイクブームが盛り上がりをみせています。街でロードバイクに乗っている人を見かけて...

スポンサーリンク

ビアンキってどんなメーカー?

自転車業界最古のビアンキは、常に向上心を持ち、新しい技術を取り入れています。
女性でも乗りやすいデザインで、男女問わず支持されています。

とくに女性には、ミニベロが人気ですが、ミニベロは乗り心地が少し良くないところがあるので、街乗りにするのがおすすめです。

そんなビアンキは、

1885年:ミラノでビアンキが自転車店を立ち上げたことが始まりです。

1890年:会社は順調に成長し、イタリアのボルゲットで工場を稼働させるようになりました。

1895年:イタリアのマルゲリータ女王の自転車を造るという名誉が与えられました。
このときビアンキは、女性用の自転車を初めて作りました。

ビアンキは、サイクルロードレース界へも参加し、たくさんのレースで勝利をしています。

バルセロナ五輪で金メダルを獲得したフェリーチェ・ジモンディや、イタリアで絶大な人気を誇るマルコ・パンターニなどが、ビアンキの自転車に乗っていました。

ビアンキでおすすめのミニベロ①

由緒あるビアンキのミニベロは、どういった特徴や性能を持っているのかをご説明していきます。

上記しましたが、デザイン性の高いビアンキのミニベロは、男性にも女性にも人気があり、おすすめです。
ミニベロは小径車とも言い、タイヤサイズが小さいことが特徴的です。

タイヤが小さいため、地面からの距離が近いので、身長の低い人でも扱いやすい自転車です。

最近では、折りたたみができるミニベロもたくさん売られています。
場所を取らないので、街中までは車に積んで、街中の散策はミニベロに乗りながら、というようなことができます。

街乗りに便利なビアンキのミニベロシリーズで、おすすめなものをご紹介します。

【MINIVELO-10 DROP BAR】

ビアンキのミニベロシリーズで、特に人気が高いです。
デザインがとてもオシャレで、若い女性が好んで乗ることが多いモデルです。

名前にもあるように、ドロップハンドルになっているので、お手軽にロードバイクのような前傾姿勢になることもできます。

ただ、段差で衝撃を感じやすいので、少し乗り心地が悪いのがデメリットです。

ビアンキでおすすめのミニベロ②

【PISA SPORT】

スピードが出せるミニベロに乗りたい人におすすめです。
ビアンキのミニベロの中で、走ることに特化したモデルです。

ビアンキスポーティなデザインのこのモデルは、アクティブな走りがしたい人に向いています。

コンポにシマノ・クラリスを使っているので、普段はロードバイクに乗っている人にもおすすめです。
ドロップバーとフラットバーの2パターンがあるので、走りたいシーンを考えて購入しましょう。

サイズが1サイズのみなので、注意しましょう。
また、スピードを出しすぎると乗り心地は悪くなるので注意しましょう。

ほかにも、ビアンキにはミニベロのモデルがたくさんあります。

【MINIVELO-7】

とてもスタンダードなミニベロです。
カラーバリエーションが豊富で、5色のなかから選べます。
サイズもあるので、迷ったときにおすすめのモデルです。

【MINIVELO-7 LADY】
サイズや色が女性向けです。
こちらもカラーが5種類あり、女性が乗りやすいカラーになっています。

ビアンキのミニベロには、泥よけがついているモデルが多くあります。
そのため、雨上がりでも服が汚れることを、そんなに心配せずに済みます。

ミニベロの乗り心地について

ビアンキに限らずミニベロは、タイヤが小さいため、段差などで大きな衝撃を受けます。
タイヤが小さいと、足回りが短くて硬いため、走っているときの衝撃を十分和らげることができません。

そのため、ロードバイクやクロスバイクなどより、体が受ける路面からの振動や衝撃が多くなってしまいます。
自転車の振動と衝撃が多くなれば、その分、体が疲れやすくなります。

古くなってヒビなどが入った道路を走ると、ロードバイクやママチャリでも、疲労感を感じると思います。
ミニベロだと、その疲労感がより強く出ます。

折り畳み自転車ですと、フレーム強度が落ちているので、もっと乗り心地が悪くなるでしょう。

乗り心地の良さをミニベロで求めるなら、しなるフレームやタイヤの太いものを選びましょう。
乗り心地の良さは、安定感も関係します。

自転車はタイヤが小さいほど安定性が低くなります。
そのため、ミニベロはロードバイクより安定感が低くなっています。

ミニベロの乗り心地を改善するにはタイヤが重要

さんざん乗り心地が悪いと言われてきた、ビアンキのミニベロの乗り心地を改善する方法をご紹介します。

まず、必要なのが、タイヤの空気圧を調節です。
調節をこまめに行なうだけでも、乗り心地はかなり違ってきます。

空気がパンパンに入っていると、振動吸収性が低くなり、乗り心地が悪くなってしまいます。
乗り心地が気になれば、タイヤの空気圧を下げましょう。

スピードを気にする人は、遅くなるので注意しましょう。

次は、タイヤのメーカーです。
タイヤは同じ大きさのものでも、メーカーによって、乗り心地や性能が変わります。

自転車のタイヤで使用されていることが多い、パナレーサーとシュワルベのメーカーでは、同じようなスペックのタイヤでも、乗り心地が違うと言われています。

また、タイヤを太いものに換えることも、乗り心地を改善するため有効です。
タイヤに空気の入る量が増えると、振動吸収率がアップします。

タイヤを購入するときは、メーカーとタイヤの太さに、こだわってみましょう。

ミニベロの乗り心地を改善するために

乗り心地を良くするために、太いタイヤに換えた場合、スピードが落ちてしまいます。
ですが、スピードが落ちてしまうことを防ぐこともできるのです。

太いタイヤでスピードが落ちてしまうのは、太いからではなくて、指定空気圧が低いからです。
ロードバイクなどで使用するタイヤは、細いですが、空気圧が高圧まで耐えられるようなタイヤになっています。

自転車本体の軽さなどもありますが、高圧まで入れられるので、スピードが出せるのです。

そのため、ミニベロのタイヤも高圧に対応したものにすると、太いタイヤでもスピードが落ちることが減少します。

乗り心地を改善するために、タイヤを太くするなら、空気圧が使用しているタイヤと同じくらい入るものにすると、スピードダウンもせずに済みます。

その他にも、自転車の乗り方を見直してみると、乗り心地が変わります。
段差を越えるときの姿勢や、普段の乗る姿勢なども見直しましょう。

ミニベロの良さはお手軽さ

ミニベロは、ロードバイクなどのスポーツ自転車と比べて走行性能は劣るものの、良いところがたくさんあります。

自転車としての自由度や使い勝手の良さは、ミニベロの方が豊かだと思いますし、ミニベロはファッション性が強い自転車でもあります。

速さや効率を求める人には、ミニベロは向かないかもしれませんが、オシャレに自転車を楽しみたい方に最適なのは、ミニベロではないでしょうか。