豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

身長が小さい女性へのススメ。ロードバイクの選び方!

      2017/03/20

身長が小さい女性へのススメ。ロードバイクの選び方!

男性向けのロードバイクが多いので、身長が小さい女性はロードバイク選びも難しいところです。

身長が小さい女性はロードバイクを購入するとき、どこに注意したらいいかご紹介していきます。

サイズ選びは、慎重におこないましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


身長が小さい女性にとって、ロードバイク選びは難しいところ!

小さい女性が、ロードバイクを選ぶ際の基準についてご説明致します。

身長が小さい女性がロードバイクのモデルを選ぶときには、ご自身の体型に見合ったサイズがないということがあります。

なぜなら、ロードバイクのユーザーというのは男性が主体になっているので、ロードバイクのモデルも、身長170cmから身長175cmが中心のサイズが多いのです。

もし、買いたいモデルが見つかっても、サイズが合わなければ、快適に乗りこなすことができない場合もあります。

その理由は、ロードバイクというものはサイズが合わないと、ポジションを無理に作ってしまうために、トラブルや体の痛みなどに繋がってしまうことがあるからです。

そして、ロードバイクのメーカーごとに、身長が高い人には大きめのフレームサイズ、身長の低い人には小さめのフレームサイズがあります。

ロードバイクのサイズを決定する際には、知識のある店員と相談し、実際にロードバイクに乗車して決めることが大事です。

身長の小さい女性は、サイズ選びに注意しよう

身長の小さい女性がロードバイクのサイズを選ぶとき、気をつけた方が良い点があります。

まずは、ロードバイクのパンフレット等に書いてあるサイズです。
サイズはロードバイクのメーカーごとに表示単位が違ったり、メーカー独自のサイズが表示されていることもあり、気をつけた方が良いでしょう。

また、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズというサイズが書かれていても、全メーカー共通のサイズではありませんので、メーカーごとに個別に調べていく事が大切です。

なぜなら、AというメーカーのMサイズが自分にピッタリだと思っても、BというメーカーのMサイズは自分にとって、小さいサイズだったという可能性があるからです。

ロードバイクにとって、サイズ選びは重要なことです。

良いロードバイクを買ったとしても、自分に適したサイズでなければ、ロードバイクの本来の走りというものを味わうことができなくなります。

なので、ロードバイクのサイズを選ぶということは、非常に大切なのです。

ロードバイク選びは、適正身長を知ることが大切!

男性であっても、女性であっても、自分に合ったロードバイクを選ぶには、適応身長というものを知ることが大切です。

自分の身長に合ったロードバイクのサイズを見つけるには、ロードバイクメーカーのサイトをチェックするという方法があります。

メーカーのサイトには、ロードバイクのサイズ表などが記載されていると思います。
また、サイズ表というものはピッタリのサイズではなく、サイズに余裕を持たせて制作されています。

ですので、その人にとってピッタリのサイズ以外であっても、小さいサイズや大きいサイズになってしまうこともあります。

もし、ロードバイクを購入する際に、小さいサイズか大きいサイズかで迷った場合には、自分にとって小さいサイズを選んだ方がいいでしょう。

なぜなら、大きめロードバイクよりも小さめのロードバイクの方が、購入後のサイズ調整が容易だからです。

また、ロードバイクのフレームは小さめである方が、ハンドルとサドルの高低差を付けやすくなりますので、前傾姿勢をより深くすることも可能なのです。

身長ごとに、トップチューブにも注意しよう!

小柄な人も大柄な人も、男性や女性も、身長に合わせたトップチューブを選択することが重要です。

また、ロードバイクを快適に乗りこなすには、トップチューブの長さというものが大切になってきます。
自転車の長さはトップチューブの長さに比例しています。

例えば、身長が小さい人や腕が短い人が、トップチューブの長いロードバイクに乗ると、無理な姿勢になるなどをして、腰などを痛める原因になることもあります。

ロードバイクに試乗できればいいのですが、ロードバイクをパーツ単位で購入する、カタログによる受注生産品などである場合には、試乗できないケースもあります。

また、メーカーやフレームなどによって、トップチューブの長さの基準は変わりますので、メーカーごとの適応身長表をチェックしておくと良いでしょう。

トップチューブがサドルに近付くつれ、下がっているスローピングフレームが主流になってきています。
この形状のトップチューブの特徴は、身長が小さい人でも適応の幅が広いということです。

身長が小さい女性は、小さいサイズがあるモデルから選ぶのもあり!

身長が小さい女性は、お気に入りのロードバイクを見つけることが困難な場合があります。

そんなときは、女性専用に設計されたロードバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

女性でロードバイクに乗る人が増えるのに合わせて、各メーカーも女性用のロードバイクを販売しはじめました。

女性専用に設計されたロードバイクは、フレーム、パーツ等も女性向けに設計されています。

普通のロードバイクを購入して、パーツ交換などで女性向けのロードバイクにカスタマイズするのと比べて、手間暇もかからず、コスト面などでも優れています。

また、女性向けのロードバイクは、ハンドルを握りやすくする工夫がされています。
女性の体格に合うように、ハンドル幅が狭く作られており、レバーは小さい手でも握りやすくなるように工夫されています。

そして、女性でも上り坂に苦労しないように、ギアにも配慮されているモデルがあります。

他にも、長時間の走行でもお尻が痛まないように、女性の骨盤に適合したサドルになっているなど、心遣いが嬉しいモデルもあります。

身長が小さい女性向け!おすすめロードバイク

上記でご紹介したように、女性用のロードバイクは増えてきているので、それらの一部をご紹介します。

【SPECIALIZED(スペシャライズド):RUBY】

RUBYは、女性チームによって設計されたロードバイクです。

このロードバイクは小さい女性であっても、乗りやすいようにフレーム部分のトップチューブは角度を深めにした造りになっています。

シマノ・ティアグラを採用し、女性でもスムーズな走りができるようになっています。

【Liv(リブ):AVAIL 3】

リブは、ジャイアントの女性専用メーカーです。

リブは、身長145cmから乗車可能なモデルがあるだけでなく、トライアスロン用のモデル、エアロモデルなど、女性向けのモデルには珍しいグレードの高いモデルも充実しています。

アベイル 3は、ジャイアントのDEFYを女性向けの設計にカスタマイズしたロードバイクです。

身長145cmから乗車可能なサイズがあり、乗り心地をを大切にしたモデルとなっています。
そして、ドロップハンドルに不慣れな人でも安心して乗れるように、補助ブレーキがついています。

小柄な女性でも乗れる、ロードバイク

ロードバイク選びに、サイズはとても重要だということが、お分かり頂けたでしょうか。
特に身長の小さい女性など、ロードバイク選びは難しいと思います。

今回ご紹介したロードバイク選びのポイントを踏まえて、参考にしてみてはいかがでしょうか。

女性専用設計のロードバイクに絞ってしまうというのも、ひとつの手ですよ。

 - 自転車 サイズ