豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

イタリアの老舗ブランド「GIOS」、そのロードバイクの評判はどう?

      2016/11/25

イタリアの老舗ブランド「GIOS」、そのロードバイクの評判はどう?

1948年設立のイタリアの老舗自転車メーカー『GIOS』。創業者のトルミーノ・ジオス氏は元ロードレースの名選手であり、1936年のベルリンオリンピックのイタリア代表に選ばれるほどの実力者です。この『GIOS』のロードバイクの実力・評判はいかがなものなのでしょうか?今回はそこらへんのことを語っていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

pwk0001576-1.jpg
ロードバイクにスタンドは使えるの?そんな疑問にプロが回答

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「ロードバ...

pwk0001575-1.jpg
ロードバイクのシートポストとサドルを交換して軽量化!

ロードバイクをもっと速く走るために、軽量化にチャレンジしてい...

pwk0001574-1.jpg
プロ推薦のロードバイクでお尻が痛くならないサドルメーカー

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「お尻が痛...

pwk0001573-1.jpg
ママチャリの巡航速度を上げたい!簡単にできる方法はある?

手頃な値段で手に入り、徒歩で移動するより速く移動できるのが、...

pwk0001572-1.jpg
自転車のスプロケットを交換・洗浄してメンテナンスしよう

スプロケットはチェーン、チェーンリングと並んで、ロードバ...

pwk0001571-1.jpg
カンパホイールを比べてみた!ランクによる違いは何?

ロードバイクに乗り始めて、まずランクを上げたいパーツがホ...

pwk0001570-1.jpg
mtbのハンドル角度を調節して負担の少ない乗り方をしよう!

皆さんは、mtbのハンドルの角度を気にされたことがありますか...

pwk0001569-1.jpg
自転車のグリップシフト!よくあるトラブル解決と交換方法!

あなたの自転車のハンドルはグリップシフトですか?トリガーシフ...

pwk0001568-1.jpg
ロードレースでインターハイ出場したい!おすすめ練習法は?

最近は、自転車関係の漫画流行の影響もあり、高校に入ってロード...

pwk0001567-1.jpg
カンチブレーキの鳴き!解消方法とその他メンテナンス方法

シクロクロスに使われていることが多いカンチブレーキですが、調...

pwk0001566-1.jpg
mtbがロードバイク仕様になる?ドロップハンドル化できる

mtbに乗っていて、長距離乗っていると疲れる、速度が出ない…...

pwk0001565-1.jpg
iphoneでおなじみのgoogleマップ、自転車ルートは検索不可?

iphoneユーザーの人で一度はgoogleマップで、自転車...

スポンサーリンク


老舗イタリアブランド「GIOS」の歴史と評判①

改めてGIOS(ジオス)の紹介です。1948年設立トルミーノ・ジオス氏によって創設されたイタリアの名門ブランドです。トルミーノ氏がイタリアの元オリンピック代表選手であったことから、ヘッドマークにオリンピックのマークがあしらわれているのは有名なお話です。本拠地はトルミーノ氏の故郷である、イタリアのトリノにあります。トルミーノ氏の創設から、このブランドは順調に成長を続け、1968年に長男のアルフレード氏と三男のアルド氏が会社を引き継ぎ今もアルフレード氏が社長を務めています。GIOSは他メーカー・ブランドがカーボン使用のモデルをトップモデルとする風潮の中で、ラインナップの上位にクロモリ使用のフレームモデルを位置している珍しいブランドです。その中でもフラッグシップモデルである『コンパクトプロ』は、発売当初は限定モデルでしたが、その人気の高さに限定解除され定番になったモデルです。走りの良さも秀逸な絶妙な乗り心地は素晴らしくものであるといえるでしょう。まさにイタリアの職人魂を感じるバイクです。

老舗イタリアブランド「GIOS」の歴史と評判②

このGIOSの名声が決定的になった出来事は、1973年からロジャー・ドヴラマンク氏を擁する名門チーム・ブルックリンにフレームを供給したことからです。ドブラマンク氏は美しいフォルムと性能を持つGIOSを駈り、ジロ・ディ・口ンバルディーアなどの大レースを制覇したのです。さらにブルックリンはツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなどでも数多くのステージ優勝して、その勝利数は1977年までになんと47勝!1994年からはスペインのチーム・ケルメにフレーム供給を開始し、1999年のツール・ド・フランスではフェルナンド・エスカルティン氏がピレネーで悲願の区間初優勝を達成し、さらに総合3位という結果を残したのは記憶に新しいですね。その後もイタリアのアレクシア・アルミニオやフォルマッジオ・ピンツオーロ、リラックスなど様々なチームにフレーム供給をしており、プロレース界との密接な関係を持ちつづけています。そして、そこから得られるデータは常に製品に反映され、毎回改良が施され素晴らしいロードバイクを生み出しています。

老舗イタリアブランド「GIOS」の歴史と評判③

しかし、今ではちょっと事情が変わっています。複雑な関係なのですが「GIOS」の他に「GIOS Torino」とブランドがあります。少しわかりづらいかもしれませんがちょっとお話します。GIOSは日本での直営店をもっておらず、その販売網や展開は「ジョブインターナショナル」という企業が代理店として行っています。この「ジョブインターナショナル」が企画した日本向けの安価な台湾製のGIOSは日本だけでの展開でしたが、2011年のモデルから、このラインナップが日本・イタリアの共通になってしまったのです。これはどういうことなのかというと、第一にイタリア製フレームがなくなってしまったということであり、フラッグシップモデルでもあるコンパクトプロも台湾製になったということです。第二にGIOSのアルフレード社長はGIOSの名義を「ジョブインターナショナル」に貸して、日本に丸投げ状態にしてしまったということです。つまりメイドインイタリアのGIOSは実質的になくなってしまったことになります。そこで今度はGIOS内部の動きで昔ながらの名門GIOSブランドにこだわる人たちによりイタリアを拠点に別の「GIOS Torino」という会社を創設して本家のGIOSとは違う道を歩んでいるようです。こうしてみると今のGIOSをイタリア発のブランドとして見て良いのかちょっとわからないかもしれませんね。こういった事情でブランドイメージがよくないと思っている人もいます。しかし台湾の製造技術は素晴らしいものですので性能に関しては劣っている訳ではないので安心してくださいね。ちなみに日本では「GIOS TORINO」を扱ってる代理店は全くないので、もし欲しい場合は
直接海外での買い付けしか選択肢がないみたいですね。

「GIOS」のオススメロードバイク①

なにやら複雑な事情があるGIOSですが自転車の性能については製造が台湾に移ってもそこは名門ブランドですね。台湾製をいうことで安価なモデルもありうれしいことだと思います。ではいくつかオススメのモデルを紹介していきましょう。
①【まさにシンプルイズベストを体現『VINTAGE PISTA』】
この『VINTAGE PISTA』は昔ながらのGIOSのクロモリ採用フレームのピストバイクです。とてもシンプルな構造でお手入れ・メンテナンスがとても簡単にできます。磨けば磨くほどイメージカラーの覚めるようなブルーが映えてインテリアとしても美しいです。
フレームとの対比色でフォークがシルバーなのでそのコントラストも好印象ですね。
(参考価格:84,000円)

②【休暇を楽しむならこれ『VIAGGIO』】
お仕事・ご学業などで疲れた週末は心身共にこれでリフレッシュしましょう。この『VIAGGIO』はそんなのんびりとしたツーリングにもってこいなロードバイクです。700×28C大きめのタイヤで多少の段差も気にすることなく走れ、またライディングのポジショニングは比較的楽な位置に設計されているので、その快適な乗り心地はサイクリングを素晴らしいものへと変えてくれることでしょうね。
(参考価格:98,000円)

「GIOS」のオススメロードバイク②

③【ロングライド・ツーリングに挑戦しよう『SPAZIO DROP』】
スポーツサイクルへ慣れてきたなら、お次に考えるのは「もっとたくさんの景色を楽しみたい」ということがあると思います。高い剛性のこの『SPAZIO DROP』はそんな要望に応えてくれる最適な一台でしょう。クロモリフレームのこのモデルは確実な・安定的な走りを実現してくれると共に、洗練されたそのクラシックなデザインでロングライドをより楽しいものへと変えてくれること間違いなしですね。さらにフェンダーが標準装備なのも嬉しい点で、ロングライドにぴったりの一台です。
(参考価格:110,000円)

④【本格的なレース仕様『FELLEO 105』】
この『FELLEO 105』は1その名の通りシマノ105コンポーネントを採用した本格的なレーシングロードバイクです。少々硬めな設計のクロモリフレームは踏み込むたびにしっかりとその力を推進力にしてくれます。またコンパクトクランクも搭載しているので脚力に自身のない方でも楽にペダルを漕ぐことができるでしょう。スプリントにもヒルクライムにもバッチリなオールラウンドで活躍できるモデルです。
(参考価格:172,000円)

「GIOS」のオススメロードバイク③

⑤【ロードバイク本来の走る楽しさを『LESTA』】
ある程度のトレーニングをして実力がついてくると何をやっても上手くいかず面白くないときが来ると思います。そんなときはこの『LESTA』。自転車へ初めて乗れた時のようなドキドキや楽しさを体験できるはずです。こちらの動きに対して瞬時にリアクションし、その反応性は自分の体の一部だと感じてしまうかも。少々高価ですがそれに見合った感動を与えてくれるでしょう。
(参考価格:172,000)

⑥【スポーツサイクルを気軽に体験するには『MISTRAL』】
もっと気軽にスポーツサイクルの爽快感を体験してみたいという初心者の方にはこの『MISTRAL』がオススメです。安価で手に入るので初めの一台に最適。ここでシティサイクルとの違いを簡単に感じることでスポーツバイクの世界にどっぷりとはまってみませんか。
(参考価格:51,000円)

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般, 評価 インプレ