トレックのロードバイク、身長180cm以上の人へのおすすめ

トレックはアメリカの有名な自転車メーカーです。
街乗り向けからオフロード向けまで様々な自転車を扱っており、サイズも小柄な女子向けから高身長の男性向けまでたくさんあります。

そこで今回は、トレックの自転車の中でも身長180cm以上の方へおすすめのロードバイクをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。ロードバイクと同じ形状で、振動吸収や耐...

ロードバイクのペダルに使うおすすめなグリスの種類はなに?

ロードバイクに乗り続けていると、だんだんとペダルの回りが悪くなった経験をされた方はいらっしゃいません...

東京から富士山へ、自転車旅行に出発しよう!

自転車に趣味で乗っている方で、長距離走行をしてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。...

自転車のスプロケットの歯数の選び方?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクに乗っていると、坂がしんどいので自転車...

ロードバイクに乗る際は必ずヘルメットを被ろう!その必要性とは?

原付・オートバイなどはロードバイク(自転車)と同じ二輪車ですがヘルメットの着用が法律で義務付けられ...

ロードバイク主要メーカーの気になる評判をまとめました。

今ロードバイクを選ぶなら?これからロードバイクデビューをする、というあなたにも、主要メーカーの特徴と...

自転車、ロードバイクの時速の平均は何km?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「自転車ってだいたい時速何kmくらい出るの?」とい...

弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。個性豊かで魅力的なキャラクター、リアルなロー...

自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーターが目に入りますから、速度=時速はある程度...

自転車用タイヤの購入時に注意すべき部分は?

自転車で走る時、路面に唯一接している部分がタイヤです。重要な部品のひとつで、命を預けている場...

自転車のスピードメーターの設定!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。距離や速度、ケイデンス、心拍に最近ではGPSデータにパ...

クロスバイクの後輪から異音が!? …その原因はどこに?

シュ、シュ、シュ、シュ…、カチカチ、カチカチ…、カラカラカラカラカラ…どれもあまり聞きたくない音...

自転車の平均時速はどのくらい?種類によって違うの?

街乗り自転車で、時速を気にしながら走行している方は、少ないかもしれません。実際のところ、自転...

ビアンキのミニベロを改造して、快適に乗ろう!

ビアンキのミニベロは性能も良し、デザインも良いので、初心者にはおすすめしたいですね。最近では、ミ...

自宅に自転車の専用スタンドをDIYで作る理由

「ロードバイクの室内スタンド、DIYで作っちゃいました!!´艸`」みたいな感じで、自作の自転車ス...

スポンサーリンク

ロードバイクはサイズ選びが肝心

ロードバイクを初めて買おうと思っている人は、自分の身長にあったものを選ぶことが大事です。

ロードバイクは身長によって、フレームなどのサイズが異なってきます。

サイズ自体はメーカーによって若干異なってきますから、そのメーカーごとに気をつけて選ぶ必要があります。

もし、身長が180cmもある人が、身長160cmの人向けのフレームに乗ったとしても、正しい乗車姿勢は作れません。

ですから、2cm単位で設定されているフレームの中で、自分にあった最適なものを選ぶようにするのです。

サイズが合わないロードバイクに乗った場合、乗車姿勢の他にも、痛みなどのトラブルもでてきます。

自分に最適なフレームは、身長や股下寸法などから割り出すことができます。

こうして選んだフレームでも、身長だけでなく、手足の長さや使う用途も考慮されなければならないので、最終的には試乗したり、経験豊富な店員さんと相談したりするなどして決めるのが良いです。

身長180cm以上の人に合ったフレームサイズは?

身長180cm以上の人に合ったフレームサイズは、もちろんあります。

ロードバイクのパンフレットなどにあるサイズは、大体はサドルの下に伸びているフレームパイプである、シートチューブやトップチューブの長さで表示されています。

しかし、これが混乱を招く原因になっているのです。

というのも、メーカーによって表示単位が違ったり、独自の測り方をしていたりするからです。

サイズ表示では、S・M・Lといった表示の仕方があります。

ですが、これもメーカー共通のサイズではないので、メーカーによっては同じMサイズを選んだとしても、大きさにかなりの差がでてきたりしてしまうのです。

身長180cmの人に合うフレームを探す場合、身長174cm~182cmでフレームサイズは56cm、シートチューブは53.3cmとなります。

ロードバイクは男性に人気が高いため、男性の身長を基準に作られていることが多いです。
そのため、女性では店頭で、なかなか自分にあったサイズを見つけにくいかもしれません。

そのような場合、取り寄せることもできます。

身長だけで判断せず、またがってチェックしよう

フレームのサイズ選びのコツをご紹介しました。
フレーム選びは身長で選ぶことには間違いないですが、身長だけで判断はせず、最終的にはまたがったり試乗してみたりして、確認する必要があります。

一般の自転車では、少し小さく感じる自転車でも乗れることができますが、ロードバイクはそうはいきません。

自分の身長に合った最適なものを選ばなくては、乗り心地が全く違ってきます。

サイズを決める際のポイントは『安全性』と、『ロードバイクの性能を引き出す基本ポジションが取れるか』という点です。

フレームのトップチューブにまたがって、ちゃんと足が地に着くかどうかを確かめてみてください。

その状態で、わずかにハンドルを持ち上げたとき、股下にトップチューブが当たるくらいの余裕があることが大切です。

海外製のロードバイクは、現地の人向けのサイズで作られているので、日本の平均身長の人には少し大きい場合があります。

ですが、180cmある人なら、そこまで苦労せずに見つかるかもしれません。

身長180cmにおすすめなトレックのロードバイク

身長180cmの人におすすめなロードバイクをご紹介していきます。

【TREK(トレック):1シリーズ(1.1と1.2)】

トレックのロードバイクの中でも、リーズナブルな値段で購入することができます。

フレームは、アルミ合金でできていて、上級モデルと同様のジオメトリーで作られています。
また、フロントフォークは振動の吸収に優れたカーボン製が用いられています。

フレームサイズも豊富で、6段階から選ぶことができます。

1.1と1.2の違いは、ホイールや変速機のグレードくらいです。
あとは、選べるカラーが違うことでしょうか。

驚くほど違いがあるというわけではありません。

重量も1kg満たないほどの差なので、コンポーネントとホイールの違いから、このような差が出ているようです。

しかし、値段では2万5千円と大きく差がでています。

性能にはあまり違いがみられないので、安い方のロードバイク1.1を購入し、浮いたお金でほかの装備を整えてしまうのがおすすめです。

トレックのロードバイク「エモンダ」も180cm以上対応

トレックには、身長180cmの人におすすめなロードバイクがほかにも

【TREK(トレック):Émonda ALRシリーズ】

こちらも180cm以上対応のロードバイクです。

エモンダALR(ALR4、ALR5)は、アルミフレームで20万円あれば買えるロードバイクです。

近年では、走りの質においても重要視されたアルミフレームロードが、アメリカメーカーから出始めています。

その中でも高い評価を受けているのが、エモンダALRです。

キャノンデールのCAAD12やジェイミスのICONなど、他のロードバイクと比べてエモンダALRは、フレームの素材の良さが顕著です。

上級モデルと同様の設計・カーボン素材で作られているフロントフォークとコラムより、振動吸収性に優れ、ハンドルさばきにもキレがみられます。

また、ALR4にはティアグラ、ALR5には105が組み合せられていて、コストパフォーマンスも良いです。

エモンダALRは、長距離ライドやレースまで幅広くこなせる万能ロードバイクです。

エモンダALR4は身長186cmまで、ALR5は身長192cmまで対応してるので、身長180cmの人でもサイズ選びに苦労しないでしょう。

トレックのロードバイクならドマーネも

身長180cmの人向けにおすすめなトレックのロードバイクは、まだあります。

【Domane(ドマーネ)ALR4】

フレームにISO-SPEEDと呼ばれる振動吸収機構を搭載しており、多少の悪路でも快適性を失いません。

ISO-SPEEDは、上級グレードのテクノロジーであり、最新技術のフレームでもあります。
アルミフレームながら、カーボンフレームのような特性を持っています。

その技術は溶接部分にもあり、少ない素材でより高い強度を出すことに成功しています。

コンポには、シマノ・ティアグラを採用しているので、趣味で乗る分には十分な性能を発揮してくれるでしょう。

ドマーネALR4は、タイヤを装着できる太さの幅が広がり、28mm幅のタイヤを装着しています。
そのタイヤの太さにより、安定感を得ることができ、疲れにくい乗り心地を実現しています。

通勤・通学はもちろんのこと、ロングライドをする人には、とくにおすすめなモデルです。

180cm以上のロードバイクはたくさんある

180cm以上は日本では高身長の部類に入りますが、だからといってサイズの合うロードバイクが無いわけではありません。

ご紹介させていただいたように、トレックには180cm以上の乗れるロードバイクはたくさんありますし、他のブランドにもあります。

高身長を理由にロードバイク選びを諦める必要はありません。
あなたにぴったりなロードバイクを見つけてください。