豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

トレックのクロスバイクをブレーキ交換でもっと快適に!

2016.4.4

こんにちは、自転車ライターふくだです。
先日、トレックのクロスバイクを購入した知人に「ブレーキ交換ってしたほうが効きが良くなるの?」なんて質問を受けました。
別段、トレックに限ったことじゃないのですが、クロスバイクって最初に付いているブレーキはそこまで良いものじゃない場合が多いんです(別に悪いものってわけじゃないんですけどね)

そこでブレーキ交換してさらに快適に走ろう!っていうお話です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自分でできる?自転車のベアリングの交換方法

自転車を長年使っていて、パンクやタイヤの減りだけでなく、異音がするといった不調が起こったことはありま...

アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もちろん、アメリカにもあります。 今回...

カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車輪です。 タイヤやホイールのグレー...

人気自転車メーカーランキング!~おすすめのメーカーは?~

ロードバイクを初めて購入する時、事前にいろいろ調べますよね。まずはどんなメーカーがあるのか、おすす...

スプロケットってなんのこと?自分で交換して費用削減!

ロードバイク等の自転車に必要不可欠なスプロケットですが、この役割とはなんなのでしょう。 また、他...

自転車を入手したら登録することが義務になっていることは?

日常生活の移動手段として、多くの方が利用している自転車。 老若男女問わず、だれでも気軽に乗れる...

ビアンキのミニベロを改造して、快適に乗ろう!

ビアンキのミニベロは性能も良し、デザインも良いので、初心者にはおすすめしたいですね。 最近では、ミ...

自転車を保管するのは外じゃなくてやっぱり屋内が最適なの?

ここに止めておいたはずなのに・・・自転車がない!! 自転車を使っている方は、こんな盗難被害...

自転車のペダルを定期メンテナンスでベアリングの消耗を防ぐ

普段、自転車を漕ぐときに何気なく使っているペダル。そのペダルも使い続けていると付属しているベアリン...

GIANTのクロスバイクが欲しい!~サイズの目安と選び方~

GIANTは台湾の大手人気メーカー。イメージ的には見渡せば荷物を積みすぎるくらい積んでいるバイクが...

自転車のペダルを外して練習!?最近の子供の自転車練習事情

子供用の自転車ペダル、着脱についての記載をよく見かけるなぁと思ったら、最近の子供の自転車の練習事情的...

ジャイアントのミニベロのイディオムシリーズをカスタムしてみよう!

ジャイアントのイディオムシリーズに乗っている人は多いのではないでしょうか。イディオムとはミニベロです...

自転車がパンク!修理に時間はかかる?自分で直せる?

自転車がパンクした、その経験はどなたにもあると思います。長い間放置していたら空気が抜けていた、走って...

1日で東京~名古屋までロードバイクで行くことは可能?

ロードバイクが好きな方で、1度は無謀だと思われるチャレンジをしてみたいと思った方は多いのではないで...

オリジナルを作ろう!自転車の塗料の落とし方から塗り方まで

「自転車のカラーを変えたい!」 「久しぶりに自転車に乗ろうとしたら塗装が剥げていたので塗りなおした...

スポンサーリンク

なぜクロスバイクのブレーキ交換?その1

「でも、ブレーキ交換をしたら何が良くなるの?」
ええ、そう思いますよね。そりゃ、悪いよりは良い方がベターってのは分かりますが、「ブレーキ交換くらいでそんなに何か良くなるの?」って思いますよね。

ええ、まず第一の理由は『イノチダイジニ!』です。
特にクロスバイクの場合、街中をそんなに速く走るわけでもないからヘルメットはかぶりたくないっていう人も少なからずいると思います。特に通勤に使う女性、若者はヘアスタイルが崩れるのが気になるということもありますよね。
そういう中でブレーキ性能が良いと、『ヒヤリハット』を少なくできる可能性はグッと上がるのです。
(もちろん出来ればヘルメットもかぶって欲しいのですが。ノーヘルで車とぶつかるのはもちろん、ちょっとした段差で転倒、その際に頭部を打つととっても悲しいことが起きますゆえ、現実と理想のギャップとは難しいものです)

そんなわけで第一の理由は単純に『イノチダイジニ!』です。
もちろん、トレックでもジャイアントでもビアンキでもコルナゴでも、何だったらママチャリだって『イノチダイジニ』はとっても大事です。

なぜクロスバイクのブレーキ交換?その2

「クロスバイクのブレーキ交換の理由がイノチダイジニくらい分かってるよ!」
ええ、みなさん分かっているのは存じています。
でも、大事なことですので。

第二の理由は意外と知らない人も多いのですが、『性能の良いブレーキは楽チン』なのです。これは、マウンテンバイクに詳しい人なんかはよく知っているのですが、『ブレーキがよく効く=急な減速が出来る=不要な集中力を使わずに速度を出せる』ということです。
もっと分かりやすい例え話で言うと。ブレーキが全く効かない自転車に乗ってコンビニまで行ってみると分かるのですが、たえずヒヤヒヤですし、もちろん全然速度も出せませんよね。だれか飛び出して来たらどうしよう、ブレーキ無しで足で止まるにはかなりゆっくりな速度でも難しいですよね。
マウンテンバイクの人が分かりやすいというのは、「ストップできない=崖から落ちる」ということをよく理解しているからです。

そうなんです。
速度を出そうと思ったら、その分しっかりしたブレーキがないと怖いんです。
良いブレーキは精神的に楽なんです。
さらに、単に握力の問題だけ考えても楽ですよね。
良いブレーキは止まるだけじゃなく速度コントロールも楽ちん。
第二の理由は『性能の良いブレーキは楽チン』ということです。

なぜクロスバイクのブレーキ交換?その3

「へへ、オレは運動神経が良いから、わざわざクロスバイクのブレーキ交換なんかしなくても大丈夫だぜ!」
ええ、運動神経が良いことはとても良いことです。でも、慢心こそ最も危ないのです。
実際、ご老人と現役バリバリスポーツ選手や若者だと、若者の方が反射神経も集中力もありますので、身体能力でブレーキ性能をカバーすることもいくらか可能でしょう。

しかし、実のところ一番危険なのは慢心している時。
昔、私も慢心していたことが御座います。幼い頃、鳥取砂丘に家族で行ったのですが、「メガネを落としたら駄目よ、海に流されちゃうからね」とおばあちゃんが言ったのを、「へへっ、メガネを海に流されるわけないでしょ」と言った矢先、日本海の厳しい波がザブーンとやってきて、気付いたら世界がぼやけていまして、メガネははるか日本海の藻屑、と。
自転車のハナシじゃないですけどね。でも、「そんなことあるわけないでしょ」なんていうことって慢心した瞬間に発生するものなんですよ。
自転車でも昔慣れてきた頃に、おばちゃんの運転するのんびり原付に追突しちゃった記憶があります。

「へへ、オレは大丈夫!楽勝だ!」
そういう慢心をなくして財布に余裕のある時で良いので、ブレーキ交換オススメです。

トレック以外もブレーキ交換した方が良いの?その1

ええ、もちろんトレック以外でもブレーキ交換した方が良いです。
もちろん、一概に全てとは言えませんが、クロスバイクや低価格帯のスポーツ自転車って、値段を抑えるためにどこか分かりにくいパーツを安いものを使います。これはケチっているというよりメーカー側の工夫です。
自転車メーカーで働く人間って、基本的に自転車が好きな人間なので出来れば全ての車体に良い部品を付けたいと考えます。でも、現実には自転車を作るのも売るのも商売です。ですから、消費者のハートをグッと掴めるプライス設定をしないといけません。
そういう中で変速機には大きくSHIMANOって入っている方が消費者のイメージも良いのですが、ブレーキまではこだわらないっていう人は結構多いのです。なのでメーカーもどうしてもブレーキでコストダウンを図るというのは仕方ないことなのです。
これがクロスバイクのブレーキ交換の理由ですね。
ですから、クロスバイクのブレーキ交換をした方が良いというのは別にトレックに限ったことではないのです。

トレック以外もブレーキ交換した方が良いの?その2

しかし、昨今の日本の自転車文化ではブレーキって結構気にする人も増えました。しかし、どうしてメーカーはブレーキはさほど良いものを入れないのでしょう?
これは日本と海外で道路事情や、クロスバイクの使用目的が違うということが大きいのです。
例えば今回のタイトルになっているトレック。
トレックはアメリカのメーカーですね。トレックのクロスバイクで人気の高い7.4FX、これは世界のどこで買っても同じ部品が付いてきます。
(海外で買うとブレーキが左右で前後が逆になるのですが、部品自体は同じですね。ああ、嘘です、ロット違いで微妙に色が違うとかはあるんですけど。まあ、基本的には同じです)

そうなんです。問題はこれなんです。
日本ほど歩行者が多くて、自転車にとっての道路の環境が悪い国は多くないのです。しかも、そんな環境の中で日本人は通勤などの普段の移動手段として自転車を使います。
だからブレーキ性能が欲しいのです。
ジャイアントで有名な台湾、ここも都市部の道路の環境は決していいものではありません。しかし、台湾の人々は普段の移動は原付など、自転車以外の方法を使う方が多いんですね。
日本の自転車の使い方というのは世界の中ではちょっと特殊ということなんです。

トレックのクロスバイクのカスタムポイント

話のついでに。今回、話題になっているトレックのクロスバイク。
「ブレーキ交換した方が良いってことは部品は微妙なの?」
って思う方もいるかもしれませんね。
まあ、今回は知人に相談を受けたのがトレックのクロスバイクだったからトレックの話だっただけです。

実際、トレックのクロスバイクはとても優秀です。
例えば、7.4FXには変速機はDEOREが入っています。DEOREっていうと、クロスバイクの場合そこそこ良いやつです。もう一つ下のグレードのALIVIOとかでも良い気もします。何ならもう一つ下のACERAでも。DEOREはクロスバイクとしてはなかなか高級です。
あと7.4FXは詳しい人がスペック表見てて驚くのはタイヤですね。トレックの自社メーカーBontragerのものが入っているのですが、定価4000円ちょっとするんです。前後で4000円じゃないです、一本4000円です!前後で8000円ちょっと!これは破格ですよ。ロードバイクでもこんなに良いタイヤ入ってるのは珍しい。
確かに変速機とタイヤって走った時に、「おぉ、よく走るな」って実感しやすいアイテムですからね。
あと、フレームも凝ってますね。ワイヤー内蔵ってロードバイクでも上位グレードにしか実装されませんよ。クロスバイクでワイヤー内蔵ってすごいこだわりですよ。
7.4FXはFitness & Exerciseの略だそうですから、するっと走って爽やかで楽しい週末のワークアウト!っていう自転車を目指しているんでしょうね。

そんなトレックのカスタムポイントは、まずは今回の話のブレーキ。あとは、あとは。。。あとは何があるんだろう。。。
2016年モデルの定価は88000円とクロスバイクとしてはかなり強気な値段だけあって、ほんと良い自転車です。さすが世界的自転車トップブランドの一角を担うトレックのクロスバイクです。

クロスバイクのブレーキ交換のまとめ

楽しく快適に走りたいからこそ、走るのを止めるブレーキの性能っていうのは大事ということですね。
もちろん、買ったままの状態でも安全に停止できるブレーキは付いています。そりゃ、止まれないブレーキを付けてたら消費者生活センターモノですからね。
でも、せっかくこだわるならブレーキ交換おすすめです。
ブレーキが減ってきて、ブレーキシューっていうブレーキのゴムを交換する時にでもブレーキ本体ごと交換しちゃうっていうのがオススメですね。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車 ブレーキ, 自転車全般