豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

トレックのロードバイクを購入!サイズは?選び方のポイント

      2017/07/04

トレックのロードバイクを購入!サイズは?選び方のポイント

ロードバイクの購入を考えたとき、メーカーの印象や予算など大切になってきます。

TREK(トレック)というメーカーをご存知でしょうか。
評判の良いメーカーで、初心者の方でも「欲しい」と思う方が多いでしょう。

そんなトレックの人気モデルも見ながら、選ぶときのポイントをお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


TREK(トレック)はどんなメーカー?

トレック・バイシクルはアメリカのメーカーで、傘下にマウンテンバイクで有名なゲーリー・フィッシャーやパーツメーカーで有名なボントレガーを持ちます。

展開するモデルは極めて幅広く、男女問わず、またほとんどの体型に適合するサイズの自転車を提供する超大手企業です。

GIANTと並んで、コストパフォーマンスの高さを評価されることが多いのですが、元々GIANTはTREKのOEMを生産していたという経緯もあり、両者が同じ軸で高い評価を得ていることは当然とも言えます。

また、自社がメインスポンサーを務めるプロサイクリングチーム「トレックファクトリーレーシング」があり、チームにはクラシックレースのスペシャリストであるファビアン・カンチェラーラ(2016年引退)や、日本人である別府史之選手が所属しているため、サイクリングスポーツファンからも熱い注目を集めています。

一方で、一般ユーザー向けのクロスバイクでも超人気車種であるFXシリーズを展開しており、スポーツ自転車を意識する、どんな人にも名の通ったメーカーのひとつであると言えるでしょう。

TREK(トレック)の人気ロードバイク

トレックの人気ロードバイクには、入門クラスから本気のレース仕様モデルまで著名なものが揃っています。

入門用としては、1シリーズとして『1.1』と『1.2』があり、両者とも130,000円以下クラスと手ごろです。

2015年には、アルミバイクの最軽量として『Emonda ALR5』が衝撃的なデビューを果たしました。

完成車でなんと8.19kgと、アルミバイクとは、にわかに信じ難い重量ながら、コンポーネントに105を採用して200,000円を切る驚きのコストパフォーマンス。

アルミバイクの超人気車種として、そのポジションを一気に確立してしまいました。

本気のレーシングモデルには、ステージレース向けに作られた『MADONE』と、1デイクラシックレース向けに作られた『DOMANE』があります。

『MADONE』に至っては最も価格の低いモデルで、すでに600,000円超と、ライトなユーザーには縁が遠いことになっている反面、本気でレースを楽しむようなユーザーには、プロも使うこのモデルに熱い視線が集中しています。

ロードバイクのサイズの見方①

さて、そんなトレックのロードバイクを購入するときは、最初にサイズ選びが重要になります。

ロードバイクのサイズ選びは、ママチャリのようなシティサイクルと違って、タイヤのインチサイズで選ぶということにはなりません。

タイヤのサイズは大抵700で統一されていますから、サイズの違いはフレームに出ています。

フレームのサイズ表記は、残念なことにメーカーごとに違うため、手早くサイズ感を掴むには、欲しいメーカーのチャート表を参考にするのが効率の良い方法です。

例えば、トレックではサイズ表記が47,50,52…などのようになっています。
変わって、GIANTではXS(430),S(465),M(500),ML(535)のように表記されています。

予備知識無しに見てしまうと何が何やら、と感じてしまうことでしょうが、大抵の場合は各メーカーとも、それぞれのサイズ表記に合わせて適合身長も記載しています。

トレックのロードバイクでは、47サイズが適合身長154cm〜160cm、50サイズが158cm〜166cmといった具合です。

サイズチャートの適合身長を見れば、「大体」自分にあっているかそうでないかが判断できます。

ロードバイクのサイズの見方②

トレックに限らず、ロードバイクを選ぶにあたって、各社のサイズ表記よりも適合身長のチャートを参考にするのが手軽いことを説明しましたが、それだけで十分ではありません。

そもそも、適合身長のチャートすら記載が無いメーカーも珍しくはありません。

また、「大体」としたように、適合サイズのチャートで本当に自身の体に適合するとも限らないのです。

言うまでもなく、同じ身長であっても、腕の長さや足の長さは、人によって異なるためです。

では、何を確認するべきかといえば、それはジオメトリです。
ロードバイクのプロフィールを確認すると、サイズ表記とともにジオメトリも記載されています。

ジオメトリは、そのフレームの性格や各部位を詳細に記したもので、この数値から体型に合っているかどうかを読み取ることができます。

主に、ジオメトリで重視されるのは、トップチューブ長(ホリゾンタル換算)です。

トップチューブはフレームのハンドルからサドル方向に向かって伸びているパイプ部分で、ここの水平換算の長さを測定することで、自身のリーチが適合するかを確認できます。

TREK(トレック)のロードバイク、女性向けのサイズ

女性の場合は、ロードバイクのサイズ選びで困ることは男性より多くなります。
ロードバイクは男性向けに造られているものが多いので、女性向けが少ないのです。

ですが、トレックには、Women’s Specific Design(WSD)という女性専用モデルが展開されています。

男性用と同じサイズでも女性用のほうが、わずかに小さめの設計になっており、ポジションもアップライト寄りになっていることが挙げられます。

男性と女性を比べたとき、同程度の体型であれば男性のほうが筋肉量が多い傾向があることに対して、それぞれにフィットするように考えられた結果の違いでしょう。

また、男性には無い悩みとして、女性にはデリケートゾーンの悩みがあります。

そのため、女性向けを謳っているモデルには、一般的なものに比べて、ワイドなサドルが採用されているケースが多く見られます。

女性の入門向けには、やはり女性向けのモデルをチョイスするほうが安心でしょう。

サイズが適合すれば、男性向けでも乗ることができますが、女性向けモデルはカラーリングも女性向けになっているので、そういった点も注目してみましょう。

お店でのサイズフィッティングについて

トレックを中心に、ロードバイクサイズの見方について簡単に説明してきましたが、最も安心で確実な方法は店舗でフィッティングして貰うことです。

人は同じ身長であっても、手や足が同じ長さではないことはもちろん、筋肉のつき方やその量、骨格も違います。

また、身長は測定する時間によって、同じ人でもわずかに違いが出てくるということもあります。

自転車はミリ単位で適合サイズを選ぶ必要があるほど、ちょっとしたサイズの違いが、とてつもない違和感や無理を呼ぶことになるものです。

サイズ選びに、どれだけ真剣になっても、なりすぎるということはありません。

そんなサイズ選びをより確実にしてくれる方法として、店舗でのフィッティングを活用しない手はありません。

測定は数分~十数分程度で終わる簡単なものからありますので、最初のうちはそのような軽めの測定を利用するだけでも十分でしょう。

簡単な測定と言っても、身長・股下・それぞれの腕の長さ・肩幅などを測定し、その結果から適していると思われるサドルの高さ・トップチューブ長・クランクアームの長さまで導き出してくれます。

ジオメトリを見るだけで購入するよりも、よほど安心です。

なお、自転車の購入時にはフィッティングをサービスしてくる場合がありますが、フィッティングのみの場合は、有料の場合がほとんどである点に留意してください。

TREKは間違いなくオススメできるメーカー!

トレック・バイシクルは、実は通信販売をしないことでも有名です。

それはフィッティングを重視するためで、もし購入してもらえたとしても適合しないサイズのロードバイクでは、ロードバイクの価値が全く無くなってしまうと考えているからです。

また、トレックストアには、試乗可能なロードバイクが常に用意されています。
いろいろ考え込んでしまうよりも、まずはトレックストアを訪れてみるのも、ひとつの方法です。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車 サイズ, 自転車全般