豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車を趣味に★サイクリング女子の魅力が素敵すぎる!

      2016/11/25

自転車を趣味に★サイクリング女子の魅力が素敵すぎる!

最近、おしゃれな自転車で街を颯爽と走っている、キラキラ輝く女性を見かけることが多くなってきましたよね。それは、自転車を趣味にしているサイクリング女子です!自転車には女性にとっての魅力が実は沢山詰まっているのです。
今日は、サイクリング女性の魅力についてお話しします。あなたが最後に自転車に乗ったのはいつですか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


急増している”サイクリング女子”とは?

いま、女性の間でサイクリングが人気だということをご存知ですか?
自転車競技を題材にした本格的なスポーツマンガが出版され、自転車業界への関心が増える中で、女性の流行をさらに後押ししたのが20代、30代女性に支持される雑誌CLASSY.で、2015年4月より自転車企画がスタートしたことです。人気モデルの小泉里子さんが自転車に合うおしゃれスタイルで各地を散策する企画で、毎回おしゃれな自転車や、カフェ、オススメスポットなどを紹介しています。流行やファッションに敏感で、仕事にも慣れ、趣味を持とうと余裕が出てくる女性ターゲット層の心をグッと鷲掴みにしたステキな企画です。自転車は学生の時に通学で乗った以来、そんな女性も多いかと思います。自転車=交通手段、そんな感覚でしかなかった自転車を趣味にすると思うきっかけはあまりないと思っていましたが、ファッション雑誌の連載として取り上げられたり、デザインが豊富になって女性向けのかわいいクロスバイクが多くなってきていることも、サイクリング女子が増えたきっかけになったのではないでしょうか。目的やきっかけは様々です。モデルさんが乗っていてオシャレに見えるから、運動不足だと感じているから、趣味を通して新しい出会いが欲しいから。そんな些細な思いつきがひとつでも当てはまるとしたら、自転車を趣味にするにはもってこいだと思います。思いたったらまずはスポーツバイク専門店へ。専門的な知識を持っている店員さんがあなたに合った最高の”相棒”を探してくれるはずです。専門店では実際にサイクリングで交流を深めることを目的としたイベントも開催しているみたいですので、サイクリング繋がりの出会いが広がりそうですね。

初めての自転車デビュー!サイクリング女子への道

自転車へ興味を持ち始めたその日から、あなたのサイクリング女子への道はすでに一歩を踏み出しています。まずは、大事な愛車の下調べから。女性向けのクロスバイクが普及したことにより、カラーやデザイン、パーツなどを自分仕様に選べることでモチベーションも上がります。好みのデザインを探してみたり、機能や性能を調べて、イメージを膨らませます。デザインも大事ですが、重要項目は”自分に合うサイズ感”。クロスバイク初心者の方は、サドルにまたがったまま、両足が地面に完全に着くまでサドルの高さを下げることをおすすめします。乗り慣れている人であればここまで下げなくても問題ありませんが、クロスバイクに慣れるまでは快適性よりも安全性を優先させましょう。ある程度クロスバイクに乗り慣れてきますと、つま先が届く程度にサドルを上げるようになります。ここまで上げると安全性よりも快適性が増し、ペダリングもスムーズになります。最終的には、ペダルを一番下にした時にヒザが軽く曲がる高さまでサドルを上げます。これがクロスバイクの適正なサドル高です。とは言っても、自分でサドルの高さを調整することはとても難しいですし、たくさんのクロスバイクの中から自分に最適なサイズや車種を判別するのは容易ではありません。スポーツバイク専門店へ行くと実際に試乗でき、体型に合ったものを紹介してくれますので、不安も解消できます。クロスバイクの種類も様々で、通勤向けに作られているものや長距離向けに作られたもの、ストリート向きのクロスバイクなど、用途によっても車種が絞られてきますので、自分がどんな時に使用したいのか、また、好きなデザインのイメージをしっかりと持って、店員さんと相談して決めましょう。

サイクリング女子の魅力を語る①

自転車に乗ることはサイクリング女子に様々な効果をもたらします。オフィスでは座りっぱなし、接客業では足がむくみ、帰宅するとそのままバタンキュー。身体を動かさないと新陳代謝も悪くなります。運動はしたいけれど疲れるのは続かない。自転車を漕ぐことはは有酸素運動になります。有酸素運動は長時間にわたって行う運動により体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させ、その結果できた物質をエネルギー源とする役割があります。この有酸素運動にはダイエット効果も期待されます。運動不足解消や健康だけではなく、ダイエットにも繋がるなんて一石三鳥です!また、ペダルを漕ぐことにより筋肉がつきます。筋力がつくと新陳代謝もあがり次第に脂肪が落ちます。そして、クロスバイクの形状によっては姿勢が良くなります。姿勢を意識するので普段使わない筋肉を使うことが筋トレの役割も果たします。また、イギリスのブリストル大学は、サイクリングが腸の働きを活発にし、不必要な水分の吸収も抑え、便秘の予防につながるとの研究結果を発表しています。通学の時はあまり気にしたことがなかったですが、サイクリングにはこんなにも健康やダイエットに繋がる要素があったのですね。ハードな筋トレやスポーツジムは通いつづけるのも大変ですし、何よりお金がかかります。自転車は通勤で使用することも可能ですし、お休みの日、ちょっと近所のスーパーまで、と無理なく長期間続けることができます。長期間続けることが習慣となっていき、気付いたら健康と美を手にいれていた!なんてことも夢ではありません。

サイクリング女子の魅力を語る②

寒い冬も終わり、新芽が芽吹くこの季節。風が心地よい季節となりましたが、気分転換していますか?季節の風を感じていますか?普段見たことのない景色や場所に行ってみたくないですか?サイクリングの魅力の2つ目として、心に与える効果と新たなる発見をご紹介させていただきます。自転車は二輪であるため、体は自然とバランスをとり、さらに乗っていると風景などさまざまな情報が入ってくるため、脳が活性化されてボケの防止につながるとされています。また、スピードに乗って走るとドーパミンという物質が分泌されますが、これには神経細胞を活性化させ、集中力を高める作用があります。自転車での運動は心地よい疲労感も与えてくれるため、睡眠の質を向上させるのに効果的とされています。睡眠がしっかり取れるようになると、目覚めも良くなり、心がリフレッシュされて仕事も遊びも頑張れそうです。自転車で風を切って感じる音、匂い、季節感。運動と自然を持ち合わせることの出来るサイクリングは、心のバランスを取る自律神経を整えるのに最適だとされています。ストレス社会の今、溜まったストレスを発散する場所を失っているあなたに、サイクリングはとてもおすすめです。サイクリングは女性だけではなく男性も多く趣味としているスポーツでもあります。共通の趣味を持ち知り合った人が、あなたにとって今後の人生を左右することもあるかもしれませんね!

サイクリング女子の魅力を語る③

最も魅力的なこととしてお伝えしたい3つ目が、自転車がオシャレの一部として持てるようになれたことです。おしゃれなカジュアルウェアで、カラフルで可愛らしい自転車に乗っている女性を見かけると思わず振り向いてしまうほど、その女性と自転車に魅力を感じます。自転車に乗るとなると安全面を考慮した服装を選びます。最近ではそれに加え、雑誌で特集を組まれるほどおしゃれになってきています。自転車がファッションにプラスされるという新しいスタイルが出来たことを感じますね。冒頭でもお伝えしましたように、流行やファッションに敏感な女性が趣味として始めるきっかけにもなりますし、事前準備の参考にもなり、気軽に始められると思います。趣味を楽しむ女性はとても輝いています。また、「コレが趣味!」と固く捉えなくても、健康やダイエットの為でもいいですし、通勤代を浮かせて自転車に乗ってみるでもいいのです。気付いたら自転車が生活の一部になっていた、気分転換になっていた、おしゃれの一部になっていた。それが自転車を趣味にする魅力をお伝えして辿り着きたかったゴールです。
是非、その魅力をひとりでも多くの方に知っていただけたら幸いです。お友達やご家族、そして新しい仲間とステキなサイクリングライフを楽しんでいただきたいです。

まとめ 魅力があり余る!

サイクリング女子の魅力についていくつかご紹介させていただきましたが、自転車を乗ることは、心身面にとても良い影響を与えること、環境にも優しいこと、ファッションに紐づくことなど、ここでは語れない魅力はまだまだたくさんあります。あなたがサイクリング女子とすれ違った時、自分の中での魅力を引き出そうとする力の源になることを願っています。あなたも一緒にサイクリング女子の魅力について語りませんか。

 - サイクリング 情報, ロードバイク 女性, 自転車全般