豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

コラテックのロードバイクはサイズが日本人向けというのは?

2018.3.2

コラテックという、スポーツ自転車メーカーをご存知でしょうか?

ドイツに本拠を置き、プロチームにも車体を提供しているメーカーですが、日本での知名度はまだ低いようです。

しかし、小さいサイズだったり、短いトップチューブなど、日本人の体型に合いそうなロードバイクが多いです。

そこで今回は、コラテックのロードバイクを確認してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

コラテックとは

コラテックは、創業が1990年と伝統のヨーロッパメーカーの中では、新興勢力となります。

創始者である「コンラッド」は、1982年に父親が経営していた小さなスポーツショップで、バイクビジネスを始めます。

彼の元でスポーツ自転車製造のノウハウが構築され、1990年にコラテックブランドが誕生しました。

コラテックの名を一躍バイク界に知らしめたのが、世界初のセミスリックタイヤ「DIAMANT SLICK」です。

発表当初は「無意味」などと揶揄されることもありましたが、6ヶ月後に早くも大レースで勝利を収めるようになります。

今では、定番と言ってもよい、セミスリックタイヤの生みの親だったことは、覚えておきたいですね。

現在のコラテックを語る上で外せないのが、世界的なフレームビルダーである「マウロ・サニーノ」の存在です。

コラテックは、彼がイタリアに工房を構えて以来の付き合いだそうです。

サニーノは10年以上前からコラテック専属のフレームビルダーとなり、完全オーダーメイドのカーボンフレームのみ製造しています。

また、コラテックのロードバイクの特徴は、トップチューブ長の長さを重視する「プロサイズシステム」を採用している点です。

これによって、自分の体型に、より合わせやすいサイズ展開となっています。

コラテックのロードバイク

コラテックの歴史は、MTBからスタートしています。

しかし、現在はプロのロードレースチームにも機材が提供されているほど、ロードバイクの知名度が上昇中です。

日本で販売されているロードバイクは4種類で、マウロ・サニーノのオーダーメイドフレームを合わせ全5種類となります。

マウロ・サニーノも含めて、カーボンフレームが3種、スチール1種類、アルミが1種類となります。

カーボンフレームは、プロにも提供されているエアロロードの【CCT EVO】、エアロ形状ながらオールラウンドモデルに仕上がっている【R.T. CARBON】です。

フレームに「スカンジウム合金」を使用している【CORONES SL】と、アルミフレームの【DOLOMITI SL】は、フルカーボンフォークを採用しています。

先述しましたが、プロサイズシステムにより、ホリゾンタル換算のトップチューブ長に合わせたサイズ展開になっています。

後述しますが、どちらかと言えばトップチューブが短めなので、日本人の体型に合ったバイクが多いように感じます。

ロードバイクのサイズの選び方①【トップチューブ長が重要】

コラテックのロードバイクのサイズは、トップチューブ長を重視しています。

しかし、これは現在のスローピングスタイル全盛のロードバイクにおいては、当たり前のことと言えなくもありません。

ロードバイクのフレームサイズは、通常シートチューブの長さが基準になっています。

シートチューブ長は、BBシェルの中心からシートポストの根元までの長さですので、フレームの高さを表しています。

これを元に、適合身長が決められているメーカーが多く、ユーザーもそれを参考にしてサイズを選びます。

ところが、身長は同じでも腕の長さや、身体の柔らかさは人それぞれのため、身長だけでは判断できません。

そこで、考えなくてはいけないのが、乗車姿勢に大きく関わってくる、トップチューブ長です。

トップチューブは、ヘッドチューブからシートチューブに伸びるフレーム上端のチューブで、その長さはハンドルとサドルの距離を表します。

ジオメトリ表に載っているトップチューブ長は、実測値ではなく地面と水平になっていると仮定した値です。

そのため、ハンドルからサドルまでの距離と言えます。

ハンドルからサドルまでの距離が遠いほど、前傾姿勢がきつくなり、近くなれば上体は起き気味になります。

そのため、同じ身長でも体の特徴や乗り方によって、選ぶサイズが変わってくるのです。

ロードバイクのサイズの選び方②【ヘッドアングルとチェーンステー】

ロードバイクのサイズ選びの話を続けますが、トップチューブの長さはロードバイクのモデルによっても違います。

例えば、きつめの前傾姿勢が要求されるレースモデルは、トップチューブが長く、ハンドルとサドルの距離が遠くなります。

一方、長距離をゆったりと走ることが目的のエンデュランスモデルでは、上体を起こした姿勢が適しているので、トップチューブは短くなります。

なお、コラテックはトップチューブが全体的に短めのため、モデルによって大きな差は見られません。

また、ロードバイクのサイズでは、ヘッドアングルも注目点のひとつです。

ヘッドアングルは、地面に対して、ヘッドチューブが取り付けられている角度を示すものです。

73°が基本と言われていますが、これよりも鋭角になると前傾姿勢になり、鈍角になると上体が起きてきます。

他にも特にレース仕様車を見る場合は、チェーンステーというフレームの後ろ三角を形成するチューブが短い方が有利です。

このようにロードバイクのサイズは、適合身長だけでは決められないのが難しいところです。

コラテックのロードバイクのサイズの特徴

コラテックのロードバイクは、全体的に小さめのサイズのものが多いです。

アルミフレームの【DOLOMITI SL】以外は、46(cm)・48・51の3サイズで、トップチューブ長は長くて550mm前後です。

このサイズ展開がホビーライダーに受け、一般市場で爆発的な人気が出たと分析する専門家がいます。

特に、アルミフレームのDOLOMITI(ドロミテ)には42サイズがあり、トップチューブ長508mm、ヘッドアングル71°は、小柄な人や女性にも嬉しいサイズです。

ドロミテはコラテックのロードバイクの入門機的存在ではありますが、日本モデルはシマノのリア9速から11速までのコンポが搭載されています。

中でも、ハイエンドモデルの【DOLOMITI SL 6800 ULTEGRA】は、アルテグラのフルコンポで20万円を切るというコスパの良さです。

ドイツのメーカーらしく、奇をてらったような派手さはありませんが、誠実な物作りが伝わってくるフレームです。

コラテックのMTBとクロスバイク

コラテックはロードバイクの他にも、MTBとクロスバイクを展開しています。

MTBから歴史が始まったとお伝えしましたが、そのコラテック内のパイオニアとしての地位が、しっかりと守られています。

ハイエンドモデルの【INSIDE LINK CARBON 10HZ XTR】は、148万円です。

私はMTBに詳しいほうではありませんが、ここまで高価格なMTBは正直初めてです。

また、最低価格の機種でも48万円ですから、MTBの特にプロに提供する機材としてのステータスにこだわりを感じます。

一方、クロスバイクは2機種ですが、6万円台と手ごろな価格になっています。

アッセンブルされているパーツも、サイズ展開も街乗りを意識しつつ、シマノのコンポでスポーツライクを加味しています。

コラテックの癖のなさは、スポーツ自転車最初の1台として最適です。

コラテックは日本人向き

今回は、コラテックのロードバイクを中心に見てきました。

サイズが小さめでトップチューブが短いので、日本人の体型向きと言えるでしょう。

ロードバイクとしての基本性能を備えた上で、乗り心地や扱いやすさを加味しているので、幅広い層に受け入れられると思います。

 - ロードバイク