豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のペダル部分のがたつき、原因は何?

      2016/11/25

自転車のペダル部分のがたつき、原因は何?

自転車に乗っていてペダルのがたつきを感じる、そんな時はありませんか。自転車のハンドル・サドル・ペダルは乗るものと自転車本体の接点、異常を感じたらすぐに原因究明しましょう。がたつきだけでなく、異音や振動を感じる場合なども出てくるかもしれません。今回は思い当たる原因を少し探ってみようというお話です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜クランク?

自転車は様々な部品で構成されています。部品そのものについては問題なくても取り付け方によっては異音や振動を起こす場合があります。なので、ペダルにがたつきを感じたとしてもペダル自体に問題があるとは限りません。(意外な部分が原因ということも考えられるのです)面倒くさがらずにしっかりとトラブルシューティングを行いましょう。
もし、ペダルそのものは滑らかに回転するのにペダルにがたつきを感じた場合、先ずクランクの状態を疑ってみましょう。クランクをしっかり押さえてペダルを色々な方向に揺すってみてください。軸ごとがたつきを感じるのであれば、ペダル軸が緩んでいます。トルクレンチを使って、しっかり締め直してください。(推奨されている場合があるので、その場合は推奨のトルクレンチを使用してください)
ちなみに軸はしっかりしていてペダル部分のみががたつく場合は、ペダルの内部が緩んでいる可能性が考えられます。その場合は、六角レンチやペダルスパナでしっかりと締め直してください。

自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜BB?

BBとは「ボトムブラケット」の略で、自転車のクランク軸周辺を指す自転車用語です。BB周辺が問題でペダルががたつく場合は、BBとクランクが緩んでいる場合、若しくはBBとフレームが緩んでいるという2パターンが可能性として考えられます。
BBとクランクに緩みがる場合、フレームをしっかり押さえて、クランクアームを色々な方向に揺すってみましょう。それでがたつきを感じるのであれば、クランクとBBの取り付けに問題があるということになります。
BB とフレームに緩みがある場合、左右どちらかのクランクアームを揺すった際に反対側のクランクアームも一緒に揺れます。その場合はBBが緩んでいる場合があるので締め直しが必要になるます。またBBの軸受部にも問題がないか確認してみましょう。(場合によってはBBの交換が必要な場合もあります)
いずれにせよ、問題がBB周辺にあった場合、専用工具やそれなりの技術力が必要になります。専用工具がなかったりご自身の技術力に自信がなかった場合は自分でなんとかしようとせずに自転車屋さんに修理をお願いするようにしましょう。

自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜フレーム?

BBが緩んでいる場合はその都度締め直せば解決しますし、それでもダメなら交換すれば解決します。それでも尚BB周辺にがたつきがある場合、BBが取り付けられている部分、つまりフレームに問題がある可能性があります。最悪の場合、BBを受けている部分が長年のストレスで歪んでしまっている可能性が考えられます。
その状態で自転車に乗るのは乗り心地が悪いだけでなく、安全性にも問題があります。経年劣化というのは物である以上、必ず起こるものです。どうにもならない場合は、無理して乗ろうとせず、買い換えることを検討しましょう。

自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜チェーンリング?

クランクアームとチェーンリングの緩みからくるペダルのがたつきという可能性も考えられます。クランクアームとチェーンリングを取り付ける部品類(ボルト類等)が緩んできて周期的に異音や振動を引き起こす場合があります。
また、チェーンリングがなんらかの理由(転倒や物に接触した等)により歪んでしまい、走行中にフロントディレーラー(ギヤチェンジする変速機。前輪と後輪にあります)とチェーンリング、或いはチェーンが接触するようになってしまって異音や振動を引き起こす場合もあります。
こういった場合でも、自力での修理はできれば控えた方が良いと思います。万が一失敗した場合、状態を余計悪くする可能性が考えられます。多少の費用には目を瞑って自転車屋さんに修理をお願いしましょう。

自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜サドル?

あまりイメージできないことかもしれませんが、サドル周辺の問題に起因するペダルのがたつきということも考えられるのです。サドル周辺が問題の場合考えられるのは、サドルとシートピラー(サドルを取付ける棒状の部品)の取り付け、或いはシートピラーとフレームの取り付けの2パターンが考えられます。
この場合は、ペダルを踏み込むごとにペダルががたついたように感じます。もし立ち漕ぎした時(サドルに触れない時)にがたつきが治る場合は、上記の2パターンのうちどちらかが原因という可能性があります。
もし、原因がサドルとシートピラーの取り付けに起因することだった場合、単なる取り付け不良なら取り付け直す、或いはもの自体(サドルとシートピラーの両方か片方)を交換するだけで済むかもしれません。
これがシートピラーとフレームと取り付けに起因することだった場合、シートピラーなら交換で済みますが、フレームだった場合(フレームが歪んでいる等)は自転車の買い替えになる可能性があります。
どちらの場合にせよ、(ご自身でもできる作業かもしれませんが)自己判断で済ませず、一度ご近所の自転車屋さんに相談されるのも良いと思います。

自転車ペダルのがたつき、考えられるのは?〜ペダル付近以外?

これまで書いてきたように自転車のペダルのがたつきはペダル自体やその周辺の問題とは限りません。トラブルシューティングの結果「え、まさか」という意外な箇所がトラブルポイントだったりするのです。特に最近は共振しやすい素材や形状が増え、その結果ペダル周りから離れた箇所で生じた振動がペダルに伝わってペダルのがたつきに感じるというケースも出てきています。
考えてみれば、自転車というのは摩擦や振動の塊です。ペダル周りはもちろんのこと、前後のホイールも(当然ですが)回転しますし、ハンドルやサドルも回転します。回転するということはそこには摩擦が生じます。摩擦が生じれば振動が発生します(グリスやオイルを注さなければ、それはより大きくなります)振動が大きくなれば、自転車の各部分に少なからず影響を与えます。ペダルのがたつき影響の一つの表れではないでしょうか。

甘く見ないで!自転車ペダルのがたつき

前述したように自転車は摩擦や振動の塊です。自転車は様々な部品で構成されています。別の言い方をすれば、その分だけ摩擦や振動が起きる箇所があるということです。摩擦や振動は自転車にストレスを与え、それが蓄積されれば部品の消耗や破損につながります。ペダルのがたつきを軽く見ない方が良いと思います。ペダルのがたつきの原因を調べてみたら、実は重要な箇所が金属疲労を起こしていたり破損していることが発覚なんてこともありうるわけですから。それが自転車に乗っていない時(メンテナンス時)に発覚したなら良いのですが、走行中に金属疲労を起こして破損した場合は運転者や周りの人の身の安全(命)に関わります。
ちょっとでもペダルがたついているなと思ったら、できれば自己判断をせず自転車屋さんに相談してみてください。重大なトラブルが隠されているかもしれません。

 - ペダル クランク, 自転車全般