豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ビアンキのオルトレってどうなの?インプレは?

2017.2.7

皆様はどんなロードバイクがお好きですか?
おしゃれなロードバイクですか?
それとも、高性能なロードバイクですか?

実は、おしゃれかつ高性能なロードバイクがあるんです。
その名も「オルトレ」。

今回はそんなビアンキのオルトレのインプレをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょうか? 一世を風靡した時代もあった...

トレックのロードバイクを購入!サイズは?選び方のポイント

ロードバイクの購入を考えたとき、メーカーの印象や予算など大切になってきます。 TREK(トレッ...

コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか?...

自転車メーカー、スペシャライズドのロードバイクの評価は?

ロードバイクを乗っている人であれば聞いたことあるであろうメーカーのスペシャライズド。 最近は、低...

LOOKの自転車のスペックと重量をまとめてみた。

LOOKはフランスの自転車ブランドです。スキー用品メーカーとして設立され、カーボンフレームを用いた...

メリダのロードバイクの評判と実力

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 台湾メーカーと言えば、ジャイアントを思い浮かべる人も多...

カンパニョーロ・ゾンダのホイール2014をご紹介!!

ロードバイクに乗り始めて、まずグレードアップすべきパーツは車輪です。 タイヤやホイールのグレー...

ちょっと変わったロードバイクのメーカーランキング

ロードバイクを購入しようと思い立ったはいいけれど、どのメーカーを買えばいいのか、さっぱり分からないで...

コルナゴ等有名メーカーのシクロクロス2017年モデルを紹介!

ロードバイクやシクロクロス、クロスバイクにマウンテンバイクなど、毎年新作が発表されます。 これは、...

自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの自転車が欲しいと思いますよね。 日...

TREKのロードバイクが欲しい!でもサイズや形状はどう選べばいいの?

TREKは1976年の創業以来、「今ここに用意されている素材から何一つ妥協せず、最高の製品を造る」と...

ルックのロードバイク2016モデルの魅力

「いつかは乗りたいロードバイク」で常に上位のフランスメーカー。 元々はビンディングメーカーのルック...

スーパーコルサってどう?雨天の自転車走行の注意点は?

新しいロードバイクを買いたいと思ってはいませんか? そんなあなたにおすすめなのが、チネリのスー...

ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 前身のメーカーが多くのブランドにハ...

自転車メーカーgtの製品紹介!サスペンションって意味ある?

gtという自転車メーカーを知っていますか? スポーツ自転車の中でも、mtb乗りの方ならご存知かもし...

スポンサーリンク

おしゃれな自転車メーカー「ビアンキ」

イタリアの老舗自転車メーカーといえば、「ビアンキ」です。
チェレステグリーンと呼ばれる、コバルトブルーとグリーンの中間色がシンボルカラーで有名です。

碧空・天空をイメージする綺麗な青緑色です。

創業1885年来の伝統とカラーは、多くの自転車愛好家を魅了してきました。

レースにおいても、優秀な成績を残しているのがビアンキの自転車です。
レースでも活躍しているオルトレは、年々開発され進化を続けています。

オルトレのインプレ(感想)は長く乗っても疲れず、安定感に優れてスピードも抜群という声が多くあります。

ビアンキでは、ロードバイクの他にも、折りたたみ自転車・クロスバイク・マウンテンバイクなど様々な自転車を製造販売しています。

また、お洒落なウェア・キャップヘルメット・シューズ・グローブなども揃っているので、自転車に乗るときに揃えてみるのも良いです。

チェレステグリーンはもちろん、ブラックやブルー・ホワイトなどのウェア・グッズが多数あります。

ビアンキ オルトレのインプレ

ビアンキのオルトレのインプレを、より詳しく述べていきます。

オルトレはビアンキの自転車では、上級者向きの自転車です。
上級者向きの自転車のほとんどは、通常ならゆっくり走ると安定感が微妙なのですが、オルトレは違いました。

気付いたらスピードが出ていることがあります。
踏み込むときに、グイグイ漕いでいる感じがなく、スルスルと回るので自然とスピードが出ます。

踏み込み感がもっと欲しい方にとっては、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

坂道を座ったままで登ってみましたが、これまた必死に踏み込まなくても、スイスイ登ってしまいます。
楽に登れるので、足の疲労感もさほど感じません。

下りコーナーでも安定感があります。
横方向に強く、コーナリングでも怖さを感じさせないのです。

坂道で恐怖を感じる方にとっても、安定して乗れるのは、とてもありがたい自転車ですよね。
振動をほとんど感じさせない設計もされています。

ビアンキのオルトレは女子にもおすすめ

ビアンキのオルトレのインプレを、分かりやすくするためにまとめてみました。

・乗り心地が良いので、ロングツーリングにぴったり

・漕ぎやすいので、ヒルクライムに向いている

・軽いので、乗っていても足の疲労度が軽減する

・登りが楽で、下りのコーナリング安定感も抜群

・上級者向けモデルとしては、比較的値段が安い

・スピードが出る

ここ最近、ロードバイクに乗る人が増えてきました。
女性の方もずいぶん増えてきています。

ビアンキは、女性にも人気で、特にチェレステカラーに魅力を感じる方が多いそうです。
都会的でおしゃれな色で、気持ちを明るくしてくれる鮮やかな色だからかもしれません。

ビアンキでは、オリジナル商品やチェレステカラーの商品を多く作っています。
バーエンドキャップ・バルブキャップ・ディスプレイスタンド・ドリンクボトルとゲージ・タイヤなど、たくさんあります。

全てをチェレステカラーに統一するには、費用がかかりますが、とても素敵な見た目になりそうです。

オルトレより高性能?オルトレXR4

ビアンキは、マテリアルサイエンス社(MSC)との共同開発で、「カウンターヴェイル」というフレームを作り上げました。

特殊な構造の炭素繊維のシートを、カーボンに層を作っていくことにより、弾力性を持たせることができます。
フレームやフロントフォークに使われて、振動を和らげるしくみになっているのです。

カウンターヴェイルは、振動を最大80%除去することに成功しました。
「最大限のエアロダイナミクスと、コントロール性能」がテーマになっています。

バイクのコントロールを重視して、エアロ状態を長時間保ち続けることができます。
いろいろな実験においても、きちんと安定感とエアロ性能が実証されています。

世界最古のメーカーとしての、威信をかけて作られたフレームなのです。

見た目だけのかっこよさに限らず、内部にまでこだわって乗り手の事を考えて作リ上げられた、オルトレの素晴らしさを実感してください。

様々な方のインプレでも、その快適性について語られています。

ビアンキ オルトレXR4のインプレや性能

【ビアンキ・オルトレXR4】

フレーム重量はサイズ55で980g、フォーク重量370g、サイズは47/50/53/55/57/59/61があります。
カラーは、CK16/ブラック(マット)、ブラック/マンバ、ブラック/レッド、ブラック/CK16、CK16/ブラック(グロス)で、フレームセット価格は41万円(税抜)です。

オルトレXR4のインプレは、同じイタリアブランドのピナレロとコルナゴの良いところを、合わせたような感じといえます。

安定感があり、軽いところが魅力的です。

そして、何よりも速さに驚かされます。
踏みこんでも足への負担がなく、それでいてしっかり加速できています。

シッティングでもダンシングでも、バランスをくずさず、しっかり安定しているのです。
見た目は違うのですが、乗った感じは同じビアンキのセンプレに近い感じです。

もちろん、価格的な差が圧倒的にオルトレの方が高いので、違いはあります。

その価格に見合っており、長時間乗り続けても疲れない自転車です。

ビアンキ オルトレXR4のインプレや性能:つづき

オルトレのインプレを、更にしていきます。

ブレーキは、シマノが開発したフレームに直接固定されたブレーキのダイレクトマウントブレーキを採用しています。
メリット・デメリットはありますが、フレームと一体化しているため、剛性感が向上されます。

ロードバイクは、人間の少ない力でも高速で移動できる便利な乗り物ですが、事故には気を付けなければなりません。

ロードバイクのパーツの中でも、ブレーキは一番大事な部分です。

シマノでは、6つのグレードがあり、グレードの違いでブレーキ性能も変わってきます。
グレードが高くなるほど、軽いのに剛性が増すという特徴があります。

これは、どのメーカーでも同じことがいえます。

人が動かす自転車では、軽い方が労力が少なくて済みます。
そして剛性が大きいほど、歪みが少なく、力の伝達がきちんとできるため、安全だといえるでしょう。

フレームの開発が進めば、今後、更に振動除去の技術が進歩することが期待できます。

ビアンキでは、これからも伝統的なチェレステカラーを守りつつ、新しいモデルの開発と、最高の乗り心地を目指しています。

とってもおしゃれなビアンキ製品

ビアンキのオルトレシリーズはおしゃれで高性能なのでとても魅力的ですね。

今回ご紹介させていただいたのはロードバイクのオルトレですが、ビアンキはクロスバイクやミニベロもおすすめです。

どれもとてもおしゃれなので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

 - ロードバイク 海外メーカー