豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ロードバイクのハンドルにstiレバーを取り付けてみよう!

2017.4.9

pwk0001530-1.jpg

stiレバーは、シマノ・トータル・インテグレーションの略で、ハンドルから手を離さずにブレーキバーで変速操作ができるシステムのことです。

ここでは、ロードバイクに取り付ける作業についてご説明していきます。

ブレーキ系統とシフト操作のトランスミッションにも関係してくるので、作業は平行して行います。

組み立てながらポジションを合わせていく場合は、乗車しながらライディングポジションを決めてみてもいいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています
pwk0000733-1.jpg

ロードバイクのペダルを交換するとタイムは変わるの?

ロードバイクに乗っている人なら、ペダルを交換している人も多いと思います。もしくは最初から専用のビンデ...

pwk0001354-1.jpg

アルテグラ6800系を装着して、ヒルクライムに出かけよう!

ヒルクライムをしたことはありますか? ロードバイクを持っている方は、ヒルクライムの経験があるか...

pwk0001714-1.jpg

シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツごとにカスタマイズしていくのが楽しくなっ...

pwk0000900-1.jpg

自転車のクランクとBBを交換すると?

自転車のクランクとBB(ボトムブラケット)の交換は、より自転車の性能を上げるために初期装備より、グレ...

pwk0001356-1.jpg

ママチャリのハンドルをフラットバーに交換しよう!

街で走っている自転車は、ママチャリ、クロスバイク、ロードバイクなど様々です。 ハンドルを見比べ...

pwk0001772-2.jpg

カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMTBに採用されていましたが、現在はシクロク...

pwk0001051-1.jpg

自転車のスプロケットの交換時期の見極め方!

ロードバイクや、クロスバイクのような、後ろに変速機が付いている自転車は、後輪にカセットスプロケットと...

pwk0000557-1.jpg

自転車のリム交換できるかな?チャレンジしてみよう!

ロードバイクなどに乗っていて「走りを変えたい...!」と思ったとき、手っ取り早いのはタイヤ・ホイール...

pwk0000668-1.jpg

自転車シフトワイヤーの交換に関するHOW TO(方法)

自転車のシフトワイヤーのメンテナンスを怠っていませんか?と言っても、シフトワイヤーにはどんな種類があ...

pwk0001770-2.jpg

mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれています。 しかし、クロスバイクは両者...

pwk0001118-1.jpg

シマノのコンポ。soraと105の違いはどれくらいあるのか

自転車部品界の有名どころといえば、シマノです。 その性能の良さやブランドの信頼性から、多くのライダ...

pwk0001663-1.jpg

自転車のフロントフォークを交換したい!サイズが合うか?

自転車のフロントフォークを交換したいと思ったことはありませんか? スポーツ自転車などは比較的エ...

pwk0000458-1.jpg

ロードバイクのコンポを載せ替え!どんなメリットがある?

ロードバイクの話をしていると「コンポ載せ替えようかと思って」「コンポ換装してみたよ」などよく聞きま...

pwk0000799-1.jpg

ロードバイクとクロスバイクのグリップの交換方法を紹介

グリップはロードバイクやクロスバイクの操作するハンドルを握る上でとても重要なパーツです。ロードバイク...

pwk0001499-1.jpg

soraグレードのブレーキは交換したほうが良い?!

シマノのsoraは入門者や初心者にとって、手を出しやすい価格と性能を持ち合わせており、自信を持っ...

スポンサーリンク

ロードバイクにstiレバーを取り付ける

ロードバイクにstiレバーを取り付けたいのなら、最初にハンドルとステムを取り付けてください。

その後は、ヘッドがガタつかなくなるまで、トップキャップを調整するアンカーボルトを締めます。

きつく締めるとハンドルが重くなってしまい、ヘッドの調子も悪くなるので、くれぐれも力加減には気を付けてください。

ハンドルの位置が決まっていれば、この段階でハンドルも固定してしまいます。

全てのボルトを、同じくらいの力を込めて締めていきましょう。
4箇所を締めていく場合は、クランクキャップとの距離も同じになるように調節して、アルファベットの「X」を描くように締めていきます。

あとでポジションの微調整をするなら、完全には留めないでおきましょう。

続いて、ハンドルが斜めになっていないかを確かめて、ステムが動かないように軽く留めます。

もしも、この時点で、フォークコラムがそのままの長さで、フロントブレーキなどが外れており、ヘッドセットの調整も済んでいなければ、先にそれらを終わらせてください。

コラムを切る際、長さを間違えてしまうと、フォークが使えなくなる可能性があります。

自分では失敗してしまいそうだと思うのなら、専門店に持って行き、プロに組み立ててもらいましょう。

ポジションを決めてからstiレバーを固定

ロードバイクのグリップの位置を決める際、乗りながら行う場合は、stiレバーを軽く留めるくらいにしておきましょう。

また、位置を決定するにはチェーンを取り付ける必要があるので、シフトワイヤーもまとめて装着します。

これはチェーンの長さを合わせるために、フロントディレイラーを後ろのギアへと動かさなければならないからです。

なお、乗らないで位置を決めるのなら、この段階で完全に固定してしまいましょう。
そのときは、ブレーキワイヤーを先に取り付けてください。

stiレバーを取り付けたら、ブレーキのインナーワイヤーを、ブラケットに差し込んでやります。
作業をスムーズに進めたければ、インナーワイヤーを通してから、stiレバーを付けると良いでしょう。

stiレバーの設置が済んだら、グリップを操作して位置と角度を調整します。
ハンドルの角度によっては、stiレバーの位置から見直さなければならないでしょう。

バーテープを巻いた後では位置を変えにくくなるので、その前に自分が最も馴染むところを探しましょう。

しっくりくるポジションを発見したら、ステムのボルトを使い、ハンドルを留めましょう。

stiレバーもきっちりと締めて、動かないことを確認できたら完了です。

ロードバイクのレバーを握ってなじませる

ロードバイクにstiレバーを取り付けたら、ハンドルにビニールテープでアウターケーシングを留めます。

切り落とす部分には、やすりをかけて平らにしておきましょう。

こうすれば、潰れたバネがインナーケーブルと接触することで引き起こされる、ブレーキのトラブルを防ぐことができます。

切った後は、ライナーチューブを千枚通しなどを使って広げ、インナーケーブルを抜き取ります。

このとき、レバーを輪ゴムでハンドルに括り付けておけば、作業がしやすくなります。

なお、アウターケーシングの受け側から長さを測定する場合、必ずブラケットに差し込むぶんである、2cmを加算した長さで切り落としてください。

スムーズに進めたいのなら、ハンドルの曲がっているところをテープで留めておくと良いでしょう。

ブレーキキャリパーの設置が済んだら、アウターケーシングとインナーケーブルが馴染むように、10回ほどレバーを握ってください。

こうすると調整後に乗ったとき、ブレーキを操作した感覚が大幅に変わります。
もしもアウターワイヤーが浮き上がってきたら、もう一度ビニールテープを巻き付けてください。

調整はこれくらいで構いませんが、他にも細かいところの確認や調節を好みによって行いましょう。

ロードバイクのガタつきチェックしてワイヤーをセット

ロードバイクのブレーキの調整がひと通り済んだら、ヘッドがガタついていないか調べてください。
ガタつきがあれば、ステムを留めているボルトを緩め、もう一度調整し直します。

ガタついていなければ、ボルトをステムがやや動く程度に緩めて、フレームとタイヤが真っ直ぐになるようにして、壁に押し当てます。

そのままタイヤとハンドルの真ん中辺りを重ねてやり、ハンドルのセンターを出しましょう。
大丈夫そうなら、ステムをしっかりと固定してください。

続いて、シフトワイヤーを取り付けます。

インナーケーブルは、stiレバーのインデックスシステムが、前はインナー側に後ろはトップ側に、それぞれ最初の位置にあるかどうかを確かめてから通しましょう。

ついでに、ブレーキキャリパーのクイックリリースレバーも解除すれば、作業がスムーズに進みます。

もしもケーブルを取り付けないでレバーを動かすと、動かした後で元に戻すことができなくなる可能性があります。

くれぐれも気を付けてください。

バーテープを巻いてロードバイクの調整完了

stiレバーが取り付けられたら、細かいところを確認していきます。

アウターケーシングはハンドルを左右に操作したとき、特に引っ掛かることがなく、滑らかに回すことができるのなら、どれくらいの長さでも構いません。

ですが、長すぎればハンドルが重くなりますし、短すぎるとカーブでコントロールが上手くいかなくなることがあるので、気を付けてください。

仕上げに、バーテープを巻き付けます。

ハンドルの前に立ち、テープの端をハンドルバーの先端から半分ほど出したら、バーの下側からぐるりと外側に向かって、ひと回りさせます。

コルクテープなら真ん中の膨らんでいる部分に端を合わせて、斜めに巻いていけば、綺麗な仕上がりになるでしょう。

巻き終わったらバーの真ん中に合わせるように、ステム側のテープを斜めに切ってから一周させれば、端が揃います。

あとは飾りテープを巻き、キャップを装着すれば作業終了となります。
これを、左右両方とも行ってください。

バーテープの長さは、メーカーによって違います。
ハンドルの幅次第では、長さが足りないこともあるかもしれません。

まずは接着部分に付いている紙を剥がさないで、どれくらい巻き付けられるのかを調べると良いでしょう。

これでロードバイクの調整と、stiレバーの設置は終了です。

ブラケットカバーでstiレバーをお気に入りカラーに

アウタートップはゴルフクラブのグリップなどを販売しているメーカーですが、ロードバイクのstiレバーに被せるブラケットカバー「シェイクスフード」を開発しました。

ソフトとハードの2つのタイプから選ぶことが可能で、色は全部で9色と幅広く揃えています。

シェイクスフードは、基本的にアルテグラへの使用を想定していますが、105やティアグラにも問題なく使うことができます。

取り付けに掛かる時間も10分程度と早く、乗ったときにレバーへ指を引っ掛ければ、表面のでこぼことした感触がはっきりと伝わってきます。

立ち漕ぎなどを行う際も、レバーにはどこを握れば良いのかというポイントが、きちんと配置されているので、コントロールがやりやすいかと思われます。

このレバーの効果は素手で握ったときが最も発揮されやすく、粒々とした手触りも不快ではなく、心地良いと感じられることでしょう。

シェイクスフードは、形を決めるところから色付けまでの工程を、全て手作業でこなしています。

品質は申し分なく、交換や性能の向上、色の組み合わせなどをまとめて頼むことができる、理想のパーツと言えるでしょう。

ブレーキ周りの調整は念入りに

ロードバイクはもともとレース用の自転車ですので、思い通りの操作をするためには、初期調整をしっかり行う必要があります。

思ったよりもスピードが出ますので、ハンドル回りやブレーキ周りの調整は、特に気を付けて行っていきたいですね。

 - 自転車 パーツ交換