豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイク初心者の女性のために~乗り方・選び方~

      2017/01/23

ロードバイク初心者の女性のために~乗り方・選び方~

今、女性の間でロードバイク人気が高まっているようです。
「ちょっと興味もあるし乗ってみたい!でも初心者でわからないことだらけ」「ロードバイクってどんな自転車?」「必要なものは何かしら?」そんな疑問はありませんか。
今回はロードバイク初心者の女性に向けて、ためになるお話をしていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


ロードバイクとママチャリの違い

まずはいわゆる「ママチャリ」の特徴を挙げつつ比較をしながら、ロードバイクとはどんなものなのか、理解を深めていただければと思います。
ママチャリはみなさんの一番身近にある最も一般的な自転車です。だれでも一度は乗ったことがあるのではないでしょうか。おばあちゃんも簡単に乗れるように配慮して作られています。また、多少の衝撃には耐えられるよう、フレーム(自転車の車体部で、前後の車輪を繋げて乗り手の体重を支える部分)が丈夫に作られています。値段も一万円から二万円とお安く、コストパフォーマンスが良いといわれています。メンテナンスが最大限に必要なく、壊れずに長持ちするタイプの自転車で、幅広い年齢層の女性に知られ、愛されています。そのため、短い距離を走行したい方にとってはこれほど快適な乗り物はないといっても過言ではありません。しかし、長距離をアクティブに移動したいという方にとっては、やはりこのタイプの自転車は不向きです。そんなママチャリと真逆の自転車といわれているものがロードバイクです。ロードバイクは、スポーツバイクの中で最も速く、長距離を走ることができます。軽さと強さ、パワーの伝達効率を高めた設計です。仮に同じ品質のパーツを付けてウェイト差をなくして勝負しても、スピード勝負ならロードバイクが圧勝します。「少し走る距離を増やしたい!」「速く走りたい!」という方におすすめなのがロードバイクであるといえます。

ロードバイクの魅力

初心者の女性にでもロードバイクをおすすめする理由の一つとして、長い距離を速く、軽く走ることができ、ダイエットと体力づくり、健康管理に適しているといわれている点が挙げられます。ダイエットには有酸素運動が必要といわれていますが、体の脂肪を燃焼させるためには約20分間以上の継続が必要です。ジョギングで20分走るのは辛いし続かない、でも自転車で20分以上乗ることはできる気がしませんか?通勤・通学の手段などで毎日乗れば、効果は大きくなります。またサイクリングはランニングや筋トレと違って、筋肉にダメージをさほど与えないといわれています。ロードバイクはママチャリと比べ速度も速く、軽く、走ることができるため、購入して乗り始める女性、ロードバイクを趣味として乗っている女性、ロードバイクを旅行のお供にしている女性まで増えてきているといわれています。遠くまで、長い距離を走ってみたい、より速く走れるようになりたい、レースに興味がある、フィットネス専用に使いたい、と様々な目的に女性用ロードバイクはいかがでしょうか。

初心者女性ロードバイクの選び方

洋服も男女で分かれているように、自転車にも男性用、女性用が存在します。特にロードバイクはサイズの小さな違いによって体に掛かる負担が全く違うと言われています。ロードバイクはレーシングタイプのため、男性向けに設計されていましたが、近年の女性ライダーの増加に伴い、本格的に女性専用設計の自転車が増加傾向にあります。小柄な女性にも対応するため、最小フレームサイズが一般向けよりも小さいレベルから用意されています。また、男性とは肩幅・骨盤の幅が異なる女性のために、ハンドル、サドルなども女性専用に設計されたものを利用しています。
初心者の女性が自転車を購入する際に最も気をつけなくてはならない点は、股下の長さに視点を置いて考えるということです。ロードバイクを楽しむには、自分の体に合ったサイズの自転車に乗ることが大切です。欲しい自転車のモデルに自分にあったサイズがあるかどうかを調べるために、まずは自分の身体を採寸してみましょう。身長、股下、腕の長さなどはひとりひとり異なるので、同じ身長の人でもフレームのサイズが違うことも多々あります。最近ではサイズの小さなレディースモデルを用意しているメーカーも多いので、女性でも選べるフレームが増えています。きちんと計測して自分に最適のロードバイクを選べるようにしましょう。

ロードバイク初心者の女性が乗るために準備するもの

自転車に乗るときはまず、バイクパンツを購入すると良いでしょう。更に走りやすく、乗り心地を良くするようにと考慮すると、やはり自転車専用のバイクパンツの方が楽しく快適に自転車に乗ることができまず。パッドが付いているためサドルに長時間またがっていてもお尻が痛くなりにくく、普通の下着と比較してみると摩擦が少ないので、擦れて痛みが出るなどというトラブルも減ります。初心者の方は、ある程度クッション性のあるパッドと太ももやお尻全体に締め付けの少ないものが良いです。 しかし、このパンツスタイルだと少し恥ずかしい、街乗りがメインなのにそこまでの格好はちょっと…など、スパッツ姿に抵抗がある方もいると思います。そういう方におすすめなのがインナーパンツです。機能性はバイクパンツと全く同じですが、ショートパンツやキュロットのように私服の下でも履けるように作られているので、カジュアな格好のまま女性でも快適に楽しく自転車に乗ることができます。

ロードバイク初心者女性の乗り方

ママチャリの柔らかいサドルにずっと慣れてしまっているため、まずロードバイクを乗り始めたときに感じることは、サドルが硬すぎるということです。すると、すぐにおしりが痛くなります。女性の場合、お尻の方へ重心がかかってしまいがちで、少し乗っただけでもお尻にかからなくていい負荷がかかってしまい、お尻が凝ってしまうのです。
ここで、お尻が痛むからといってサドルを柔らかいものに変えても意味がありません。それはロードバイクの基本的な乗り方ができていないためです。ある程度ロードバイクに乗り込むようになると必要な筋肉が鍛えられ、ロードバイクを軽く乗ることが出来るようになってきます。なお、一度決まったポジションであっても、乗り込んで身体が慣れてくると、最良で適切なポジションは自然と変化していきますので調整していくことが必要です。初めてロードバイクに乗る方であれば、乗り始めて数ヶ月で感覚が変わりますので、違和感を感じることがあれば、経験者または自転車を購入したお店のスタッフに相談してみましょう。
そして、第二に懸念しなくてはならないことは、ハンドルの持つ位置と腕の力のかけ加減です。初心者特有の癖で腕に力が入りすぎて全く同じ位置で長時間ハンドルを持ち続けてしまうなどの傾向がみられます。腕が疲れてしまうといったトラブルが出てくる可能性が大きいです。基本的に上半身はできるだけ楽にして乗ってみましょう。ハンドルを持つ位置はドロップハンドルを活かして、平地や上り下りで使い分けて変えてみるのも良いでしょう。

まとめ、ロードバイク初心者の女性に向けて

人気が高まっているから、話題だから、ダイエットに良さそうだから、理由は様々だと思います。入口はなんでもいいのです。ただ、選び方など最初で躓いてしまうと、もったいないなぁと思ってしまいます。
今はネットで調べればすぐに情報が出てくる時代。それに後々のことを考えて専門店に足を運ぶのもいいと思います。お店の方に相談するといろんな話を聞くことが出来て、また違う楽しみ方も出来ると思います。是非、少しでも興味を持った方、ロードバイクにチャレンジしてみてください。

 - ロードバイク 初心者