一般自転車からの乗り換えにロードバイクという選択もある!

自転車の中で最もスピードが出せるのがロードバイクであり、「人力最速の乗り物」という言われ方をすることもあります。元々はロードレースの機材として開発された物ですが、現在は市民権も得て多くのアマチュアサイクリストが趣味に通勤にと利用するようになっています。今回はそんなロードバイクの基礎知識を確認しながら、選び方を考えていきます。

自転車チェーンは劣化が避けられない!交換方法を知ろう

自転車には多くの消耗品が使用されていますが、中でも摩耗や劣化が激しく交換頻度が高くなるのがチェーンです。ペダルを漕ぐ力を後輪に伝える役目を担い、変速では複雑な動きを余儀なくされ、常に外にむき出しになっているわけですから、当然ながら摩耗、劣化は早くなります。今回はそんな自転車のチェーンについて、摩耗の原因や交換時期についてお話しします。

手遅れになってはダメ!自転車のブレーキワイヤー交換

自転車ブレーキはレバーと本体がワイヤーで繋がれて、レバーを引くことでワイヤーが本体のアームを動かすという仕組みです。そのためワイヤーが走行中に切れてしまったらブレーキが効かなくなりますし、サビなどで動きが悪くなってしまうこともあります。そのブレーキは乗り手の命を預けていると言っても過言ではありませんから、ワイヤーは寿命迎える前に交換しなければなりません。そこで今回はブレーキワイヤーの交換時期や方法についてお話しします。

トレックのクロスバイクのラインナップ確認!おすすめご紹介

クロスバイクこ購入すると考えたときにあまりにも種類が多すぎてどれを選んでよいか分からないことがあるかと思いますが、そんな場合はメーカーを絞り込むのもひとつの手です。その中でクロスバイクの充実度からおすすめしたいのが、アメリカの「トレック」です。スピード走行に向いたタイプから、サスペンション付きのモデルまで幅広いモデルを複数のグレードで展開していますので、最適の1台が見つけやすいでしょう。今回はそんなトレックのクロスバイクをご紹介します。

自転車の盗難は目の前で起きている!盗難保険加入のすすめ

自転車の盗難は、あらゆる犯罪の中で最も多い「窃盗」の中でも、例年トップクラスの件数になってしまうほど多く発生しています。特にロードバイクなどのスポーツサイクルでは、大半の場合がカギをかけていたにもかかわらず盗難されており、窃盗犯のターゲットにされ計画的に犯行が行われていることが分かります。そういった現状から盗難防止対策は必須ですが、万が一の状況に備えることも必要であり、盗難保険への加入も考えたいところです。そこで今回は自転車の盗難保険について、補償内容や具体的な保険商品もご紹介します。

自転車の防犯登録は義務化されている!何のために行うのか?

皆さんは自転車の防犯登録が義務化されていることをご存知でしょうか?登録しなくても罰則が無いため今のところは努力義務ですが、法律で登録しなければならないと定められているのは事実です。また義務うんぬんを考えるだけではなく、防犯登録には明確なメリットがありますので、これを機にぜひあり方を再確認していただきたく、今回は防犯登録についてお話しします。

自転車タイヤはメンテや乗り方次第では簡単にパンクしない!

自転車に乗っているとトラブルに見舞われることもありますが、その代表格がタイヤのパンクではないでしょうか。実際に経験をしたことがある方もいるでしょうし、経験が無くても「自転車はパンクしやすい」などという情報は入ってきているはずです。しかし、実情は対策さえすればそんなに頻繁にパンクはしませんし、最初から物理的にパンクしないタイヤもあります。今回はそんなタイヤのパンクのお話です。

自転車のタイヤを交換するときは状況や目的に応じて行う

サイクリングやポタリングなど趣味として自転車に乗るライダーは増加しています。しかしながら自転車に関しての知識やスキルを身につけられていないライダーも中にはいます。走行中トラブルで特に多いとされるのがパンクですが、迷わず対処できるでしょうか。場合によってはタイヤを交換する必要があります。今回は、自転車のタイヤを交換する状況と目的についてお話しします。

 自転車ブレーキの音鳴りが直らない?音鳴りの原因や対策

自転車に乗ってブレーキをかけていると、「キーー!キーー!」と大きな音が鳴ることがあります。ブレーキをかけるたびに鳴るので、乗っていてストレスに感じることもあります。人が歩いている横で、そのような音を鳴らしながら止まるのが恥ずかしいときもあるでしょう。音鳴りは、ブレーキメンテナンスが必要なタイミングを知らせてくれるひとつのサインになります。音鳴りをしているときは放置せずに、しっかりメンテナンスをして改善していきましょう。

自転車のチェーンをきれいに洗浄して楽しく自転車に乗ろう!

自転車のペダルを踏みこんだときの力を、リアホイールに伝える役割をもつのが自転車のチェーンです。チェーンにはオイルが塗られているので、路面や空気中の汚れが付きやすいです。自転車の中でも汚れやすい部分といって良いでしょう。そのため、定期的な洗浄も必要です。今回は、自転車のメンテナンスとしても重要なチェーンの洗浄の必要性や、その方法についてお伝えしていきます。

自転車のチェーンにたるみが出るのはなぜ?修復できるのか?

自転車に乗っている時に、チェーンからカタカタ音がすることや、頻繁にチェーンが外れることはありませんか?そういったトラブルの場合はチェーンが伸びて、全体的にたるみが出ているのかもしれませんので、事故が起こる前に早めに対処したいものです。そこで今回は自転車のチェーンのたるみの原因や修復方法についてお話ししていきます。

自転車のブレーキの修理、調整方法!誰が行うのかも考える

自転車を止める唯一の手段であるブレーキは、いざというときに効かなかったでは済みませんし、故障してしまったら修理をしないことには乗ることができません。自転車のブレーキはそこまで構造が複雑では無く簡単な修理で直ることもありますので、やり方を知っておけば故障の際に慌てなくて済みます。今回はそんな自転車のブレーキについて、故障やトラブルの原因と対処法についてお伝えします。

カンパニョーロの最廉価モデルカムシンの評価を知りたい!

ロードバイクのホイール交換を考える際に、メーカーから入るというやり方が割とオーソドックスですが、カンパニョーロは真っ先に候補に上がるメーカーの1つと言えます。歴史、実績、ラインナップの豊富さ、汎用性の高さなど、どれを取っても業界トップクラスです。今回は、そのトップクラスメーカーの最下級グレードになる「KHAMSIN(カムシン)」をご紹介します。下級グレードがどう評価されているかでも、そのメーカーのもの作りへの姿勢や情熱が分かりますので、カムシンの評価を確認するのも有益なことと考えております。

ロードバイクで旅をする!サドルバッグは大型が必要になる

ロードバイクはロードレースの機材として開発されたものですが、市民権を得て用途が広がり現在hあ趣味の乗り物としても定着しています。中にはロードバイクで旅行に行くという方もいて、その際に利用する大型のサドルバッグの需要が増えていると聞いています。そこで今回は大型サイズのサドルバッグについて、選び方や注意点などをお伝えし、おすすめのバッグも紹介します。

コルナゴのマスターXライトをインプレ情報を参考にご紹介

イタリアには老舗のフレームメーカー、ブランドが多く、その中でも「コルナゴ」はピナレロ、デ・ローザと共にイタリアの御三家とまで言われています。そして、イタリアを含めたヨーロッパメーカーにはロードレースの発祥だけあり、レースにおいて今では希少になっているクロモリフレームのバイクにこだわりがあります。コルナゴの「マスターXライト」も販売開始から約35年以上が経過するロングセラーとなっており、多くのユーザーに愛されてきた名車です。今回は、そんなマスターXライトをインプレ情報なども参考にしながらご紹介します。

カンパニョーロ・シロッコC17が進化!インプレ情報を検証

カンパニョーロのアルミリムホイールの中でも特別な存在であるシロッコが、シロッコC17に生まれ変わりました。昨今のトレンドに乗ってワイドリム化されたわけですが、その他にも進化した部分が多く、インプレ情報などを確認しても、より一層注目を集めているのが分かります。そこで今回はシロッコC17を特集し、詳細を検証してみましょう。

自転車の輪行には袋が必須!チェーンカバーや緩衝材も

輪行は遠隔地に自転車を運ぶという点では最適な手段ですが、自転車を分解して袋に収納することが最初にして最大の難関です。その際にはフレームに傷や汚れが付いてしまうことがあるため、袋と同時に各種カバーも一緒に揃えたいところです。チェーンカバーなどは忘れられがちですがあるに越したことはありませんので、今回改めて確認してみてください。

ロードバイクの輪行ルールを確認!おすすめの輪行袋もご紹介

ロードバイクなどのスポーツバイクは車輪を外して袋に詰め、電車や飛行機に乗せて移動する輪行が可能です。目的地までの自走が難しい距離であるレースやイベントに参加する、また旅行先で自分のロードバイクで走りたいという要望に応えることができる非常に有効な手段です。輪行ができるようになると、未知の場所を開拓することができ、サイクリングやツーリングの範囲も広がりますので挑戦してみる価値は十分にあります。

コルナゴのCLXがモデルチェンジ!気になるインプレ評価は?

コルナゴの「V2-R」は、コルナゴ最軽量フレームであり、バイクを提供するプロチームでの使用率が高いモデルです。そのV2-Rのデザインやコンセプトを踏襲した上で素材やジオメトリに独自性を出し、アマチュアユーザーにも配慮したのが「CLX」です。今回は、最新モデルが5代目となるロングセラーのCLXを、インプレ情報なども参考にご紹介していきます。

シマノ105のチェーンリング交換!ギアチェンジをスムーズに

シマノのロードバイク用コンポ「105」は、上位グレードからの技術の踏襲が多い割には価格が抑えられている、コスパの高いコンポです。ただし、ミドルグレードの位置づけのため、明らかに性能で上位グレードに及ばない部分もあり、カスタムの余地はあります。フロントギアであるチェーンリングもその及ばない部分の一つであり、交換することで劇的な変化が現れる部分です。そこで今回は、105のチェーリング交換について考えていきます。