豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ジャイアントの自転車は店舗購入が最適!

      2016/11/26

ジャイアントの自転車は店舗購入が最適!

ジャイアントの自転車はネットで購入するのが良いのか、それとも店舗での購入が良いか迷う方が居ると思います。

それぞれのメリットとデメリットと、そしてジャイアントの自転車の場合について書いていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


ジャイアントの自転車の店舗購入①

ロードバイクなどスポーツタイプの自転車が欲しい場合は、自転車を専門に取り扱っている店舗へ行くのが良いのでしょう。

しかし最近は、ネット通販を利用する人も多いようです。

ネットを使うと、ジャイアントなどの有名メーカーの製品を簡単に入手出来る上に、実際の店舗よりも、安値のことが多いのですが、話し合いが出来ないので、そうとは知らずに不良品を購入してしまうことも有り得るのです。

そのため、その辺りの見極めが出来る人には、向いている買い方と言えるでしょう。

初めての人は、やはり専門店で買うことをおすすめします。

店員さんに質問などを行い、アドバイスをもらいながら、自分に合った1台を手に入れましょう。

購入後のサポートも充実していますよ。

メンテナンスに関しても、買った店でなら特典として、安く引き受けてもらえることがあります。

自転車の専門店とひと口に言いますが、実はいくつかの種類があります。

例えば「総合自転車店」は、初心者向けのモデルをメインにしているので、最初はここを訪ねてみましょう。

自転車そのものはもちろん、ヘルメットやウェアなどのアイテムや、各種パーツも買うことが出来ます。

点検や修理も行ってくれるので、困ったらいつでも駆け込みましょう。

ジャイアントの自転車の店舗購入②

規模の大きな自転車専門店の魅力は、あらゆるメーカーの製品を扱っていることでしょう。

何を置いているのかは店舗によって異なりますが、ほとんどはヘルメットやライトなどの付属品や、細かいパーツなどが揃っています。

初心者から上級者まで、どんなタイプの人でも満足出来るはずですよ。

最も多いのは、スポーツタイプのバイクを取り扱っている店かと思われます。

個人に合ったロードバイクについてサポートを惜しまず、初心者に向けた練習会やメンテナンスの手解きなどを行ってくれます。

バイクに詳しい店員さんも多いため、実体験を基にした話や、アドバイスを聞くことが出来るでしょう。

複数の種類を置かず、ひとつのブランドに特化させている店も存在します。

有名なところでは、自転車メーカーでは最も大手と言われているジャイアントのみを扱ったジャイアントストアや、多くの人気を集めているビアンキストアなどが知られていますね。

定番のエントリーモデルから、プロも使用している上級モデルまで、幅広いバイクを取り揃えています。

ジャイアント自転車の店舗購入のメリット

自転車専門店と上手く付き合うことは、ロードバイクを楽しむための重要なポイントです。

特に初心者の場合は、種類を把握することすら大変です。

ジャイアントやビアンキなど有名なものでも、性能は分からず、名前くらいしか知らないという人は少なくないでしょう。

身近なところに詳しい人がいない場合は、店員さんを頼るしかありません。

何か困ったことがあるなら、専門店へ行きましょう。

些細なことでも質問出来ますし、役に立つアドバイスももらえます。

また店舗によっては、練習用の会を開いているところもあるため、実際に走ることや、他の人の走りを見て学んだり、経験談などを話してもらえたりもします。

これなら自然と自分の腕前も上がることでしょう。

メンテナンスは、基本的に自分で行うものですが、それでも限度はあります。

これは無理そうだ、自信がないと感じたら、プロに任せると良いでしょう。
突発的なトラブルにも対応してくれます。

ほとんどの店舗では、持ち込んだ自転車がその店で買ったものだった場合、購入者特典として料金を安くしてくれるサービスを行っています。

自転車を購入する店

自転車を購入するにしても、様々な店舗があります。

どの店を利用すれば良いのでしょうか。
今回はそれについて詳しくお伝えしたいと思います。

一番大事な点は「自宅から近いかどうか」です。

メンテナンスも頼みやすいですし、緊急時にはすぐに駆け込めます。
サイトに地図を記載している店もあるので、一度見てみることをおすすめします。

何か相談を持ち掛けた際、親身になってくれる店員さんがいる店も良いでしょう。

初心者は、希望するモデルが自分に合っているのかどうか、そもそもどのモデルを選べば良いのか分からないことが多いため、専門家からのアドバイスは、とても有り難いものです。

ジャイアントやビアンキなどの人気メーカーのモデルでも、個人の体格や予算、好みによっては最適ではありません。

どれが良いのか、何を基準に選ぶのか、きちんと質問してみましょう。

スポーツタイプのバイクが欲しい場合は、それを取り扱っている店を探して下さい。

ママチャリがメインとなっている店では、レースなどの情報は詳しく得られない可能性があります。
最低でもロードバイクを置いている店が良いでしょう。

その他としては、専門雑誌に広告をよく載せている専門店や、定期的にイベントを開催しているような店、常連客が多い店、オーナーやスタッフがバイクの乗り手である店なども信用出来ると言えるでしょう。

自転車店舗で購入する際のアドバイス

自転車専門店を訪ねるなら、平日がおすすめです。
平日の方が来客は少なくなるので、ゆっくりと話を聞くことが出来ます。

取り扱うブランドの種類は、店舗によって異なります。
ジャイアントなどの有名なものから、マイナーなものまで揃えている店もあれば、何かひとつのブランドだけしか置いていない店もあります。

事前にカタログを読んでおき、基礎知識を得ると共に、自分好みのブランドを見つけましょう。

一度購入すると、それ以降は、その店でメンテナンスなどを行ってもらうことになるでしょう。

その際は、販売されているパーツには、何があるのかを確認しておくと良いですよ。

店内に並んでいなくとも、バックヤードに置いてあることもあるため、欲しいパーツがあれば店員さんに聞いてみましょう。
ネット通販を利用しても構いません。

パンフレットに関しては置いていない店も多く、あったとしても1冊しかない場合も珍しくないので、パンフレットは、ほぼもらえないものだと考えて下さい。

モデルの比較をしたければ、スマホで写真を撮るという手があります。
もちろん無断ではなく、きちんと許可を取って下さいね。

ネット購入での注意点

最近は自転車専門店へ行かなくても、ネット通販を利用すれば、自転車を手に入れられる店舗が増えています。

しかし、慣れている人ならともかく、初心者がこの方法で購入するのは、メンテナンスやトラブルへの対処が出来なくなるので避けた方が良いでしょう。

ジャイアントやスペシャライズドなど、有名ブランドのほとんどは、ネットでの販売を行っていません。

アドバイスなどが満足に行えないということも理由のひとつですが、何より買い手には実際に触ってもらった方が、分かりやすいという点も大きいのでしょう。

なお、オークションはネット通販よりも厄介です。

販売元が個人である場合が多く、補償もありません。
上手く見極めなければ、不良品や盗品を買わされてしまいます。

また、専門店を直接訪ねた場合でも、点検や修理を行えるスペースがない店や工具の数が少ない店、消耗品があまり並んでいない店、明らかに高い商品を売りつけてこようとする店、質問などにはっきりと答えてくれない店などはやめておきましょう。

ブレーキシューやチューブなどのパーツや、ライトなどの小物に関しては、ネットでも構いません。
値段も専門店より安く買えるのでお得です。

ジャイアントの自転車は店舗が良いでしょう

ジャイアントの自転車は店舗で購入するのが一番だと思います。

その理由としては、他のブランドにも言える事ですが、知識が豊富な方ならまだ良いかもしれませんが、ほとんどの方が知識のない状態で購入すると思うからです。

店舗で働いている方くらいの知識ある方なら大丈夫だと思いますが、それ以外の方は、店舗で購入するのが無難といえます。

 - ロードバイク ジャイアント, 自転車全般