豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

間違っていませんか?自転車のタイヤ空気の正しい入れ方とは

      2017/04/11

間違っていませんか?自転車のタイヤ空気の正しい入れ方とは

自転車に乗っていて、なんだかタイヤ空気が抜けている気がする。
タイヤ空気を入れてみたけど、すぐに戻ってしまう。

そんな方は、もしかしたら、空気の入れ方が間違っているのかもしれません。
今回は、タイヤ空気の正しい入れ方についてご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


自転車のタイヤ空気を入れる前に行うこと

自転車のメンテナンスの中で重要なことのひとつに、タイヤ空気を入れることが挙げられます。
タイヤの空気を入れる前に、下記のことをまず行う必要があります。

バルブを上側にします。

ギアの位置によっては、作業中にチェーンが外れてしまう可能性もあるので、フリーが空回りするように、後ろ車輪を前進する方向に回す必要があります。

このことさえ気をつければ、あとは、普通に空気を入れるやり方で作業をすすめていきます。

バルブキャップをはずす際に、キャップがなくならないように気をつけながら外し、バルブの先にあるねじを緩めていきます。

この作業によって、空気の出入りする道を確保することになります。
バルブの先にあるねじを緩めたときに、一瞬上から押すと、空気が抜けていきます。

空気を入れる前に、この空気を抜く作業も、実は大事なことなのです。
これによって、空気の出入りする道を確保し、空気が入れやすくなるのです。

タイヤ空気を入れるときはバルブに注意

準備が整ったら、自転車のタイヤ空気を入れていきます。

空気を入れる際には、バルブと空気入れの口金をしっかりセットする必要がありますが、この口金はバルブの種類によって、異なった形になっています。

仏式/米式共通タイプは、いわば万能のもので、とにかくつっこんでレバーをロックすれば、問題なく空気が入っていきます。

ただ、このレバーには、たて型タイプのものと寝かせるタイプと2種類あります。

人気がある口金は、「ヒラメ ポンプヘッド横型」という商品で、口金の締め付け具合を調整できるのです。

レバーでロックをかけたときに、しっかりと口金が締め付けられた感触もあるので、ちゃんとセットできたかどうかも、すぐに確認することができます。

また、リムが高かったり、バルブステムが短かったりしても、しっかりと固定してくれるのです。

この商品は日本の職人が手作りしているため、量産ができず値段もそれなりにするので、購入するきっかけが必要になるかもしれません。

シマノプロのフロアポンプに多く採用されている両口は、値段も良心的で、しっかりと固定できるのでおすすめです。

タイヤ空気をしっかり入れるコツ

自転車のタイヤ空気を入れるために、口金を突っ込み、バルブをしっかりと固定できたら、ポンプのハンドルを握って空気を送りこんでいきます。

このとき、空気入れがふらつかないように、両足でしっかりと抑える必要があります。

ハンドルが下まで下がらず、一番下まで下げようとして、ジャンプしながら入れる人がいますが、これはかなり危険な行為なので止めましょう。

ジャンプしたときにバランスを崩してしまい、自転車もしくは自身が転倒する危険性があります。

ですから、空気入れを両足でしっかりと抑え、ハンドルをゆっくりと一番上まで引き上げ、また一番下までポンピングして空気を送り込んでいきます。

ジャンプしても、なかなか一番下までハンドルは下がらず、空気はなかなか入っていきません。

結局は、ハンドルを一番上まで上げ、一番下までポンピングする方が、確実に早く空気は入っていきます。

また、ポンプのハンドルは端よりも、中央付近を持ったほうが、力を乗せやすいです。

自転車の最適タイヤ空気圧はさまざま?

自転車のタイヤ空気を入れる際には、やみくもに空気を入れたらいいわけではありません。

空気圧を気にしながら、空気を入れていく必要があります。

この空気圧は、ロードバイクやクロスバイク、MTBなど自転車の種類によって変わってきますし、タイヤのサイズや太さによっても変わってきます。

ですから、空気を入れる前に、タイヤのサイドに記載されている、適正空気圧を確認しておくことが大切です。
そして、空気入れの気圧計をしっかりとチェックしながら、適正空気圧になるように入れていきます。

空気圧に使われている単位はpsiとbarなどがあり、psiは主にロードバイクに使われていて、ポンド・スクエア・インチの略です。

また、barは自動車やオートバイにも使用される単位で、MTBなどの太いタイヤを中心に使用されています。

細いタイヤは、空気の量がしっかりと入っていないと、パンクしたりトラブルのもとになってしまいます。
しっかりと適正空気圧になるまで、空気を入れるようにしてください。

空気がしっかりと入ったら、バルブの先端が曲がったりしないように、真上の方向を意識しながら、口金を抜いていきましょう。

あとは、空気を入れる前と逆の手順を踏んで、バルブの先にキャップをつけて終了です。

自転車のタイヤ空気がすぐ抜けてしまうのは、虫ゴムが原因かも?!

自転車のタイヤ空気の入れ方を、注意すべき点などに着目しながらご説明してきました。

しかし、ママチャリや一般的な安めの自転車では、せっかくタイヤの空気を入れたところで、すぐに空気漏れが起こる場合があります。

この場合には、空気漏れを防ぐために取り付けられている虫ゴムが切れたり、破れたりして劣化している可能性があります。

自転車屋さんに行って虫ゴムを交換してもらうと、500円ほどかかるでしょう。
ですが、虫ゴム自体は100均でも購入できます。

また、交換も簡単にできるので、自分で交換してみましょう。

虫ゴムが劣化しているかどうかは、切れたり破れたりしているので、見た目ですぐにわかります。

傷んだ虫ゴムを引き抜き、新しい虫ゴムを凹凸に合わせながら、リングを時計回りに回して、止まるところまで差し込んでいきます。

最後に空気を入れて、キャップをかぶせて出来上がりです。

女性でも、簡単に交換することができます。

自転車のタイヤに空気が入らない?そんなときの対処法!

自転車のタイヤ空気を入れたいのに、入っていかない場合があります。

このときに考えられる原因は、いくつかあります。

まずは、タイヤがパンクしているということです。
この場合、空気を入れても全くタイヤなどが膨らまないので、すぐにわかります。

また、極小の小さな穴が開いている場合には、空気を入れた直後は大丈夫でも、数日後に空気が抜けたりすることがあるので、注意が必要です。

また、空気を入れるときの抵抗力を全く感じなかったり、タイヤが膨らまない場合には、ポンプの取り付け方が間違っている可能性もあります。

空気の出る穴の位置がずれていないか、チェックしてみてください。

これは、気付かないことが多いパターンですが、ポンプ自体が壊れている可能性もあります。
その場合は、新しいものを購入しましょう。

また、ハンドルが硬すぎて空気が入っていかないという場合は、虫ゴムがこびりついて、空気が中に入っていかない可能性があります。

この場合には、虫ゴムを取り換えて対処してください。

正しい方法でこまめに入れよう!

今回は、正しい自転車のタイヤ空気の入れ方についてご紹介しました。
一見、簡単なタイヤ空気入れですが、意外と細かいコツがあることがわかりましたでしょうか。

また、普段行っている方法と違っている点はありませんでしたか?
正しい方法で、タイヤ空気を入れることでパンクを防ぎ、乗り心地も快適になるでしょう。

 - タイヤ チューブ