豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車と人間の歩く・走るスピードや消費カロリーについて

      2017/03/17

自転車と人間の歩く・走るスピードや消費カロリーについて

自転車と人間の歩いたり走ったりするスピードは違います。
それは、道行く人たちを見ていても感じられると思います。

では、具体的には自転車と歩く・走るスピードは、それぞれどのくらいなのでしょうか。

また、それぞれの運動で消費カロリーに違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


自転車のスピードは種類によって大きく変わる

昔の人間の移動手段は、徒歩でした。

現代では車社会で、自転車という便利な乗り物もありますが、ルールを守らないと怪我をしたり、危険を伴うこともあります。

一般の18歳~65歳までの自転車を利用する人を対象にした国土交通省の調査によると、車道を走る自転車の走行速度は平均で時速15kmでした。

自転車といっても種類があるので、スポーツ自転車とママチャリなどのシティ自転車の平均速度なのかは、定かではありません。

たくさん種類がある自転車ですが、その種類ごとに平均時速は異なります。

ママチャリの平均時速は12~19kmほどです。
このママチャリは、子供からお年寄りまで、多くの人に利用されています。

運動能力の高い人が乗ると、状況によってはもっとスピードが出るかもしれません。
下り坂や追い風のときなら、スピードも出やすく、平均時速より出ているかもしれません。

通勤・通学や買い物のときの利用だと、時速15kmほどと言われています。

スポーツ自転車はママチャリよりも速い

ママチャリは安価で頑丈な造りをしており、スピードを求めるために造られてはいません。
これからご紹介する自転車の種類は、スピードを求める人に向いています。

《ロードバイク》

ロードバイクの平均時速は20~30kmと少し速めで、人間の力で動く乗り物の中で、一番速度が出る乗り物と言われています。

元は競技用の自転車なので、スピードが出やすいように車体が軽い設計になっています。
車輪は半径が大きめで、路面との抵抗を減らすために細いタイヤになっています。

舗装道路では一般の人でも、時速40kmほど出すことも可能です。
競輪選手では、時速100kmに到達してしまうこともあるようです。

スピードが出るので、周囲の安全を考慮して、自身もヘルメットの着用をしましょう。

《マウンテンバイク》

マウンテンバイクの平均時速は18~25kmほどです。

このマウンテンバイクは、山道や凹凸な場所でも走ることに対応している自転車です。
タイヤは大きくて太く、車体も重くて丈夫な造りになっています。

安定性があるので、急な下り坂では時速70㎞も出ることがあり、人によっては恐怖を感じることもあるでしょう。

《クロスバイク》

クロスバイクの平均時速は18~25kmで、マウンテンバイクよりもシンプルなデザインの自転車です。

このクロスバイクの名前の由来は、マウンテンバイクとロードバイクの良いところを「クロス(交配)」したことからつけられました。

ロードバイクの利点である車体の軽さを受け継いでいるので、走行時のスピードが上がりやすいです。
しかし、タイヤが太いため、平均時速はマウンテンバイクとそこまで変わりません。

人間の歩くスピードと走るスピードについて

車など移動手段がない場合、人間は足をつかって歩いたり走ったりして移動しますが、少し急いでいるくらいなら早歩きもします。

歩くのと走るの境界線は、どこなのでしょうか。
歩く速度は平均4㎞/hほどです。

よく、不動産物件のチラシなどで駅まで徒歩○分とあるのは、1分間に80m進むことを前提にして、時速4.8kmの計算です。

走る速度は個人差もありますが、一般的には歩く速度の4倍と言われています。

この計算だと、走る速度は一般的に時速16㎞になります。

ちなみに、競歩の選手は時速15kmほど出ているので、一般人が走る速度とほとんど変わりません。
人間の限界というは、未知数です。

競歩は俗に言う早歩きですが、この早歩きで時速8kmを超えるようなら、走ったほうが効率が良いとされています。

自分の時速が分からないという人は、スマホのアプリで計測できるものがあるので、それらで試してみましょう。

人間が走ると言われる速度の境界線

人間の走るスピードは、アスリートの人では、自転車と並走できるくらいのスピードを出す人もいます。
そうは言っても個人差もありますし、走るのが苦手な人なら、あまり速いスピードで走るのは無理でしょう。

また、走り方によっても出せるスピードは変わってきます。

代表的なもので、ジョギングとランニングでは何が違うのでしょうか。

ジョギングのジョグ(jog)とは、ゆるやかな速歩という意味があります。
ゆるやかな速歩というのが、具体的にはどのくらいの速度なのか気になるところです。

ジョギングは、健康促進を目的とした走り方なので、トレーニングのようなきつい運動ではなく、自分のペースにあった走り方ということになります。

国立健康・栄養研究所が規定したジョギングの運動強度は6.0です。
具体的な速度は時速6.4kmとのことですので、少し早歩きになっているくらいの速度になります。

一方のランニングのラン(run)とは、走ることです。
数値上では時速6.4kmを超えたら、ランニングにみなされるようですが、前述したように個人差があります。

トップアスリートが「ジョギングだよ」と言う速度と、一般的な人が言う「ジョギングだよ」の速度の違いはあるでしょう。

自分の速度が平均的なのかを、知っておくくらいはしたほうが良いかもしれません。

自転車の消費カロリー

体重50kgの人間が自転車を時速20kmほどで60分漕ぐと、消費カロリーは約400kcalになると言われています。

時速20kmをママチャリで出すのは、とても労力がいります。
ロードバイクであれば、すんなりと出せるはずです。

自転車には変速機能が付いているので、同じ時速20kmでもギアの重さによって、消費カロリーは変わってきます。

もし、自転車を活用してダイエットをするのであれば、通勤・通学や買い物などで自転車に乗るだけでも効果があります。

自転車を漕ぐことは、酸素を取り込みながらの有酸素運動になるので、ダイエット効果が期待できるといわれています。

なかでも、ロードバイクは前傾姿勢になるので、下半身だけでなく上半身の筋肉にも刺激が入ります。

カロリー消費の効果的な時間は15分後からなので、少なくても20分以上するのが効果的です。
ギアを重くしすぎると、無酸素運動になって効果が半減する可能性があるので、注意が必要です。

無理に筋肉を動かそうとせず、ゆっくり同じペースを持続できるように、自転車を漕ぎましょう。

人間が歩く・走る場合の消費カロリー

自転車でのカロリー消費は分かりましたが、ウォーキングやランニングのカロリー消費はどのくらいなのでしょうか。

同じ距離でも、歩くのと走るのでは、消費するカロリーも違ってきます。
体重50kgの人間が歩いたときの消費カロリーは、速度や歩き方によっても違いがあります。

腕を振って少し大股で歩くウォーキングの場合は、60分で260kcalほど消費します。
普通に歩いた場合では、60分で160kcalほど消費します。

ランニングの場合、体重が50kgの人間の計算だと、8km走ると400kcalほど消費します。

ランニングはアスファルトなどの硬い道を走り続けると、体への負担が大きくなります。

ウォーキングよりもランニングが好きな場合は、足や体をサポートしてくれる靴を用意して、運動前後のストレッチなども念入りにしましょう。

辛いときには無理しないで、走り続けるのではなく、歩くことと組み合わせてみるのもよいでしょう。

カロリー消費なら自転車がおすすめ

自転車の場合は、歩いたり走ったりするよりも、膝に負担がかかりません。
また、スピードが出るので、景色の移り変わりを楽しみながら運動できます。

なので、ストレスが溜まりにくく、誰にでも続けやすい自転車の方が長い目で見ると、カロリー消費に適しているのではないでしょうか。

痩せたいと思ったら、自転車に乗ることをおすすめします。

 - 自転車種別 速度