パナソニックの自転車、クロモリ製のロードバイクについて

Panasonic(パナソニック)と聞けばまず思い浮かぶのは家電メーカーとしての名前が出てくると思います。しかし、家電だけでなく優れた自転車、ロードバイクも製造しているのです。現在は海外製の自転車でも手に入りやすくなったためそちらの方にも目がいってしまいますが、今回は素晴らしいパナソニックの自転車についてのお話です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ブルックスの革サドルの評判はどうか?ブログを参考に検証

ロ—ドバイクにおいて革サドルと言えば、「ブルックス」の名前が真っ先に上がるほど、その存在は広く定着し...

あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い…そんなことはありませんか?もしかしたら、自転...

自転車で坂道を楽に登れる?その方法は?

坂道はきついですね。徒歩でもつらいし、平地でスイスイ歩行者を追い抜いていく自転車も、坂道では自転...

giantのロードバイクでお出かけ!思い出をブログに!

街乗り自転車に乗っていて、「もっと速く、軽やかに走りたいな」と思ったことはありませんか?そんな方...

自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。シマノもOEM...

トライアスロンにチャレンジしたい!!初心者女子のQ&A

トライアスロンは、水泳、自転車、マラソン3種目の競技を続けて行うスポーツです。女子の皆さん一見ハ...

自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引いておくよ」なんて言われたこと、ありませ...

大事故を防ぐために自転車のリムの傷を確認しよう!

チェーンやタイヤといった消耗品と違い、自転車のホイール・リムは無限の寿命があるように感じます。し...

MERIDA(メリダ)のロードバイク、各モデルのインプレ!

ロードバイク選びにおいて、メーカーの印象や特徴は、とても重要な要素です。価格も含めた、パーツの性...

ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいませんか?でも、どれくらの頻度で行うの...

ロードバイクのタイヤ交換におすすめ!用途別13選+チューブ

ロードバイクのタイヤは乗り心地や走行性能に大きく関わる部分であり、カスタム目的の交換では真っ先に推奨...

自転車の防犯登録はどうやってする?登録や変更の方法

町で人が乗っている自転車、駐輪場に停めてある自転車・・・どの自転車にも、「防犯登録」と書かれたシ...

自転車のスプロケットの歯数の選び方?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードバイクに乗っていると、坂がしんどいので自転車...

水泳・ランニング・自転車を行うトライアスロンとは?

自転車を扱う競技でトライアスロンというものがあります。トライアスロンは自転車だけでなく水泳 ラン...

自転車が車道を走るのは邪魔?ルールを知って思いやりを

「自転車が車道を走るのは邪魔だ!」という声をよく耳にします。(車を運転する方からのご意見)「自転車が...

スポンサーリンク

パナソニックサイクルテック

『パナソニック サイクルテック』 パナソニックグループの自転車メーカーの正式名称です。パナソニックは電気器具メーカーのイメージが一番だと思いますが、創業者の松下幸之助は自転車店の丁稚奉公から職業経験を始めているため、自転車に思い入れがあり、1952年に設立し自転車本体、自転車用ライト、自転車用タイヤなどを製造している総合自転車メーカーです。1980年代はランドナー、ロードレーサー、ミキスト、デモンターブルなどのラインアップを揃えた「ラ・スコルサ・ヌーボ」シリーズ、セミオーダー車「POS」(パナソニック・オーダー・システム)が知られ、ロードレーサーの分野では1980年代~1990年代にオランダを本拠地とするロードレースチーム、Panasonicチームをスポンサードしフレームなどの機材も供給しており実力も一流です。このチームはツール・ド・フランスなどにも出場する強豪であり、特にチームタイムトライアルが強く、ステージ優勝もしているほど。また、日本国内のフレーム・完成車メーカーとしては、初めてマイヨ・ジョーヌ(総合1位)を獲得し、数日間維持したこともあり、名実ともに老舗メーカーの一つでしょう。

パナソニックオーダーシステム①

パナソニックの自転車製造の一つとして有名なのがこの『パナソニックオーダーシステム』です。比較的安価でできるカスタムオーダーから、完全なフルオーダーまで対応してくれるシステムで自分だけのロードバイク、クロスバイクを手に入れることができます。アルミ+カーボンフレーム全盛の現在ではどちらかというと傍流のフレームメーカーであるが、クロモリフレーム再評価の流れの中ではありますが、クロモリやチタンのオーダーメードフレーム『パナソニックオーダーシステム』を手頃な価格で供給し続けている同社の存在感はとても大きいでと思います。特にフレームフルオーダーではその緻密な寸法指定によるフレームは、完璧なまでに 自分の身体にフィットすることでしょう。手がける熟練の匠の技は、1台1台丁寧に仕上げられ、その技は、カスタムオーダーにも受け継がれています。

パナソニックオーダーシステム②

パナソニックのスポーツバイクの歴史は、1966年トラックバイクなどのフルオーダーから始まったまりました。意外と知られていないことなのですが、1986年に松下電器が初めて「パナソニック」というブランド名を製品に冠したのは、当時からメジャーだったスポーツ車なのです。その同年に「パナソニック・オーダー・システム(POS)」を開発・導入し、90年代にはヨーロッパを視野に入れて活動を開始しました。欧州プロチームに機材供給して、90~92年には毎年40.50勝を挙げるほどの快進撃を果たしています。POSのオーダーシステムが画期的なのはクロモリは納期2週間という、オーダーバイクではあり得ないほどの短期間であることにあり、しかもカラーやパーツなど豊富なオプションが選べるため、自分だけのバイクがすぐに手に入る点でしょう。

パナソニック製のクロモリロードバイク紹介①

『パナソニックオーダーシステム』の紹介をしましたが完成車もたくさんのラインナップがあります。パナソニックのロードバイクはチタン・クロモリで構成されているモノが多いのですが今回はクロモリに焦点を当てて何台か紹介してきます。
①『パナソニック ORC09/FRC09』
フレーム:クロモリ フォーク:クロモリ
価格:フレームセット ¥135,000
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥285,000
価格:11速105完成車 ¥245,000
重量:1,920g(フレーム)
タイプ:ロングライド
特徴①:焼入れ温度まで特注したプレステージチューブ、応力解析により設計された3Dリッジラグを採用してます。
特徴②:高剛性・軽さ・しなやかな乗り味を同時に実現し“均整の取れた美しさ”を 獲得、満足の一台です。

②『パナソニック ORC19/FRC19』
フレーム:クロモリ フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥135,000
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥285,000
価格:11速105完成車 ¥245,000
重量:1,710g(フレーム)
タイプ:ロングライド
特徴①:クロムモリブデン鋼にニッケルを加えることで粘りをもたせたニッケルクロモリ製のチュービングは絶妙なバネ感を発揮すし乗り心地は抜群です。
特徴②:安定感と振動吸収に優れたオーバーサイズステムのオリジナルカーボンモノコックフォークを採用し、さらなる乗り心地のアップに一役買っています。

パナソニック製のクロモリロードバイク紹介②

③『パナソニック ORCD03/FRCD03』
フレーム:クロモリ フォーク:カーボン
価格:フレームセット ¥145,000
価格:11速ULTEGRA完成車 ¥290,000
価格:11速105完成車 ¥260,000
重量:1,860g(フレーム)
タイプ:エンデュランス
特徴①:安定した制動力をもつメカニカルディスクブレーキを搭載したロングライド専用設計で疲労感を軽減しています。
特徴②:低重心ジオメトリーによる優れた走行安定性、剛性のバランスに優れたクロモリプレステージチューブで乗っていて快適です。

④『パナソニック ORC29/FRC29』
フレーム:クロモリ フォーク:クロモリ
価格:フレームセット ¥110,000
価格:11速105完成車 ¥205,000
価格:10速TIAGRA完成車 ¥185,000
重量:2,020g(フレーム)
タイプ:ロングライド
特徴①:クロモリダブルバテッドチューブはしなやかさと適度なバネ感を与え、クロモリ特有の気持ちの良い加速感を感じることができます。
特徴②:路面からの振動を和らげてくれるのでロングライドを快適に楽しむことにオススメです。

パナソニック製のクロモリロードバイク紹介③

⑤『パナソニック ORC39/FRC39』
フレーム:クロモリ フォーク:スチール
価格:フレームセット ¥85,000
価格:10速TIAGRA完成車 ¥170,000
価格:8速CLARIS完成車 ¥155,000
重量:2,290g(フレーム)
タイプ:ロングライド
特徴①:前三角のクロモリダブルバテッドチューブとリアの強靭なHi-Tenチューブが頑丈でありながら快適な乗り味を実現しています。
特徴②:57mmのロングタイプのキャリパーブレーキ専用設計なので700×28Cタイヤまで装着可能、互換性に優れています。

以上5台の紹介でした。近頃はクロモリはカーボン、アルミにくらべ重量が重く、押され気味かもしれませんが自転車フレーム素材のメインの一つです。パナソニックのクロモリ成形技術と相まって素晴らしい自転車がたくさん世に送り出されているので試してみるのもいいですよ。