自転車の平均時速はどれくらい?ゆっくり漕いでも痩せるの?

あなたは、どれくらいのスピードで自転車を漕いでいますか?
漕ぎ方によって、大きくスピードが変わる自転車ですが、平均速度はどのくらいなのでしょうか。

また、ゆっくり漕ぐのと速く漕ぐのとでは、どちらが痩せるのでしょうか。

ここでは、自転車の時速の違いやダイエットとの関係性をご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれに乗りたい!自転車女子の服装コーデ術!

ここ何年かで、ただの自転車でなく、スポーツタイプの自転車に乗る女性が増えてきました。それに伴い、...

ロードバイクのタイヤにひび割れが!そのままで大丈夫?

気がついたら、ロードバイクのタイヤにひび割れができていた。まだタイヤ交換をしてそんなに経っていな...

スポーツデポの自転車ウェアってどうなの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。自転車を買ってしばらくすると欲しくなるのが、自転車用の...

ロードバイクのリムの掃除方法

ロードバイクに乗ってるとだんだんと気になってくるのがリムの汚れ。細かい部分かもしれないですけど、ロー...

自転車で日本一周をすると費用はいくら掛かる?

自転車で日本一周をすると費用は、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。日本一周となると時間も掛かりま...

プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれば、多くのロードバイク乗りがホイールと答...

自転車のペダリングのやり方でふくらはぎが変わる!?

全ての自転車トレーニングに共通する、基本中の基本はペダリングです。そのペダリングを行う足を見...

ブリヂストンの自転車ってどう?メンテナンスはどうすれば?

新しい自転車を購入するとき、どのメーカーが良いか、とても悩みますよね。そんな悩みを持つ方におすす...

東京で自転車移動?素敵な自転車ライフを目指して

東京では、電車やバスなどの移動手段が、とても発達しています。でも、それって、時間に縛られたり、予期せ...

クロスバイク入門におすすめ、2万円クラスで快適デビュー

スポーツバイクに興味があって、ちょっと試しに始めてみたい。会社や学校まで約10㎞、快適な通勤・通...

メリダのシクロクロス、2017年版ってどうなの?

メリダの代表的な自転車製品とも言えるシクロクロス。2017年版は一体どんなスペックや魅力良さや...

ついに自転車を手に入れた!防犯登録は義務になっているの?

自転車を手に入れたのだけど、必要な物とかあったらいい物って自転車本体だけでなくその自転車関係の装備...

自転車で違反し罰金が科せられたら前科が付くって本当?

いきなり結論から言うと本当です!自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されます。...

ロードバイクのホイールを自分で手組み!組み方をご紹介!

ロードバイクに乗っていると、いつの間にかパーツが増えてしまいます。その中でも、ホイールを数種...

自転車を分解してメンテナンスするには?専用の道具が必要?

自転車に乗っていて、なんだか買った当初より乗り心地が悪くなってきたということはありませんか?もし...

スポンサーリンク

自転車の種類による時速の違いPart1

時速とは、「1時間あたりに走る距離」を表します。

例えば、時速60kmと記載があれば、「1時間で60km走る」という意味です。
分速90mであれば「1分間に90m走る」という意味です。

「ある単位時間あたりに進む距離」というものが速度の概念なのです。

ママチャリの平均時速は12~19kmと言われています。

つまり1時間に12km~19kmの距離を走れます。
老若男女、幅広く利用されるママチャリの速度は、人が歩く速度(時速4km)の約3倍から、人が全力で走る速度(時速20km)と同等です。

坂道を下る際や、運動能力の差によっても変わってきますが、一般的な自転車の街乗りでは、走行速度は大体時速15km前後となります。

マウンテンバイクの平均時速は18~25kmになります。
マウンテンバイクは、その名前の通り、坂や悪路などの山地を走るための自転車です。

安定性が重要となるため、車体を重くして、タイヤは太めで溝も深いものが一般的です。
また、安定性があるため、急な坂道を下った場合に、時速70kmもの速度が出すこともできます。

安定感があるがゆえに、体感スピードがゆっくりに感じることがあるため、街乗りには注意が必要です。

自転車の種類による時速の違いPart2

クロスバイクの平均時速18~25kmです。
おしゃれな街乗り用の自転車として、最近良く見かけますね。

名前の由来は、マウンテンバイクとロードバイクの良いところをクロスさせたことから名づけられました。

ママチャリやマウンテンバイクよりも、軽量化が図られているため、立ち上がりや走行の速度が、若干上がるように感じます。

ロードバイクの平均時速20~30kmです。

ロードバイクは、人力の乗り物で一番速いと言われています。
もともと、競技用の自転車であるため、車体は軽くして速度が上がるようにしており、車輪は大きくて細いです。

トップスピードは整備された道だと、時速約40kmは出せます。
このロードバイクを街乗りとして使用するのは、とても危険です。

街乗りの際は、スピードの出し過ぎに気を付けて、ゆっくり走行してください。

自動車と比較しても、5km圏内であれば、自転車のほうが早い場合が多いです。

自転車で時速15kmであれば、駐車時間も含めて25分程度です。
移動距離が10km強であれば、バスよりは早く到着できます。

6~7kmの距離だと、鉄道とほとんど変わらないでしょう。

10kmの距離を自動車と比較しても、数分程度の差でしょう。
この調査は都市内で比較していますので、場所が変わると数字も変わってくるでしょう。

速く、長く走りたければロードバイクを

自転車通勤をする場合、時速20km以上は出せるロードバイクがおすすめです。
距離が15km以上ならロードバイクです。

ロードバイクであれば、片道20kmの距離でも、人によっては電車通勤より早いでしょう。

自転車の利点を活かして、交通量の少ない道を見つけたり、河川敷のサイクリングロードがあれば、快適な通勤となるでしょう。

また、通勤だけでなく、疾走感・爽快感を楽しむことができるのも特徴ですが、スピードの出しすぎには気を付けて、街中ではゆっくり走りましょう。

通勤で自転車を使用するときは、キャリアや泥除けが付けられるタイプのものもおすすめです。

荷物が多いときや、路面が悪いときには重宝します。
リュックを背負っての自転車走行は、背中が汗だくになることもあります。
キャリアがあれば、荷物を背負うことがなくなるので、とても快適になります。

そんなキャリアを付けられるロードバイクをご紹介します。

【TREK1.5】
軽量アルミフレームのロードバイクで初心者向けです。
フロントフォークにはカーボンを使っているため、快適さがあります。

キャリアと泥除けが取り付け可能なため、利便性が高いのが特徴です。

ダイエット効果があるのは時速何km走行?ゆっくりでも効果あり?

自転車の消費カロリーは、ゆっくり走らせた方が多く消費できます。

競輪選手の足を見てみると、筋肉質な太い足をしています。
逆に、ツール・ド・フランスなどの、自転車ツーリング競技の選手の足は、細い人が多いです。

重いギヤを使って一生懸命にペダリングすることは、筋トレにはなりますが、ダイエットには向いていません。

軽いギアで速く回す方が効果的です。
負荷が軽いので筋トレにならず、有酸素運動にもなるため、消費カロリーを増やせます。

厳密には、単に自転車の速度だけで消費カロリーが決まる訳ではありませんが、ここではあまり気にしなくてもよいでしょう。
ゆっくり運転した方が運転時間が長くなり、消費カロリーを増やせます。

自転車は、ジョギングやランニングに比べて膝への負担が少なく、軽いギアで漕ぐ方が、より負担は小さくなります。

そして、30分以上の走行時間が効果的です。
スマホがあれば、地図アプリを使うことで道に迷うこともないため、目的地を決めずに15分~20分程度運転してから、折り返すのもよいでしょう。

30分といっても、漕ぎ続ける訳ではありませんから、ジョギングより楽に感じるでしょう。

サイクリングコースが近くにあれば、ぜひ使用することをおすすめします。

自転車にゆっくり乗りながら痩せるコツ

ジョギングより、自転車のほうが確かに楽に感じますが、それでも汗はかくため、水分補給は必須です。

10~15分置きに、100~150ccは摂取するようにを心掛けましょう。

自転車のフレームにボトルを取り付けられるので、これを利用すると良いでしょう。
慣れてくると時速15km程度で走行していても、乗りながら飲むこともできるようになります。

水分が無い状態での運動は脂肪燃焼の効率が悪くなり、夏場は命にも関わることです。
水分が少なくなると血行が悪くなり、重大な障害を引き起こしかねません。
そのような状態では、脂肪燃焼の効率も悪くなることは、容易に想像ができます。

また、運動時の呼吸は非常に重要です。
ただし、自転車の場合は「いつ吸って」「いつ吐く」ということではないですが、ゆっくり「鼻から吸って」「口から吐く」ことを心掛けてください。

鼻から呼吸した方が、同じ運動量で比較しても、消費カロリーが多かったという実験結果もあります。
鼻呼吸のほうが心肺機能の強化についても効果的です。

自転車の消費カロリー、ゆっくり走行で違いが

体重50kgの人が、1時間自転車走行した際のカロリー消費量は、自転車全般で平均で393kcalです。

山道で446kcal。
山道の上り坂であれば735kcal。
山道の競技やレースは840kcalです。

モトクロス用自転車の場合は、446kcalで、レジャーでゆっくり乗るときの時速8~9km/時の場合は183kcalで、15km/時は304kcalです。

ダイエットには、姿勢も重要です。
どのタイプの自転車でも、ペダルが一番下の状態で、膝が軽く曲がる程度が効率良く運転できます。

サドルを低くして乗っている高校生を見かけますが、ダイエットには不向きで、筋トレに近い運動となっています。
有酸素運動になっていないので、消費エネルギーを増やそうという目的に対しては非効率です。

正しい姿勢が消費カロリー増に有効です。
ロードバイクなどのスポーツ自転車は、前傾姿勢になるので、誤った姿勢で乗ると腰痛めることがあります。

正しい姿勢は、雑誌やインターネットで調べることが可能ですので、しっかりと正しい姿勢を学びましょう。

その他にも、慣れないと停まるときにうまく足を着けられないので、慣れないうちは、近所の公園や駐車場で練習した方がいいでしょう。

速く走るより長く走る方がダイエットには良い

いかがでしたか?

自転車の種類によって、平均時速は変わってきますね。
自分の目的に合った自転車を選んでくださいね。

また、ダイエットには速く短い時間漕ぐよりも、ゆっくりと長く漕ぐ方が効果があるようですね。
無理のない速度で、休憩を挟みながらサイクリングをすることをオススメします。