豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

      2017/05/29

自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

自転車を欲しいけど、どんなものがいいかわからない…
シンプルなものがいいな…なんて方はいませんか?

そんな方には、シングルスピードがおすすめです!
今回は、シングルスピードを買う際におすすめのブランドをご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


そもそもシングルスピードって何?

シングルスピードとは、変速機の無い自転車のことです。

変速機が無ければ、ママチャリでもシングルスピードということになりますが、主にはマウンテンバイクやロードバイクなどの変速機が付いている前提の自転車が対象です。

ピストバイクと呼ばれる変速機の無い自転車がありますが、原則ピストバイクは固定ギアですので、フリーホイールのシングルスピードとは違います。

固定ギアは惰性や下り坂などでペダルを漕がないときも、ペダルが回り続けているので足を止められません。
シングルスピードは基本的には普通の自転車と同じで、ペダルを漕ぐのを止めれば回転は止まります。

さらにピストバイクは、本来、競輪やトラック競技に使われるもので、ブレーキが付いていません。

日本で販売されている物は、公道でも走れるようにブレーキが付いているので、純粋なピストバイクと呼べるかは微妙で、シングルスピードと呼んで販売しているブランドもあります。

シングルスピードは変速機が無いぶん車体が軽いですし、スポーツ自転車の変速機周りはトラブルが多い箇所なので、そのストレスが無いのがメリットと言えるでしょう。

自転車を買うならシングルスピード!王道ブランドは?

先ほども少し触れましたが、厳密に言えば、ピストバイクとシングルスピードは似て非なる自転車です。
販売の便宜上、ブレーキも付けて公道を走れるようにした物でも、ピストと呼ばれているだけです。

今回はシングルスピードの一種としてピストを扱いますが、本来の違いについては覚えておいてください。

さて、シングルスピードの人気ブランドといえば「LEADER BIKES」ですね。

レース仕様であるピストバイクを、普段の街乗りでも使えるように開発したブランドです。
発足したのが1999年と歴史の浅いブランドではありますが、一気にピストバイクブランドの頂点に駆け上がったブランドです。

「ストリート最速」をテーマに掲げ、従来のピストバイクとは一線を画すような、大胆な極太エアロフレームには、空力・軽さ・耐久性の全てが備わっています。
アーティストや俳優など、多くの有名人が愛用していることでも知られ、人気の後押しになっています。

シングルスピードの自転車を購入しようとした場合は、まず真っ先に選択肢に入れたいブランドです。

日本の自転車ブランドの魅力

ピストバイクはシングルスピードであるがゆえに、やはり街乗りが用途の中心と考えて良いでしょう。
そうなってくると、日本独自の道を熟知した日本のブランドも視野に入ってきます。

日本のメーカーの中でも代表的なのは「FUJI」です。
現在は別国ですが、元は日本です。

クロモリ素材の自転車を数多く作っており、細身でスタイリッシュなクラシカルフレームのファンが多いブランドです。

シングルスピ―ド車としては「FEATHER」が定番モデルです。
ひと目で分かるクロモリフレームで、シンプルですっきりしたFUJIらしいフォルムです。
タイヤがロードバイクに比べると、やや太めの25Cを採用しているので、街乗りにも最適でしょう。

さらには、お手頃な価格も見逃せないポイントです。
シマノ・ソラを搭載した同グレードのロードバイクに比べ、約3万円のコストダウンは見逃せません。

コストダウンしているので、自分好みにカスタマイズしていける楽しみも広がるはずです。
フレームがシンプルなので、パーツの存在感が際立ちますよ。

自転車を買うならシングルスピード!海外ブランドの魅力

再び海外ブランドに目を向けてみますと、世界のファッション誌が認めるほどのモダンで美しいデザインが特徴的な「Focale 44」があります。

フランスに拠点を置くピストバイクのブランドですが、とにかくシンプルでスタイリッシュなクロモリフレームに、その他のパーツは全て単一色で統一されていて、見た目の美しさは群を抜いています。

走行面においても、スペインの企業から意見を吸い上げ、どのような環境でもしっかりと対応することができます。

次にご紹介する「SCHWINN」は、現存するアメリカ最古の自転車メーカーで、シングルスピード車は3万円台から購入できるのが魅力です。

シングルスピードらしく、スタイリッシュな見た目と太めのタイヤで、入門機としては申し分ない自転車です。

アメリカからは「STATE BICYCLE」もおすすめです。
コストパフォーマンスの良さが評価されていて、独創的なカラーも特徴です。

イタリアには「MASI」という老舗ブランドがあります。
中でも特徴的な1台は、ミニベロとピストを融合させた「ミニベロ・フィクスド」で、MASIならではの革新的アイデアが光ります。

スペシャライズドのシングルスピード自転車

アメリカのカリフォルニアに拠点を置く、自転車ブランドの「スペシャライズド(SPECIALIZED)」。

スペシャライズドはロードバイクやマウンテンバイクはもちろん、ヘルメットやシューズ、グローブなど、自転車用品の開発にも力を入れています。

そんなスペシャライズドの、人気シングルスピ―ド自転車をご紹介します。

【スペシャライズド:ラングスター(LANGSTER)】

アルミフレームにカーボンフォークの組み合わせで、軽い走りとしなやかなハンドルさばきを実現しています。

フリーホイールと固定ギアが両方装備されているので、街乗り仕様でもレース仕様でも対応可能です。

上位モデルの屋内専用自転車と違い、ロードバイクのブレーキが装着できるのも安心です。

ハンドルも一般のロードバイクと変わりませんので、フリーホイール仕様ならロードバイクをシングルスピード化した自転車と同じ走行性能が得られます。

さらには、スペシャライズドオリジナルサドルが装着されているので、差別化も図れています。

シングルスピードのミニベロもオシャレ揃い

ここでは各ブランドのシングルスピードのミニベロをご紹介します。

【Cycroc(シクロック):Flat-1】

ミニベロ扱いのシングルスピード自転車です。
スタイリッシュなフォルムはピストバイクのそれですが、トリックのしやすさはBMX並みで、用途の広い1台です。
高い巡航性を誇る451サイズのタイヤを採用しているので、高速巡航にも最適です。

【billion(ビリオン):ショートグリップ1】

シングルスピードでありながら、多段化にカスタマイズ可能と、多段化に向けて万全の備えになっています。
もちろん、シングルスピードとしてのメリットも十分で、8.2㎏の超軽量ボディで軽快な走りが楽しめます。

【MASI(マジー):Mini Velo Fixed】

ダブルスレッドなので固定ギアが苦手な方は、フリーの取り付けをおすすめします。
特徴的なブルホーンハンドルですが、フラットな部分を握ってのブレーキングが可能なので、フラットバーと変わらない操作性です。

街乗りするなら、シングルスピードを買おう

今回は、今話題のシングルスピードについて詳しくご紹介しましたが、役に立つ情報はありましたか?

現在、日本国内ではブレーキのないピストバイクの販売は違反行為となっています。
街中を走るなら、必ずブレーキのあるシングルスピードにしましょう。

 - 自転車 おすすめ, 自転車 購入